スタッフブログ

今年もご愛顧ありがとうございました。

今年も残すところ、今日と明日の二日間となりました。
当社では、今日が仕事納めとなりますので、今年最後のブログにプレッシャーを感じております。
自分なりに今年を振り返ってみますと、弱い気持ち(後ろ向きな気持ち)に引きずり込まれることが多く、反省の一年でした

今年11月に箱根・横浜の研修旅行に連れて行っていただきまして、箱根大学駅伝のコースを通ることが出来ました。そして、帰って来てからの朝礼では、たくさんの社員の方々から勉強になったことのお話があります。その中で、襷を次の走者につなぐため、前へ、前へ信じて前へひたすら前への強い気持ち、突き進んで行く姿が勉強になったとのお話がありました。

三日後に押し迫ってきました、今回の第87回大会ではどんなドラマが映し出されるのか、選手のみなさんの襷に込められた熱い戦い(思い)、注目選手の走りなど、いろいろな感動を楽しみにしています
何事にも一生懸命に、前向きであきらめず、くじけず、そして、ここでえた感動を支えて下さっているみなさんへ、少しでもご恩返しが出来るよう、来年も頑張って行きたいと思います

今年も当社商品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました
どうか、みなさん風邪などをひかぬよう、お体にお気をつけて、良いお年をお迎え下さい

   製品ラインナップ      

年明けの営業は6日(木)からとなりますので、よろしくお願いいたします。(倉田則夫)

       さきちゃん
       さきちゃん

             
             

スポンサーサイト

花巻市でビックリ⁉

岩手県花巻市にあるスーパー・ビフレ花巻店様でも先方様からのご要望により当社社員が伺って試食会を行っております。
その花巻市に「良いところがあったら看板広告を出そう」と社長からお話がありました。
その旨お取り引きのある広告会社様に依頼していたところ、先日、「良いとこ見つけてきました」とご紹介をいただいておりました。
そこで、昨日(12/28)現地調査のため、花巻市に行って来ました。
私が花巻市にお邪魔するのは初めてです。

CIMG1387.jpg
先ずは、錦秋湖のサービスエリアで一休み。
帰りもここで休憩させていただきました。

ご紹介いただいた場所は国道4号線沿いにあるスバル自動車花巻店様の敷地内です。
しかも目と鼻の先にビフレ花巻店様があるんです。 
 
CIMG1403.jpg
北上を背にして花巻市街方面の写真です。
右手奥にはビフレさんの看板も見えます。
看板広告はこの歩道の左側に新規で設置可能だそうです。

CIMG1397.jpg
こちらは花巻市街を背にして北上方面の写真です。
この写真では歩道の右側となります。
この区間を5往復くらいしてみました。この写真の通り車が走行中は勿論、
信号待ちの際もドライバーの視界に入ってくる可能性が高い場所のような気がします。


CIMG1418.jpg 
歩道橋の上からビフレさん方面をパチリ。

ところで、花巻市街を背にしてご紹介していただいた場所を通過し、
北上方面に向かっていたところ、途中の信号が赤になりました。 
信号機横の表示板をみてビックリ  ナンと山の神
表示しているではありませんか
 CIMG1393.jpg
山の神といえば、第87回東京箱根間往復大学駅伝競走で
3連覇を目指す東洋大学のエース・柏原竜二(3年)選手の代名詞。
正確には、新・山の神なんですが・・・
花巻市の山の神は地名で、花巻温泉郷に山の神温泉もあるんだそうです。
箱根駅伝は、今回の研修旅行のメインテーマでしたので、
何かご縁を感じますね。

さて、今年の私のブログ当番は今日が最後です。(会社は明日が仕事納めですが・・・。)
そこで、一年の締めくくりにご挨拶申し上げます。
今年一年大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
どうぞ良いお年をお迎えください。 合掌 (佐藤直樹)

sakicyanharegi.jpg 
 

☆「玉手箱の中には味どうらくが入っています。」

今日は朝からの小雪が雨に変わり、このまま穏やかなお正月を迎える事が出来れば…と期待しております。
嶽山12.28 神宮寺嶽

先日よねや角館店様で今年最後の試食会を実施しました。試食会ののぼりを準備する為に店頭へまわったら、ハタハタを箱売りをしておりました。

ハタハタの写真.
お店の方へ、 「今日は、ハタハタのどうらく焼きもご紹介しますのでとよろしくお願いしま~す。」と張り切ってスタートしました。

  ハタハタのどうらく焼き
ハタハタのどうらく焼き ハタハタ2
味どうらくで漬けたハタハタを袋に入れて見て貰いながら、ハタハタを焼きました。
味どうらくで漬けて食べている方は、殆どおられませんでしたが、お一人だけ
お母さん 「私もどうらくで漬けて食べている。とってもおいしいですよ。冷凍しても良いし、いつでもおいしいハタハタが食べられるよ。」と他のお客様に説明してくれました。
冷凍ハタハタ 

お客様のお話に周りのお客様も聞き入り、ご試食もとても進みました。
焼いたハタハタは、あっという間になくなってしまい、次に焼けるのを買い物後によって試食してくれたお客様もおりました。
買い物をする主婦
箱で買ったというお客様や、大きなパックをお買い求めたお客様も味どうらくに漬けて食べようと好評でした。皆さんもお試し下さい。

エビの照り焼き  
エビの照り焼き
エビの照り焼き美人  かくし味 ③かくし味1.8甘酒秋田姫美人 
 
甘酒を混ぜて味どうらくやかくし味に漬けた鮭や鶏肉等の試食会は、何度かご紹介をさせていただいております。 
お母さん5  「前に試食をしてから何度も作りました。美味しいですよね。鶏肉も美味しかったです。」 
おばあさん1  「冷めても堅くならなくておいしいですね。」 
お母さん3  「お弁当にもぴったりですね。」

「甘酒秋田姫美人は、冷凍しても堅くならずに包丁で簡単に切り分けられます」と話すと驚かれる方が多かったです。
冷凍甘酒② 冷凍甘酒

6月からよねや角館店様の試食会を担当させていただき、たくさんのお客様から嬉しいお声を聞くことが出来ました。

おばあさん③ 「親戚へ贈り物をするんですが、『田舎からの贈り物は、玉手箱のようで、何が入っているかとっても楽しみだ…。』と待ってくれている。その玉手箱には、必ず味どうらくを入れるんです。そして手作りの漬け物も…。味どうらくで作ったいぶり大根やかくし味の人参とセロリの漬け物もとっても喜んでくれて…。」ニコニコしながら教えてくれました。喜んで貰っている様子が伝わってきて、とても暖かい気持になりました。 
お母さん② 「 こうちゃんのCM見てますよ」 
おばあさん①  「のぼりがあったので来ました
お母さん①「子供が試食会が大好きで『お母さん火曜日に試食会あるよ』と教えて貰った」と子供さんと一緒に来られたお客様もおりました。小さなファンに嬉しくなり、また来月もと約束しました。
今年もたくさんのお客様と楽しいご縁を頂きまして、ありがとうございました。
来年も『黄色いのぼりの試食会』でお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。 音符 
                                              (齊籐孝子)
黄色いのぼりsakicyanpink.jpg 

黒豆でまめに・・。

   おせち料理の黒豆

 

もうすぐお正月ですね。みなさまお正月の準備はいかがですか?

先日、我が家の中学生の娘が学校からもらったという「おせちの気持ち」というプリントを見せてくれました。

 

そのプリントには・・・

おせち料理には新年が良い年になるようにという願いがこめられているとのこと。

例えば・・。

鯛・海老には・・・・・・・鯛「めでたい」海老は「腰がまがるまで長生きできる」ようにと。

数の子・さといも・・・・卵や子いもの数が多いことから「子孫繁栄」の願いをこめて。

黒豆・・・・・・・・・・・・・・黒には魔除けの力があるとされ「まめに(元気に)くらせるように」。

伊達巻き・きんとん・・伊達巻きは巻物に似ていることから「知識がふえる」ように。きんとんは「金持ちになる」ように。

昆布巻き・・・・・・・・・・「よろこぶ」。

れんこん・・・・・・・・・・・穴が空いているので「さきを見とおす」という意味があるとのこと。

おせち料理にはいろんな願いがこめられているんですね。(んん・・納得しました)

 

さて、その中の黒豆を圧力鍋を使って煮てみました。

自己流ですので、あしからず。

黒豆・・・  

 

〈材料〉

 ・黒豆・・150㌘

 ・水・・・・400㍉㍑

 調味料   

・砂糖・・・・・・・150㌘

・しょうゆ(優選)大さじ1

・塩・・・・・・・・・小さじ1/2

      

      

 〈作り方〉

①黒豆を洗います。水に調味料を溶かし一緒に一晩つけておきます。

②圧力鍋に入れ、蓋をします。

③沸騰したら、火を弱め約20分ぐらい煮て、火を止めとめて自然にさまします。

黒豆をはかります 黒豆を調味料の中に入れます 圧力鍋の蓋をあけたところ   

出来上がった黒豆は若干皮がしわしわのところがありましたが、味はグットでした。

お袋の話では、黒豆は弱火で根気よくコトコト煮るのがコツと言ってましたが、その黒豆にはもうちょっという感じでした。(んん・・残念)

 

でも、どんなおせち料理でも、お母さんのお料理は美味しいですよね。

みなさんも新年をまめにくらせるように、お豆食べてみてね。

(鎌田龍浩)





◇研修旅行もいよいよ最終日となりました!

 今夜は、クリスマス・イヴ! (^O^)

 

キャッスルホテルさんのツリー①  キャッスルホテルさんのツリー②
 

キャッスルホテルさんのイルミネーション②  キャッスルホテルさんのイルミネーション①
 
皆さんは、どんなクリスマス・イヴをお過ごしになりますか?

 

 秋田営業所がお世話になっている秋田キャッスルホテルさんのツリーです。

 

 

お話は変わりますが、研修旅行もいよいよ最終日となりました!
 

四日目の今日もいいお天気です。(^O^)

 

今日の予定は、朝一番に大桟橋(おおさんばし)ふ頭の見学です。
 
ここは、横浜港大桟橋国際客船ターミナルとして利用されており、大型外国客船も寄港するところで、あの日本郵船のクルーズ客船である飛鳥Ⅱの船籍港でもあるんです。
 

大桟橋ふ頭から見たみなとみらい21地区の景色①
 
大桟橋ふ頭から見たみなとみらい21地区の景色②
大桟橋ふ頭から見たみなとみらい21地区の景色です。
 
大桟橋ふ頭を見学後、三溪園さんへ。
 
三渓園さん
 
ここ三溪園さんは、生糸貿易で財を成した実業家 原 三溪氏が1906年(明治39年)、自宅を公開したことに始まる日本庭園で、広さ175,000㎡(53,000坪)に及ぶ園内には、三溪氏により京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物が散りばめられ、四季折々の自然とみごとな調和を見せているんです。
 
三溪園さんのシンボル“三重塔”①
 
三溪園さんのシンボル“三重塔”②
 
臨春閣
三溪園さんのシンボル“三重塔”と“臨春閣”です。
 
三溪園さんを見学後、横浜赤レンガ倉庫さんへ。
 
“横浜赤レンガ倉庫”は、横浜港にある歴史的建築物の愛称で、正式名称は、新港埠頭保税倉庫です。2号館は1911年(明治44年)、1号館は1913年(大正2年)に竣工。保税倉庫としての役割は、1989年(平成元年)までに終え、しばらく放置されていました。2002年(平成14年)に1号館は、展示スペース・ホールなどの文化施設に、2号館は商業施設となり、付近一帯は広場と公園を備える赤レンガパークとして整備され、みなとみらい21地区の代表的な観光施設となっているんです。
 
赤レンガ倉庫①
 
赤レンガ倉庫②
横浜赤レンガ倉庫さんです。
 
そして、横浜赤レンガ倉庫さんを見学後、横浜中華街にあります“招福門”さんで昼食です。
 
招福門さんは、横浜中華街 初のフカヒレ専門店「魚翅酒家(ユウチイシュカ)」として、99年4月にオープンしたお店なんです。
 
今回、こちらのお店で、特製コースをいただきましたました。
 
招福門さん 紹興酒
 
招福門さん① 招福門さん②
 
招福門さん③フカヒレの姿煮・広東風 招福門さん④伊勢海老のマヨネーズソース和え
 
招福門さん⑤大アワビのオイスターソース煮 招福門さん⑥フカヒレと蟹肉の卵白炒め
 
招福門さん⑦牛ヒレ肉と平貝の黒豆ソース炒め 招福門さん⑧鮮魚の姿蒸し
 
招福門さん⑨フカヒレ入りあんかけチャーハン 招福門さん⑩マンゴープリン
今回ごちそうになったお料理です。

 

大皿に盛られたお料理は、女性店員の方が小皿に盛りつけしてくれるんです。笑顔③
 

フカヒレの姿煮・広東風、伊勢海老のマヨネーズソース和え、大アワビのオイスターソース煮、フカヒレと蟹肉の卵白炒め、牛ヒレ肉と平貝の黒豆ソース炒め、鮮魚の姿蒸し、フカヒレ入りあんかけチャーハン、マンゴープリン。

 

どれもおいしいお料理で、全部、残さずいただきました。ごちそうさまでした。<(_ _)>

 

そして、豪華な昼食をいただいた後は、中華街や元町を散策…、といっても目的はお買い物なんですけどね。

 

横浜中華街①
 
横浜中華街②

横浜中華街入口と“招福門”さんです。

 

お買い物も終えて、いよいよ秋田に帰るために羽田空港へ向かいます。

 

実は、ここ羽田空港でもお買い物タイムがあるんです。

 

搭乗手続きを終えて、出発までの間、この時間が本当に最後の買い物タイムになるんです。

 

そして、最後のお買い物を済ませて、搭乗口へ。羽田空港を予定通りに飛び立ち、秋田空港に無事到着!
 

おかげさまで、三泊四日の研修旅行を無事、終えることが出来ました。<(_ _)>

 

私たちが研修旅行で、会社をお休みさせていただいている間も、私たちの製品をお取扱いして下さっている問屋様、お店様は、お客様のために商品を供給して下さっており、このような陰で支えて下さっている皆さんのおかげで、研修旅行に行かせていただいていると感謝しております。本当にありがとうございます。<(_ _)>

 

   研修旅行で勉強になったことを仕事に活かして、これからもお客様のお役に立てる仕事が出来るよう、がんばりますので、これからもよろしくお願いいたします。<(_ _)>   
 
 
                              おみやげ      さきちゃん   
(泉 光二)   スーツケース①
 
 
 
 

平成22年試食会10大ニュース

 私の今年のブログは今日が最後となります。
 そこで、恒例となりました“平成22年試食会10大ニュース”を私の独断と偏見で、勝手に紹介しましょうね。

◎第10位・忘れ物大発生
 今年はなんかは知りませんけど、忘れ物の多い年でした。
 せっかく用意した食材を忘れたり、試食台を忘れたり…。そんな中で一番ショックだったのが、私とゆきチャンコンビでしょうね。せっかく作った生姜ご飯を炊飯器ごと忘れてしまったんですから。もう目の前が真っ暗!そんな時、“渡りに船”とはこのことを言うんでしょうね。ゆきチャンのおばさんがそのお店のすぐ近くにあるというので、早速おばさんから炊飯器をお借りして、何とかその日は無事に終わることが出来ました。
 来年の目標!忘れ物ゼロ!と行くでしょうか?
 「○×OK!」「△☆OK!」「◎※OK!」指さし確認を忘れずに!
 ⑩炊飯器

◎第9位・女性陣、県外へゆく!
 昨年から、岩手県花巻市にある“ビフレ花巻店さん”と山形県新庄市にある“ビフレ新庄店さん”でも試食会をやらせていただけるようになりました。
 社長から「楽しく出来るように。」と言うことで一泊させていただいての試食会ですので、行く人も待つ人も帰りの心配がないので、安心できますし、特に行く人にとってはゆっくりと出来ますんで、とても楽しく行かせていただいておりました。
 ただ、こういう事情でしたし、遠いという事もあって、男性陣しか行ってなかったんですけど、社長から「女の人も行けないだろうか?」とお話いただいたところ、何人かの女性が「行ってみた~い!」と手を揚げてくれました。
 そこで、雪解けと同時に、女性二人ひと組で、まずはビフレ花巻店さんに行っていただく事になりました。
 やはり女性ですと柔らかく、優しい紹介になって、お店さんからも、お客様からも喜んでいただけたようで、喜んで帰って来ましたよ。何よりも、温泉につかって…。というのが良かったみたいでしたけどね。
 女の人も行けるようになって、また一つ楽しい試食会になったみたいでしたね。来年も引き続き女性陣が行きますので、花巻の皆さん、どうぞお楽しみに~!
 ただ、最近、私行ってないので、たまには花巻のお客様とお会いしたいな~!と言うのが本音ですけどね。
⑨ビフレ花巻店様 
⑨温泉 

◎第8位・試食会青森まで進出!
 私たちの試食会も、今年は青森に進出することが出来ました。
 そのお店は、弘前市にある“いとくアルカディア店さん”です。
 ご担当の菊地さんから、前々から我が社の試食会をやってもらいたい。とお話しをいただいて、5月からようやく実施できるようになりました。
 お店の皆さん、とても良くして下さいますし、お客様も楽しんで下って、とても楽しい試食会になってます。
 来年も引き続きお邪魔しますので、弘前市のお客様、どうぞ遊びに来て下さいね。
⑧いとくアルカディア店様 
⑦試食会

◎第7位・ニューヘイス登場
 今年、新たな試食会仲間が登場しました。
 2月にミッちゃん、4月にはトモちゃんが仲間入り~!
 お二人とも、前々からやってみたいという気持ちがあったみたいで、デビュー早々大活躍でした。
 これからも皆さんの近くにお邪魔しますので、声を掛けていただければありがたいですね。
 これで、試食会も総勢19名!社員の半分以上が直接試食会に参加していることになります。誰が行くかはその時の運ですけど、当たり外れはありませんので、安心してお立ち寄り下さいね。
⑥試食会 

◎第6位・お客様からの嬉しいお葉書
 今年も、お客様から嬉しいお葉書やメールをいただく事が出来ました。どちらも岩手のお客様からでしたけどご紹介しましょうね。

「今日夕方、乳幼児と一緒に「いとく鹿角店」で試食をさせていただきました。
 その時のおばさん(失礼かもしれませんが…)と楽しく会話させて頂きました。秋田に買い物に行くのが楽しくなりそうです。
 (中略)
 早速、今回教えてもらったレシピで弁当を作ってみます。
 ありがとうございました。」

 もうおひと方からは、
「味どうらくの里」のレシピを送って頂き、ありがとうございます。時々ビフレで買い物しておりますが、以前「味どうらくの里」を使ったチャーシューを試食会で教わり、かんたんで美味しく出来てからすっかり「味どうらくの里」のファンになりました。
 この前はマイタケの混ぜご飯を教わり、さっそく夜作ってみたら、家族の評判も良く、その後のマイタケご飯も大成功でとっても満足しております。又、レシピを見て「かくし味」も買ってきて、茶碗蒸しも作ってみました。これも又おいしく出来て、私は鼻高々です!いつも味付けに苦労していますが、これからは料理も楽しく出来そうです。私のレパートリーも増えて、東北醤油さんのおかげです。ありがとうございます。
 今後も、新しいレシピが増えましたら、又ご紹介下さいね。
 次の試食会を楽しみに待ってます。

 ホントありがたいお話しですよね。こういうメールやお葉書をいただくと「試食会やってて良かった~!」ってなるんですよね。
 こういうお客様からの声を励みに、これからも喜んでいただけるお料理をたくさんご紹介できるように、勉強させていただきますので、もし、お客様でも「これは!」というお料理がありましたら教えて下さいね。
 あっ、そうそう。私どもでは、このお客様のように、レシピだけでもお送りすることが出来るんですよ。もし必要なレシピや「試食会で教わったけど忘れちゃった。」という事がございましたら、遠慮なさらずお電話下さいね。レシピだけでも送らせていただきますので…。

◎第5位・店頭に“お知らせ”貼る
 お店さんから「お客さんから味どうらくさんでいつ来るの?と問い合わせが多いんですよ。」というお話しをいただくようになりました。私たちの試食会を楽しみにされているお客様がいらっしゃって、とってもありがたいお話しですよね。
 そこで、こんな“お知らせ”を作ってみました。
 早速「今日ローストチキン紹介するからっていうから来てみたのよ。」とか「今日来るって言うから楽しみにしてたの。」というお客様が寄って下さって、とてもありがたかったです。
 お店の入り口に貼らせていただいたり、買われた商品を袋詰めする所に貼らせていただいたり、商品のある棚の上に貼らせていただいたり、中には入り口の自動ドアに貼らせていただいていて、その自動ドアの動きと一緒に、お客様の顔も一緒に右へ左へと動いたり…。
 来年も引き続き、お店の目立つ場所にこんなチラシを貼らせていただきますので、お楽しみに~!
 ただ、ちょっと残念なのは…。お店さんも私たちの意図を分かってくださっているとは思いますけど、中にはなかなか貼らせていただけないお店さんもあるんです。お店さんにとっても良いことだと思いますけどね…。まっ、協力いただけるように、頑張ってみますけどね。
⑤お知らせ 

◎第4位・新メニュー続々登場
 今年も新メニューが続々(?)登場しました。
 まず、かくし味で作る“おみそ汁”を筆頭に、味どうらくの里で“たぬきごはん”“長芋ステーキ”“ローストチキン”“豚の角煮”が今年の新メニューです。
 “おみそ汁”はダシがかくし味だけ!“たぬきごはん”はご飯に味どうらくの里とあげ玉とネギを混ぜるだけ!“長芋ステーキ”は長芋を焼いて味どうらくの里で味付けして、お好みでバターとかつお節を加えるだけ!“ローストチキン”と“豚の角煮”は味どうらくの里とコーラで煮るだけ!
 どうです?どれも簡単でしょ?どれも最後に“だけ!”が付く簡単料理なんです。
 おかげさまで、どの料理も大好評でした。
 まもなくクリスマスですよね。この“ローストチキン”で楽しいクリスマスを過ごされてはいかがでしょうか?
④みそ汁 ④たぬきごはん ④長芋ステーキ ④ローストチキン ④豚の角煮

◎番外編・嗚呼大殺界
 私事ですが、今年は年明け早々、肩が痛かったり首が痛かったり、腰が…。とたいへんなスタートでした。それに風邪は2回もひくし、試食会を変わって貰ったりと散々でした。やっぱり○○なんでしょうかね?
 そして最悪だったのは、歯痛!
 ビフレ新庄店さんに試食会に行った時なんですけどね。前々から歯が痛くて、お医者さんから「薬で様子見ましょう。」なんて痛み止めの薬は貰っていったはいいんですけど、なかなか良くならない。(あの藪医者)それでも、病は気から。という事なんでしょうか?お客様とお話しをしていると、どういう訳か痛みは感じなくて、「おっ、これはいいや。」と思ったんですけど、ちょっと気を抜いたりするもんなら「ズキン…ズキン…」と痛み出して、最悪なのは、楽しみにしていた夕食も全然食べれなくて、とっても残念でした。一緒に行ったクメちゃんにはホント申し訳なかったですよ。
 やっぱ健康が何よりだなあと感じた一年でした。
 皆さんも、健康第一!お身体を大切に…!
歯痛 

◎第3位・渦巻き現象
 今年の大きなテーマとして“渦巻き現象”というのがありました。
 これは、試食会の時に、お客様がお客様へ試食を勧めて下さったか?その輪がどれくらい広がったか?という事なんですけど、つまりは、お客様がお客様へ商品やお料理を紹介していただくために、私たちはどのようなことを努力していかなければ行けないか?という事なんです。私たちでもそうですよね?例えば、メーカーさんからいくら「おいしいですよ。」と言われても、それは当たり前のことですよね。でも、メーカーと全く無関係の人が紹介して下さるようだと、それこそ本物ですよね。そのように、商品や料理が本物のになれるように、一丸となって勉強した一年でした。
 来年も引き続き、お客様が喜んで他のお客様やお友だちに紹介していただけるように、また勉強していきたいと思っております。
③試食会 

◎第2位・お店の主担当決定!
 第3位の渦巻き現象の続きなんですけど、「じゃ、どうしたら渦巻き現象が起こりやすいか?」という事で、いろいろと考えてみました。
 まず第一に、その料理がおいしくって、かんたんで、お友だちにも勧めたくなるような料理じゃないとダメ!というが第一条件なんですけど、他に、お客様と顔見知りになる。というのもその要因じゃないかな?という事なんですよね。確かに、顔見知りになったお客様は、「今日何教えてくれるの?」と寄って下さったり、他のお客様へも勧めて下さったりするんです。中には、例えばお客様が沢山の時なんかには、お手伝いをして下さったりすることもあるんです。
 このようなお客様は、私たちにとってはとってもありがたいお客様なんです。
 では、顔見知りのお客様を作るには?となった時に、毎回同じ人が行けばいいジャン!という事になって、そのお店の主担当を作って、毎回その人が行くようになりました。
 おかげさまで「あら、どうも。」というお客様も増えましたし、お店の方、特にパートさんとは、主婦同士の会話(俗に井戸端会議ってやつです。)にもなって、とっても和気藹々の試食会になってるようですよ。
 来年も、見たような顔が行きますので、近所のおばちゃんおじちゃんって感じで寄ってみて下さいね。
 お待ちしてま~す。
②試食会 

◎第1位・試食会新聞折り込み入る
 試食会を始めて今年で4年になりました。
 おかげさまで私たちの試食会を沢山のお客様からご理解いただけるようになって「今日は何教えてくれるの?」と気軽に寄って下さるお客様も沢山いらっしゃいます。ホントありがたいことですよね。
 でも中には「食べると買わされる!」と思われるお客様がまだまだいらっしゃるようなんです。横目で通り過ぎるお客様や、わざわざ遠回りして過ぎ去ろうとするお客様、中には「食べれば買わにゃにゃべ?(食べると買わなくちゃ行けないんでしょ?)」と言うお客様がいらっしゃるのも事実なんです。
 そこで社長から「試食会のチラシを作って、新聞の折り込みに入れてみたらどうだろう?」とアドバイスいただいて、5月からこんな広告を入れてみました。
 新聞の折り込みの効果ってあるんですね~!
 早速「チラシ入ってたけど何処でやるの?」と言う問い合わせが殺到しました。(ちょっと大袈裟ですけど…)
 最近では、試食会の前の日にチラシを入れてるのですが、お客様も心得たもので「チラシ見て来たのよ。」とか「チラシ入ってたから楽しみにしてたのよ。」と言うお客様も増えて来ましたよ。
 ちょっとお金はかかっちゃいますけど、これからもこのチラシを入れていきますので、入った次の日はお近くのお店に寄ってみて下さい。もし分からないようでしたら、フリーダイヤル 0120-393994 でお応えしますので、遠慮なさらずお電話下さいね。
①試食会のチラシ

 私たちの試食会は、その場で商品を買っていただくことが目的ではありません。まずは試食していただいて、もし「おいしい~!」「作ってみた~い!」と言うお客様にはレシピとサンプルを差し上げて、一度ご自宅で作っていただこう!と言う考えでやらせていただいておりますので、安心して、遠慮なく寄って下さいね。
 来年もお待ちしてまりま~す!(^^)!

 来年も、私たちの商品が、お客様のお役に立てますように~!
 ちょっと早いですけど、良いお年を…。     (門脇公博)
さきちゃん

最後は大雪でした。

先週、マルシメ七日町店さんで今年最後の『試食会』を実施させていただきました
    
マルシメ七日町店①  “味どうらくの里”1.8L

この日のメニューは、“ローストチキン”・“たぬきご飯”・“ハタハタのどうらく漬け”でした。

“ローストチキン”についてお客様は、
 
ローストチキン        コーラ

お母さん5「軟らかくて美味しいですね。」・「香ばしくて良い味ですね。」とのお話でした。

前回のメニューの“豚の角煮”についても、お話がありました。

OL2.jpeg 「ここで食べて美味しかったので、早速、家に帰って作ってみました。やわらかくて美味

       しくできましたよ。」

また、お店の方から、

「“豚の角煮”の作り方教えてもらえませんか?」とのお話をいただきました。

レシピを持参し、作り方を説明いたしましたら、

角煮         コーラ
 

OL「コーラと味どうらくで煮込むんだ。それだけ!!!。圧力鍋使わなくて良いし、簡単だか

      ら作ってみます。」とのお話をいただきました。

次に“たぬきご飯”は、

たぬきごはん 

鈴木さん 「手軽に出来て、美味しいですね。」・「混ぜるだけで良いの?美味しくてご飯が進みま

        すね。」と好評でした。「これも美味しいですね。舞茸の混ぜご飯はよく作っています  

        よ。」とのお話もございました。


⑥お婆さんと買い物

3歳くらいのお子さんは、おかわりして食べてくれました。 

一緒に買い物に来ていたおばあちゃんが、「あとだめだよ。他のお客さんの分だから…。この子、

いつもはこんなに食べないんですよ。美味しかったんだと思います。早速家に帰って作ってみます

ね。ごめんなさいね。」と言って、最後には『バイバイ。』と言って手を振ってくれました


“ハタハタのどうらく漬け”は、
 
 6焼き上がり 三匹        味どうらくの里500㍉㍑

お母さん① 「いつも、三五八に漬けて食べていました。」

 お母さん3 「味どうらくに漬けて食べれば『美味しいよ。』って聞いたことあったけれど、作ったこと

        はありませんでした。」

        「他の店で味どうらくの特売をやっていたとき、前に並んでいたお客さんが『ハタハタ

        を30分味どうらくに漬けて焼いて食べれば美味しいよ。』って話していたのを聞いた

        ことあります。こういう風に袋に入れて漬けると良いんですね。」とのお話をいただき

        ました。

OL2.jpeg 若いお母さんでしたが、「家ではいつもこうやって味付けして食べています。美味しい

        ですよね。」とのお話でした

まだお試しになっていないお客様へ…ハタハタを焼くときは焦げ付きやすいので、火加減にご注

意して下さい

当日は、この冬一番の寒気の影響で荒れ模様の一日でしたので、お客様が少ないんじゃないか

と心配しておりました。しかし、元気の良いお客様に私達もパワーをいただきながら、楽しい時間

を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。(倉田則夫)

送料無料で受け取れます!

ファミリーマート店頭で受け取れば送料無料!

    .com
 
Famima.com TOP
ファミマフードパークが装いも新たに、Famima.comとしてリニューアルオープン。
リニューアルオープンと同時に、当社ホームページからのリンクも復活です!
当社HPのトップページ中間部分のバナー(赤い矢印で囲んだ部分)をクリックすると、ファミマ.comの当社商品専用ページに接続します。

東北醤油TOPFamima.comランディングページ  

ファミマフードパークと同様に、最寄りのファミリーマートで受け取れば送料無料、しかも1.8L1本から購入可能です。
リニューアルされたサイトには、食品に限らず色んなジャンルのコーナーがあり楽しみ方も色々。
専用ページの一番上に表示されている.comのロゴをクリックすると、.comのTOPページに進みます。

Famima.com TOP 

そこにはワイン販売開始記念セールの表示や、大人気アニメ「ワンピース」などなど、様々なコーナーが用意されていますが、下に進んでいくと「こだわり専門店」があり、「イチオシ商品&特集」というコーナーがあります。

Famima.com TOP-2 Famima.com TOP-3
その中のひとつに「全国ご当地調味料 西人気番付」があります。

日本列島を東と西に分けた「ご当地調味料」の人気番付。その番付をご覧下さい。
手前味噌となりますが、味どうらくの里が東の横綱として紹介されているんです
東西人気番付        東 横綱 味どうらくの里

また、かくし味も東の前頭にランクイン。
東 前頭 かくし味 

お取り扱いいただいている当社商品二つがランクインされていて、感謝の念に堪えません。
お買い上げ下さっているお客様に心より御礼申し上げます。

当社の味どうらくの里は初横綱として紹介されていますが、西の横綱「やきとりやさん キャベツのうまたれ」はナント!4場所連続の横綱だそうです。正に横綱相撲-王道を突っ走るという感じですね。

味どうらくの里が何場所横綱を維持できるかは解りませんが、「やきとりやさん キャベツのうまたれ」の好敵手として認めてもらえるよう、不撓不屈の精神で精進したいと思いますので、これからも皆さんのご声援をよろしくお願いします。ごっつあんです(山本智巳)

小姫ちゃん

sakicyan.jpg 
この女の子は、当社のキャラクターです。
小さな姫と書いて、小姫ちゃんです。
こひめちゃん、ではないです。さきちゃんといいます。
小姫ちゃんは、当社のブランドマーク
キッコーヒメ01 (1) 
キッコーヒメの“”と“愛らしい少女”をイメージして名付けられました。
小姫ちゃんはお料理が得意で、「味どうらくの里」や「かくし味」など
当社の製品を使ったお料理を通して、皆様に“口福(こうふく)”を
お届けするのが仕事です。
また、新聞・雑誌広告やチラシといった紙媒体、電柱広告でも活躍してくれています。
秋田県の皆様は、魁さんの題字下広告で、目にする機会があると思います。

私事で恐縮ですが、ウチの子供が幼稚園児だった頃、車内から電柱広告に
描かれている小姫ちゃんを見つけ、「アッ、とうほくしょうゆ」と
気付いたことがありました。
子供には、小姫ちゃん=とうほくしょうゆ、というイメージがあるようですし、
文字よりもイラストの方が認識しやすいのかもしれませんね。
殆どの広告やチラシに登場してもらっています。
小姫ちゃんがいるだけで、東北醤油の広告・チラシだということが、
分かるでしょうし、広告が明るく優しいイメージになる調味料
ような役割を果たしてくれています。
そして、何よりあの笑顔に癒されますね。
何だか手前味噌で、スミマセン。

新聞・雑誌広告の場合は白黒の小姫ちゃんが多いんですけど、
カラーの場合は、上のように紺色の着物だったり、

sakicyanpink.jpg 

このようにピンクの着物だったり、
広告・チラシの配色に合わせて着替えてくれます。
また、お正月やおめでたいことがありますと、

sakicyanharegi.jpg 

ジャーン晴れ着で登場してくれます。
華やかで良いですね。
また、スポーツなど応援をするような内容の広告の場合には、 
さきちゃん立青  

「ガンバレッ」という応援が聞こえてきそうな
立ちポーズの小姫ちゃんもいるんですよ。

今日は、当社のキャラクター、小姫ちゃんを紹介致しました。
どうぞ、ご贔屓に。可愛がってあげてください。 (佐藤直樹)















☆ ハタハタのどうらく焼きも大好評でした。

今朝起きたら雪が積もっており、今期初めて除雪車の出動でした。
これから秋田は、毎日雪よせが一日の始まりになります。
 
今日はお天気も良く、中川原の公園から嶽山の雄姿を撮ってきました。雪化粧の桜の木もキラキラしてきれいでした。私の他にもカメラを手にした方がおりました。

中川原

冬の嶽山 少し靄がかかっていました。

桜の木


先日、よねやハッピータウン店様で『黄色いのぼりの試食会』を実施しました。 

 ローストチキン・豚の角煮 
ローストチキン 
豚の角煮 

にこにこ顔  「どちらも味どうらくの里とコーラだけで作りました。」とご試食して貰うと、
おばあさん③ 「美味しいね。それだけで作れるの」と驚かれます。

①味どうらく250㏄とコーラ500㏄を鍋に入れます。(鶏あし4本)
ローストチキンの作り方① 

②沸騰したらアクを取り、弱火で40分位煮ます。
ローストチキンの作り方③

③出来上がりです。(少し休めると味が染み込みます。)
ローストチキンの作り方④

鶏もも肉を煮てご試食して貰いましたが、香りも良くたくさんのお客様がお立ち寄り下さいました。
買い物をする主婦 「前にコーラで作るの流行ったことがあったね。」
お母さん3 「味どうらくを使うと美味しいね。やわらか~い作ってみよう」 

どちらもご試食される方や、「鶏肉はダメだから角煮だけ」と選んでくれたり
お母さん② 「これ美味し~い」の言葉に誘われてお客様がたくさん集まってくれました。

たぬきご飯
たぬきご飯

揚げ玉とネギを混ぜるだけの混ぜご飯、『たぬきご飯』の名前も珍しく、皆さんとても興味を持って貰いました。
作るところを見て貰っても、「カンタンですね。でもおいしい
お母さん 「舞茸の混ぜご飯は作ったことがあるけど、これもカンタンで良いですね。
おにぎりにしても良いですし、お子さんのおやつにも最適です。
炊きたてのご飯でなくても、残りご飯を温めても味どうらくを混ぜるだけでカンタンに出来ます。

ハタハタのどうらく焼き
ハタハタのどうらく焼き 

今が旬のハタハタを味どうらくに漬けて展示しておりましたが、
「それハタハタよね。味どうらくに漬けているの」ととっても興味深くお客様の方から声を掛けて貰いました。
ハタハタ1 ハタハタ2  
ハタハタは、塩焼きや味噌焼きと、味どうらくに漬けたことがないお客様が殆どでした。
味どうらくで漬けたハタハタは、冷凍保存しても美味しいですよ。
 
午後から焼きましたが、皆さん「食べてみた~い」と焼き上がりを待って試食して下さいました。皆さん、ハタハタ大好きのようです。(秋田県人は、殆どそうかも知れませんね。)
「とっても美味しい。ハタハタ買っていかなければ…」少しの準備しかできませんでしたが、大好評でした。

「のぼりを見てきました。」「 チラシが入っていましたね。」等とお客様の方からたくさんお声をかけていただきました。 
  試食会のチラシ
お客様からご要望があって、今回の実施になりましたが、店内放送もしていただき、その度にたくさんお客様が集まってくれました。 ありがとうございました。
これからもお客様に待っていただける試食会になれるよう勉強して参りたいと思います。

黄色いのぼりさきちゃん (齊藤孝子)

冬到来・・・。

冬到来


  

昨夜からの雨が雪になり、あたり一面雪景色とかわりました。

どうやら今日からは冬本番のようです。

『みちのくの小京都角館』の武家屋敷通りのしだれ桜にも、うっすらと雪が積もり、初冬の情緒を醸し出しておりました。

今日はその風景を写真で撮ってきましたので、皆様へご紹介させていただきます

武家屋敷の冬の様子 15ー1 

武家屋敷の冬の様子 15-2 

武家屋敷の冬の様子 15-3 

この時期の観光地角館はシーズンオフですので、観光客はほとんどいません。それでも今日は数名のグループが地酒のお店さんにいらっしゃいました。

  

   

角館つながりですみません・・。

幼い頃角館で育ったテノール歌手の本田さんを紹介します。

私事ですが・・先日、子供の中学校の講演会で、本田武久さんの歌をお聴きしました。その歌声のすばらしさは、感動でした。最後に子供たちに披露してくれた本田さん作詞の『すずかけの道』の一節「~このうたと一緒に~生きていこう~」が心にしみるものでした。(作詞・歌:本田武久さん。作曲・編曲・ピアノ:ha-jさん)

皆様も機会がありましたら是非お聞ききください。

それではまた。(鎌田龍浩)

  

 さきちゃん   

      

◇三日目も穏やかないいお天気に恵まれました!

研修旅行三日目。今日も穏やかないい天気に恵まれました。(^O^)

 

昨日、お世話になった“強羅花壇”さんの方に見送られて、再度、芦ノ湖畔へ。

 
強羅花壇さん
 
強羅花壇さんのお見送りの様子   

 
芦ノ湖畔から眺めた富士山の様子

芦ノ湖畔から眺めた富士山の様子です。

 

そして、箱根駅伝ミュージアムさんの横のスタート地点へ。ここは、往路のゴールでもありますが、復路のスタート地点でもありますので、再度、訪れました。
 

箱根駅伝ミュージアムさんにて記念撮影 
 
その後、箱根駅伝ミュージアムさんを見学。そして、一路、読売新聞本社さん前のゴールへ。…の予定でしたが、実は、この日の朝、旅行会社さんの添乗員さんからご提案があり、読売新聞本社さん前のゴールを目指すのはあきらめることにしたんです。

 

一日目の予定では、芦ノ湖のゴールまで行くつもりでしたが、一般道のあまりの渋滞に予定より大幅に時間がかかってしまい、結果的に芦ノ湖のゴール地点まで到達することが出来ませんでした。このことから、読売新聞本社さん前まで行って、本日の宿泊先の横浜ロイヤルパークホテルさんまでもどってくるとした場合、ディナークルーズの時間に間に合わないことも考えられましたので、読売新聞本社さん前のゴールを目指すのはあきらめることにしたんです。

 

でも、途中までは、復路のコースをたどっていきます。(^O^)

 

途中、小田原市内の料亭 門松さんで昼食を取らせていただきました。こちらのお店さんは、一流の日本料理を手軽な価格で楽しめるお店さんなんです。

 

料亭 門松さん 
料亭 門松さんのお料理① 料亭 門松さんのお料理②
料亭 門松さんのお料理③ 料亭 門松さんのお料理④
お料理の一部です。

 

そして、昼食後、出発したバスの中で、もう一つの提案がありました。

 

実は、会社では、いつも昼食を食べた後は、お昼寝をさせていただいてるんです。

 

「昼寝の30分は、3時間にも相当するし効果がある。朝が二度あった気分になり、すっきりした状態で午後からの仕事に取り組めるように。」との社長のお考えにより、昼休み時間を1時間30分いただいて、昼食の後は、お昼寝の時間になるんです。

 

そこで、皆さんがお昼寝をしている間、高速道路を利用して横浜に向かったらどうか、とのご提案があり、そうすることにより、トイレの心配も無くなるのでとのお話しがあり、一路、小田原厚木道路、そして、東名高速道路を利用して横浜へ向かうことになりました。

 

実は、東京から箱根まで一般道を利用して困ったことがありました。それは、トイレの問題でした。一般道の場合、なかなかすぐにはトイレが見つからないんです。私たちのいる秋田ですと、道の駅のシンボルマーク道の駅が至るところにありますので、トイレに行きたい場合、もうどれくらい進むと道の駅があるとか、ある程度、予定を立てることが出来るんですが、都会の一般道となりますと、なかなか難しいものがありますので、高速を利用することにより、この問題も解決しますので、この案に変更になりました。

 

そして、お昼寝を終えた頃、バスは、小田原厚木道路から東名高速道路に入り、海老名サービスエリアに到着し、無事、トイレタイムとなりました。

 

海老名サービスエリアは、今まで、見たことのないおしゃれな建物で、お店の数も多く、圧倒されっぱなしでした。

 

その後、渋滞の名所として知られている大和トンネルもスムーズに通過することが出来、横浜に到着!(^O^)

 

しかし、今度は、予定よりもかなり早く到着したため、最終日の予定を繰り上げて横浜外国人墓地や港の見える丘公園を散策することにしました。

 

港の見える丘公園から横浜ベイブリッジを望む 港の見える丘公園からみなとみらい21地区を望む
  
次に、山下公園も散策!
 
山下公園にある日本郵船氷川丸 山下公園からコスモクロック21を望む
 
そして、横浜ロイヤルパークホテルさんに無事到着!
   
 

ここランドマークタワー内にある横浜ロイヤルパークホテルさんは、7日から開催されるAPECの会場であるパシフィコ横浜さんのすぐ近くにあるため、ここを通る車は、一台一台検問をされ、トランクルームの中までチェックされるほどでした。

 

ホテルにチェックイン後は、夕食までの自由時間となり、ホテルに隣接するランドマークプラザさんを散策。

 

そして、いよいよマリーンルージュ号でのディナークルーズです。

 

マリーンルージュ号 
三種のオードブル スープ
焼きたてのパン メインディッシュ:魚料理
メインディッシュ:肉料理 デザート
マリーンルージュ号からみなとみらい21地区を望む 
 
きれいな夜景とおいしいお食事を堪能させていただきました。

 

今、工場地帯の夜景を楽しむナイトクルーズが大人気だそうですが、私たちの船は、そこまでは行きませんでしたが、十分楽しませていただきました。

 

実は、当初の予定では、ホテルの近くにあるみなとみらい21乗り場から乗船予定でしたが、APECの警護の関係から、乗船場所が山下公園だけに限定され、遅くまでご難儀をおかけすることになりましたが、運転手さんとガイドさんに私たちの送迎をお願いさせていただいておりました。

 

そのため、ディナークルーズの間、私たちのことを待っていて下さいました。

 

運転手さんとガイドさん。本当にありがとうございました。<(_ _)>

 

   私たちの研修旅行は、陰で支えて下さる皆さんのおかげで、行かせていただいておりますので、皆さんに感謝です。ありがとうございます。<(_ _)>   
  

 

                                         さきちゃん  (泉 光二)
 
 
 

エビの照り焼き やっぱり大好評!

 先日、ビッグフレック大曲店さんで、久々に“エビの照り焼き”を紹介してみました。
①ビッグフレック大曲店様

 ご紹介する前から予想はしてたんですけど、やっぱり大好評でした。
 プリプリしていて、子供さんには勿論、おじいさん、おばあさんにも大好評で、300人分用意したエビも、4時過ぎには完食! 
子供達 お爺さんとお婆さん   

 「おかわりしていい?」というお客様も沢山いらっしゃって、「夕方までに保たせないと…。」とは思っても、せっかく喜んで下さるもんですから、「どうぞ!どうぞ!」と心とは裏腹の対応になってしまったこともありましたけどね。
 でも、嬉しいもんですよね。こんなに喜んでいただけるんですから…。
 こういうお客様の喜びが、私たちの何よりの喜びなんですよね。
 これからも、沢山喜んでいただけるように、おいしく、簡単な料理を紹介したいと思います。
②エビの照り焼き

 ところで、この“エビの照り焼き”の作り方なんですけど、聞いてみたいと思います?
 それでは説明させていただきます。
 まず用意するものは?
 かくし味と甘酒・秋田姫美人、それにブラックタイガー。
③かくし味1.8 ④秋田姫美人 ⑤ブラックタイガー

 まず、ブラックタイガーの殻をむいて、背わたを取ります。
 ブラックタイガーは、頭を取る時に背わたも一緒に取れるんでしょうね?あまり入ってなくて仕込みも楽チンでした。

 次に、かくし味と甘酒・秋田姫美人を同じ量混ぜます。
 ブラックタイガー10尾に対して、かくし味、秋田姫美人、共に100㏄程度で良いと思います。

 以上の材料を一緒に袋に入れて、一晩漬けて、あとは焼くだけでOK!

 とっても簡単でしょ?

 「一晩も待てない~」と言うお客様には、バナメイエビがお勧めです。
 バナメイエビなど、ちょっと小さめのエビは3~4時間漬けるだけで結構!
 なので、午後に漬ければ、夕飯までには間に合いますよ。

 この日は、秋田姫美人のサンプルも用意したんです。
 「今食べてみて、わあ~おいしい!作ってみたい~!というお客様に、このサンプルを差し上げてるんですけど、作ってみたいと思いましたか?」とお聞きすると「わあ~作ってみたい!」「私も作ってみたい!」「私も、私も!」とあちこちから手が上がるもんですから、200個用意したサンプルもあっという間になくなっちゃいました。
⑦試食会① 
⑧試食会②  
 
 なんか、超忙しい中にも、あっという間に終わった試食会でした。
 そんな訳で、かくし味と秋田姫美人で作る“エビの照り焼き”をお試し下さいね。

 あっ、そうそう。一言忘れてました。
 この“秋田姫美人”は、お店では10月末から3月頃までの販売になるんですけど、夏でも使えるんですよ。「えっ?夏でも?」とお思いでしょう?
 そうなんです。秋田姫美人は、夏は冷凍して使えるんです。
 なので、3月はお客様の需要が増えますので、早めにお買い上げいただいて、冷凍庫に入れてお試し下さいね。

 さて、今年も押し迫ってきましたけど、次回、私に取っては今年最後のブログです。
 恒例になりました“試食会十大ニュース”をご紹介しちゃいますので、皆さん、どうぞお楽しみに…。

 それじゃまた(^_^)v  (門脇公博)
⑪おかわりくん

一年一度のご恩返し(合掌)

①2011表紙 

↑の画像は当社の通信販売をご利用いただいているお客様に、一年間お世話になったお礼にとお届けさせていただいている当社のカレンダー2011年版です。
今日はこのカレンダー発送の経緯について、お話ししたいと思います。チョット長くなってしまうと思いますが、興味がお有りの方はどうぞおつきあい下さい

さて、毎年この時期になると、個人のお客様へお送りする商品の量がグッと増え、その発送作業に追われるという状態がズ~ッと続きます。

この商品のほとんどが県外のお客様からのご注文なんです

全国津々浦々から、年間8,000名を超えるお客様が当社の通信販売をご利用下さっています。本当にありがたいことです。(感謝)
 
そして、商品出荷と共に、現在ピークを迎えているのが、冒頭に述べた個人のお客様へのカレンダー発送手続きなんです。

当社商品は、秋田・山形(主に庄内地区)中心の流通となっていて、両県以外では販売しているお店さんを探すのさえ難しいような状況です。

それでも、首都圏まではごく限られたお店様での取り扱いはありますが、東京から南の地区では取扱店は皆無と言っても過言ではないような状況ですから、その地区にお住まいのお客様へは通信販売のご利用をお勧めさせていただいています

CVSのファミリーマート様が運営されるFamima.comをご利用いただければ、全国どこからでも1本単位で商品を取り寄せることは可能です。どうぞご利用下さい。(Famima.comへはコチラをクリック!

当社で通信販売を始めたのも、そのようなお客様からのご要望にお応えしたもので、通信販売を始めてからカレコレ20数年が経過したのではないか?と思われます。

私自身の印象として、ここ10年~15年ぐらいの間に通信販売をご利用になるお客様の数がグッと増えてきたように思います。

通信販売ご利用のお客様がドンドン増えるのは、本当にありがたいことだったんですが、増え続けるお客様の数を見て、当社の佐竹社長の心中には、嬉しさと同時に、ある悩みが芽生えていきました。

それはこういうことだったのです。

通信販売をご利用下さっているお客様に、ご恩返しはできないだろうか…、せめて年に一回だけでも何らかの形で感謝の気持ちを表すようなことはできないものか

通信販売ご利用のお客様へ感謝の気持ちをお届けするには…。お客様の平均購入単価が一年で4,000円程度、「お贈りするとしたらどんなものが…」。

しばらくの間、佐竹社長は現実とお客様への想いの狭間で悩み続けられました。(涙)
 
ちょうどその頃、秋田県内のお取り引き先様(直接お取り引きをさせていただいている先様)には、年末に一年間お世話になったお礼として、お取り引き額に応じた品物と同時にカレンダーをお届けさせていただき、お陰様でご好評をいただいていたのですが、ある日佐竹社長より突然お話があったのです。

そのお話とはこうでした。

通信販売をご利用いただいたお客様に、次の年のカレンダーを贈らせていただいたらどうだろう?」

さらに社長は続けられます。

1年間に一回だけだから、それだったら何とか続けられるんじゃないか…?

社長のご発案でしたが、それを聞いた我々には正直「大丈夫だろうか?」という不安が先立ちました。

と言うのは、カレンダーと言っても当社でお配りしているものは、いわゆるフィルムカレンダーで、1部あたりの値段もそれ相当のもの。
確かに県内のお取り引き先様にお配りしているとは言え、それも年間お取り引き金額が数万円以上のお客様に限られていて、顧客単価から考えると、相当の負担増になることが明らかだったからなんです。
 
即刻そのことを社長にご進言申し上げましたが、社長のご返答は我々の想像を絶していたものでした。

確かにな。…でも、県外でウチは何にもしてないんだよ?県内のようにTVやラジオでCMが流れたり、新聞広告が入ったりというような宣伝は一切無いんだ。それなのに、こんなにたくさんのお客さんが通信販売をご利用下さっている。これは正にお客様のクチコミのお陰なんだよな?そう考えたらだよ、1年に1回だけ感謝のしるしにカレンダーを贈らせていただくそのことを、オレは『惜しくないッ!』ッて思えちゃったんだよ。お客様にその想いが伝わるんだったら、『少しぐらいの負担は仕方ない』って思ったし、受け取ったお客様が喜んで下さるのを想像したら、『よし!頑張ってみよう』って思えちゃったんだ。とにかく、やってみよう!!やってみてダメだったら、その時はお客様に『ごめんなさい。やっぱり続けるのは無理でした』って謝ればいいじゃないか

お話し下さったその一言を聞き、社長の一大決心を社員全員が察し、直ぐさま実現に向けて行動を起こしたのでした。
 
このような経緯により、この年より県外個人のお客様へ一年間ご愛顧をいただいたお礼として、カレンダーを贈らせていただくことが始まり、今年もまた、その作業のピークを迎えています。

現在は、県外個人のお客様で、年間のご購入金額が4,200円(送料、消費税別)のお客様を対象として、カレンダーをお届けさせていただいています。

カレンダーの内容は?と言うと、毎年、日本国内の様々な光景を記録した写真が付きで、お陰様でお客様にはご好評をいただいているようで、「今年もカレンダー届いたよ。いつもいつもありがとう」とか、「来るのを楽しみに待っていますよ」という、お客様からの温かい感謝のお言葉をいただけるようにもなっています。本当にありがとうございます。
 
このことについては、続けられる限り努力していきたいと思っています。

また、私たち発送作業に関わる社員も、「佐竹社長のお気持ちも一緒にお届けできれば…」と思いながら、作業しています。

どうか、社長の真心がお客様にお届けできますように(合掌) (山本智巳)


試食会に「行かなくちゃ!」

先日、ビフレにかほ店さんで“豚の角煮”と“たぬきご飯”で試食会を行ってきました

当日は、好天にも恵まれ、しかも水曜日恒例の『100円均一』でたくさんのお客様が来て下さいま

した。 メニューは、“豚の角煮”と“たぬきご飯”でした

味どうらくの里レシピ  

 

初めに“豚の角煮”を試食していただきますと

今回も、

材料  

買い物をする主婦 「エッ!!なしてコーラど味どうらくで煮込むなよ?」と言うお客様が多く、

      (エッ!!どうしてコーラと味どうらくで煮込むの?)

ロゴマーク-手を振る-art 「コーラで煮込むど、肉っこが軟らかくなるんだしよ」

      (コーラで煮込むと肉が軟らかくなるんですよ。)

そして、試食していただきますと 

おじさん 「すっげぐぅ、やわらけぐって、んめごど。」

        (すごく軟らかくて美味しいですね。) 

おばあさん1 「そたなに、脂っこいのすぎじゃねども、これなばほどんど気にならねな。」

         (そんなに脂っこいの好きじゃないけれど、これは殆ど気にならないですね。)

とお客様から喜んでもらいました

そして、

「美味しかったから、作ってみますね。」・「かんたんだから作ってみます。」と、お肉もたくさん購入

していただきました。精肉のご担当者の方より、「お陰様で、いつもの倍いくらい売れました。」との

お話をいただきました

前回、ご提案させていただきました、ローストチキンを「作ってみました。美味しくできました。」とい

う方がお二人いらっしゃいました。クリスマスにはお勧めの一品です。 

ローストチキン
 
次に、“たぬきご飯”は、 
  
たぬきごはん    

おばあさん②「直接入れても良いんだ。もちもちした感じで、お米も美味しくなりますね。」

お母さん② 「やっぱり味どうらくだと美味しく出来上がりますね。」 

お母さん  「おにぎりも良いね。よく焼きおにぎりは、味どうらくで味付けして作っていますけれ

         ど、こういうのは初めてです。かんたんなので作ってみますね。」 とのお話でした。

また、「私達、酒田市から買い物に来たんですよ。」と言って立ち寄ってくれたお客様がいらっしゃ

いました。

そして、「我が家でも味どうらく使っていますよ。だけど、こういう使い方、したことないですね。やっ

ぱり、一番が煮物で次にめんつゆが多いですね…。

えっ!このご飯、炊き込みじゃないの?…混ぜるの?ねぇ、ねぇ、おばあちゃんもお母さんも食べ

てみたら…すごく美味しいよ。」と言って進めてくれました。そして、「かんたんで美味しいし、子供

たちのおやつに良いですね。今日早速作ってみます。」と言って、食材を購入してくれました。

今回は、お陰様で準備したお料理も完食していただきました

「試食会のチラシ見て『行かなくちゃ!』と思って来ました。いつも楽しみにしていますよ。」とか、

「美味しかったから、友達に教えてあげたい。」・「娘にも教えてあげたい。」と言うことで、「もう少

し、レシピもらえませんか…」と言って下さったお客様がいらっしゃいました。うれしく思いました

    試食会のチラシ       ⑧おかわりくん



このようなお客様の思いを大切に、これからも、お一人でも多くのお客様に喜んでいただけるよ

う、頑張ります。ありがとうございました。(倉田則夫) 

能代市&三種町

以前、お取り引きのある広告会社様から能代市内に掲出可能な看板広告2箇所をご紹介いただいておりました。
そこで、先月、現地調査のため能代市に行って来ました。
久々に能代市内の国道7号線を走行し、信号待ちの際、ふと見上げましたら
何とバスケットの選手を飾りにした街灯がありました。
さすがバスケの街、能代 これはブログのネタになると思いパチリ。 

CIMG1363.jpg 

CIMG1368.jpg 
反対側から見るとこうなります。
ちなみに信号は青ですが、私は信号待ちの先頭車から5~6台目に停車し、
シャッターを切る直前に青に変わったところの写真です。
決して走行中に撮影したものではありませんので、どうぞご安心を。

CIMG1367.jpg 
東能代駅の駐車場で休憩させていただきました。
この日は晴天に恵まれ、 気持ちの良い一日でした。

CIMG1371.jpg 
帰り道、三種町八竜地域にある農産物直売所
ドラゴンフレッシュセンター様に立ち寄りました。
いつも行くスーパーさんより安い値段でしたので、
大根、白菜、ふかし芋を買わせていただきました。
大根と白菜はそれぞれ30分浅漬けにして頂きました。
寒くなってきましたので、皆様どうぞご自愛ください。(佐藤直樹)

☆ もちつき集会…お雑煮にも味どうらくの里

先日、神宮字小学校で「ふれあい交流サタディ」がありました。
子供達が卒業してから十数年ぶりに教室へ入り、とても懐かしく思いました。
当日は、PTA主催の「もちつき集会」が午前中、午後からは、大仙市社会福祉協議会神岡支部主催の「ニコニコふれあい広場」が開催されました。

もちつき集会では、ご父兄の皆さんが朝早くから準備をしており、当社から協賛させていただいた味どうらくの里、かくし味でお雑煮用のつゆも作られておりました。

味どうらくとお雑煮 
お雑煮①JPG 

各学年にそれぞれ準備された臼と杵を使って、子供達の歓声と一緒にお父さんやお母さん、おじいさん、 おばあさんも大張り切りでした。

餅つき①
I餅つき③ 餅つき④1

出来上がったお餅の美味しかったことは言うまでもありません。皆さんたくさんおかわりしておりました。

午後からは、大仙市社会福祉協議会神岡支部主催の世代間交流事業として各学年毎に様々な交流活動が行われました。私は、地域の福祉員の係をしており、今回参加させていただきました。
体育館では、縄ない・わら工芸体験が行われておりました。
I縄ない①JPG 縄ない②

私が参加したのは、4年生のお手玉作りです。小さい時に祖母に作ってもらったことがありましたが、私自身もお手玉を作るのは初めてです。

お手玉① お手玉②
お手玉④ Iお手玉③JPG

童心に返って子供達と一緒に楽しみました。子供達の笑顔と共に本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

明日8日(水)ビックフレック大曲店様で『黄色いのぼりの試食会』を予定しております。
皆さんお立ち寄り下さい。お待ちしております。音符   (齊籐孝子)

黄色いのぼり 味どうらく1.8 黄色いのぼり

関西のみなさまへ朗報です。

関西のみなさまへ朗報です・・

 万能つゆ 味どうらくの里500㍉

関西といっても大阪にお住まいの方になりますが、当社の味どうらく里500㍉が岩手秋田」北東北三県のアンテナショップでご購入いただけます。

お店様のお名前は 『きた東北発見プラザ』青森岩手秋田物産館   

きた東北発見プラザ・・ きた東北発見プラザ・・地図 

 Jengo 心斎橋

住 所 : 大阪市中央区南船場3丁目426

電 話 : 06-6241-7144

アクセス:地下鉄「心斎橋」駅徒歩3分。地下鉄御堂筋線・長堀鶴見緑地線「心斎橋」駅下車、2番出口より徒歩3分(クリスタ長堀・月見の広場北7番出口前)

http://www.jengo.jp/blog/へどうぞ。

上記の写真・地図をクイックすると「きた東北発見プラザ」へリンク致します。

 

お店様には「大阪で東北の味を!」をテーマに、秋田・青森・岩手の特産品、約1500点が並び。実演や試食販売などのイベントも実施中とのこと。また、2階の観光コーナーでは北東北の観光相談にお答えしているそうです。

 

今のところ、大阪で常時置いて頂いているのがこちらの物産館さんだけです。お電話で物産館さんに確認致したところ、残念ながら味どうらくの里500㍉のみのお取り扱いだけのようでした。1本でいいので、という方は是非こちらの物産館さんへどうぞ。お店様には他にも、青森・岩手・秋田、北東北ならではのおいしい物産がたくさんあるようです。
  

おっと。味どうらくの里は、当社のホームページのネットショップでもご購入できるのはいうまでもありません。なお、今季の秋田姫美人も発売になっておりますので、ネットショップへアクセスをどうぞ!!wedショップ 

もう一つご連絡致します。
ホームページの会社案内の関連記事に3件の資料をUPしました。

(しばらく前の新聞記事になりますがご一読お願いいたします。東北醤油の昔がわかるかも・・)アクセスはこちらへNEW   
ではまた。(鎌田龍浩)




   

◇二日目も晴天に恵まれました! (^O^)

師走に入り、今年も残すところ1ヶ月となりました。やり残したことありませんか?

 

私の場合、研修旅行の様子を書かせていただいてから、まだ一日目しかご紹介できずにおりますので、何とか、最終日まで、ご紹介できるようにがんばりたいと思います。m(_ _)m

 

早速ですが、研修旅行の二日目、今日も、昨日と同じ位にいいお天気です。(^O^)

 

今日は、昨日、達成できなかった往路のゴール地点、箱根芦ノ湖を目指します。

 

河鹿荘さん 
箱根湯本温泉 ホテル河鹿荘さん

 

昨日、お世話になった箱根湯本温泉 ホテル河鹿荘(かじかそう)さんを出発し、芦ノ湖を目指しますが、箱根湯本駅を過ぎたあたりから道はずっと上り坂!

 

これが天下の剣へ挑む5区の山登りコースで、高低差は、なんと800㍍!

 

この山を登り切ると今度は下り坂。この下り坂もけっこうきついんです。(>_<)

 

そして、この坂を下りると元箱根。このあたりからやっと平坦な道になり、成川美術館を左手に見ながら、更に湖畔を進むとゴールです。!(^^)!

 

箱根駅伝ミュージアムさんの横がゴール地点。ここで、記念撮影!

 

芦ノ湖・往路のゴール地点です

往路のゴール地点です。

 

読売新聞本社さんから、箱根芦ノ湖までの距離は、108㎞!

 

ゴールに到着した私たちは、その後、成川美術館さんを見学!展示品もすごかったんですが、ここからの眺めは、もう最高!

 

成川美術館さん
 
翡翠・吉祥家園(きっしょうかえん)   

成川美術館さんです。この翡翠の作品は、吉祥家園(きっしょうかえん)といって、中国の名匠が2年の歳月をかけて彫り上げたそうです。

 

成川美術館さんからの風景

成川美術館さんからの眺めです。

 

その後、箱根神社さんを参拝。

 

箱根神社さん 

 

そして、二日目の昼食場所、箱根ホテルさんへ!ここでは、研修旅行始まって以来のランチバイキング!にこにこ顔 

 

箱根ホテルさん  

 
バイキング料理のごく一部です      
      

 

昼食後は、箱根関所・資料館さんを見学。

 

箱根関所・資料館さん  

 

その後、箱根海賊船に乗り桃源台へ。

 

箱根海賊船②  

 

そして、ロープウェイに乗り大涌谷へ。

 

箱根ロープウェイ
 
大涌谷   

 

大涌谷散策後は、いよいよ箱根を代表する高級旅館“強羅花壇(ごうらかだん)さんへ向かいます。

 

強羅花壇さん 
 
強羅花壇さん・120㍍の柱廊空間  

 

私たちが泊めていただいたお部屋は、一室4名利用でひとり一泊4万円したんですが、強羅花壇さんの中では、これが一番お安いお部屋なんです。

 

今まで、おもてなしの勉強をさせていただくためにいろいろなホテル・旅館さんに泊めさせていただいておりますが、今回が今までで一番のお値段になります。

 

一生懸命、勉強させていただきます。<(_ _)>

 

 

…実は、二日目の朝、訃報が飛び込んできました。当社に関わりのある方が亡くなられたとの知らせでした。

 

そこで、会食の前に全員で黙祷をささげて、亡くなられた方のご冥福をお祈りさせていただきました。

 

そうしたところ、担当の方が、亡くなられた方のために陰膳をご準備下さいました。

 

本当に心温まるおもてなしでした。ありがとうございました。

 

 

陰膳については、以前から、和倉温泉加賀屋さんのことについて書かれた“加賀屋の流儀”という本で知っておりましたが、目の前で出されたのは初めてで、本当に感動しました。

 

強羅花壇さんがご準備して下さった陰膳① 強羅花壇さんがご準備して下さった陰膳②
こちらは、朝食時にご準備して下さった陰膳です。

 

 

   強羅花壇さんでは、温かいお料理は温かいうちに、冷たいお料理は冷たいうちにお出しして下り、どれもこれも心温まるお料理でした。ありがとうございました。 m(_ _)m   

 

 

                                            さきちゃん    (泉 光二
 
 
 

来春までお休みさせていただきます

 今年も冬がやってきました。
 秋田では、おととい遂に初雪が降りました。そして昨日の朝は、久々に除雪車の音で起こされたんですけど、外に出るとなんと30㎝くらい積もっていて、我が家でも今シーズン初めて除雪機械が出動しました。
 会社に来て話すと「え~」「うそ~」「またまた…」「大げさだ~」と、こんな感じで皆さんからブーイングを受けたんです。
 私が普段、いかに信用させてないか分かりますよねでも本当なんですよ。
 証拠の写真を撮ってきましたので、見て下さいね。
雪景色

 ところで話は変わりますけど、先々週の土曜日、ビフレ新庄店さんで試食会がありました
ビフレ新庄店様  

 最近、ご担当の柳田さんが、こんな感じで手造りのポップを作って下さるようになったんです。場所も、特売品を並べる棚(エンドというんだそうです。)を1本わざわざ壊して、そこを貸して下さるんです。
試食会①

 テーブルも広いし、ポップのおかげか?結構目立つようで、私たちも思う存分ご紹介できるので、ホントありがたいです。
 柳田さん、ありがとうございます。
試食会②

 実を言うと、この日は今シーズン最後の試食会だったんです。
 山形も秋田も雪の多い県ですし、特に、秋田の湯沢から山形の新庄に掛けては、選りすぐりの豪雪地帯なもんですから、冬の間はちょっとだけお休みさせていただくんです。
 そんな訳で、柳田さんの想いを受けながら、この日は私たちも力が入りました。
 
 ところでこの日、久々にお会いしたお客様がいらしたんです。 
 最初に試食会に行った時に寄って下さったお客様なんですけど、その時、「私ね、かくし味でミズの漬物作るのよ。」とわざわざそのミズの漬物を持って来て下さったんです。申し訳ないと思ってちょっと遠慮したんですけど、「お昼に食べて!」と置いていって下さったんです。そのお客様が久々に来て下さったんです
ミズのかくし漬け③  

 そして今回は、「味どうらくの里で“おみづけ”おいしく出来るのよ。」と今回もその“おみづけ”を持って来て下さいました。申し訳ないと思ってちょっと遠慮したんですけど、「お昼に食べて!」と今回も置いていって下さいました。
 作り方は、「人参、大根、青菜などを細かく刻んで、塩もみして1時間漬けて、ザラメと味どうらくの里をちょっと入れて出来上がり。」という事でした。
おみづけ

 「味どうらくの里をちょっと入れて…。」というところが「ちょっと」ではなく「いっぱい」だともっと嬉しかったんですけど、せっかくなのでご馳走になりました。
 ザラメのせいか、ちょっと甘かったんですけど、野菜のシャキシャキ感や、青菜でしょうか?ちょっと辛みもあっておいしかったですよ。ちょっと癖になるって感じでしたけど、“おみづけ”のヒントをいただきましたので、我が家でも、我が家独自の“おみづけ”が作れるように研究してみたいと思いました。
おばあさん

 今シーズン最後の試食会でしたけど、こんな感じで久々にお会いしたお客様から、また新しいお料理を教えていただきました
 来シーズンも、お客様からいろんなお料理を教えていただければありがたいなあ~。と思いますし、私たちも簡単・便利で超おいしいお料理を紹介させていただきますので、お楽しみに~
味どうらく1.8  かくし味1.8

 
 そんな訳で、新庄の皆さん、来春まで試食会はお休みさせていただく事になりますけど、どうかお忘れにならないように、楽しみにお待ち下さいね。
ロゴマーク-手を振る-art

 それじゃまた(^_^)v (門脇公博)

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1299)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん