スタッフブログ

GW期間中の営業

HPTIMAGE.jpg さきちゃんHPTIMAGE.jpg   
GW期間中の営業について

明日4月29日(金)より5月8日(日)までの営業についてお知らせします。
当社の営業日ならびに休日は以下の通りです。

4月29日(金)休業
   30日(土)休業
5月 1日(日)休業
    2日(月)通常営業
    3日(火)休業
    4日(水)休業
    5日(木)休業
    6日(金)通常営業
    7日(土)休業
    8日(日)休業

暦通りにお休みを頂くことになりますが、Webショップはこの期間でもご利用可能です。(休業期間中に承ったご注文は、5月10日以降に発送手配となりますので、予めご了承下さい。) 
5月2日(月)と6日(金)は通常通り午前8時30分~午後5時までの営業となりますので、お電話でのご注文等は営業時間内にお願いします。

さて、去年までだったら…「いよいよ明日からゴールデンウィーク。皆さんお出掛けの予定は?」…と心浮き立つ状態だったんでしょうが、今年はチョット趣が違いますね。
あの3月11日以降、やはり日本人の誰もが感じているように、「あの日以来、何かが変わった」という空虚な気持ちが心の多くを占めているように思います。
しかし、最近になって言われ始めた、
「『JISYUKU』は自粛。過度の自粛は日本復興の妨げに!」という考えもまた私たちが為すべきことを言い得ているように思います。
被災地、そして被災された方々への思いを胸にしつつ、被災地を支える経
済基盤を築くためにも、経済活動を通常の状態に戻す努力を続けることも、我々に与えられた使命かも知れません。
秋田では、明日からの連休を待っているかのように桜が蕾をふくらませています。色んな思いを抱きつつも、確実に前へ進むためのパワーを蓄えられるようなGWにしたいものです。
尚、「黄色いのぼりの試食会」5月の実施予定が決まりました。実施日&実施店舗の予定をTOPページの、「黄色いのぼりの試食会」カレンダーにアップしましたので、ご覧下さい。5月は旬を迎える山菜を美味しく食べてもらえるようなメニューの数々をご紹介します。皆さんのご来店をお待ちしています。(山本智巳)
スポンサーサイト

ソーセージ焼きどうらくおにぎり

 先日、テレビの料理番組でご紹介していたお料理を
味どうらくを使って作ってみました。
名付けて、ソーセージ焼きどうらくおにぎり (長い名前・・・
材料は、のり、ソーセージ、ご飯、味どうらくです。
ソーセージの他に冷蔵庫にあったチーズ入りかまぼこも 使ってみました。

CIMG1537.jpg
①写真は、のり、チーズ入りかまぼこ、ソーセージです。

CIMG1540.jpg  
②先ず、ソーセージの袋に記載されていた通りソーセージを茹でます。

CIMG1563.jpg 
③ラップの上にご飯をのせ、のりを巻いたソーセージを置き、 ご飯でくるみます。
  ご飯がばらけないようシッカリとくるむことがポイントです。 

CIMG1566.jpg 
④フライパンに油を引いておにぎりを転がしながら焼き、
  全体的に味どうらくを塗り焼き目を付けます。
  ピンぼけでした。すみません。


CIMG1560.jpg 
⑤焼き目が付いたら、半分に切って出来上がり。
  出来たては熱いので、切る際ご注意ください。

ソーセージやハンバーグ、カレーライス、焼きソバなどは子供が好きですからね。
このソーセージ焼きどうらくおにぎりも殆どが子供達のお腹に入りました。
(アレッ、おとうさんの分はどこだろう・・・)
お弁当などに良いかもしれませんね。  (佐藤直樹)




☆『黄色いのぼりの試食会』再開しました。

東日本大震災の後、中止しておりました『黄色いのぼりの試食会』を再開しました。
先週マックスバリュ刈和野店様で『豚の角煮』『中華ドレッシング』をご紹介しました。

 豚の角煮

豚の角煮

マックスバリュ刈和野店様では、味どうらくの里とコーラで煮る豚の角煮をご紹介するのは、初めてです。 
豚の角煮材料

①豚バラ肉(500~600㌘)を食べやすい大きさに切ります。
豚の角煮①  

②生姜、ニンニクを薄く切り豚肉と一緒に鍋に入れます。
豚の角煮② 

③味どうらくの里250㏄、コーラ500㏄を入れ強火で煮ます。
豚の角煮③

④沸騰したらアクを取り、弱火で1時間~1時間30分煮ます。
豚の角煮④

⑤そのまま冷やすと上に脂が白く固まります。
 豚の角煮⑤

⑥その脂を取り除き一煮立ちさせて出来上がりです。
豚の角煮⑥ 

お母さん②  「おいし~いですね とろけそうですね
おばあさん③   「味どうらくとコーラだけ
お母さん3  「下茹でもしなくてもいいんですか手間のかかる角煮が簡単に出来て美味しい


 
中華ドレッシング
こうちゃんの口福レシピ入口  

かんたんドレッシングは、こうちゃんの口福レシピでもご覧頂けます。
ドレッシング

味どうらくの里1、酢1、油1をだだ混ぜ合わせるだけです。
今回は、ごま油を使用しました。
基本は、同量で出来ますが、お好みで分量で調整することができます。空いたペットボトルで作ると簡単ですよ。
 
お母さん② 「ドレッシングは、初めてです
お母さん 「味どうらくで、ドレッシングも作れるんですか
おばあさん 「美味しい自分の味に作れて良いですね。」
 いつも安い価格で販売される「もやし」も材料に入れ、ご紹介しました。
お母さん5 「もやしもシャキシャキしておいし~いサラダにも良いですね。」 
 主婦の会話 「これ、テレビでシャカシャカとやっていたドレッシングですね」とCMを見てくれているお客様もおりました。

久しぶりの試食会で、お客様とお会いできることの有り難さを感じると共に、とても嬉しく思いました。ありがとうございました。

本日26日(火)よねや富士見町店様
      28日(木)ハッピータウン店様で 『黄色いのぼりの試食会』を実施します。

お待ちしておりますのでお立ち寄り下さい。(齊藤孝子)

黄色いのぼり 味どうらくの里 黄色いのぼり

桜の季節です

  研修旅行の記録コーナーについて
 

ブログをご覧いただいていらっしゃるみなさまへ。 
もうご存じと思いますが、弊社ホームページには「研修旅行の記録コーナー」を新設しております。「まじめに楽しむ」それが東北醤油流を是非ご覧下さい。PRでした
     

研修旅行の記録
  こちらをクリックお願いします   

 
  さて、観桜会が始まりました     
        

秋田の桜ももうすぐです。県南の桜の名所、仙北市角館町の武家屋敷・桧木内川堤の観桜会も22日に始まりました。地元角館町観光協会さんによりますと、今年の開花予測は26日(火)か27日()で、満開予測は5月2日頃とのこと。いつもの年より一週間ぐらい遅い感じがします。

先日の日曜日ですが近くを散歩してきました。以下がその時撮った写真です。

桧木内川堤2011.04.24 
武家屋敷通り2011.04.24.01 
武家屋敷通り2011.04.24.02 

小雨模様で肌寒いあいにくのお天気でしたこともあり、お客様はまばらでしたが、武家屋敷通りにあるしだれ桜の花弁は赤くなっており、桧木内川堤のソメイヨシノのつぼみが大きく膨らんでおりました。

もうすぐ東北新幹線も全線開通とのことのようですので、GWのお休みには是非東北に足を運んでみてはいかがでしょうか?(鎌田 龍浩) 

PS.桧内川堤の桜並木は2キロにおよぶソメイヨシノの桜のトンネルです。
   武家屋敷通りのしだれ桜は樹齢百年が経過したと思われる国天然記念物指定の桜です。

さきちゃん


 

◇こだまでしょうか

 

「遊ぼう」っていうと

「遊ぼう」っていう。

 

「馬鹿」っていうと

「馬鹿」っていう。

 

「もう遊ばない」っていうと

「遊ばない」っていう。

 

そうして、あとで

さみしくなって、

 

「ごめんね」っていうと

「ごめんね」っていう。

 

こだまでしょうか、

いいえ、誰でも。

 

これも最近、よく耳にする“ACジャパン”さんのコマーシャルですが、これは、金子みすゞさんの“こだまでしょうか”という詩だそうです。

 

こだまでしょうか

 

 

金子みすゞさん。本名は金子テルさんといい、明治36年(1903)4月11日に山口県大津郡仙崎村(現:長門市仙崎)で生まれました。成績は優秀で、おとなしく、読書が好きでだれにでも優しい人であったといいます。

 

そんな彼女が童謡を書き始めたのは、20歳の頃からでした。

 

『童話』『婦人倶楽部』『婦人画報』『金の星』の4つの雑誌に投稿した作品が、そのすべてに掲載されるという鮮烈なデビューを飾ったみすゞさんは、『童話』の選者であった西條八十(さいじょうやそ)に「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛されるなど、めざましい活躍をみせていきました。

 

ところが、その生涯は決して明るいものではありませんでした。

23歳で結婚したものの、文学に理解のない夫から詩作を禁じられてしまい、さらには病気、離婚と苦しみが続きました。

 

そして、ついには、前夫から最愛の娘を奪われないために自ら命を絶ち、26歳という若さでこの世を去ってしまいました。

 

金子みすゞさんの詩は長らく忘れられていましたが、岩波文庫『日本童謡集』の「大漁」を読んだ児童文学者の矢崎節夫(やざきせつお)らの努力で遺稿集が発掘され、1984年に出版されるや、瞬く間に有名になりました。

 

現在では、代表作「私と小鳥と鈴と」が小学校の国語教科書に採用されています。また、東京大学の国語の入試問題に採用された作品もあります。

 

このことをきっかけに地元長門でも金子みすゞさんの再評価が行われることとなり、生誕100年目にあたる2003年4月11日には生家跡に金子みすゞ記念館が開館され、金子みすゞさんが少女期を過ごした家を復元すると共に、直筆の詩作のメモなどが展示されているそうです。

 

更には、下関市の新下関駅から、美しい日本海や山陰の山々を眺めながら、金子みすゞさんのふるさとである仙崎駅までの区間を走る山陰観光列車「みすゞ潮彩」まで登場しました。

 

 

私と小鳥と鈴と

 

私が両手をひろげても、

お空はちっとも飛べないが、

飛べる小鳥は私のやうに、

地面(じべた)を速くは走れない。

 

私がからだをゆすっても、

きれいな音はでないけど、

あの鳴る鈴は私のやうに、

たくさんな唄は知らないよ。

 

鈴と、小鳥と、それから私、

みんなちがって、みんないい。

 

金子みすゞ
 
 
 

金子みすゞさん 金子みすゞ記念館
 
 
 
こだまでしょうか60秒CM   さきちゃん
(泉 光二)
 
 
 

義援金と支援金

 皆さん、「勝谷誠彦さん」ってご存知ですよね?
 私は「たかじんのそこまで言って委員会」で初めて知ったんですけど、あの毒舌というか、はっきりと物申されるところなんか、気持ちいいですよね。
 その勝谷さんの番組、ニッポン放送の「勝谷誠彦のこれがニュースだ!」でこんなお話しがありましたので、皆さんにご紹介しましょうね。
 帰りの車の中で聞いたことですので、間違ってとらえてるところがあるかも知れませんけど、だいたいこんなお話しだったと思います。もし違ってたら、勝谷さんご連絡下さいね。

「皆さんは、義援金と支援金の違いって分かりますか?
 義援金とは、日本赤十字社などに寄せられた募金を、各自治体に配分して、それから被災地に届けられるのが義援金です。
 一方、支援金というのは、日本○○財団に寄せられた募金を、その財団の人たちが直接被災された人たちに届けると言うのが支援金なんです。
 皆さんもどちらに募金するか、いろいろ考えて、募金された方がよろしいかと思います。
 ( ~ 中 略 ~ )
 ところで先日、日本○○財団の人から、こんな話を聞きました。
 その人は、支援金を届けに、石巻(塩釜だったかな?)へ行ったんだそうです。そこの避難所へ行って、避難されている人たちに、一世帯当たり5万円の支援金を渡したんだそうです。するとしばらくして、一人のお父さんが、その5万円を返しに来たんだそうです。「どうしたんですか?」と聞いたところ、その方は「向こうでウチの家内が貰って来ました。これは一世帯5万円なんですよね?ウチではもう貰ってますので、これは他のお宅に渡して下さい。」と言って返しに来られたんだそうです。それを聞いて日本○○財団の人は、「そんな事どうだっていいじゃないか。黙ってれば誰も分からないじゃないか。」と思ったんだそうですけど、「こういう人に支援金を渡せて、私はとっても幸せな気分になりました。」とその日本○○財団の人が言ってました。」
(“日本○○財団”の“○○”の部分を良く記憶しておりませんので、とりあえず“日本○○財団”と書かせていただきました。)

 と言うお話しなんです。
 これを聞いて皆さんどう思いましたか?
 私はつい、「自分だったらどうしたんだろう?」と考えてしまうんですよね。
 きっと自分だったら、悪い事と分かってはいても、自分の事しか考えないで、黙って貰ってしまうと思うんです。私と同じようにしてしまう人も少なくないと思うんです。でも、あの被災地で、仮にそのような事をしたとしても、誰も責めたりはしないと思うし、「しょうがないよ。」と許してくれるとも思うんです。
 それを返しに来られたお父さんって、この状況にあっても、真っ正直で、正々堂々としていて、本当に他人を思いやれる優しい人なんだなあと感動してしまいました。
 私の大好きな相田みつをさんに「そんか とくか 人間のものさし うそか まことか 佛さまのものさし」と言う言葉があるんですけど、このお父さんは、正に、佛さまの心を持たれている人なんだなあと思いました。
 それに、「黙ってれば分からないじゃないか。」と思われた日本○○財団の人。立場上、こんな風に思ってはいけないのかも知れませんけど、その人の人間らしさにも、なんか心が打たれてしまいました。
 こんな素晴らしい話を聞かせてくれて、勝谷さんありがとうございました。
 このお父さんに、私は元気と勇気をいただきました。本当にありがとうございました。

 ちなみに、この日の夕食、家族にこの事を話してみました。
 すると娘が「ダ カ ラ、義援金と支援金の違いってなに?」だって!「そんな事を言ってるんじゃねぇんだよ」と思ったんですけど、我が娘ながら、ホント情けなくなってしまいました。
 この娘も親の背中を見て育ってきたんでしょうね?トホホホ…(-_-;)
    (門脇公博)
さきちゃん

試行錯誤

実は、家内の趣味がお菓子作りなので、家には何種類かの粉類が常備されています。そこで、今回の震災後に、家内の発案で自家製の手打ちうどんを作ってみました。

最初は、袋に記載された作り方を見て作りましたが、その後、数回作ってから「混ぜ合わせる食塩水をかくし味にしたらどうだろう…」という話になりまして、かくし味で代用して作ってみました。そうしたところ、思いがけなく子供達から「美味しいからまた作って。」とのリクエストがあり、今まで7~8回作りました。まだ、どうしても生地を伸ばす作業が上手に出来ません。そのため、端の部分が薄くなってしまり、切ったときの太さも一定ではなく、麺のモチモチ感やのどごしが、その都度違います。麺の打ち方の奥の深さを痛感しています。
本来の作り方は、水に約1%の塩を入れて食塩水を混ぜ合わせて作るようですが、かくし味で作ることによって、麺がなめらかでのどごしも良く、かめばかむほどかくし味の美味しさが感じるように思いました。

PA0_0003.jpg ②PA0_0002.jpg
PA0_0000.jpgPA0_0044.jpg 
PA0_0043.jpgPA0_0018.jpg  
PA0_0040.jpg ⑧PA0_0008.jpg 
 
また、残った生地でピザも作ってみました。その時は、生地にも結構味が付いていたため、乗せる具材の塩分を加減しなければ、少し濃い味になってしまう感じでした。


今回、子供達が一生懸命作業を手伝ってくれ、本当に助かりました。いつもとは違い、意外な一面も見ることが出来、嬉しく思いました。
まだまだ、うどん打ちは試行錯誤している状態ですが、これからもっと上手になれるよう、努力したいと思います。(倉田則夫)

先人の教え

大津波により壊滅的な被害を被った三陸沿岸地区。被災地の悲惨な様子が報じられる中、先人の教えの尊さと、子孫・末裔への強い想いを感じさせられる、いくつかの記事が目にとまりました。そのどれもが、地域に伝承された先人の教訓により、地域住民が危機から救われたという実話です。皆さんもご覧になったり耳にしたことと思いますが、印象に残ったものを紹介させて頂きます。


〈津波てんでんこ〉

「てんでんこ」は「てんでんばらばらに」という意味で、元々は「津波がきたら親や兄弟にも構わず、とにかく高台に逃げろ。そうすれば一家全滅だけは逃れることができる。そうでもしないと逃げ切れない」という度々津波に襲われた苦い歴史から生まれた言葉で、津波から避難することの難しさを示していますが、現在の三陸地方では「自分の命は自分の責任で守れ!」という教訓として使われているそうです

この言葉は三陸地方に古くから言い伝えられているもので、岩手県大船渡市の津波災害史研究家の山下文男氏(87)が、幼少時に父母が語っていた言葉を講演で紹介したことなどがきっかけで広がったそうです。

今回、大津波に襲われた釜石市の小中学校では、津波から身を守る方法として伝わる「津波てんでんこ」が効果を発揮し、全小中学生約2,900人の内、早退や病欠をした5人を除く、ほぼ全員の無事が確認されたそうです。

「てんでんこ」三陸の知恵、子供たちを救う←YOMIURI ONLINEの記事がご覧頂けます。

〈先人の石碑 集落を救う〉

大津波記念碑

高き住居(すまい)は児孫(こまご)に和楽

想へ(おもえ)惨禍(さんか)の大津浪(おおつなみ)

此処(ここ)より下に家を建てるな
 

明治二十九年にも、昭和八年にも津波は此処まで来て部落は全滅し、生存者、僅かに前に二人後ろに四人のみ。幾歳(いくとせ) 経る(へる)とも要心あれ。  

岩手県宮古市の姉吉地区にある石碑(大津波記念碑)に刻まれている言葉です。
姉吉地区では明治三陸地震(1896年)と昭和三陸地震(1933年)による2度の大津波に襲われ、生存者がそれぞれ2人と4人という壊滅的な被害を受けました。
その昭和三陸地震津波で生き残った住民が
海抜約60メートルの場所にこの石碑を建てました。
その後は全ての住民が石碑より高い場所で暮らすようになり、今回の東北地方三陸沖大地震の起きた11日も、大津波警報発令と同時に、住民たちは高台にある家を目指して坂道を駆け上がり、難を逃れたそうです。巨大な津波は濁流となり、漁船もろとも押し寄せてきたそうですが、その勢いは石碑の約50メートル手前で止まったと言います。
地区自治会長の木村民茂さん(65)「幼いころから『石碑の教えを破るな』と言い聞かされてきた。先人の教訓のおかげで集落は生き残った」と話しています。

「此処より下に家を建てるな」 先人の石碑、集落救う←YOMIURI ONLINEの記事がご覧頂けます。

〈明治の教訓 15㍍堤防・水門 村救う〉

これが公共事業だ!岩手県普代村の奇跡 3,000人の村の堤防があの津波をはね返した!

岩手県北部にある普代(ふだい)村を守ったのは、普代川の河口と市街地を隔てる全長250メートルの「普代水門」と、集落と港の間に立つ建つ全長155メートルの「太田名部(おおたなべ)防潮堤」が守った。いずれも高さは15.5メートル。
「命があるのは防潮堤を造った先々代の村長のお陰」と住民は感謝する。
村は1896年の明治三陸津波と1933年の昭和三陸津波で計439人の犠牲者を出している。防潮堤は1967年に県が5800万円をかけ、水門も84年に35億円を投じて完成したが、この計画は当初「(防潮堤が)高過ぎる」と、多くの批判が寄せられた。しかし、当時の和村幸得村長(故人)は「15メートル以上」を主張。「明治に15メートルの波が来た」という言い伝えが、村長の頭から離れず、「いつか理解してもらえる」と意志を貫いた。
今回の津波で普代村も防潮堤の外にある6か所の漁港は壊滅状態となり、船の様子を見に行った男性1人が行方不明になっている。しかしながら、村内の住民3,000人あまりは全員無事で、1,118世帯には浸水もなかった。

りわりんの健康生活←個人の方のブログですが、普代村の防潮堤・水門の画像も確認できます。


過去の悲劇を繰り返さないように!という先人の願いが込められた教訓。そして、教訓を心掛け、伝え継ぐことで救われたという数々のエピソード。
先人の教えに学び、歴史に学ぶことの尊さを知らされました。何事にも通ずるそのことを忘れずに、共に生きていきましょう。

がんばろう東北!(山本智巳)

大館市の電柱広告

前回お約束した通り、今回は大館市に新規で設置させていただいた
電柱広告をご紹介させていただきます。
場所は県道2号線沿いです。
イオンスーパーセンター大館店様いとく樹海店様の前の道路とでも
言った方が分かりやすいでしょうか。

CIMG1600.jpg 
ガソリンスタンドさんの奥にイオンさんがあります。
この県道の両側に電柱広告を掲出させていただいております。

CIMG1601.jpg 
イオンさんを通り過ぎると左奥にはいとく樹海店さんがあります。

CIMG1604.jpg 
少しアップで撮ってみました。

CIMG1614.jpg 
県道を横断して(勿論横断歩道を渡りました)撮影しました。
方角でいうと西を背にして東を向いています。

CIMG1607.jpg 
こちらは逆に東を背にして西を向いています。


CIMG1610.jpg 
右側にはいとく樹海店さんがあります。

CIMG1622.jpg 
折角大館に来たので、休憩も兼ねて大館駅に立ち寄りました。

CIMG1619.jpg 
大館駅の正面はこんな感じです。

CIMG1616.jpg 
振り返るとハチ公が・・・。マフラーが巻かれていました。
ハチ公は駅から出てくるご主人様を待っているかのように
駅を向いて鎮座していました。


CIMG1617.jpg 
ハチ公の奥には秋田犬の銅像もありました。銅像とはいえ可愛いですね。
こちらにもマフラーが・・・。寒いだろうと思った心優しい地元の方が
巻いてくださったのでしょうか。ほのぼのとして良いですね。
この日は晴天でしたが風もありとても寒かったんです。
でもこの銅像を見たら心が温かくなりました。 
それでは・・・。  (佐藤直樹)

☆;レンジでチン!かんたん豚バラチャーシュー

会社や家の周りにはまだ雪が残っておりますが、心を癒やしてくれる春は近づいてきております。タンポポの花が咲き、水仙の芽が出て小さな蕾をつけていました。 
 
会社風景春①  桜 
タンポポ 水仙

昨日、白鳥の北帰行の群れを見ました。
白鳥① 
 
会社の桜の蕾はまだかたいですが、これから桜の便りが届けられるのを楽しみにしております。少しでもみんなに明るい笑顔をと願いながら…

今、『黄色いのぼりの試食会』は休ませて頂いております。あの大震災の後のスーパーさんの光景は、初めて目にするものでした。最近は、まだ品薄の商品もありますが、いつもの様子に戻りつつあります。被災地の皆さんのことを想うと贅沢なことを言ってはおられません。CMでも流れておりますが、「本当に今必要なものですか」の問いかけに自問自答しながら、毎日の生活を見直す勉強をさせて頂いております。

先月8日(火)よねや角館店様で、新メニュー、電子レンジで作る『豚バラチャーシュー』をご紹介しました。
レンジでチン

電子レンジを持ち込み、実際にその場で作ってご紹介しました。
新メニューのご紹介で、レンジでチンのレシピを見ながら、たくさんのお客様にご試食してもらいました。   
豚バラチャーシュー

①材料を準備します。
豚バラブロック肉   250~300㌘
コーラ         100㏄
味どうらくの里     200㏄
ニンニク(チューブ入り) 6㎝位(小さじ1)
生姜(チューブ入り)     3㎝位

②味どうらくの里にニンニク、生姜を混ぜ合わせます。豚バラチャーシューの作り方①

③豚肉を容器に入れ、②とコーラを入れます。
豚バラチャーシューの作り方②

④あく取りシートまたは、クッキングシートを落としぶたにし、ラップを軽くかけ、レンジ500ワットに入れ、10分間加熱します。
豚バラチャーシューの作り方③ 

⑤豚肉をひっくり返して、再度ラップをして更に5分間加熱します。
豚バラチャーシューの作り方④

⑥そのまま15分~30分漬けて出来上がりです。(じっくり漬けこむとよりおいしくなります。)
豚バラチャーシューの作り方⑤  

おばあさん③  「電子レンジでチャーシュー   」
お母さん②  「レンジで作れるの 」  
おばあさん  「軟らかくて美味しいですね。これレンジで 」 
 一度通り過ぎたお客様も「レンジで作る 」の言葉に戻ってご試食してくれました。
主婦の会話 「このチャーシューレンジで作れるんだって…」と説明してくれるお客様も多かったです。
お店さんの精肉ご担当の方が、試食会に合わせてお客様がお求めやすいように300㌘前後に豚バラ肉をカットしてくれました。 「今日作ってみる 」 とお買い上げ下さったお客様も沢山おられました。ありがとうございました。

試食会再開の日時は、確定しておりませんが、この次の試食会で皆さんのお話を楽しみにしております。
味どうらくの里・かくし味が笑顔の食卓のお手伝いが出来ますようにサキちゃん(齊藤 孝子)


味どうらくの里 かくし味

春はもうすぐ

先週の木曜日の夜中でしたが、東北地方を中心にこの度の大震災の余震と思われる大きな地震がありました。その為、秋田県内も翌日の金曜日まで停電となり、当社も臨時休業となりました。普段の生活にあって当たり前であったこと。電気であったり、水道であったり、ガスであったり、お店様の食料品であったり・・本当は当たり前のことでは無くて、全てがありがたい事だったんですね。そんなことを感じられずにはいられません。
震災に遭われた皆様、心よりお見舞い申しあげます。一日も早い復興をお祈り致しております。


お話かわって。

ようやく秋田の冬も終わり、春がほんの近くまでやって来ておりました。先週のお休みに近くを散歩しておりましたら、季節の花を見つけました。かわいらしいクロッカスと秋田県の花のフキノトウです。いかがでしょうか?

クロッカス 咲き始め ふきのとう 見つけました  

もうひとつ。実家のジャーマンアイリスも芽を出しておりました。

花は心を優しく癒してくれますね。そんなお花いっぱいの季節がもうすぐです。
ジャーマンアイリスの畑です

四季は必ずやってきます。夢をもっていきましょう。( 鎌田龍浩 )
さきちゃん 




◇行為の意味とあいさつの魔法

テレビやラジオで流れているコマーシャル。中でも、私自身の心に残っているのが“ACジャパン”さんのコマーシャルです。

 

行為の意味
 
  

“こころ”はだれにも見えないけれど

“こころづかい”は見える

“思い”は見えないけれど

“思いやり”はだれにでも見える

 

いいなぁ~と思い、調べてみたところ、宮澤章二(みやざわしょうじ)さんの“行為の意味 青春前期のきみたちに”という詩の一部分を使ったものでした。

 

この詩の全文は、次の内容でした。

 

行為の意味

 

------あなたの<こころ>はどんな形ですか

と ひとに聞かれても答えようがない

自分にも他人にも<こころ>は見えない

けれど ほんとうに見えないのであろうか

 

確かに<こころ>はだれにも見えない

けれど<こころづかい>は見えるのだ

それは 人に対する積極的な行為だから

 

同じように胸の中の<思い>は見えない

けれど<思いやり>はだれにでも見える

それも人に対する積極的な行為だから

 

あたたかい心が あたたかい行為になり

やさしい思いが やさしい行為になるとき

<><思い>も 初めて美しく生きる

------それは 人が人として生きることだ

 

宮澤章二

 

この詩の一部分だったんです。

 

とても心に残ります。是非、自然な形で、気持ちをカタチにできるようになりたいものです。

 

 

そして、もうひとつがあいさつの魔法というコマーシャルです。

 

あいさつの魔法
 
 
♪♪

こんにちは(こんにちワン)

ありがとう(ありがとウサギ)

こんばんは(こんばんワニ)

さようなら(さよなライオン)

 

まほうのことばで

たのしいなかまがポポポポ~ン

 

おはよう(おはよウナギ)

いただきます(いただきマウス)

いってきます(いってきまスカンク)

ただいま(ただいマンボウ)

ごちそうさま(ごちそうさマウス)

おやすみなさい(おやすみなサイ)

 

すてきなことばで

ゆかいななかまがポポポポ~ン

 

こんにちは(こんにちワン)

ありがとう(ありがとウサギ)

 

あいさつするたび ともだちふえるね

♪♪♪

 

最近、よく耳にするあいさつの魔法というコマーシャルですが、60秒のコマーシャルには、スカンクやマンボウも出てくるんですね。YouTubeで初めて見せていただきました。

 

あいさつの魔法(60秒CM)
 

  

また、あいさつの魔法には、次の内容の詩がありました。

 

あいさつの魔法

 

あいさつする子に

なかまはあつまる。

あいさつする子は

にんきもの。

あいさつは

しってる人とも

しらない人とも

なかよくなれる

まほうのことば。

さあ みんな

こえにだして

いってごらん。

 

 

私たちは、日頃から、あいさつの練習をしています。

 

常々、社長より、「あいさつは、最も短い会話。あいさつをすることで、信じ合うことができるようになるんだよ。」とお教えいただいており、社員が信頼関係を築くために、毎日、あいさつの練習をしております。

 

今回、あいさつの魔法のコマーシャルを見て、改めて、あいさつの必要性を実感しました。

 

これからもお互いが信じ合うことができるようにあいさつの練習をしていきたいと思います。

 

                     さきちゃん   (泉 光二)

 

 

 

トイレの神様

 我が社で購読させていただいている「信用交換所様」発行の「SINKOH INFORMATION」にとても良い記事が掲載されておりましたので、ちょっと紹介してみますね。
 本当は、会社の朝礼で紹介しようかと思ったんですけど、私の朝礼当番が、震災後すぐでしたので、震災の話題にさせていただきました。なので、改めてこの場を借りてご紹介してみたいと思います。

トイレの神様

 「♪トイレには それはそれは キレイな女神様がいるんやで~」
 昨年末のNHK紅白歌合戦で初出場のシンガーソングライター植村花菜が歌った「トイレの神様」が、オリコンのランキングで年初から上位にランクされている。
 「トイレを毎日きれいに掃除していれば、必ずべっぴんさんにしてくれるんだよ」と祖母が植村に教えたというその「トイレの神様」は、たぶん真言宗や天台宗などの言い伝えに残る「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」のことだろう。
(~ 中 略 ~)
 その烏枢沙摩明王がなぜ「トイレの神様」になったのかの謂われが面白い。心学研究科・小林正観氏によると、家を新築するとすぐ7人の神様がやって来て、到着順に受け持ち場所を選ぶ。一番最初に来た神様が最も見栄えのよい「応接間」を選び、次の神様は「玄関」、3番目は「居間」、4番目は「寝室」、5番目は「台所」、6番目は「風呂・洗面所」と続き、烏枢沙摩明王が一番遅くやって来た時には「便所」しか残っていなかった。
 烏枢沙摩明王が遅れた理由に2説ある。1つは、烏枢沙摩明王は美人で、化粧に時間がかかったから。もう1つは、重い荷物を背負っていたからというものだ。前者が「トイレを掃除すると美人になる」説の根拠なのだろうが、問題は後者の、烏枢沙摩明王が背負っていた重い荷物の中身である。実は中に「金銀財宝」がいっぱい詰まっていたのだ。そこから、「トイレ掃除に励むと、金運に恵まれる」の俗説が生まれてくる。
 お笑い芸人からいまや日本を代表する文化人になった北野 武氏は、しかし自分には特別な才能などないと思っているという。にもかかわらず世間から認めてもらえる幸運の理由を探した時、唯一思い当たるのは、師匠に言い付けられて以来現在も続けている「トイレ掃除」だそうだ。ほかにも「銀座まるかん」創業者で高額納税者の常連・斉藤一人氏や、カー用品大手「イエローハット」創業者の鍵山秀三郎氏、細木数子氏など、「トイレ掃除」を日課や趣味にする成功者の例を耳にすることが少なくない。
 トイレを掃除し終えた後の満足感を、年末の手伝いで実感した読者もいらっしゃろう。ならば、続けてみてはどうか?「トイレの神様」が微笑んでくださる、かも知れない。

 トイレのように誰も掃除したくない、そんな所を掃除することによって、心も一緒にキレイになって、ゆとりができて、それが結局は顔に表れ、そしてお客様に喜んでいただける仕事になるんだなあと思いながら読ませていただきました。
 いま、こういう時だからこそ、心を見つめて、他人の言動に惑わされることなく、被災地の人たちに何ができるかを、落ち着いて考えてみようではありませんか。
 いまの自分にできることで、精一杯、がんばろう日本!がんばろう東北!
 きっとトイレの神様も、こんな感じで応援してくれてるんじゃないでしょうか?

「♪トイレには それはそれは キレイな女神様がいるんやで~ だから毎日 キレイにしたら 女神様みたいに べっぴんさんに なれるんやで~♪」

烏枢沙摩明王様 ←我が社で祀っている「烏枢沙摩明王様」

 ちなみに、我が社でも「トイレは修行の場」となってるんですよ。
 「トイレが汚れたり、スリッパが雑になってると不良品がでる。百発百中です。」とよく社長が教えて下さるんですけど、ホントその通りなんですよね。
 でも勘違いしないで下さいね。こう書けば、しょっちゅう不良品を出してるように思われそうですけど、そんな事はありませんよ。トイレをいつもキレイにしているおかげで、心にゆとりができて、心のこもった安全な商品を出させていただいておりますので、どうぞ、ご安心下さい。             (門脇公博)


“ありがとう”

この地区の学校では昨日から新学期ということで、普段通り元気な姿で登校する子供たちを見守りながら、いつもと同じように出社しました。我が家の中学3年生と小学4年生も元気いっぱい?登校しているようです。  
 
昨日、朝のテレビ番組でお寺の住職さんが「“すみません”より“ありがとう”という言葉を使いましょう。」とおっしゃっていました。この言葉を耳にし、10数年前、私に対して当社の佐竹社長よりご指導いただいたときのことが思い出されました。
当時、私は「すみません。すみません。」と口癖のように、使っていました。そこで、ある日佐竹社長より、「『すみません。』という言葉を使うより、“ありがとう”という言葉を使った方が良いと思うよ。“ありがとう”という言葉を使っていると、感謝の気持ちが芽生えてくるし、感謝の気持ちや思いやりの気持ちが出てくれば、考え方がどんどん明るい方に向かって行くから、『すみません。』という言葉を、“ありがとう”に替えられるように努力するんだよ。そうすれば、お前も良い方向に変わっていくと思うよ。」とのお話でした。そして、そのあとにも、「言葉に気持ちを添えることで、伝わり方が全然違ってくるんだよ。どんな思いで伝えようとしているのか、そのためには、どんな言葉を添えればいいのか、色々考えて言葉を使うんだよ。」とのご指導もいただいております。

今回の東日本大震災の映像を見ますと、日頃、当たり前だと思っていたことが、本当は恵まれていたことなんだと、気づかせていただいたように思います。
新聞などの報道で、被災された方が自分達よりもっと大変な人々がいるから、自分達よりそちらの方々へ物資を運んで行ってください。と嘆願したり、少しでも安らいでもらいたいとの気持ちで、自家製のお風呂を作って、近所の方に提供してあげている方など、大変な状況でも他の方を思いやる気持ちに、感動させられました。頭の下がる思いです。また、私達にも、県外のお客様から「お宅は大丈夫だった?」・「被害はどうなの?」とご心配のお言葉をいただいております。

いつも、社長よりご指導いただいたときには、『そうだよな。』と思わせていただきますが、時間が経つにつれ、その思いは少しずつ薄れてきていたと思います。
今後は、感謝の気持ちを持ち続け、一回でも多く“ありがとう”という言葉が自然に出てくるように、自己の鍛錬をして行かなければいけないと思います。また、折角、この世に生かさせている訳ですので、あきらめず、自分を成長させられるような努力をしていかなければと強く感じました。

このたび被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。一日でも早い復興することを心よりお祈り致します。(倉田則夫)




今日から再開します。

  「東日本大震災」から3週間以上が経過しました。
未だに行方不明の方が多数いらしたり、
避難所暮らしを余儀なくされている方々も大勢おられます。
また、福島の原発では、高濃度の汚染水が直接海に流出したりと
先行きが見えない状況で不安です。
改めまして、震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
被災された方々にはお見舞い申し上げます。
また、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。
3月11日を境に時間が止まってしまったかのような感覚があり、
ブログを書いてもいいのだろうかという戸惑いもあります。
しかし、新年度にも入りましたので、
今日から気持ちも新たにjengoブログを再開させていただきます。
よろしくお願いします。

さて、鹿角市に新規で取り付けていただいた電柱広告を
先月2日確認しに行って来ました。
掲出場所を目指し国道103号線から県道66号線(十二所花輪大湯線)に入りました。 

CIMG1570.jpg 
途中にはこのような案内板が・・・。

CIMG1571.jpg
すぐ脇には米代川の支流が流れています。 

CIMG1572.jpg 
思ったより透明度が高くビックリ 何かホッとしました。

CIMG1579.jpg
次に尾去沢鉱山跡にも寄ってみました。静寂に包まれています。

CIMG1574.jpg
こちらはマインランド尾去沢です。 

電柱広告は、国道282号線沿いに掲出させていただいております。
 
CIMG1586.jpg
アップで撮ってみました。

CIMG1585.jpg
こちらは道の駅あんとらあ様方面を背に
いとく鹿角ショッピングセンター様方面を向いています。


CIMG1595.jpg  
こちらはいとく鹿角ショッピングセンター様方面を背に
道の駅あんとらあ様方面を向いています。
写真ではあまり車が写っていませんが、結構交通量はあるんですよ。
差し障りがないよう出来るだけ車を写さないようにしているんです。

電柱広告の撮影は難しいですね。素人ですのでどうぞご勘弁を

CIMG1598.jpg
休憩も兼ねて鹿角花輪駅にも寄って来ました。

私事で恐縮ですが、先週法事があり鹿角市に行って来ました。
その際、花輪在住の親戚が、
「東北醤油、看板出してあったな。」と声を掛けてくれました。
電柱広告のことは話してなかったのに気づいてくれたようです。
看板を出しても誰にも気づいてもらえなければ効果ないですからね。
親戚とはいえ、ありがたいことです。
ところで、電柱広告は大館市にも出させてもらったんです。
次回ご紹介致しますので、どうぞお楽しみに。 (佐藤直樹)










 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1299)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん