FC2ブログ

スタッフブログ

ハチ公・・・

ハチ公・・・

先日仕事で県北にいってきました。

久しぶりの地は、道路が整備され何年か前とは雲泥の違いでした。

私ごとですが少し道に迷ってしまいました(;_;)・・。

さて、県北にいったなら一度は見たいと思っていたのが大館駅前のハチ公銅像です。

JR渋谷駅前で帰らぬ主人を待ち続けた、忠犬ハチ公の姿が反響を呼び、駅前に銅像が建てられ映画にもなりました。そのハチ公のふる里が大館というのはあまりにも有名ですよね。

そのハチ公の銅像が大館駅前にも建立されているんです。

それが下の写真です。
ハチ公銅像・ 秋田犬の銅像・・
凛々しい姿はさすが秋田犬と思いませんか。

ハチ公銅像の台横面・・・・・ ハチ公銅像の台横面・・・・・・ ハチ公の事績・・・・  秋田犬会館の博物室より
   

さて、先日から秋田・青森・岩手を会場に北東北インターハイ(全国高校総合体育大会)が始まりましたね。秋田県にも全国から選手達が来ていることと思います。

お越しの際には秋田の良いところも堪能していってください。

 

余談ですが・・大館駅前といえば花善さんの「鶏めし弁当」は有名です。私もお土産で買ってかえりました。
旅のお帰りに是非食べてみて下さい。おすすめ致します。
鶏めし弁当・ 鶏めし弁当・・

今日は観光ガイドになってしまいすみません。

        ロゴマーク-手を振る-art・・・ではまた (鎌田龍浩)



   

 

 


スポンサーサイト

スルメソーメンと貝割れ どすえ~

 「なにを今更」と言われるかも知れませんが、今年も暑い夏がやってきましたね
 こんな時には、ちょっと涼しめの料理はいかがでしょうか?
 そこで今日は、イカのおつまみと貝割れ大根で作る、簡単な料理をご紹介したいと思います。
 この料理は、以前、社長と奥さんが出張された際、料亭で食事をされたんだそうです。その“先出し”として出された料理なんだそうです。
 これがとっても簡単で、暑い夏にはぴったりの料理なんですよ。

スルメソーメンと貝割れ

まず材料は、
◎スルメソーメン(イカのおつまみ)…20㌘
◎貝割れ大根…5パック
◎かくし味…50㏄
◎水…250㏄

材料

作り方は、
①.スルメソーメンを食べやすい大きさに切って、かくし味と水を合わせたつゆに入れて置きます。

作り方①

②.その間に、貝割れ大根の根を切って、葉っぱに付いている種の殻って言うんですか?それを良く洗い落とします。その貝割れ大根を茹でて、冷水に取ったら、ぎゅっと握って水気を切ります。茹でているお湯に直接手を入れると火傷しますので、貝割れ大根は、一度冷水で冷ましてから水気を切って下さいね。

作り方②

③.水気を切った貝割れ大根をのスルメソーメンと合わせて、冷蔵庫で冷やします。
 
作り方③

④.盛り付けて出来上がり~!

作り方④

 こんな感じで、暑い夏に、ちょっとしたおつまみとしてお楽しみいただけますよ。

 この具(スルメソーメンと貝割れ大根)もおいしいんですけど、このつゆもまた最高!
 かくし味とスルメソーメンのだしがマッチしていて、とってもおいしいんですよ。清涼感があって、このつゆだけでも飲みたい~って感じになるんです。
 我が家では、このつゆにそうめんを付けて食べたりするんですけどね…。
 こんな感じで、一度お試し下さいね。
 ビールにもヨシ!日本酒にも最高!
 今日は、ちょっと風流に冷酒をイッパイ!なんて、もう夕飯が待ち遠しくなっちゃいました~

ビール 冷酒 グイッといっぱい


 試食会なんかでは「料亭の先出し」ってイメージでご紹介してるんですけど「料亭」と言うと、私なんかはつい、京都をイメージしてしまうんですよね。
 そんな訳で、今日はさきちゃんには舞妓さんになって貰って「スルメソーメンと貝割れ どすえ~」って感じで紹介してみました。
 
サキちゃん かくし味1.8

 それじゃまた(^_^)v (門脇公博)

プレッシャーを与えることになって、すみません。

7/22(金)に、ビフレ横手店さんへ久しぶりに“試食会”でお邪魔させていただきました。     
この日は“ひんやり麺”“キュウリとナスの辛子漬け”“イカどうらく”の三品を試食していただきました

   ひんやり麺.1        万能つゆ 味どうらくの里(ロゴ)

“ひんやり麺”をお客様に試食していただきますと、

OL 「野菜をいっぱい食べられるからこういうのも良いですね。」

おばあさん③ 「そうめんだけ食べるとあきてしまってあまり食べられないけれど、これだったらあきな

       いから、結構食べられるわね。」
お母さん3 「冷たくてサッパリしていて良いですね。美味しいです。」と、手軽に野菜をたくさん

       食べられること、あきずに食べやすいということで試食していただいたお客様からは   

       好評でした。

“キュウリとナスの辛子漬け”について、
 
キュウリとナスの辛子漬け

おばあさん② 「ナスの色がキレイですね。みょうばん使ったんですか?」というお話ありました。

パートナーのT.Sさんより
ロゴマーク-お料理中- 「みょうばんを使わなくても、切ってから少し水にさらすだけであくが抜けるので、色

       もキレイに出来上がるんですよ。」とのご説明に、ビックリされたお客様が多くいらっし

       ゃいました。こちらも、ピリッとした風味が好評で、今旬を迎えているキュウリとナスで

       カンタンに作られるので、「家でキュウリもナスも植えているから、今日作ってみます。」

       と言うお客様がたくさんいらっしゃいました。

また、““イカどうらく”については、

イカどうらく  

おじさん 「おや。このイガッこ、んめごど。このイガっこで作ったんだが。」
        (おや。このイカ美味しいね。ここにあるイカで作ったんですか。)

おばあさん⑥ 「良いニオイっこだしな。何焼いているのよ?」
         (いいニオイだね。何焼いているんですか?)

おばあさん⑤ 「ちゃんと味っこちでで、柔らかくて、んめしな。」
      (きちんと味が付いていて、柔らかくて美味しいですね。)

      とのお話をいただきました。

今回、イカが1パイ100円とお安く販売して下さいましたので、「今日イガっこ安いから、早速作っ

てみるしな。 (今日イカ安いから、早速作ってみるね。)」と言うお客様もたくさんいらっしゃいまし

た。

お陰様で、商品の動きも良く3回商品を補充していただきました。3回目の補充のとき(PM4時半

頃)ご担当の方から、「いつもよりかなり商品の動きが良いですね。ありがとうございます。今日の

補充はこれが最後なので、少しプレッシャーを与えてることになってすみませんが、たくさん並べて

行きます。」と、冗談交じりのお話もございました。食材の回転が良いと、私達も嬉しくなってしまい

ます
冷ケースに並べられているイカは、新鮮で本当に美味しそうでした。今イカも美味しい季

節ということですので、是非、“イカどうらく”もお試し下さい。ありがとうございました

(倉田則夫)
 
 
 

第93回全国高校野球選手権秋田県大会

先週の土曜日、夏の高校野球秋田県大会の決勝が行われ、能代商業高校が6対3のスコアで秋田中央高校を破り、2年連続3回目の甲子園出場を決めましたね

能商(7月24日付の秋田魁新報様掲載画像を借用しました。) 


代表に決定した能代商業高校の選手諸君本当におめでとう

我が家にも甲子園を目指して(目指すのは勝手ですよね?)練習に励む高校球児(まだ2年生なんですけど)がいるので、今日は高校野球秋田県大会を振り返っての一言です。

優勝した能代商業高校は昨年25年ぶりに甲子園に出場しましたが、一回戦で鹿児島代表の強豪校-鹿児島実業と対戦し、エース保坂くんは鹿児島実業の強力打線相手に自身のピッチングが全く通用せずに2回途中降板という思いもよらない結果となり、試合も15-0という大差の敗戦を喫しました。

しかし、その敗戦をキッカケに、秋田県内に高校野球強化の気運が高まり、県も強化にのりだすなど、高校野球改革の一端になったことは間違いありません。

また、能代商業高校の選手とチームを率いる工藤明監督は、甲子園での屈辱的な敗戦を糧に、その経験を活かして全国の強豪チームとの対戦を視野に入れて日々練習を繰り返してきたそうです。

ウチの高校球児も能代商業との練習試合の際、室内練習場に大きく掲げられた甲子園での敗戦時のスコアを見て、驚いたと同時に「夏に懸ける気持ちの強さを感じた」と話していましたが、今大会の戦いぶりを見ていると、まさにその気持ちが窺い知れるようでした。昨年は目の前のことに必死だったでしょうが、今年の能代商業は違うということを全国の舞台で披露してもらいたいものです。

インターネット掲示板の能代商業高校野球部の書き込みなどを見て推察すると、彼らは去年の敗戦を契機に、練習内容の充実はもちろんのこと、生活態度の見直しも進め、学校内外では大きな声で挨拶をし、毎朝学校周りの清掃をし、学校行事へも積極的に参加するなど、他の生徒の模範となるようなことを実践されているそうです。「野球部にはいつも助けられている」と話す先生もいるのだとか。

私も常々思うのですが、強いチームというのは野球だけに秀でているのではなく、普段の生活態度もキチンとしていなければいけないと思うんです。生活態度が立派なチームというのは、自然と周りが応援してくれるようになると思います。つまり、野球道=人間道とでも言えるのではないでしょうか。

そういう点で、今回の秋田県大会決勝戦を見て印象的だったことの一つに、決勝戦を戦った両チームの選手諸君の「顔」があります。近年、相手を威圧するためなのか?精悍さをだすためなのか?それとも見栄えを気にするからなのか?よく解りませんが、眉を必要以上に剃って細くしてみたり、帽子のツバをグニャリと曲げてる選手も多いのですが、決勝戦を戦った両チームにはそのような選手が見られませんでした。能代商業高校はもちろんのこと、惜しくも敗れた秋田中央高校の選手諸君にもそのような選手は見られませんでした。

聞くところによれば、秋田中央高校の選手達も学校周辺での評判が良く、テレビに映った選手の顔を見て、「いつも行き会えば挨拶してくれる、あの子は秋田中央高校の野球部員だったのか!」と気づき、「決勝戦は球場に応援に行くからネ」という人もいたんだそうです。

また、決勝戦後の表彰式の入場の際には、「イーチニィ、イチニッ!」の掛け声に合わせてピタッと足並みが揃った行進を披露してくれた能代商業高校には、強いチームの雰囲気が感じられたように思います。

このことは、選手はもとより、指導を受け持つ監督さん、コーチの方々の指導の賜ではないかと思います。今回決勝戦に進出した両校の監督さんは、どちらも35歳と県内の監督さんでは若手と言われる部類に入る人達ではないでしょうか。その人達の指導によってあのような立派なチームが作られているんですから、決して秋田県の高校野球界の将来を悲観する必要はないでしょう。

近年「秋田は野球レベルが低い」などと言われていますが、秋田県の場合、公立高校が殆どで、野球留学の生徒は一握りに過ぎません。それだけに夏の甲子園大会で県代表を応援する気持ちはどの都道府県にも負けていません昨年、能代商業高校の敗戦に浴びせられた心ない罵声も、裏返せば県の代表を応援する秋田県民の気持ちの表れでもあったように思います。

能代商業高校の選手諸君!秋田県民は君たちの甲子園での活躍を後押し出来るように、テレビの前で声援を送り続けます。どうか自分たちを信じて、そして支えてくれた全ての人達への感謝を甲子園での試合で表現して下さい。

頑張れ!秋田県代表:能代商業高校野球部

以上、失礼しました。(山本智巳)

大館市の看板広告

今春のセンバツ高校野球で甲子園初出場を果たした
大館鳳鳴(おおだてほうめい)高校ですが、
夏の高校野球秋田大会の準々決勝で昨夏甲子園に行った
能代商業に残念ながら敗れてしまいました。
3年生はご苦労様でした。
2年生、1年生は先輩達の思いを受け継ぎ甲子園を目指してください。
能代商業の皆様おめでとうございます。今日は準決勝ですね。
さて、その大館鳳鳴高校のある大館市に当社の看板広告を掲出させてもらっています。
県北唯一の当社看板広告です
場所は樹海ライン(県道2号線)沿いで、大館東中学校さんからやや東側です。

大館 遠め2 
大館東中さんを背にして、 イオンショッピングセンター大館店様
いとく樹海店様がある樹海モール方面を向いています。


大館2 
アップにしてみました。この看板だけ唯一“こうちゃん”ではないんです。
こちらは、“こうちゃん”とのご縁をいただく前に制作したCMに出演してもらった
モデルさんと子役さん達なんです。でもこちらはこちらでアットホームなイメージで
良いですよね。(チョット手前味噌でしょうか・・・。

大館 遠め1 
こちらは、先程とは逆にイオンショッピングセンター大館店様
いとく樹海店様を背にして、大館東中さん方面を向いています。 

大館1  
こちらもアップにしてみました。同じデザインの両面看板広告です。
もし、大館に行く機会がありましたら、ついでにご覧になってみてください。
それでは、どうぞ良い週末を・・・  (佐藤直樹)

 


根っこ

先日のお休み、みなさまはいかがお過ごしでしたか?
  

今週は大きな台風が来てたいへんなところもございますね。

そんな中でなんと言っても、震災で私達日本人の沈んだ心を励ましてくれたのが、女子サッカーの「なでしこジャパン」の活躍です。彼女たちの頑張りに感動をいただき、涙したのは私だけでなかったはずです。

その「なでしこ達」の栄光の裏には、決して優遇されてない環境での個々人の努力があったからこそと報じられておりました。諦めなければ夢は実現するんですね。(ドリーム・カム・トゥルー )

 

米を作っている実家の親父から聞いた話を思い出しました。

「この時期は田圃を干して、水を入れる作業を繰り返してする時期なんだ」と言ってたことでした。
水稲の様子H23.07.20
  

夏の暑い時期に田圃を干すことによって、過酷な状況になり、根が地中底にぐんと伸び、秋の台風が来ても倒れないような丈夫な稲になるんだそうです。

過酷な状況を経ることが大きな成果につながることは、どこか「なでしこ達」から教えていただいたことに通じるような気がしてなりません。

 

“相田みつをさん”の詩集にありました。 
・・
花を支える枝・・
・・
枝を支える幹・・
・・
幹を支える根・・
・・根は見えないんだなぁ・・
    

見えない根っこを育てるのが大切なんですよね。

ロゴマーク-手を振る-artではまた(鎌田龍浩) 

  

 


男性2人って珍しいですね。

先週水曜日(7/6)に、ビフレにかほ店さんに“試食会”でお邪魔させていただきました。
今回男性2人のコンビ(K&Kパートスリー)で、朝一、店長さんの方から「あらっ…。今回は男性2人ですか?男性だけでも珍しいのに2人っていうのは、本当に珍しいですね。頑張って下さい。」と、お声をかけてもらいましたので、気合いを入れて実施させていただきました

この日は、“ひんやり麺”“キュウリとナスの辛子漬け”と、電子レンジで作られる“かんたん

豚バラチャーシュー”
でした。

試食会のチラシ 味どうらく1.8

この日も暑く、“ひんやり麺”を試食して下さったお客様より、

OL 「夏は、冷やし中華って感じで思っていましたが、必ず冷やし中華じゃなくて

      も、こういうのもサッパリして良いですね

お母さん5 「ピリッとコショウも効いていて、野菜もいっぱい食べられて良いですね」と、食べや

       すさと手軽に野菜をたくさん取ることも出来るので、大変好評でした。
 
ひんやり麺.1

また、“キュウリとナスの辛子漬け”は、パートナーのM・Kさんイチ押しのメニューで、大葉も入れて試食していただきました。 

 OL2.jpeg「辛子がピリッと効いていて、美味しいですね」 

お母さん3「シャキ・シャキして美味しいですね。これからキュウリもナスもいっぱい採れるから作

       ってみます

おばあさん④「大葉の風味もすごく良くて、美味しいですね。」と、こちらも好評でした。

キュウリとナスの辛子漬け

次に、レンジで“チンッ”かんたん豚バラチャーシューですが、

「どうぞ、電子レンジで作るかんたん豚バラチャーシューです。味っこみていって下さい。」との声かけに…。
(ここで恒例になりました、Q&Aです。)
Q・お客様:「えっ。レンジで“チャーシュー”作れるんですか?」
A・私:「はい。豚のバラブロック肉で作るんですけど…。味どうらくとコーラ、ニンニクとショウガを入れて、レンジで加熱して作るんです。」
Q・お客様:「えっ!。それだけで…」
ここで詳しい作り方を説明させていただきますと、
Q・お客様:「へぇ~。分かりました。これから暑くなると、火を使いたくなくなるから、これは良いですよね。しかも簡単で美味しくて…作ってみますね。」・「柔らかくて美味しいですね。」とのお話をいただきました。

また、「どうしてコーラなんですか?」とのご質問をたくさんいただきました。
Q&A
Q・お客様:「どうしてコーラなんですか?」
A・私:「炭酸がお肉を柔らかくしてくれますので、コーラを使いました。」 
Q・お客様:「それじゃ、コーラじゃなくても良いんですか?。」
A・私: 「炭酸であれば何でも良いんですが、このチャーシューの場合、コーラの方が見た目も良く、美味しそうに出来上がるので…。お好みですが、どちらかといえばコーラの方が良いかと思います。」と、お話しさせていただきました。電子レンジで作れるということで、意外性を感じられ、興味を持って下さったお客様がたくさんいらっしゃいました。 

レンジで“チンッ”かんたん豚バラチャーシュー 

 
その他には、
おばあさん⑥ 「息子、北海道にいるんですけど、こっちに遊びに来たとき、味どうらくで味付けした料理を作ってあげたら、嫁さんが『これ美味しい…』って、味どうらくにはまっちゃって、それ以来味どうらくじゃないと、『ダメ』なんだって…。帰りに1.8㍑を持って帰ったんですけど、それ使い切ったら、『こっちに売ってないから送って…』っていわれてね。そのたびに、6本ずつ送っているんですよ。」とのお話や、

また、

おばあさん⑤
「私、味どうらくは絶対きらさないです。私の味付けは全部味どうらくなので…。いつも仲の良い友達と自分の作ったお料理をそれぞれ持ち寄って、試食するんですけど、お料理って同じように作っても、人が個性を持っているのと同じで、火加減だったり、その人の持ち味で、それぞれの味になるんですよね。それを試食するのが面白いんですよ。色々教えてもらって真似してみたり、自分なりにちょっとひと工夫するのが、面白いです。」と、お話をいただきました。


今回もたくさんのお客様からいろんなお話をお聞きすることが出来、楽しい時間を過ごさせていただきました。本当にありがとうございました。また、色々教えて下さい(倉田則夫)

LAWSON秋田県内限定

LAWSON.jpg

マチのほっとステーションLAWSONさんの秋田県内限定で販売されている醤油焼きおにぎり鮭をご存じですか?(下が実物です。)

醤油焼きおにぎり鮭② 

実は、この醤油焼きおにぎり鮭の味つけには、万能つゆ味どうらくの里が使われているんです。
昨年8月に期間限定で販売され、お客様に好評だったことから現在も秋田県内に限り、販売が継続されているようなんです。おにぎりの中には、鮭フレークが入っていてとってもおいしく食べられるんです

醤油焼おにぎり鮭①

お値段は税込で120円となっています。秋田県内限定なので、残念ながら秋田以外の地区のお客様にはお召し上がり頂くことができませんが、秋田に来られることがあったら一度お試し下さい。

秋田県内のお客様はLAWSONさんのお店でお買い上げ下さいネ。(山本智巳)

「東北醤油のかんたん口福レシピ」大好評!

 エフエム秋田さんで毎週金曜日、午後4時15分頃から放送中の『東北醤油のかんたん口福レシピ』ですが、早いもので明日の放送で1ヶ月半、7回目の放送になります。
 早くもお客様からも大反響をいただいておりまして、第一回目の放送終了後、さっそく由利本荘市にお住まいのお客様から「今、かんたんチャーシューの放送してましたのね?私、肝心なところ聞き逃しちゃったんです。それで、作り方教えてもらいたいと思って電話したところなんです。」とお電話をいただきました。
 ホント、ありがたいですよね。
 お礼に、かんたんチャーシューの他にも、何種類かのレシピも一緒に送らせていただきました。

かんたんチャーシュー ←かんたんチャーシューの作り方はここをクリック!

 ノリちゃんのお友だちからも「この前、あなたの会社のラジオやってたよね?ドレッシングの…。あのドレッシング、どうやって作るの?」なんてお話いただいたそうで、さっそく、ドレッシングのレシピを届けてくれたんだそうです。

ドレッシング ←ドレッシングの作り方はここをクリック!

 こんな感じで、ちょっと聞き逃してしまったというお客様、『東北醤油のかんたん口福レシピ』でご紹介したお料理は、ホームページでも紹介してますので、一度覗いてみて下さいね。
 もし、パソコンがちょっと苦手というお客様は、こちらでもお受けしてますので、一度お電話下さ~い(^O^)

   フリーダイヤル 0120-3939-94 

 あれ?パソコンが苦手な方は、このブログもあんまり見ないのかな?
 でも、パソコンが苦手でない方も、分からないことや、ちょっと不安なこと、「もっと詳しく聞きた~い!(^^)!」 なんてことがありましたら、遠慮なくお電話下さいね。
 お電話お待ちしてま~す(^O^)

 試食会でも「この前、ラジオでやってましたよね。」とか「今日、このお店で試食会やるって聞いたから…。」と寄って下さったお客様もいらっしゃいました。
 おかげさまで、お料理で盛り上がって、ラジオでも盛り上がってって感じで、とっても楽しい試食会になってます。
 「ラジオを聞いてきたというお客様には、もれなく粗品を進呈しますので、どうぞお楽しみに~!

試食会風景

 これからも、味どうらくかくし味の簡単料理と、試食会での楽しいエピソードをた~くさんご紹介しますので、楽しみにして下さいね。

味どうらく1.8 かくし味1.8

 エフエム秋田さん、毎週金曜日午後4時15分頃からの『東北醤油のかんたん口福レシピ』をお聞きのがしなく~(^_^)v

  秋田 82.8MHz
  大館 89.2MHz
  能代 89.7MHz
  本荘 77.7MHz
  湯沢 78.0MHz
  角館 78.9MHz

  でお楽しみ下さ~い(^-^)

 (門脇公博)
ロゴマーク-手を振る-art  

職場体験学習のお礼状

6月29日から三日間、当社工場に平和中学校さんの生徒さんが職場体験学習に来てくれたことは過去のブログでお伝えしましたが、(関連ブログはこちら…6月29日)昨日、その二人の生徒さんからお礼状が届きました。

届いたお礼状はこちらです。(クリックすると拡大されます。)
お礼状① お礼状②

二人とも中学校の2年生なんですが、三日間の職場体験で学んだことが素直に綴られていて、とても好感の持てるお礼状でした。

彼らの職場体験の内容は、午前中は個人のお客様への商品発送時に同封するパンフレットやレシピを折りたたんで袋詰めする作業をしてもらい、
パンフ作業 
午後は工場の作業…ラインで充填・箱詰めされた商品をパレットに積む込む作業をしてもらいました。
工場作業1工場作業2 

体験学習前には、食品衛生に関するお話や、私たちが常々心掛けていることなどを、今野さんが総括してお話し下さったようですが、彼らのお礼状を拝見すると、その時に教えてもらったことが相当強く心に残っているようですねよしよし
 
彼らが書いてくれたように、当社の重要な考え方の一つとしてあげられることに、トイレの使い方があります。

トイレと言えば、「汚い場所」というイメージを持つ方も多いと思いますが、当社の場合は全く逆で、「トイレはキレイに使って当たり前、トイレには使う人の心が現れる」という考え方をしています。つまり、トイレは人間を磨くための場所であり、人間修行の場と捉えているんです。

この考え方は、当社の佐竹社長のご教示によるものですが、それはまた、食品に携わる者の心構えとして忘れてはならないことであるともお教え頂いています。

トイレは人の心を写す鏡のごとき場所、トイレをキレイに使うことが次に使う人への思いやりに繋がる………等々、トイレの使い方に纏わるお話はたくさんありますが、時にはトイレの使い方を見て、工場内での失敗や不良品の発生を察知することなどもあるんです。(当ブログ4月7日に「トイレの神様」と題して、門脇さんが書かれていて、その辺のことにも触れられていますので、そちらもご参照下さい。)

では、ここで参考までに当社の男子トイレの状態を。
男子トイレ①男子トイレ②

職場体験の生徒さん達、思い出してくれるかな?
こちらはトイレ内の個室です。
男子トイレ③

このように常に清潔を心掛け、後に使う人が不快な思いをすることの無いように使わせて頂いています。

更に、トイレ入口の「脚下照顧」という張り紙には、履き物を揃えることで、みんなの心を一つにしようという願いが込められています。
男子トイレ④ 

体験学習の生徒さん達が感じてくれたことを通じて、今再びトイレの使い方を振り返る時間を頂いたことに感謝申し上げます。二人ともこれからも頑張って下さいね。(山本智巳)

秋田空港の看板広告

秋田空港さんにも平成17年4月から 看板広告を掲出させていただいております。
場所は、2階の国内線出発ロビーです。
エスカレーター或いは階段を上がると前方左側の壁面にあります。

空港3 
ご覧の通り、他に5つのスポンサーさんが広告を出していますので、
このような形態を6社連合広告というそうです。

空港1 
アップにしてみました。こうちゃんこと相田幸二さんです。
内側からライトで照らしているタイプで、電飾看板広告というそうです。

秋田空港さんでは、この広告の他に1階で乗客が出てくる出口の上部
内側と外側の2箇所、合計3箇所に広告を掲出させていただいています。
他の広告は、別の機会にご紹介させていただきます。
どうぞお楽しみに (佐藤直樹)

山菜のいただきもの・・

先日の七夕はいかがでしたか?ささの木

 

こちらではあいにくの天気で天の川は望めませんでした。残念でした。

さて、先日のブログに続いてで恐縮ですが、ご近所の方から山菜のミズを頂戴しました。
         
        〔 いただいたミズ〕
いただいたミズ 
  

その方のお話では、たけのこ採りに行ったところ、たけのこが数本しかなくて、その代わりにミズを採って来たのでお裾分けします、と我が家まで届けて下さいました。

山菜を食べるのが大好きな我が家(娘を除く・・)では、さっそく頂いたミズの皮をむいて頂くことに致しました。
     
        〔 皮をむいたところ〕
皮をむいたところ  
   
食べ方としては、我が家では豚肉と一緒に炒めて食べるのが最もポピラーなメニューです。
      
  〔 味どうらくの里を入れたところ〕       〔 できあがりです〕
プライパンで豚肉とミズを炒めたところに味どうらくの里を入れたところ出来上がった豚肉とミズの炒めもの   

     
〔作り方〕豚肉の細切れに、ミズを適当な長さに切り炒めます。味付けは“味どうらくの里”
を目分量でいれます。お酒がありましたら少量いれますと更に美味しくなります。

ご飯がすすんだのは言うまでもありません。

翌朝はミズのお味噌汁で頂きました。あのサクサク感と粘りがなんともいえませんね。

  
中学生の我が娘は、その日の給食にミズのお味噌汁が出たそうで「なんで選りに選って同じ日に同じメニューがでるのよ!!」と怒ってました。余談ですあしからず・・・。

みなさんも是非試してみてね。

ではまた(鎌田 龍浩)
さきちゃん


サンマのやわらか煮

 今日は、新しい料理を紹介したいと思います。
 この料理は、トシちゃんが、ナイス追分店さんに試食会に行った時に、お客様から教えていただいた料理なんですけど、サンマを、味どうらくの里と酢で煮るだけの簡単料理なんです。
 題して“サンマのやわらか煮”
 それでは、トシちゃんに教えていただいた通り、皆さんにも作り方を教えますね。

まず、用意するもの
◎サンマ…4尾 (このイラストは3尾になってますけど、トシちゃんからは4尾で教えてもらいました。4尾のイラストがなかったのでスイマセン<(_ _)>)
◎生姜…ひとかけ
◎すし酢…200㏄
◎味どうらくの里…50㏄
サンマイラスト 生姜イラスト すし酢イラスト 味どうらくの里1.8

作り方
.まず、サンマの下処理から始めましょう
  最初に、頭を切ります。
サンマ下処理① 

.次に内臓を取りますが、頭の切り口から、内臓を包丁でちょっと出して、そこを包丁で押さえます。
サンマ下処理② 

.サンマのお腹のあたりを持って、そぉ~と引きます。すると簡単に内臓が引き抜かれますよ
   トシちゃんに教えてもらった通り、3回挑戦したんですけど、スル~と抜けて、3回もと完璧
サンマ下処理③ 

.サンマのしっぽも切ります。
サンマ下処理④ 

.内臓を取りだした部分を中心に、サンマ全体を水で良く洗います。
サンマ下処理⑤ 

.食べやすい大きさに切って、下処理完了です。
サンマ下処理⑥ 

.それでは作り方ですが、まず、下処理したサンマをこんな感じで、鍋に並べます。
作り方① 

.その上に、薄く切った生姜をのせます。
作り方② 

.鍋に、すし酢 200㏄を入れます。
作り方③ 

味どうらくの里 50㏄を入れます。
作り方④ 

.落としぶたをして、最初は強火で煮ます。
  沸騰したら、弱火コトコト1時間くらい煮ます。途中で一回ひっくり返します。1時間くらい煮ていると、つゆもなくなって、それが出来上がりの目安です。
作り方⑤ 

.こんな感じで、盛りつけをして召し上がれ~!
サンマのやわらか煮


 どうです?簡単でしょ?
 とっても軟らかくて、骨まで食べられるんですよ。なので、カルシウムも取れて、健康にもGood
 是非一度お試し下さいね

 それじゃまた!(^^)!      (門脇公博)
さきちゃん 

余談ですが…(^_^;)
 この“サンマのやわらか煮”を食べた時、骨まで食べられるので、つい 骨まで~ 骨まで~ 骨まで愛して ほしいい~の~よ~ なんて歌ったんですけど、古かったですかね?これをネーミングにしよう!と提案したんですけど、あえなく、ボツになってしまいました(-_-;)

やっぱり、色っこキレイだしな。

6月29日(水)、横手市増田のマルシメ七日町店さんに“試食会”でお邪魔させていただきました。この日は、天気も良く、いつもより多くのお客様が来店して下さいました

マルシメ七日町店①  試食会のチラシ

この日のメニューは、“生姜ご飯”“アスパラの浅漬け”・“ミズの浅漬け”、さらに、“卵焼き”でした。

生姜ご飯      ⑨かくし味1.8

お料理さきちゃん 
「どうぞ、“生姜ご飯”です。もし良かったら、食べていって下さい。」とお勧めいたしますと、

①.Q&A 
Q・お客様:「ないだっけな!!。“生姜ご飯”ってが???。」
         (なんなの!!生姜ご飯って???。)
A・私達:「生姜を千切りにして、かくし味と一緒に入れて炊き込んだ、炊き込みご飯なんですよ。ど                
      うですか?食べてみて下さい。」
Q・お客様:「おや!これ味っこ良いごど。んめごど。」
         (おや!これ味が良いですね。美味しいです。)

②.Q&A
Q・お客様:「生姜とあとなにを入れて作るんですか???」
A・私達:「生姜とかくし味だけで作るんです。」
Q・お客様:「えっ!!。ただ、それだけなの…」
A・私達:「はい。それだけなんです。3合のお米に対して、生姜を千切りにして約50㌘と、かくし味     
      を大さじ6杯入れて炊き込むだけなんです。」
Q・お客様:「へぇ~。簡単で美味しいから作ってみますね。」

③お客様:「これ・これ“生姜ご飯”だって、サッパリしていて美味しかったよ。試食してみたら…。」と言って、お友達を連れて来られお客様がいらっしゃました。その他のお客様からは、「食べやすいですね。」・「作ってみたいから、レシピちょうだい…。」などのお話もございました。
また、店長さんからも「生姜ご飯食べやすくて美味しかったです。」とのお話をいただいたり、大変好評でした
  
“アスパラの浅漬け”と“ミズの浅漬け”は、

アスパラ浅漬け2
Q&A 
Q・お客様:「生のままを漬けるんだげ?」
       (生のままを漬けるんですか?)
A・恭子さん:「いいえ。一度を茹でたら、水気を切って、材料の重さの1/3かくし味を入れて、30            
       分位漬けて置くだけなんですよ。」
Q・お客様:「んだのが。色っこもキレイだし、んめしな。」
              (そうですか。色もキレイだし、美味しいですね。)

殆どのお客様は「茹でて、いつもマヨネーズと醤油をかけて食べていました。」・「私は、醤油をかけて食べていました。」とのお話でした。「こうやって作っていますよ。」という方は4名いらっしゃいました

次に、アスパラの収穫時期が終盤に差し掛かっておりますので、今回はこれから旬を迎える“ミズの浅漬け”も試食していただきました。
ミズは、こちらの地域でも身近な食材ということもありまして、10名のお客様が「私も、こういう風にして作っていますよ。」とのお話をいただきました

①お客様: 「色もキレイに仕上がっていて…美味しいですね。」

②お客様:「かくし味に生姜っこ少し入れれば、味っこ良くなるしもんな…んめっしな。」
         (かくし味に生姜を少し入れると、味も良くなるもんね。美味しいですね。)

③お客様: 「ミズの皮っこむぐの大変だけど、味っこも良いし、ネバっておいししな。」
             (ミズの皮をむくのが大変だけど、味も良いし、ネバって美味しいですね。)

④お客様:「もしえがったら、この漬け物んめがったから、売ってけねしか?」
            (もし良かったら、この漬け物美味しかったので、売ってもらえませんか?)

と、こちらも喜んで試食して下さいました。


“卵焼き”は、
「色がキレイですね。」・「砂糖っこもはいってらしな。美味しいですね。」・「私は、必ずかくし味を入れています。」等のお話がございました。「卵焼きに入れています。」という方は3名でした。


「かくし味っていえば絶対欠かせないもんね。特に茶碗蒸しと漬け物には必ず入れています。」とのお話や、「この前のタケノコ作ったたしよ。」・「舞茸のご飯は、簡単で美味しいからもう何回も作っています。」とのお話もございました。

「これよ。もしえかったら、東成瀬のミズだどもよ。けでやるがら食ってみれ、ネバってんめど…」
(これ、もし良かったら、東成瀬のミズだけれど。あげるから食べて。ネバって美味しいよ。)
といって置いていって下さったお客様がいらっしゃいました。
いただいたミズは、パートナーのK.Sさんに持ち帰ってもらいました。翌日「やっぱり、すごくネバって美味しかったよ。」とのお話でした

また、かくし味と砂糖で味付けした“フキの寒天”をわざさわ持ってきて下さったお客様もいらっしゃいました。お客様曰く、「かくし味を入れた方がおいしくなるんだよ。やっぱりよ。かくし味入れれば、ダシっこ効いで、味が深くなる感じで、おいしいもんね。もしえがったら、食べでみで…。お茶請けの時は、砂糖っこ多めに入れるし、つまみっこにする時は、砂糖を少なめにして作るんだよ。」と教えて下さいました。心のこもったお土産やお料理、本当にありがとうございました
ここのお店に来てくれるお客様からは、いつも、いろんなお話をお聞きすることができ、アッという間に時間も過ぎてしまいます。これからも、人と人とのつながりを大切にし、少しでもご恩返しが出来ればと思っています。どうぞ、お気軽にお立ち寄り下さい。(倉田則夫)


にふぇーでーびる(沖縄の言葉で「ありがとう」)

先週の金曜日一本の電話がありました。

オペレーター←東北醤油テレフォンオペレーターの皆様 

応対に出た秋田美人のMさん(電話では顔が見えなくて残念なんですけどねぇぇぇぇ)とお客様のやりとりが聞こえてきましたよしよし

ご案内、お答えしますMさん「お電話ありがとうございます、東北醤油でございます」
 「ご注文ですか?お客様は以前にご注文下さったことは…?初めてのご注文なんですね?それでは、お名前・ご住所・お電話番号をお教え頂けますか?」

と、いつも通りに淡々と対応していたMさんの声が、お客様のご住所を聞いた途端に一変したんです
イヤーッ

ご案内、お答えしますえーっ!宮古島って言うと、あの沖縄の宮古島なんですか?

親父「当たり前だべMさん!他に宮古島ってどこにあんだ?言ってみぃ!」と思いつつ聞いていると…。)

ご案内、お答えします
「沖縄の宮古島で間違いないんですね?あらぁ(笑)…ありがとうございます。ちょっとビックリしてしまってすみません。じゃあ、ご住所の続きをどうぞ。(中略)あのぉ、お客様はどうやってウチの商品をお知りになったんですか?………あぁ~そうなんですかぁ…本当にありがとうございます。沖縄からのご注文なんて滅多にないもんですから動揺してしまってゴメンナサイね。(笑)では、商品は来週の月曜日に発送しますけど、そちらには多分2~3日掛かると思いますので、チョットお時間を頂戴しますが、お待ちになって下さい。ご注文ありがとうございました。」
 
受話器を置いたMさんにみんなの視線目を白黒 が集まります。

Mさん「沖縄の宮古島の人なんだってexclamation markあやぁビックリしたぁ、宮古島ってどの辺さあるのよ?」

山本「研修旅行で沖縄本島から石垣島さ飛行機行った時、途中で見えだ島だべ屁 ぶっ

Mさん「あ、んだの?私その時行ってないもの

山本「大変申し訳ございませんでした(平謝)そういうことで、沖縄の離島の一つでございます」

Mさん「ふぅ~ん。このお客さんは“かくし味”のご注文だったのね?それで、どうやって(かくし味を)知ったんですか?ってお聞きしたら、友達から聞いて知ったんだって。その紹介してくれた人がウチの方から買っててくれているらしくて…」

その紹介下さったお友達のお名前を基に検索してみたところ、いらっしゃいました。その方はもう7年も前から当社の通信販売をご利用下さっている方で、同じく宮古島にお住まいの方だったんです。

そのお電話を頂いた際、事務所には当社の社長もおられ、「Mちゃん!沖縄からのご注文だったの?スゴイネ」と声を掛けられ、一時事務所内が騒然となったんです。

私たちの会社の通信販売をご利用下さっているお客様は全国津々浦々にいらっしゃいますが、沖縄からのご注文はそんなに滅多にあるものではございません。

ちなみに、平成23年度にご利用下さった沖縄県在住のお客様は5名いらっしゃいます。その内の1名の方が宮古島の方だったんですね。

遠く離れた沖縄県で、お客様がお客様をご紹介下さるなんて…本当に何とお礼を申し上げたら良いものか(涙)感謝の一言に尽きます。

お客様から頂いたお電話で、もう11年も前のことになりますが、会社で連れて行って頂いた沖縄研修旅行のことを思い出しました。

mr01_0012.jpg umi021.jpgsj006.jpg 

青く透き通った、初めて目にして感動したエメラルドグリーンの海、そしてそこに住む穏やかで、とっても人柄の良い人たちなど、思い出は尽きることがありませんが、こうしたご縁を大切にし、いつの日にかまた、沖縄を旅してみたいと思います。

「にふぇーでーびる」(沖縄の言葉で「ありがとうございました」を意味するものだそうです。


文中に使用した沖縄の画像は「沖縄流・チャンプルー写真素材館」より借用致しました。「沖縄流・チャンプルー写真素材館」にはこの他にもフリーで使用可能な沖縄の写真がいっぱいあります。ぜひ一度ご覧下さい。


沖縄流・チャンプルー写真素材館http://www.oki-sozai.com/index.html


(山本智巳)

タケノコ料理

前回はタケノコを採ってきたところまでお伝えしました。
採ってきたタケノコは、いつもお世話になっているお向かいさん、
次男の友人宅、実家にお裾分けしました。
喜んでいただけたことが何より嬉しかったですね。
さて、タケノコですが、ベテランのお父さんの奥様から
皮のむき方を伝授していただきました。
包丁で、タケノコの根元から先端にかけて表面の一部をそぎ落とします。

CIMG1714.jpg 
写真ではこんな感じですね。
後は手でカンタンに皮がむけます。

CIMG1718.jpg 
次男にも手伝ってもらい我が家の分を全部むいて鍋に入れてみました。

ここまでが私の仕事。後は家内にバトンタッチして、
CIMG1724.jpg 
タケノコの煮物。

CIMG1727.jpg 
タケノコの味噌汁。

CIMG1721.jpg 
焼きタケノコを作ってもらいました。
この焼きタケノコですが、お刺身のように味どうらくをチョンチョンと付けて、
頬張るとホクホク、コリコリという食感で、新緑の甘み?が口いっぱいに広がり
悶絶しそうなくらい美味でした。もちろんビールにもピッタリ
ホクホク、コリコリ、ゴクゴクッ。ホクホク、コリコリ、ゴクゴクッ。
もうサイコー。至福の一時でした。
これは、次男と私の分でしたが、次男も「うま~い」と目を輝かせ
アッ、という間に無くなってしまいました。
そこで、家内に頼んでもう一皿分焼いてもらいました。
それもアッというまに次男と私の胃袋へ。
その後、長男が野球の練習を終え帰って来て、黙々と食べていましたが、
真っ先に焼きタケノコが無くなりましたので、やはり旨かったんでしょうね。
タケノコの煮物にタケノコの味噌汁、文字通りタケノコ尽くしで、
旬の味を充分堪能させていただき、大満足でした。 

そうそう、家内にタケノコのどうらく漬けも頼んだのですが、
何を勘違いしたのか、かくし味で漬けちゃったんです。
ガッカリして、写真を撮るのスッカリ忘れてしまいました。
かくし味も良いのですが、タケノコはやっぱり味どうらくでないと。

話しは変わりますが、今はハムレットのような心境なんです。
タケノコは食べたいのですが、採りに行くのが大変だし・・・。
でも、採りたてでしか味わえない焼きタケノコは美味だし、
しかし、あんな思いをしないと採れないのかと思うと・・・。ハァ~
う~ん、実に悩ましい
来年のタケノコシーズンまでじっくり考えることにします。
それでは、バイなら (佐藤直樹)


 





 

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1122)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん