スタッフブログ

東北醤油初のフランス料理?

 この前、ラジオで 『ポトフ』 の作り方を紹介してました。
 『ポトフ』って何?って感じだったんですけど、その作り方を聞いてたら 「かくし味でも出来るじゃん!」 と思ったので、さっそく家でチャレンジしてみました。

ポトフ

まずご用意いただくもの(4人分)
 人参…1本 じゃがいも…2個 玉ねぎ…1個 ウィンナー…1袋
 かくし味…100㏄ 水…900㏄ 塩こしょう…少々
 (要は、冷蔵庫にあるもの何でもいいみたいです。)

作り方
 ①.人参・じゃがいも・玉ねぎは皮をむいて、ちょっと大きめに切ります。

作り方①  

 ②.鍋に、かくし味と水を入れ、煮立てます。

作り方②

 ③.刻んだ野菜をその鍋に入れて煮ます。
   人参・じゃがいもは煮えにくいので、耐熱皿に入れて、ラップをして、レンジで5分くらいチン!すると早く煮えるようですよ。

作り方③

 ④.野菜が煮えたら、ウィンナーを入れて一煮立ちさせます。

作り方④

 ⑤.最後に、お好みで塩こしょうをパッパと振りかけて出来上がり~! 

作り方⑤

 いかがでしたか?
 簡単でしょ?
 思いの外、家族にも評判は良く、リクエストまでいただいちゃいました~(^_^)v

 『ポトフ』って、フランス料理なんだそうですね。
 簡単にいうと、かくし味で作ったスープに、ウィンナーを入れただけの料理なんですけど、これも立派な『フランス料理』ですよね?
 ひょっとして、東北醤油、初(?)のフランス料理?ですかね?
 一度、お試し下さい。
 これであなたもフレンチシェフの仲間入り~!
 (門脇公博) 

かくし味1.8 さきちゃん (2) 
 
スポンサーサイト

初めてのお店で…。

先週の23日(金)に、横手市雄物川のスーパーセンタートラスト雄物川店さんへ“料理勉強会”で初めてお邪魔させてもらいました。     
今回ご紹介しましたメニューは、“豚肉のどうらく炒め”“山菜の炊き込みご飯”“長芋ステーキ”の三品でした。

豚肉のどうらく炒め 山菜の炊き込みご飯 長芋ステーキ

トラストさんは、スーパーセンターですので品揃えが豊富なのと、当日は、穏やかな天気でしたので、ご夫婦で買い物を楽しまれている方もたくさんいらっしゃいました。試食の方も、お二人でお立ち寄りいただきました

親子2 「全部美味しいですね。味どうらくは本当に重宝しています。」 

おばあさん⑤ 「この前、レシピに載っていた大根の浅漬け作ってみました。家族に好評でした。」
おばあさん 「前にここで食べた美味しかったので、舞茸の混ぜご飯作ってみました。」 

おばあさん③ 「味どうらくは、いつも5~6本ストックしていますよ。」

興味を持って下さるお客様が本当に多くいらっしゃいました。中には、「一人でも食べていれば、『何やっているんだろう…。』と思って、結構人が寄って行ってくれるけれど、誰もいなければ、やっぱり遠慮して寄りにくくなるもんね。」と言って、他のお客様を連れて来てくれた方もいらっしゃいました。
お店の方からも「美味しかったです。ご馳走様でした。」とお話を頂いたり、雰囲気も良く楽しく料理勉強会を終えることが出来ました。ありがとうございました
。(倉田則夫)


ザクロ酢

    ザクロ酢

 

今年のホワイトデーに友人の息子さん(高校生)から、ザクロ酢をいただきました。

 

韓国っぽくて、いま流行の[KARA]のパッケージでした。
濃縮エキスなので、水で
5倍に薄めて
飲んでいますが、「お酒や牛乳・豆乳もおもしろいよ。」ということでした。
この頃は、飲みやすいので牛乳に入れてドロドロとして、まったりした感じでいただいております。

                    ざくろ酢 2


 以前、夏の暑い時季に子供たちが、スポ少など夏バテ防止に「りんご酢」を飲んでおりましたが、近頃は、黒酢など飲む「お酢」がブームとなり、スーパーさんや、ドラッグストアさんなどでも、ブルベリー酢・はちみつ酢など様々な商品が売られております。また、「酢ムリエ」も登場しておしゃれなデザート感覚で飲んだりヨーグルトやアイスにいれる商品も数多く見られます。

 

 
 お料理でもお酢を使うようにと心がけていますが、なかなかメニューに取り入れることができないのです。

今、我が家では「ひろっこ」が大好きな男性群の要望で、わかめやタケノコを入れて酢味噌和えを作ります。また、いただいた「ウド」で酢の物を作ったりしています。

 

 
 行楽や行事に巻き寿司・いなり寿司のような酢飯には米酢や、娘の好きな中国料理の酢豚は黒酢を使って作るようにしています。

 魚やお肉を唐揚げしたのに甘酢あんをかけたり、野菜の甘酢漬けなど、レパートリーに取り入れていきたいものです。
        
     すし酢イラスト      ドレッシング


      
 味どうらくの里とかくし味でドレッシングを作っていただいて、お野菜をいっぱい食べていただくのはもちろんですが、

 味どうらくの里に酢はもちろん、レモンなどの柑橘をいれた「どうらくポン酢」は湯豆腐やしゃぶしゃぶには絶品です。ぜひ試してみて下さい。

 

 ぷよぷよの体を 是非、酢じめにしていきたいと思っております。
     
           さきちゃん      

                          ( 高橋 和子 )


お料理若葉マークパパの、かんたん中華料理♪

今日は、味どうらくの里で作る新メニュー“緑黄色野菜たっぷり中華炒め”をパパに作ってもらいました!

 

① かぼちゃ・人参・ピーマンを乱切りにします。タマネギは半月切り、生姜・にんにくはみじん切りにします。

 
2012_0305_181534-DSCF1318.jpg 
2012_0305_184716-DSCF1327.jpg 

② かぼちゃ・人参・ピーマンを素揚げします。

2012_0305_182115-DSCF1320.jpg 
2012_0305_183504-DSCF1321.jpg 
2012_0305_183914-DSCF1323.jpg 

 

③ フライパンにサラダ油少々と生姜・にんにくを入れ、火に掛けます。

 
2012_0305_184846-DSCF1328.jpg 

④ 香りが出たらたまねぎを炒め、かぼちゃ・人参・ピーマンを入れます。

2012_0305_185513-DSCF1330.jpg

 

⑤ 味どうらくの里と水に片栗粉を溶かし、全体にとろみがついたら出来上がり♪

2012_0305_185248-DSCF1329.jpg 

 2012_0305_185647-DSCF1334.jpg

2012_0305_190406-DSCF1340.jpg 

“味どうらくの里に直接片栗粉を混ぜ合わせる”ところがポイントです! (今回は、片栗粉大さじ2・味どうらくの里60cc・水30cc でした。)

野菜の下準備がちょっぴり面倒かもしれませんが、そのあとは全てフライパンで炒め合わせるだけなので頑張ってみて下さい♪

本格あんかけ料理も味どうらくの里だけでかんたん!

是非お試し下さい。( 鈴木 由紀子 )


嶽六所神社奉納梵天

3月18日日曜日。今年はこの日が社日でした。
社日を解説した日本文化いろは事典によると、「社日というのは生まれた土地の神様(産土神)を祀る日のことで、春分と秋分に最も近い戊の日を指し、春の社日は種まきの時期にあたり、秋の社日は収穫の時期にあたる。これらは農業において忘れてはいけない大事な時期で、そのため社日は全国的に重要な節目の日とされるようになりました。春には五穀豊穣の祈願が、秋には無事に作物を収穫するための祈願が行われました」とあります。

社日のこの日、地元神宮寺地区でも春を告げる伝統行事嶽六所神社梵天(ぼんでん)奉納祭が執り行われました。前述の解説にもあるように、嶽六所神社梵天(ぼんでん)奉納五穀豊穣・家内安全を祈願して行われます。今年は神宮寺の各町内から11本の梵天が奉納され、18日の朝から町内各所を練り歩きました。

私は地元に住んでいますが、ウチの町内(荒屋)でも荒屋梵天奉納有志会が梵天を奉納。私も奉納梵天に同行しましたので、その時の様子をお伝えします。

ウチの町内には80軒強のお宅がありますが、それに数年前から隣接する地区に造成されたビュータウン嶽と言う新興住宅地(現在新築住宅のみがズラリと35軒ほど)にも梵天のお披露目に伺っている関係で、奉納日の前日に町内各戸とビュータウン、奉納日は神宮寺地区と、二日間掛けて梵天のお披露目に伺いました。

町内会に入った時はまだ血気盛んな30代で体力もありましたから、二日続きの梵天行脚なんてモノともしなかったんですが、さすがに最近はズシリと応えるようになっちまいました。土曜日は夕方4時頃から町内回りを始め、終わるのが8時頃。町内回り終了後には、その日の労をねぎらい、翌日の奉納の安全と無事終了を祈って一献傾け、次の日は朝8時から町内回り。3~4時間掛けて町内を練り歩いた後、大門(だいもん)の鳥居後に設置された仮説の鳥居をくぐり、最後は地元のシンボル嶽山の山頂にある嶽六所神社まで急斜面を駆け上がって梵天奉納と続きますから、終わる頃にはもうクタクタになってしまいます。ホント梵天披露ならぬ、梵天疲労すね。

では、18日朝からの様子のご紹介です。
まず、朝8時に町内の児童館前に集合し、法螺(ホラ貝)を吹き鳴らし祝い唄を唄って気勢を上げて、いざ出発!となるのですが、その前に全員で記念撮影。

DiditalCamera01.jpg

赤い梵天に赤い半纏、これが荒屋梵天奉納有志会の出で立ちです。これが結構人目を引くらしいんですよね。

ここから徒歩で最初に目指すのが東北醤油株式会社さん。つまり当社なんです。その途中にもJAさんなど何ヶ所か立ち寄って来ましたので、ウチの工場に着いたのは8時半過ぎだったでしょうかね。そしたら、工場入り口でカメラマンの方がカメラを構えて待っていてくれまして、「ぜひ撮影させて欲しい」とのこと。そのカメラマンさんは、いつも神岡南外花火大会で当社提供花火を撮影して下さる方で、寺村喜市さんという方でしたので、申し出は快く引き受けさせていただきました。これ以降掲載する写真の殆どが寺村さんの撮影によるものです。

嶽六所梵天②東北醤油嶽六所梵天③東北醤油②←商売繁盛・社運隆盛を祈願して梵天を振りかざします。
 
嶽六所梵天④東北醤油③嶽六所梵天⑤東北醤油④←撮影用です。

梵天の祝い唄は1番から15番くらいまであるんですが、記憶しているものだけ歌詞を書いてみますね。

♪朝のな~よ 出掛けによ(ヨーロロイ) 東を見れば
黄金なよ 混じりの はぁ~ 霧が降るなぁえ~(ジョヤサジョヤサ)

♪今日はな~よ 吉日(ヨーロロイ) 日柄も良~し 
何かな~よ 万(よろず)の はぁ~ 基礎祝うなぁえ~(ジョヤサジョヤサ)

♪この家(や)な~よ 親方(ヨーロロイ) いつ来てみても 
袴(はかま)な~よ 羽織(はおり)で はぁ~ 金量るなぁえ~(ジョヤサジョヤサ)

♪揃ったな~よ 揃ったよ(ヨーロロイ) 若い衆揃った 
秋のな~よ 出穂より はぁ~ また揃ったなぁえ~(ジョヤサジョヤサ)

まだまだたくさんの祝い唄がありますが、よく歌われるのはこの四つかなぁ。
これを各屋々で唄い、社日を迎えたことをお祝いして歩くんです。

 平成24年奉納梵天⑬平成24年奉納梵天⑫平成24年奉納梵天⑬
嶽六所梵天⑦刈穂①

こちらは刈穂酒造。蔵の前での梵天披露ですね。刈穂酒造さんでは、いつも市販されていない搾りたての生酒などを振る舞って下さいますので、ここら辺から足取りが怪しくなってくるんです。

一通り町内を練り歩き、最後は大門(だいもん)の鳥居をくぐり抜けるんですが、その前に重光堂さんの前の交差点で♪ここはな~よ十文字…という唄を唄い必ず梵天を降ることになっています。(どうしてなのか?は分かりません。)
なので、梵天を取り囲むようにして一曲披露。

DiditalCamera08.jpgDiditalCamera09.jpg


そしていよいよ大門で鳥居をくぐり抜けるために揉み合いとなります。

嶽六所梵天⑩大門②嶽六所梵天⑪大門③嶽六所梵天⑫大門④

梵天唄を唄い2~3回揉み合いを繰り返しますが、その間、屋根の上からは若衆が縁起物のお菓子やお餅、みかん、それに五円玉などを集まった観衆に向けて撒きます。(屋根に上がるのは厄年の男衆というのが一般的。)

佐々木昭元氏撮影①佐々木昭元氏撮影②←佐々木昭元さんの撮影です。 

こうやって押したり引いたりを繰り返して、一の鳥居をくぐり抜けた梵天は、嶽見橋を渡り標高277mの嶽山山頂に鎮座する嶽六所神社を目指し、つづら折れの急斜面を登っていくんです。
 
ただでさえ大変な急斜面を、重さ20㎏もある梵天を背負いながらの登山はホント困難を極めます。登山の様子を撮影した写真がないのが残念ですが、これだけは何回経験しても慣れそうにありません。

梵天奉納を無事済ませた後は、五穀豊穣・家内安全・商売繁盛などを祈願した霊験あらたかな嶽六所神社のお札を頂戴して、山を下ります。

下山後は下向祝い(げこいわい)といって、無事奉納できたお祝いをしてその年の梵天奉納が終わります。

嶽六所神社奉納梵天は毎年3月の第三日曜日に執り行われますので、機会があったら一度見物に来て下さい。(山本智巳)

新規の看板広告

先月、秋田市・新国道沿いに新規で看板広告を掲出させて頂きました。
場所は、秋田市寺内野村交差点の角地です。
新国道を土崎方面から山王十字路方面に向かいますと
秋田自動車道の秋田北ICに通じる交差点があります。
その交差点の角地なんです。

秋田市新国道沿いA面遠目 
この交差点を左折し、700m~800m程進んだ右側にはナイス外旭川店様があり、
その先の左側にはグランマート外旭川店様があります。
更に直進しますと、秋田北ICがあります。

秋田市新国道沿いA面アップ1 
アップにしますとこんな感じです。

秋田市新国道沿いB面遠目 
こちらは反対方向ですね。山王十字路方面を背にして、土崎方面を向いています。
上にはイオン土崎港店様の看板もあります。

秋田市新国道沿いB面アップ1 
同じくアップにしてみました。
お近くをお通りの際は、どうぞご覧になってみてください。
それでは・・・。 (佐藤直樹)


「ラジPAL」さんで豚肉のどうらく炒めをご紹介しました。

先日よねやハッピータウン店様の『黄色いのぼりの料理勉強会』で、ABS秋田放送『ごくじょうラジオ』のコーナー「ラジPAL」さんの生放送が午後からありました。
『豚肉のどうらく炒め』をご紹介しました。
豚肉のどうらく炒め

先日のブログの中でも紹介しておりますが、とても楽しい収録でした。
 
作り方の説明で「味どうらくを入れると、…… 」
豚肉のどうらく炒め

「ジュ~~」という美味しそうな音を期待しましたが、調理器具がグリルパンでなかなか期待通りの音が出ず (^_^;)
ラジオカーリポーターのいくさんも「おいし~い」とご試食してくれました。
お客様やお店さんのご協力を頂き無事終了しました。

放送が終わったとたん
おじいさん① 「今ラジオを聞いてきた
おばあさん② 「ラジオでやっていましたね」と多くのお客様にご試食してもらえました。

豚肉を炒める時の味付けに、味どうらくの里をお使いのお客様は殆どおらず、おひとり様だけでした。
おばあさん③ 「テレビでこれ見たった あれ誰だったけ
さきちゃん「こうちゃんですね。」とCMの話になりました。
こうちゃん① 

「味どうらくの里だけの味付けのシンプルな物  」
「味どうらくの里プラス生姜」
生姜入り

「味どうらくの里プラスわさび」
わさび入り 

お母さん5 「今まで食べたことがない。美味し~い」とわさび入りが好評でした。
お婆さん 「煮物だけでもなく肉を焼く時にも味どうらくいいんだね」と好評でした。

味どうらくの里の味付けで、お買い得の豚肉も美味しくなりますので、皆さんもお試し下さい。
さきちゃん (齊藤孝子)

お客様のご注文のお電話から・・

先日のことですが、お昼ごろの時間にお客様からお電話が・・・


「お醤油の注文をしたいのですが?・・・」

「実はねぇ。娘のところにいった時に、何気なしに新聞を見たら、味どうらくの里が載っていたのを見つけて・・。煮物にもピッタリで美味しいでしょ。それでまた欲しくなっちゃってお電話したところです」とのことでした。

お話の内容から、先週のこと読売新聞さんに載った『お試しセット』の広告をご覧になられてのご注文のようでした。

(読売新聞さんの記事)  (お試しセット)
読売新聞さんの記事 お試しセット 味どうらくの里×2
     

tazawako  kohannそのお客様は以前秋田県仙北市田沢湖にお住まいになられていた時に、商品を使っていたとのこと。秋田が懐かしくて秋田名物のいぶりがっこ(大根の漬物)をずっとお取り寄せしていることなど。いろんなお話をしてくださいました。(ニコニコ楽しいお話でした)

(田沢湖湖畔の風景)
 
        
今回のお客様始め、たくさんの方から読売新聞さんの広告が切っ掛けでまた御縁を結ぶことができました。

本当にありがたく思っております。

これからもいただいた御縁を大切に、末永く愛される商品・会社・社員をめざして務めていきたいと思っております。

よろしくお願い申しあげます。
さきちゃんでは、また (鎌田 龍浩)


◇ミクシーさんにまたまた新しいお友達が増えてました!

何度となくご紹介させていただいておりますソーシャル・ネットワーキングサービス “ミクシィ(mixi)さん” mixi(ミクシィ)のロゴマーク

 

I LOVE 味どうらく! 女の子のイラスト(コメント入り)

 

笑顔③このサイトの『味どうらくの里』のコミュニティにまたまた新しいお友達が増えてました。笑顔①

 

その方のコメントです。

 

初めまして!

秋田出身、関東在住です

煮物、うどんのつゆなど、色んな料理に使ってます。

 

山菜の"みず"の実を味どうらくに漬けて食べるのが大好きです(^o^)

どっちも実家から送ってもらってます笑

 

 

いつもお使いいただきまして、ありがとうございます。<(_ _)>

 

ここで、関東方面で味どうらくの里をお取り扱っていただいておりますお店さんをご紹介させていただきます。

 

最初は、コープネットさん。コープネットさんは、いばらきコープさん・とちぎコープさん・コープぐんまさん・ちばコープさん・さいたまコープさん・コープとうきょうさん・コープながのさん・コープにいがたさん、そして、コープネット事業連合さんで構成されているグループですが、このコープネットさんの一部の生協さんで、お取扱いしていただいております。

 

詳しいことはわかりませんが、コープネットさんの一部の店舗さんでは、味どうらくの里500㍉タイプを。共同購入さんでは、味どうらくの里1.0㍑タイプをお取扱いしていただいております。

 

次にご紹介させていただくお店さんは、秋田県のアンテナショップさん。私自身、まだ一度も行ったことがありませんが、こちらのお店さんでも味どうらくの里やかくし味をお取り扱いしていただいておりますので、ご紹介させていただきます。<(_ _)>

 

一件目のアンテナショップさんは、あきた美彩館さん。こちらのお店さんでは、味どうらくの里500㍉、1.0㍑、1.8㍑タイプを。更には、かくし味500㍉、1.8㍑タイプをお取扱いしていただいております。

 

あきた美彩館さん① 
あきた美彩館さん② 

  あきた美彩館さん(港区高輪4-10-8 ウィング高輪WEST1F)

 

そして、もう一つのアンテナショップさんは、秋田ふるさと館さん。こちらのお店さんでは、味どうらくの里500㍉、1.0㍑、1.8㍑タイプを。更には、かくし味500㍉タイプをお取扱いしていただいております。

 

秋田ふるさと館さん① 
秋田ふるさと館さん②  

  秋田ふるさと館さん(千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館1F)

 

お近くに行かれることがありましたら、是非、お立ち寄り下さい。<(_ _)>

 

 

笑顔①これからも味どうらくの里かくし味をよろしくお願いいたします。笑顔③

 

 

      さきちゃん(泉 光二)
 
 
 

16日なえよ?

 明後日の16日の金曜日、ビフレ横手店さんで「料理勉強会」があるんですが、そのお知らせ「16日にこちらのお店で料理勉強会ありますよ。」というポップをお店の入り口に貼りにお伺いしました。 

 Bigフレック横手店様01

 そうしたところ、買い物を終えたお客様二人が、そのポップが目に入ったんでしょうね? 「16日、なえよ?(16日、何よ?)」 と寄って下さいました。
 それでこんなお話しになりました。

おばあさん⑤ 「16日、なえよ?」
おかわりくん  「16日、また味どうらくの料理の紹介に来ます。」
おばあさん⑤  「味どうらぐな。アレいいものな。今日もよ、豚の角煮作ぐろうど思って、コカコーラ買いに来たどごだ。」
おかわりくん 「ああ、それはありがとうございます。」
おばあさん⑤ 「ホント、アレいいもの。アレあればなんもいらにゃもの。」
おばあさん④  「んだ、んだ。」
おばあさん⑤ 「オラえなば、何さでも味どうらくだ!」
おばあさん④ 「オラえでもんだ。かくし味だって使ってらでゃ!」
おかわりくん 「ありがとうございます。」
おばあさん⑤ 「娘だちも味どうらぐええどって、いっつも送っでらでゃ。」
おかわりくん 「ありがとうございます。」
おばあさん④ 「オラもだ!東京ど福島さ娘いるども、娘なば、かくし味の方えどって、いっつも送っでら。あっちの方さなば売ってにゃったものな。」
おかわりくん 「はい、そうなんです。」
おばあさん④ 「んだがら、いっつも送らにゃにゃぐってよ。」
おかわりくん 「すいません。いつも御難儀おかけしてました。」
おばあさん④ 「うんうん、なんも。」
おばあさん⑤ 「ところで、16日何やるのよ?」
おかわりくん 「“豚肉のどうらく炒め”っていうのやります。」
おばあさん⑤ 「せばひゃ?」
おかわりくん 「豚肉を炒めて、味どうらくで味付けする料理なんです。」
おばあさん⑤ 「ほっ、簡単そうだにゃ?せば来てみろがな。」
おかわりくん 「ぜひお越し下さい。」
おばあさん④ 「16日、オレ何があったけな?えさ帰ってまず見でがらだな。」
おかわりくん 「はい、良ければ来てみて下さい。」
おばあさん⑤ おばあさん④ 「分がった。せばな~。」
おかわりくん 「お待ちしておりま~す。」

 こういうお客様とお会いしました。
 向こうさんから声をかけていただくというのは、やはり興味を持って下さっている証拠なんだなあと、とても嬉しく思いました。

 明後日の16日、ビフレ横手店さんで、味どうらくで作る “豚肉のどうらく炒め” を紹介しますので、お近くの方は、是非お立ち寄り下さい。

豚肉のどうらく炒め

 「ブログを見てきましたよ~!」というお客様には、ステキなプレゼントを差し上げま~す。 
 それでは、明後日の16日 ビフレ横手店さんでお会いしましょう。
 黄色いのぼりが目印で~す。
 お待ちしておりま~す(^-^)
(門脇公博)

 saki-4cn(濃紺)    

今思うこと。

昨年の3月11日の東日本大震災から一年が経ちました。あっという間の一年だったように思います。11日(日)には、日本だけではなく、世界各地で追悼の集い行われていました。追悼式での遺族の方や被災された方の言葉には、胸が張り裂けそうになりました。現実を受け止めなければいけないが受け止めたくないという思い、一瞬にして大切な家族を失ったことは、本当に堪え忍びがたいことだと思います。

1万5千人を超える犠牲者の方々、また、今も行方の分からない人達も3千人以上います。
私は、震災直後に映し出された黒い海水の津波の映像と、行方不明のお母さんを探している小さな子のことを、今も忘れることが出来ません。お母さんを叔母さんと一緒に探していたところ、ある駐車場に流されていた車が、「お母さんじゃないか…。」と連絡が入り、車の中にいる人を警察官の方が身元の確認作業をしていたときのことです。この子が「お母さんじゃなくてもいいから助かっていてほしい…。」と言ったのです。小さい子供ですので早くお母さんに会いたいという思いが強かったと思います。しかし、他人を思う気持ちと叔母さんに迷惑をかけたくないという気丈な振る舞に心打たれました。

世界中の人達の心が被災された方へ『負けないで、頑張って欲しい。』と応援しています。人は一人じゃないという思いになりました。色んな方のボランティア活動や地域のために『頑張りたい。』と言う中学生や高校生がたくさんいました。復興には問題が山積していますが、その若い力を結集し、更に、被災された人達の気持ちになった復興をお祈りしています。

3月11日は自分を振り返るために一生忘れられない出来事になりました。これからも心に刻み亡くなられた人達に恥ずかしくないような人生と、どんな小さな事にも感謝の気持ちを忘れないよう、歩んで行きたいと思います。合掌。(倉田則夫) 

ABSごくじょうラジオ ラジPALに出演!

3月11日。東日本大震災から1年。
昨日は地震発生の午後2時46分の時報に合わせ、日本中が黙祷を捧げたのではないかと思います。我が家でも追悼式典の放映を見ながら、震災で犠牲になった方々へ家族全員で黙祷を捧げさせてもらいました。

遅々として進まぬ瓦礫処理や被災地の状況を見ると、追悼番組の中で歌手の長渕剛さんが話されていたことに共感を覚えます。日本が一つとなって被災地の復興を支える。そんな国となれるように願っています。

さて、今日は先週の木曜日に放送されたABS秋田放送のごくじょうラジオの中のラジPALコーナーで紹介された、黄色いのぼりの料理勉強会をご紹介します。

料理勉強会ポール無し 料理勉強会ポール無し 料理勉強会ポール無し ラジオ 料理勉強会ポール無し 料理勉強会ポール無し料理勉強会ポール無し 

ごくじょうラジオABSラジオで毎週月曜日~金曜日の午後1時から3時55分まで放送されている人気番組ですが、その中のコーナーでラジPALという乗用車型の中継車に乗った二人組が県内各地を回ってイベントなどを紹介するコーナーがあるんですが、そのコーナーで黄色いのぼりの料理勉強会のことが紹介されたんです。
 
収録は横手市のよねやハッピータウン店さんで行われたんですが、ラジオの実況中継の模様をホームビデオで撮影してきましたので、それをご覧頂きたいと思います。
この日は実際によねやさんの店内で黄色いのぼりの料理勉強会を実施していたんですが、その実施場所を利用してのLIVE中継でした。当社の門脇さんが代表でインタビューを受けたのですが、何せ初めての経験でしたので、チョット緊張気味な様子がよく分かるのではないかと思います。では、その様子をご覧下さい。



どうでしたか?緊張感が良く伝わるでしょ?

収録の中でも門脇さんが話されていますが、黄色いのぼりの料理勉強会では男の人でも作れるような「かんたんレシピ」のご紹介をしていますので、お近くのお店で実施する時には、ぜひご参加下さい。

黄色いのぼりの料理勉強会の実施日程は当社のホームページで確認できます。

下の画像をクリックしても日程と実施店舗が確認できますよ。


HP日程 

皆さんのご参加をお待ちしています。(山本智巳)

先月・・・

CIMG2376.jpg  
千秋公園のお堀からキャッスルホテルさんを望む今朝の1枚です。
天気が良いので、気持ちが良いですね。

CIMG2377.jpg 
ご覧の通り噴水の周りの氷は溶けています。

ところで、一昨日、鹿角市に行って来ました。
現在、鹿角市国道282号線沿いで、道の駅「あんとらあ」様の近くから
いとく鹿角ショッピングセンター」様方面に向けて、巻型の電柱広告24本を掲出させて
頂いております。
「その先にも電柱広告を付けて、全部で50本位にしよう。」と社長からお話を頂いておりました。
そこで、広告取り付け可能な電柱の確認・調査のために行ってきたんです。
営業車で行かせて頂いたんですが、その営業車は、約10年乗ったHONDA・CIVICから
去年11月に環境にも配慮しHONDA・FIT・HYBRIDに代えて頂いたんです。
ありがとうございます。
流石、HYBRIDだけあって燃費が良いんですよ。
スピードメーターのディスプレイに平均燃費が表示されるんです。
営業所と本社を往復しますと、最高燃費が25.4km/1Lだったんですが、
一昨日、走行中にナンと25.9kmを表示したんです。
「ヨシッ、信号待ちの時に撮影しよう。」と赤信号で停車したところ、
0.1km落ちて、25.8kmになっていました。
チョット残念ですが、それでも最高燃費記録を更新致しました。

CIMG2360.jpg 
これがその証拠写真です。
車内暖房を使用しなくなったら、26km台を出してみたいですね。
 

さて、本題に入ります。と言っても本題というほどの内容ではありませんが・・・、
冬場の土・日は地元に流れる太平川の周囲を次男坊とジョギング、 ウォーキングをすることもあります。
毎年、冬にはその太平川に白鳥が飛来します。白鳥が来てくれると何か嬉しいんですよね。
今年もよく来てくれたと思いますし、白鳥を見るのが冬の楽しみの一つでもあります。
また、めんこくて、癒されますしね。
今は、北に向かって飛び立ってしまったので、もう居ませんが、
先月2月18日に撮影した写真をご紹介させて頂きます。

CIMG2296.jpg 


CIMG2303.jpg 


CIMG2319.jpg 


CIMG2311.jpg   

 
CIMG2309.jpg 


CIMG2315.jpg
ジッとして、何かを悟ったかのような表情ですね。

それでは・・・。 (佐藤直樹)




かくし味で ♪まっ白豆乳鍋♪

料理勉強会でお客様から教えていただいた『かくし味の豆乳鍋』を作りました!

 

先日、こうこちゃんもブログで紹介してくれましたが、ゆきちゃん流もご覧下さい (^_-)

 

材料は【 かくし味・無調整豆乳・鶏もも肉・豆腐・人参・ほうれん草・白菜・シイタケ 】

 
2012_0217_184309-DSCF1265.jpg 

具材は、冷蔵庫にあったものでカスタマイズ(自分流にアレンジ…)!!

 

今回は人参をピラーで薄くむくという“技“を使いました




♪まずは、鍋に豆乳とかくし味を入れ火にかけます。

2012_0217_185152-DSCF1266.jpg 

♪お肉や野菜を入れます。

2012_0217_185603-DSCF1271.jpg 

♪具材に火が通ったら出来上がりです !(^^)!

2012_0217_190704-DSCF1276.jpg

 

残った汁にはたっぷりうまみが残っているので、うどんを入れてもおいしいそうです! (この日はお腹いっぱいだったので、断念しました…)

 

とても濃厚で身体にもやさしいお鍋です!

 

是非お試し下さいませ!  ( 鈴木 由紀子 )

さきちゃん

 

☆ 春の香りをお届けします。

食卓に春を運ぶ菜の花が出回るようになりました。独特の香りとつぼみのほろ苦さは、春の息吹を感じられますね。

 菜の花の混ぜご飯 
菜の花の混ぜご飯
菜の花の混ぜご飯 材料 かくし味1.8
   
①菜の花は茹でる前に水につけておくと(30分以上)シャキッとなり、とても美味しくなります。菜の花の混ぜご飯 作り方①  
    
 
②菜の花を色よく茹で、細かく刻みます。
 (根元を数秒茹でてから全体を茹でます。)
菜の花の混ぜご飯の作り方②
 
③温かいご飯にかくし味を加え混ぜ合わせます。
  (1合のご飯に対してかくし味大さじ2
菜の花の混ぜご飯 作り方③


④白ごま、桜エビを加え混ぜ合わせ、最後に菜の花を加えます。
菜の花の混ぜご飯 作り方⑤

⑤彩りも良い『菜の花の混ぜご飯』の出来上がりです。
菜の花の混ぜご飯 作り方⑥ 
お母さん②  「混ぜご飯ですか おいしいですね」 
お母さん  「彩りも良くて美味しいです」 
おばあさん② 「桜エビも香ばしく美味しいですね  」 
お婆ちゃん①  「菜の花が少し高いんだけど…この季節にしか味わえない菜の花で作ってみます。」
 
今回は、菜の花を使ってかくし味のかんたん混ぜご飯を作りましたが、菜の花が手に入らない時には、アスパラ菜等他の野菜でも代用できます。

かくし味を使って『菜の花とささみのわさび風味和え』もお試し下さい。
〈菜の花100㌘ とりささみ2本 かくし味大さじ3 わさび小さじ1〉
 菜の花のわさび風味和え

ご飯にかくし味で味付けし、お好みの具材を混ぜて簡単混ぜご飯が出来ます。
『食べたい分だけ作れる混ぜご飯』皆さんもどうぞお試し下さい。音符 (齊藤孝子)

真鱈子のごぼう炒り煮・・

真鱈子のごぼう炒り煮・・

  

スーパーさんに行くと、店頭に鱈とともに真鱈子が並んでまして・・。ちょっとグロテスクな黒色のものです。それが少し手を加えるとすっごく美味しくなるんですよ。

先日、我が家の食卓に登場しましたのでご紹介致します。

メニューは真鱈子のごぼう炒り煮です。

その他に真鱈子のしらたき煮や昆布和えもgoodで、酒のお供にピッタリです!!
   

 真鱈子のごぼう炒り煮・・

ではその作り方はといいますと・・・。

【用意した物】

ごぼう・真鱈子・味どうらくの里・料理酒・みりん、分量は適宜です。

※真鱈子が多い時は、残りをラップに包んで冷凍しても良いです。

【作り方】

.ごぼうは皮をむき、長細い角切りにして、水にさらしてアクをぬき水洗いする。

.真鱈子は、包丁の背でしごいて皮とたまごをはなす。

.フライパンに油をひいて①を炒め、ごぼうの香りがしてきたら②と料理酒(日本酒)・みりんを加えて、たらこをパラパラにほぐし、ごぼうにからめるように炒める。

.③に味どうらくの里・料理酒・みりんを加えて炒め味付けをします。

 ※炒めすぎると、たらこがごぼうから離れてしまうので注意してください。

 

こんな感じに作ります。(もとい、作るそうです(^_^)v

みなさま、真鱈子に味どうらくの里が相性が良いのがきっと分かりますよ!!

是非お試し下さい。

さきちゃん ではまた(鎌田 龍浩)

  

♪♪かんたん料理講習会♪♪

地元婦人会の料理講習会がありました。

 

味どうらくの里かくし味は、毎日の生活にはかかせないものなので、参考になるお料理を教えてください!”ということで開催された講習会です。

 

メニューは…、

簡単牛乳シチュー

 _かんたん牛乳シチュー

菜の花の混ぜご飯
菜の花の混ぜご飯 

鮭の照り焼き
鮭の照り焼き1024×768 

きゅうりの浅漬け
きゅうりの30分浅漬け 

デザートは甘酒ゼリー
甘酒ゼリーResize314×235

 

 以上、とってもとっても簡単おいしいお料理です!

 

それでは調理開始しまーす!!

 

その時、いきなり…『先生、この切り方で良いですか?』という声が…

 

一瞬誰のこと…? 『えっ、え~っ! わ、わたしのことですか~?』

 

先生なんて言われたことがないので、とても照れてしまいました。

①写真 
2012_0226_102344-DSCF1295.jpg

 

手際のよい皆さんのおかげで、調理はスムーズにすすみ、あっという間に出来上がり(^_^)v

その後、楽しい会食となりました。

2012_0226_122613-DSCF1305.jpg

 

「あや~っ、うめぇごどぉ~ (^o^)(^o^)(^o^) 」

 

「あらっ、こっちも、うめぇごどぉ~ (*^_^*)(*^_^*)(*^_^*) 」

 
2012_0226_122604-DSCF1304.jpg 

ベテラン主婦のパワーみなぎる、楽しいお料理講習会でした!

皆さんお仲間に入れていただき、本当にありがとうございました!(^^)!

さきちゃん (鈴木 由紀子)

◇“甘酒ゼリー”は、大人気でした!

先日の料理勉強会でのこと。

 

この日は、エビの照り焼き菜の花の混ぜご飯、それと、甘酒ゼリーの三品をご紹介させていただきました。

 

主役は、エビの照り焼きと菜の花の混ぜご飯でしたが、寄ってこられるお客様は一同に
 

お母さん① おばあさん③ お母さん②(甘酒ゼリーの入ったタッパを指さしながら)これって、何ですか

 

と、ご質問されるお客様がほとんどでした。

 

実は、甘酒ゼリーは、試食皿には入れずに出来上がった状態で、タッパに入れたまま、テーブルの上に置いておきました。

 

そのタッパの側には、甘酒ゼリーを作るのに必要なゼラチンも一緒に置いておきましたので、お客様にとっては、何に使うのか不思議に思ったんでしょうね。

 

甘酒ゼリー(タッパに入った状態)  ゼラチン 

 
お父さん②
「甘酒と牛乳で作った甘酒ゼリーなんです

 

お母さん① おばあさん③ お母さん②甘酒と牛乳

 

と驚かれるお客様が多く見られました。

 

お父さん②「甘酒を温めてから牛乳を混ぜて、水に溶かしたゼラチンを入れて、冷蔵庫で一晩冷やしたんです

 

お母さん① おばあさん③ お母さん②「それで、ゼラチンを置いているのね

 

ここで、試食皿に取り分けて、

 

お父さん②「どうぞ、食べてみて下さい

 

お母さん① おばあさん③ お母さん②「おいし~い

 

お母さん① おばあさん③ お母さん②「早速、作ってみます

 

と、大人気でした!

 

中には、

 

おばあさん②「アタシ、コレ(甘酒ゼリー)作っていくから、あなた、菜の花のご飯作って持って来て

 

おばあさん「わかった

 

と、今度の集まりに持参するお料理を決めて、甘酒秋田姫美人甘酒を買っていって下さるお客様もおり、本当に皆さんに大人気でした!

 

また、

 

おばあさん⑧「これはね、甘酒と牛乳で…

 

と隣の人に作り方を説明して下さるお客様もおりました。

ありがとうございました。<(_ _)>

 

笑顔①皆さんも、是非、一度お試し下さい

 

菜の花①春は、もうすぐそこまで…菜の花①

 

 

           さきちゃん(泉 光二)
 
 
 

東北醤油 黄色いのぼりの料理勉強会 ラジオに生出演

 皆さん、毎週火曜日、午後2時15分頃から始まる、ABSラジオさん  『東北醤油 黄色いのぼりの料理勉強会』  お聴きいただいてますか?
 毎週の料理勉強会の日程や、味どうらくやかくし味を使った簡単料理のご紹介、更には、料理勉強会でのエピソードなどを紹介してますけど、そこに、また一つ、話題が増えそうなんです。

 それは 『東北醤油 黄色いのぼりの料理勉強会』 も放送していただいている番組 「ごくじょうラジオ」 の中で、リポーターの方が、毎日、車で県内あちこちを回って、いろいろ紹介する 「ラジPAL(パル)」 というコーナーがあるんですが、それに、出演出来そうなんです。

ラジPAL ←この車でリポートされているそうなんです。ホームページから勝手にコピーしちゃいました。

 この前、ABSラジオさんから 「ラジPALで紹介してみませんか?」 とご提案いただき、ラジPALの日程と料理勉強会の日程を照らし合わせていただいたところ、来週の木曜日、3月8日 横手市にある よねやハッピータウン店さんにヒットしたという連絡が入りました。
 そこで、さっそくお店さんに問い合わせたところ、快く受け入れて下さることになりまして、そちらで 『黄色いのぼりの料理勉強会』 の様子を生放送して下さることになりました。
 時間は、午後3時25分頃から、5~6分程度なんだそうですけど、料理勉強会にとっては、初めてのラジオ出演で、しかも、生放送ということで、まだ一週間もあるんですけど、今から、ワクワク、ドキドキ、眠れない日が続いてます。
 どんな感じになるかまだ分かりませんけど、お近くの方は、是非、見学に来て下さいね。
 お客様へのインタビューもあるそうですので、どうぞ、お楽しみに~!
  ラジオですので、お化粧など、お気になさらないで…(^_^;)

GUM11_CL14006.jpg

 それでは、もう一度、日時をお知らせしますね。

 3月8日木曜日 午後3時25分頃から
 横手市のよねやハッピータウン店さん  
です。

 お待ちしてま~す(^-^) 

(門脇公博)

 よねやハッピータウン店様 さきちゃん

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1274)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん