FC2ブログ

スタッフブログ

明日から放送開始!

 毎週金曜日の午後4時16分から、エフエム秋田さんで「東北醤油のカンタン口福レシピ」を放送させていただいておりますが、明日、11月1日から、ABSラジオさんでも放送していただく事になりました。
 
ラジオ

  「東北醤油の黄色いのぼりの試食会」  という番組ですけど、試食会に行くと「CMは見てるけど、何処でやってるのかと思って…。」とか「ここでやってたの?ようやく会えた~(^O^)」と言うお客様がとても多いんです。
なので今回は、  「黄色いのぼりの試食会」  を中心に紹介していただく事にしました。
 内容は、試食会の日程や、試食会でご紹介する料理や作り方、そして、試食会でのエピソードなどもご紹介したいと思っております。
 時間は“ごくじょうラジオ”の中での、午後2時20分から約5分間
 ご紹介して下さるのは、皆さんご存知の、井関裕貴アナウンサーと吉村 優アナウンサーです。
 どんなラジオになるか、私もわくわく・ドキドキですけど、皆さんも楽しみにしてて下さいね。

アナウンサー

 もう一度ご紹介しますね。
 ABSラジオさん、毎週火曜日、午後2時20分からの  「東北醤油の黄色いのぼりの試食会」  をどうぞお楽しみに~(^_^)v

ロゴマーク-手を振る-art

(門脇公博)
スポンサーサイト

東北醤油さんの花火に感動(*^_^*)

静岡県のお客様からお電話を頂きました。

ご注文をお聞きした後・・・

お客様  『9月そちらで花火大会あったでしょ? 本当に素晴らしい花火で、とても感動しました 』

  私    『えっ! こちらにいらっしゃってたんですか?』

お客様  『大曲の花火も素晴らしいですが人が多くて・・・ 神岡の花火はゆっくり見ることができて、本当に素敵でした



こちらのお客様は秋田市内にご実家があって、秋田のお友達から “神岡の花火” 見に行こうって誘われたそうです

電話が長くなってごめんなさいと言いながらも、“東北醤油さんの花火はすごかった”と何度もおっしゃってくださいました

あの日あの場所にいたたくさんの人たちが、“心に残る何か・・”を、持ち帰ってくださったのだとしたら・・・

し・あ・わ・せ を感じました。

やっぱり花火は、多くの人々を魅了する不思議な力を持っているんですね (鈴木 由紀子)


東北醤油12 


東北醤油3 


手を振るさきちゃん          










たぬきごはん?

ウチに天かすがあったので、たぬきごはんを作ろうと思いました。
もちろん、味どうらくはありますし、あとは、万能ねぎですが・・・、 
 
味どうらくの里1.8㍑ 味どうらくの里1.8㍑

「アレッ」あると思っていた万能ねぎがない
「う~んどうしよう天かすだけだと彩りがイマイチだし・・・。」
ここで長ネギを発見 「よ~し、ピンチヒッター、長ネギ
長ネギをみじん切りにし、炒めて、万能ねぎ代わりにしようと考えました。 

CIMG1900.jpg 
①長ネギのみじん切りと天かすです。

CIMG1906.jpg 
②ご飯です。

CIMG1907.jpg 
③フライパンを熱し、サラダ油をひきます。

CIMG1910.jpg 
④みじん切りにした長ネギを炒めます。

CIMG1912.jpg 
⑤ご飯に“味どうらくの里”を入れ、混ぜます。

CIMG1913.jpg  
⑥最後に炒めた長ネギと天かすを入れ、混ぜ合わせて出来上がり
  超~カンタンです。
  長ネギはもう少し多くても良かったかもしれません。

朝食用に作ったんですが、アッというまに食べられてしまいました。
めでたし、めでたし
私は、炒めた長ネギでも充分イケると思いましたが、如何でしょうか
それでは・・・。 (佐藤直樹)


 


紅葉前線が近づきました

『紅葉』前線が近づきました

 

今回は会社から車で40~50分ぐらいにある『抱返り渓谷』の紅葉の情報をお伝えします。(実は・・私の自宅からは10分ぐらいのところです)

『抱返り渓谷』に行った日はあいにくの雨模様で、足もと下が悪くて大変でしたが、それでも数台の観光バスが訪れておりました。

抱返り渓谷の魅力は、桜や楓の赤や黄色の紅葉とエメラルドグリーンの川の色がとても美しいことです。駐車場にいた係の方のお話では「紅葉祭りは来月の6日まで、休日は特に賑わいます」とのことでした。これからの天候にもよるとかと思いますが、私が見た感じでは紅葉のピークは今週末あたりかなと思います。

お近くにお越しの際には是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

秋を満喫できるのは間違いありません。

 

[抱返り渓谷の入口]

 抱返り渓谷の入り口・

[赤い橋のところ] 
 赤い橋・・

[散歩道] 
 散歩道・・・

 

[渓谷の紅葉] 
 渓谷の紅葉・・・・

 

[回顧の滝] 
 回顧の滝・・・・・  
 

[パンフレット]

 いただいたパンフ   
入り口の駐車場でいただいたパンフレットです。
(ちなみに駐車料金は、普通車300円・大型車1000円です)

 

 

にわかカメラマンですので写真映りは勘弁して下さいね。

では、また。(鎌田龍浩)


 さきちゃん

素敵なプレゼント♪♪

お電話注文から…

お客様  『味どうらくの里を、他のところへ送っていただきたいの・・・』

 私    『はい、ありがとうございます それではどちら様へお届けしたらよろしいでしょうか?』

お客様  『実は、息子のお嫁さんにお誕生日プレゼントとして贈ってあげたいの 前に送ってあげたらとても気に入ってくれて、今回もプレゼントは何がいい?って聞いたら “味どうらくの里” ってリクエストされちゃいました


味どうらくの里かくし味を、お中元・お歳暮、そのほかお返しの品としてご注文いただくことがあります。 さらに今回は“お誕生日プレゼント” としても選んでいただきとても嬉しくなりました

ちなみにこちらのお客様は、次男のお嫁さんからも味どうらくの里のリクエストがあって “これからは、プレゼントを悩まなくてもいいから助かっちゃいます”  ということでした。


ここで、注意事項がございます。

弊社の商品をお届けする際、段ボール入れでの発送となり、包装はできませんのでどうかご了承下さいませ。

ただし『“お誕生日 おめでとう!” のメッセージカード入れて欲しい!』 というようなご要望があれば、是非ご相談下さいね。
 
プレゼントって、とってもむずかしいですよね・・・

私も、相手の方が喜ぶ顔を想像しながら素敵なプレゼントを選びたいなぁ~と思います・・・   ( 鈴木 由紀子 )


手を振るさきちゃん 味どうらくの里1.8㍑




まだ修行の身ではありますが…(^_^;)

 今月のお勧めメニューは、かくし味で作る“たまご焼き”なんですけど、実を言うと、私、たまご焼きは食べる方専門で、作るのはちょっと苦手な方だったんです
 前に、家で作ったところ、真っ黒けになってしまって、娘の失笑を買ってしまって、それ以来ちょっと自信喪失(-_-;) て感じになってしまってたんですけど、今月のお勧めメニューという事で、お店で実演しなければ行けなくなって「それでは!」と心機一転!会社の先生方にご指導いただいて、練習させていただきました。
 普通の人にしてみれば「たかがたまご焼き」なんでしょうけど、娘を「ギャフン!」と言わせるためにも、私にとっては「されどたまご焼き」なんですね。
 その成果を発揮すべく、先週、ビフレ稲川店さんで“たまご焼き”を作るところを初めてお客様の前でお披露目してみました。 

 私の作ったたまご焼き、ちょっとお見せしましょうね。
たまご焼き①

たまご焼き②

 おかわりくん 「お客さん、たまご焼き作りますけど、見ていきませんか?まだ修行の身なんですけど、良かったらちょっと見ていって!」
 なんて声をかけて作り始めました。
 すると、練習の時よりも上手くいって、  
おばあさん②  「上手、上手
お母さん①  「うまいごど!」
 なんてお褒めの言葉をいただきました。
 しかも、自慢する訳じゃありませんけど、作っていると、だんだん腕も上がったような感じになってしまって、とても楽しかったです。

 店長さんお父さん① も心得たもので、
お父さん① 「今日は、男性の門脇さんがたまご焼きを作ってます。まだ修行の身なんだそうですけど、だいぶ上手になりました。皆さん、見に来て下さい~!」
 なんて、わざわざ放送して下さいました。おかけで、お客様も沢山寄って下さって、とてもありがたかったです。

 問題は味なんですけど
おばあさん③  「あや、うみゃごど (アラ、おいしいわね) 」
お母さん  「ふっくらしてえごど! (ふっくらしていいわね。) 」
おじいさん②  「それ、売ってけれ! (それ売って頂戴!) 」 
女性⑨  「そのたまご焼き、何処で売ってる?」
 なんて、とても好評でした。
 「それ、売ってけれ!」とか「何処で売ってるの?」なんて、最高の褒め言葉じゃありませんか?

 それに子供さんたちも
男の子①  「おいしい、おいしい。」  
女の子①  「もう一個食べていい?」
 なんてニコニコしてくれて、とても嬉しかったです。

 時々ちょっと焦がしてしまうこともあったんですけど
おかわりくん 「こうなっても味は変わらないですからね。」
 なんて言うと
女性⑤ 「少し焦げ目が付いた方がおいしく見えるわ。」
 なんて慰めていただいたりして…。

 こんな感じで、まだまだ修行の身ではありますが、とても好評を博した“たまご焼き”の試食会でした。

 皆さんも、是非一度、この“たまご焼き”作ってみませんか?
 分量はカンタン!
 「 たまご 3個 に対して、 かくし味 小さじ3 砂糖 小さじ3
 「3・3・3」
 って覚えてね(^_-)

たまご焼き ←たまご焼きの作り方はここをクリック!

さきちゃん かくし味1.8

 それじゃまた(^_^)v (門脇公博)

私が作るより上手ね。

先週の15日(土)、ビフレ新庄店さんに『試食会』でお邪魔させていただきました。
私が新庄店さんにお伺いするのは、昨年の11月以来ということで、とても懐かしく思いながら、お邪魔させていただきました

ビッフレ新庄店様 

この日のメニューは、“卵焼き”“はらこめし”でした。

私が卵焼きを作ると、いつもスクランブルエッグになってしまいますので、今回はパートナーのT.Sさん(男性)に作っていただきました。
 
卵焼き.  かくし味500

殆どのお客様より「色がキレイで美味しいね。」とのお話をいただきました。

中には、

お母さん5 「私が作るよりも上手ね。」とのお言葉もございました

午後からは、小さなお子さんと一緒に買い物をされているお客様が多く、 

親子2「この子、『食べてみたい』っていうのですみませんが、試食してもいいですか…。」と、私達にお声をかけて下さいました。そして、試食していただきますと、にっこりと微笑みながら「美味しいね。」とのお話をいただきました
“卵焼き”は、ベテランの主婦の方から小さなお子さんまで、どの年代のお客様からも大変好評でした。 

また、“はらこめし” について、

はらこめし 
「良い味ですね。」・「イクラがのっていると高級感もあるし、美味しいですね。」

また、

OL 「イクラがキレイですね。」・「こんなにかんたんにイクラが出来るんだ…作ってみますね。」とのお話をたくさんいただきました。

かくし味については、「茶碗蒸し教えてもらってから作っています。かんたんで美味しいですよね。」と言うお話もありましたが、殆どのお客様は、「味どうらくは使っていますが、かくし味は使ったことないです。」とのことでした。
「卵焼きもはらこ飯も色がキレイで美味しいですね。」と、喜んで試食して下さった方や、興味を持って話を聞いて下さった方もたくさんいらっしゃったように思います。今後も継続して使っていただけるように、PRしてゆきたいと思います。ありがとうございました。(倉田則夫)

彩りの秋

毎年、この時季に当社の事務所玄関に彩りを添えてくれるものがあります。

それはこちらです

事務所玄関 

ご覧下さい玄関を彩る大輪の大菊
 
この菊は地元神岡地区の産業文化祭に出品・展示されたものですが、菊を制作した方のご厚意で、毎年産業文化祭での展示終了後に、観賞用として当社にお届け下さっているものです。

今年は産業文化祭が先週末の15日(土)~16日(日)の両日に開催されたことから、昨日当社にお届け下さいました。

展示菊 

毎年このように見事な菊の花をお届け下さっているのは、木村孝臣さんという大仙市役所OBの方なんですが、このお方は私が所属している野球チームの幹事も務められている方なんです。(木村さんいつも大変お世話になっております

木村さんは多趣味な方で、こういう菊の栽培を始め、ゴルフ・野球・グランドゴルフ・卓球と、スポーツも幅広くこなすうえに、宴会大好き人間で、場が盛り上がってくると隠し芸を披露したりもするエンターティナーなんです

今年は三鉢をお届け下さいましたが、その中の一鉢(黄色の菊)は文化祭で金賞を受賞されたようですね。

金賞受賞大菊①

金賞受賞大菊② 

私ごとき素人には菊の花のことなど全く分かりませんが、確かに他の二つと比べると、花の形というか全体の印象というか、美しさが際立っているように感じます。なんか凛とした強さを感じさせてくれますよね

紫大菊② 

白大菊② 

木村さん曰く、この辺りで菊の花が最盛期を迎えるのは通常11月上旬の文化の日なんだそうです。ところが、それに照準を合わせていたのでは産業文化祭に間に合わないため、栽培の仕方を工夫して文化祭に間に合わせるのだとか大変な手間が掛かるものなんですね今年木村さんが文化祭に出品したのは全部で15鉢だそうですから、その苦労たるや並々ならぬものがあるようです。

こうして菊の花が見事な大輪をつけ鑑賞期間を終えると、もう次の年に向けての準備が始まるそうですから、まさに一年掛かりで栽培しているんですね。

そうとは知らず、昨年までは持ってきて頂いてから回収してもらうまで、そのま~んま玄関に放置していたんですが、「それでは折角の花が台無しだ!」とお叱りを受け、今年は水やりの仕方も教わりましたので、毎朝大切に手入れをして少しでも長い期間花が観賞できるように努めたいと思います。

紫大菊① 

白大菊① 

金賞受賞大菊① 

当社にお越しになる機会がございましたら、事務所玄関の菊の大輪をご鑑賞下さい。(山本智巳)

さきちゃん 

潟上市天王の看板広告

国道101号線を男鹿市から男鹿大橋を通って、潟上市天王に入りますと、
左手前にサンクスさんがある交差点がります。
その交差点を過ぎますと右カーブになるんですが、
その右カーブ手前に平成22年9月から看板広告を掲出させていただいております。

天王2 
お隣には、マックスバリュ天王店様の看板広告もあります。
ウチより先に掲出されていました。先輩ですね。
マックスバリュ様は当社の製品も扱ってくださっており、お世話になっております。
いつもありがとうございます。
右カーブなので自然とドライバーさんの視界に入ってくると思いますヨ。
広告代理店さんに良い場所をご紹介いただきました。

天王1
アップにするとこんな感じです。
男鹿に行く機会がありましたら、お帰りの際にでもご覧になってくださいネ。
それでは・・・。 (佐藤直樹)

レシピランキングについて

みなさまトップページのレシピランキングはご覧になられましたか

 

豚バラチャーシュー ホームページでは月間の人気のレシピをご紹介させていただいております。

9月のトップ1位レンジでチン!簡単バラチャーシューです。先月に引き続き1位と大人気メニューになっております。みなさまは作っていただけましたでしょうか?
2位・・きゅうりの浅漬け 
  3位・・舞茸の混ぜご飯  
        ・・・・


  
では今回は特別に近々の101日~10日まで(上旬)のランキング状況をブログをご覧のみなさまへ紹介させていただきます。

1位・・レンジでチン!簡単バラチャーシュー アクセス数105

2位・・きゅうりの浅漬け          アクセス数 48 
3位・・舞茸の混ぜご飯           アクセス数 42 
4位・・かんたん茶碗蒸し          アクセス数 40

5位・・チーズ入りおにぎり         アクセス数 35
  

やはり今月もレンジでチン!簡単バラチャーシューがダントツの状況は変わらないようです。もう一つ上位に上がってきたのが舞茸の混ぜご飯です。
 

季節は秋、旬の食材がおいしい時期になりました。それに新米もとれ始めました。

ホームページには美味しいレシピ盛りだくさんです。

ぜひ、いろんなお料理に挑戦してみてください。

 

栗の木・・・余談ですが・・震災があった今年も実家の栗の木に実がつきました。

栗拾いしながら、自然の恵みに感謝しました。

あとは、収獲した栗をどう料理するかですが・・それは後日機会があればご紹介させていただきます。

よろしくお願い申しあげます。

では (鎌田 龍浩) 

さきちゃん 


  


    

武藤アナも大絶賛!? かんたんはらこめし

 エフエム秋田さんの「 Evening StREAM 」の中で、毎週金曜日、午後4時16分頃から「東北醤油のカンタン口福レシピ」を放送していただいておりますが、いつも紹介して下さっている武藤綾子アナウンサーから、こんなお話しをいただきました。

ラジオ 武藤アナ①

武藤アナ②  「私この前、初めて、イクラを作ってみました。」
おかわりくん  「そうですか!うまくいきましたか?」
武藤アナ② 「ハイ、うまくいきました。」
おかわりくん 「それは良かったです。」
武藤アナ② 「100円ショップで、わざわざ網も買ったんですよ。」
おかわりくん 「そうなんですか。ありがとうございます。」

 先週“かんたんはらこめし”を紹介して下さったんですけど、そのメインとなる“イクラ”を作って下さったんだそうです。
 とっても喜んで教えて下さって、私も嬉しくなりました。

かんたんはらこめし ←作り方はここをクリックしてネ(^_-)
 
 この“かんたんはらこめし”の他にも“レンジでチン!カンタン豚バラチャーシュー”とか“かんたん茶わん蒸し”とか、番組で紹介して下さる料理は殆ど作られてるそうなんです。
 実際にその料理を作られて、ご自分で感じられたことを紹介して下さって、さすがプロだなあと思いました。
 私たちの「カンタン口福レシピ」が、武藤アナのお役に立てれば、もっともっと嬉しいなぁなんて思いました。

 これからも、エフエム秋田さんの「東北醤油のカンタン口福レシピ」「 Evening StREAM 」をどうぞヨロシク!

ロゴマーク-手を振る-art かくし味1.8

 (門脇公博)

美味しいから売ってくれない…

先日、横手市増田のマルシメ七日町店さんで『試食会』を実施させていただきました
 
マルシメ七日町店①
 
この日のメニューは、“レンジでチンッ豚バラチャーシュー”“山菜の炊き込みご飯”“どうらく玉コン”の3品でした。

“レンジでチンッ豚バラチャーシュー”は、
レンジで“チンッ”かんたん豚バラチャーシュー 味どうらく1.8

子供さんに大好評で、

子供 「お母さん、この肉美味しい。」と大きな声で話してくれました

一緒に買い物されていたお母さんも試食して下さいまして、

お母さん5 「かんたんで美味しいから今日作ってみるね。」と言って、お肉を購入して下さいまし



OL 「レンジだと目を離していても良いし、短時間でかんたんに出来るのが良いですね。」と、

たくさんのお客様よりお話をいただきました。

また、“山菜の炊き込みご飯”は、

山菜の炊き込みご飯

ロゴマーク-お料理中- 「このご飯は、山菜の水煮と味どうらくを入れて一緒に炊き込むだけなんで出来るんで

すよ。」と、パートナーのM.Tさんのご説明に、

おばあさん③ 「それだけで…。かんたんで美味しいですね。」

中には、

おばあさん⑥ 「このご飯、美味しいから売ってくれない…。」と、お話して下さったお客様もいらっしゃ

いました。

“どうらく玉コン”については、
 
どうらく玉こんにゃく

以前、七日町店さんの総菜の方から「コンニャクは、叩いてから煮込むと軟らかくて美味しくなるんだよ。」と教えていただいたそうで、M.Tさんが、教えていただいたように、コンニャクを叩いて作ってくれました。

ロゴマーク-お料理中-「コンニャクを食べやすい大きさに切ったら、ざっと湯通しして5倍に薄めた味どうらくで15分くらい煮込むんです。そして、そのままの状態で、一晩浸して置くとこのような味になります。」とお勧め致しますと、

「軟らかくて美味しいですね。」・「しっかり味かしみ込んでいて美味しいですね。」・「コンニャクは身体に優しい食材なので、よく食べるようにしています。こういう食べ方も良いですね。」と、たくさんの
お客様に喜んでいただき、嬉しく思いました。これからも、お一人でも多くのお客様が『口福(こうふく)』になっていただけるよう、頑張って行きたいと思います。ありがとうございました。(倉田則夫)

いなげや様お取り扱い店舗

9月21日付の当ブログで、首都圏の味どうらくの里のファンみなさまへ  と、いなげやさんの一部店舗で味どうらくの里500MLの取り扱いが始まったことをお伝えしましたが、先方様に確認させて頂き、お取り扱い頂いている18店舗様が判明しましたので、再度ご紹介させて頂きます。

現在お取り扱い頂いている店舗様は、↓以下の18店舗様です。 

 いなげやLOGO  
味どうらくの里500ML いなげや様取扱店舗一覧←クリックしてご覧下さい。

味どうらくの里500ML

いなげやさん
は首都圏(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)に127店舗のお店さんを展開している食品スーパーさんですが、上記の18店舗さんでは味どうらくの里500MLを定番としてお取り扱い頂いているそうです。

また、上記の18店舗以外でも、味どうらくの里500MLの取り寄せは可能なように態勢を整えて下さっているそうですので、「味どうらくの里が欲しいんだけど、1ケースじゃ多すぎるしぃ…」と思われている方も、お近くのいなげやさんの店員さんに味どうらくの里という商品が欲しいんですけれども…」とお声を掛けて頂ければ、必ずやお客様のお力になって頂けるのではないかと思います。

これまでは、「都内で売っているところを教えて」というお客様の問い合わせに、なかなか答えることが出来ず、当社の通信販売のご利用をお勧めしていたのですが、いなげやさんでお取り扱いが始まったことで、「近くにいなげやさんのお店さんはございますか?」という具合に紹介させて頂けるようになりました。

もちろん1本単位でお買い求め頂けますので、首都圏にお住まいのお客様でいなげやさんの近くにお住まいのお客様は、是非一度足を運んでみて下さい。

さきちゃん

情報提供側から言うのも変ですが、私たちは実際にいなげやさんに伺ったこともありませんし、販売されているのを見たこともありません(恥)。
ブログをご覧になったお客様で、味どうらくが販売されているのを見掛けたら、教えてもらえれば…と思ってます。

味どうらく目撃情報などは、E-mail  koufuku@touhoku-syouyu.co.jp まで。

よろしくお願いします。(山本智巳)

八郎潟町の看板広告

この度、八郎潟町に看板広告を掲出させていただくことになりました。
看板設置完了したということですので、確認しに行って来ました。

CIMG1875.jpg 
一日市商店街(県道219号線)を通り抜け、左折すると大潟村へ行く
交差点です。酒・たばこの看板はローソンさんの看板です。
ちなみに撮影している私の後ろに200m~300m戻りますと、
「あんごま餅」で名高い畠栄菓子舗さんがあるんですよ。
昨日(火曜日)は残念ながら定休日でした。

CIMG1876.jpg 
アップにしてみました。

CIMG1877.jpg 
道路を横断して、撮影。


CIMG1880.jpg 
こちらもアップに。

CIMG1872.jpg 
今度は大潟村方面を背にしたアングルです。

CIMG1873.jpg 
同じくアップです。

CIMG1868.jpg 
こちらは大潟村方面を向いています。

CIMG1870.jpg 
アップにするとこんな感じ。

CIMG1888.jpg 
八郎潟町の田んぼです。丁度稲刈りが行われていました。ご苦労様です。
バックの山は、五城目町のシンボル・森山(325m)。
絵になる風景でしたので、撮影してしまいました。
それでは、次回に・・・。   (佐藤直樹)

ABSラジオ『岩本公水さんの星の語りべ』より・・他

ABSラジオ『岩本公水さんの星の語りべ』より
    

泣きむし橋 先日義母より「岩本公水さんの番組を聴いていたら“かくし味を紹介していたよ」と嬉しい話がありました。

岩本公水さんファンの義母によると、ABSラジオで毎週月曜日午後9時より岩本公水さんの番組があるそうです。(再放送も日曜日午後4時からあります)その番組ではちょくちょく““味どうらくの里が話題にでるそうですが、前回はなんと!!“かくし味でいっぱいもらったキュウリを漬けてみたとの話題があったと嬉しく話してました。

岩本公水さんいろんなお話ありがとうございます。感謝感激です。

岩本公水さんのご活躍をお祈り致します。

 
芸術の秋から・・

先日、秋田県立近代美術館で開催された影絵作家・藤城清治さんの作品展に行ってきました

期間中に訪れたお客様が8万人を超えたとか報道されておりました。

その藤城清治さんの影絵の素晴らしさはどのようにも表現出来ませんし、みなさまに画像でもお伝えできません。その代わり藤城清治さんが書かれた文章が展示しておりましたのでその文章を紹介させていただき、すばらしさをお伝えさせていただきたいと思います。

 自画像

 生きている上で一番大事なこと

 それは自分をよく知ること

 自分は顔の中に凝縮されている

 心も体も良ければ良い顔になる

 心も体も悪ければ暗い顔になる

 毎日ぼくは鏡の中の自分の顔をみる

 かげりがないか

 じっとみつめそして描いていく

 ほんとうの自分を求めてデッサンする

 自分の顔は自分のそばにいる

 自由に描ける最高のモデルだ

 自画像が描けずに他を描けるはずがない

 自画像はすべての表現の原点だ

 (※色紙の文章より参照させて頂きました。メモしたので間違っていたらすみません)

この文章を読んで、全ての根源が自分にあること、自己をよく知ることが全てにつながることを感じ取らせていただきました。
藤城清治さんのようにはなれませんが、少しでもこの出会いをいかせるようにしていきたいと思っております。

ではまた。

さきちゃん (鎌田龍浩)



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1122)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん