スタッフブログ

2012年のご愛顧ありがとうございました。

本日、12月28日(金)が当社の仕事納めとなります。

当社の年末年始休業の規定は12月31日~1月5日となっていますが、今回は週末が二度含まれる関係で連続9日間の休業となります。

12月28日は官公庁の御用納めで、いつもの年だと「お役所さんは明日から休みかぁ…良いなぁ」なんて思ってるんですが、今回は私達も29日からお休みなのでスタートは一緒ですね。ただ、お役所は1月3日までのお休みなのに対し、当社は6日まで…なんか申し訳ないような気もしないではないスけど

休業期間中のご注文については、WebショップおよびFAXにて承りますが、商品の発送は営業再開後の1月8日以降となりますので、予めご了承下さい。


休業案内 休業案内休業案内

今年一年のご愛顧に感謝申し上げます。ありがとうございました。

さて、当ブログでも何度か告知していますが、今年11月に撮影した 東北醤油の黄色いのぼりの料理勉強会 の新CM、秋田県内では26日からON AIRされていますが、ご覧になった方いらっしゃいますか

今回のCMには県内のスーパーさんで黄色いのぼりの料理勉強会を実施している社員全員が出演しています。
撮影時の写真を使用してCMを再現してみるとこんな感じですかね。


(女性)東北醤油の
撮影風景111 


(男性)黄色いのぼりの料理勉強会です
撮影風景123 


(女性)みんなで楽しく勉強しましょう
撮影風景133 


(男性)カンタンなのがポイント!
撮影風景136 


(全員で)お待ちしてま~す!

撮影風景138 

15秒CMなのでアッという間に終わってしまいますが、実際に料理勉強会に伺っているスタッフが出演していますので、気をつけてみれば「アッ!この人あのお店でやってた人だ」なんて気づくこともあるかも気をつけて探してみて下さいネ

CMをご覧になっての皆さんのご感想・ご意見等、何でも結構ですのでお寄せ下さい。

メール  koufuku@touhoku-syouyu.co.jp
電話    0120-393-994(フリーダイヤル)
FAX    0187-72-3215

皆さんの声を、「お待ちしてま~す!

それでは、皆さんにとりまして2013年がより良き年となりますことを願いつつ、今年最後のJengoブログとさせて頂きます。良いお年をお迎え下さい。(山本智巳)
saki-4cn(濃紺)


スポンサーサイト

今年最後の・・・

タイトル通り、今日は私の今年最後のブログ当番です。
本来でしたら今年一年を振り返ってみる内容や今年の○○10大ニュースという内容が今日のブログには相応しいと思いますが、
以前、平日に休暇を頂いた際、昼食にかくし味を使ったチャーハンを作り、写真も撮っておりましたので、今日ご紹介させて頂きます。
年末とは無関係の内容ですが、どうぞ御勘弁を。

CIMG3672.jpg 
冷蔵庫にハムと人参とピーマンがありました。

CIMG3676.jpg 
溶き卵にかくし味を入れ、ご飯と混ぜ合わせます。

CIMG3678.jpg 
ハム、人参、ピーマンを小さく切り、フライパンで炒め、かくし味で味付けします。
そこへ先程のご飯を入れ、混ぜ合わせます。

CIMG3687.jpg
はい、出来上がり 私のようなお父さんでも失敗しませんからね。
いつもかくし味、味どうらくには助けてもらっています。
かくし味、味どうらくがないと本当に困ります。味は・・・もちろん美味しかったですよ。

こちらはおまけです。
今月11日、本社からの帰り道、メーターが丁度12345kmになりましたので、 記念にと撮影しました。
CIMG3760.jpg 

ちなみに現在のメーターは、12993kmです。
去年の11月からこの相棒と付き合っていますので、1ヶ月平均で約1000km走行したということですね。
良き相棒よ、これからもヨロシク。

それでは、最後になりましたが、このブログの読者皆様の御健康と御多幸を祈念申し上げます。
今年一年大変お世話になりました。ありがとうございました。
どうぞ良いお年をお迎えください。 (佐藤直樹)

『黄色いのぼりの料理勉強会』で新しいお客様とのご縁を頂きました。

クリスマス寒波の到来で、とても寒い日が続いております。
今朝出社する時には猛吹雪で、車はライトを付けても前が見えないくらいでした。
何年か前には、お正月の初売りの時にも雪がない年もありましたが、今年は、沢山の積雪があります。暖冬の予報が出された時もありましたが、今年はどんな冬になるでしょうか。

今日から社員の皆さんが出演した黄色いのぼりの料理勉強会が放送されました。
実写版   
 
私達がスーパーさんで黄色いのぼりの料理勉強会を実施していると、
お母さん⑤-①  「テレビでCM見たことがあります。」
お母さん② 「どこでやっているのかと思っていたけど、ようやく出会えました。」
というような、嬉しいお話をお聞きすることがあります。

FM秋田様とABS秋田放送様で、実施するお店さんの日程も放送されます。ABSラジオ ラジオ
主婦の会話 「お友達と一緒に勉強しに来ました

店頭に出でいる黄色いのぼり見つけて、「のぼりを見てきました。」と立ち寄って下さるお客様もおられます。

いつも寄って下さるお客様は、「今日は、何のお料理ですか  」
また初めてのお客様は、「何を売っているの
他のメーカーさんの試食販売だと「試食をすると買わなければ…  」と思い、私達の場所を避けて遠回りされる方もおります。

先日「あまざけ秋田姫美人」と「味どうらくの里 」を使って『鶏の照り焼き美人』をご紹介すると
万能つゆ 味どうらくの里500㍉ 万能あまざけ 秋田姫美人350㌘
鶏の照り焼き 

おばあさん② 「 鶏肉とってもやわらかくておいし~い。」
「今日、国産の鶏もも肉がお安くなっています。」
おばあさん③ 「味どうらくではなく、肉を売っているの」と冗談を言って大笑いになるお客様もおられます。
また、作っている様子を最初から仕上がるまでしっかりご覧になり、
お母さん 「今日来て良かった。色々教えて貰ってありがとうございます。」

今年一年黄色いのぼりの料理勉強会で沢山のお客様とお会いしました。
「味どうらく初めてです。使ったことありませんでした。」
「ここで教えて貰ってから使っています。」と新しいお客様とのご縁も頂き、ありがとうございました。

来年も沢山のお客様から「味どうらくで○○○作ったよ
「かくし味の○○○美味しかった」と色々なお話をお聞きするのを楽しみにしております。
黄色いのぼりの料理勉強会でお待ちしております。(齊藤孝子)

料理勉強会のぼり②料理勉強会のぼり②さきちゃん 料理勉強会のぼり②料理勉強会のぼり②


レシピアクセス・ベスト10(前半)

前半のホームページ・レシピアクセスベスト10


今日は今年4月~11月までの当社ホームページ《レシピアクセスベスト10》をご紹介致します。

お気に入りのレシピがございましたら、お正月休みに是非トライしてみてください。

よろしくお願い申し上げます。 
 

【集計期間:4月~11月まで 】
順位
アクセス数
000000
味どうらくの里  味どうらくの里 500ml
00000
  
順位
アクセス数000000   
かくし味   万能白つゆ かくし味 500ml
1位
2,941
レンジでチンッ!かんたん豚バラチャーシュー写真:レンジでチンッ!かんたん豚バラチャーシュー 1位
1,652
かんたん茶碗蒸し写真:かんたん茶碗蒸し
2位
1,696
豚ロース甘辛ステーキ写真:豚ロースの甘辛ステーキ2位
1,209
大根の甘酢漬け写真:大根の甘酢漬け
3位
1,665
なすときゅうりの辛子漬け写真:なすときゅうりの辛子漬け3位
941
味どうらくの里・かくし味の基本的な使い方写真:味どうらくの里・かくし味の基本的な使い方
4位
1,518
山菜の炊き込みご飯写真:山菜の炊き込みご飯4位
683
かんたんチャーハン写真:かんたんチャーハン
5位
1,425
豚の角煮写真:豚の角煮5位
580
アスパラの浅漬け写真:アスパラの浅漬け
6位
1,090
たっぷりねぎチャーシュー
写真:たっぷりねぎのネギチャーシュー
6位
558
かんたん生姜ご飯写真:かんたん生姜ごはん
7位
944
手羽元のどうらく煮(コーラ煮) 
写真:手羽元のどうらく煮(コーラ煮)
7位
516
長いものわさび漬け写真:長いものわさび漬け
8位
941
味どうらくの里・かくし味の基本的な使い方写真:味どうらくの里・かくし味の基本的な使い方8位
289
かんたんはらこめし写真:かんたんはらこめし
9位
821
舞茸の混ぜご飯写真:舞茸の混ぜご飯9位
270
ほたてご飯写真:ほたてご飯
10位
810
スタミナ納豆
写真:スタミナ納豆
10位
266
黒豆ご飯写真:黒豆ご飯

   
PS.
先日の会社のお休みに、仙北市角館町の武家屋敷通りの写真を撮ってきました。今年は例年にまして雪が多いようです。

武家屋敷_0025 

PS.2大掃除の時期になりましたね。先日ある雑誌を見ておりましたら、換気扇の掃除について書いてました。

その仕方に驚きです。なんと、段ボールにビニール袋をいれ、その中に水と洗剤を入れ換気扇の部品を浸すのです。(シンクの洗い物の邪魔になりませんし、大きな桶などの容器もいらないのです)終わりは、換気扇の部品を取りだし洗います。後は段ボールの端を切り中の水を捨て、いらなくなった段ボールとビニール袋は捨てます。

saki-4cn(濃紺) では、また(鎌田龍浩)



◇小さな子供さんにも“鶏の照り焼き”は、大人気です!

季節商品として、販売させていただいております“甘酒 秋田姫美人”

 

冬場の料理勉強会では、“甘酒 秋田姫美人”を使ったお料理をメインにご紹介させていただいております。

 

この“甘酒 秋田姫美人”“味どうらくの里”を使った鶏の照り焼きをご紹介させていただいたときのこと。

 

小さな子供さんをお連れしたお母さんに

 

お父さん②女性⑨「今日は、鶏の照り焼き!たぬきご飯!それと甘酒ゼリー!の3品ご準備しました。どうぞ、ご試食してみて下さ~い!」

 

とご試食を促しますと、お母さんより最初に子供さんの方が、手を伸ばしてくれました。

 

男の子②  「○☆△!」

 

女性⑨「どうぞ!」

 

お母さん① 「ありがとうございます!」

 

男の子② 「□△※!」

 

お母さん①「はい、ちょっとずつね!」

 

男の子② 「◎※□!」

 

お父さん②「よければ、おかわり、どうぞ!」

 

お母さん①「すみません!この子、普段はこんなに食べないんですよ!」 

 

男の子② 「△※□!」

 

お母さん①「甘酒、買って帰ります!」

 

女性⑨「ありがとうございます!」

 

お父さん②「ありがとうございます!是非、お試し下さい!」

 

“甘酒 秋田姫美人”“味どうらくの里”を使った“鶏の照り焼き”

 

笑顔① お肉もやわらかくて、小さい子供さんでも食べられますので、皆さんも一度、お試し下さい<(_ _)>笑顔③ 

 

鶏の照り焼き    万能つゆ 味どうらくの里500㍉甘酒秋田姫美人    

 

笑顔①今年一年、お料理勉強会では、多くのことを勉強させていただきました。ありがとうございました。また、来年も、お料理勉強会をよろしくお願いいたします。笑顔③

 

さきちゃん (泉 光二)

 

 

 


料理勉強会十大ニュース 2012

 ♪ もういくつ寝ると クリスマス~ ♪
 
週明けには、皆さんお待ちかねのクリスマスですね。
 それが終わると、あっという間に大晦日…。
 今年もあと僅かですね。
 今年の私の “Jengoブログ” の担当も、今年最後になりました。
 そこで、恒例になりました、私の独断と偏見による “料理勉強会十大ニュース 2012” をご紹介したいと思います。

◎第十位・レシピ集、大好評!
 料理勉強会も、今年で7年目に突入!
 おかげさまで、とても喜んでいただける料理勉強会になってきました。
 毎回、その時ご紹介した料理をレシピにしてお持ちいただくんですけど、「私このレシピ、大切に取ってるのよ。」「私なんかファイルしてるのよ。」と言うお客様も沢山いらっしゃいます。本当にありがたいことですよね。
 そんなお客様でも「他の料理ありませんか?」「もっと料理知りたい~!」と言うお客様も沢山いらっしゃって、そういうお客様には「もしよろしければ、ご住所を教えていただければ、レシピをファイルしたのがありまりますけど、送りましょうか?」とお話しすると「あっ、いいですか?お願いします。」とレシピをファイルしたものを送らせていただくんです。中には「そこまでは…。」とおっしゃるお客様もいらっしゃるんですけど、後で「お店で言われたんですけど、レシピ送っていただけるんですか?」とお電話下さるお客様もいらっしゃるんです。
 皆さんとても喜んで下さって、お礼のお電話やお手紙を下さるんですよ。
 ホント、ありがたいですね。
 レシピ集と言っても、そんなに立派なものじゃなく、100円ショップで売ってるようなファイルにまとめてるものなんですけど、このようなものでも良ければ、遠慮せずお電話下さいね。

長芋ステーキ  舞茸ご飯など

◎第九位・ラジオ放送から一年。大好評を得る。
 ABSラジオさんでの「東北醤油の黄色いのぼりの料理勉強会」 エフエム秋田さんでの「東北醤油のかんたん口福レシピ」放送開始から早くも一年が経ちました。
 おかげで「○○のお店って、料理勉強会いつでしたっけ?」「今ラジオで話していた料理、もっと詳しく教えて。」とお電話下さるお客様や「ラジオっていいわね~!テレビのコマーシャルだとすぐ終わっちゃうけど、ラジオだとゆっくり聴けるし、それに、簡単な料理だからメモらなくても分かるものね。」とおっしゃるお客様もいらっしゃるんですよ。
 料理勉強会でも「ラジオ聴いてきました。」と言うお客様が沢山寄って下さるようになりました。
 「ラジオを聴いてきましたというお客様にはちょっとした粗品を進呈します。」と放送してますので、その都度、粗品としてサンプルを1本多めに差し上げてるんですけど、先日なんか「ラジオ聴いてきました。」というお客様に、粗品としてのサンプルを差し上げると「あっ、私もラジオ聴いてきました。」「私もよ。」「私も~!」と沢山のお客様が声を掛けて下さいました。「えっ?ホントに?」と思ったんですけど、お約束でしたので、皆さんにサンプルを差し上げました。でも、おかげで、沢山寄って下さいましたし、お肉も沢山売れて、楽しい料理勉強会になりました。
 ABSラジオさんは、毎週火曜日の午後2時15分頃から。エフエム秋田さんは、毎週金曜日の午後4時15分頃からの放送となりますので、どうぞお楽しみに!
 「ラジオを聴いてきました。」というお客様には、ちょっとした粗品を進呈してま~す。どうぞお楽しみに~!

ABSラジオ エフエム秋田  

◎第八位・料理勉強会メンバーによる動画レシピ、今年も大量撮影!
 昨年に引き続き、今年も料理勉強会メンバーによる、動画レシピを撮影しました。
 「豚ロースの甘辛ステーキ」「タケノコのどうらく漬け」「ワラビのどうらく漬け」「アスパラの30分浅漬け」「ひんやり麺」「かんたん茶碗蒸し」「春キャベツの浅漬け」「レンジでチン!かんたん豚バラチャーシュー」の計8品です。
 8品とはいえ、忙しい(?)スケジュールを調整しての撮影でしたので、私たちにとっては、撮りも撮ったり!って感じですね。
 来年も引き続き撮影して参りますので、こうご期待!
 こちらをクリックすると動画レシピにリンクしますので、ご覧下さいね(^_-)

動画レシピ 

◎第七位・新メニュー続出
 今年も、新メニューが登場しました。
 お客様から教えていただいたものあり、社員から提案のあったものありで、メニューもだいぶ増えてきました。
 さっそく料理勉強会で紹介したところ、さすが、ご提案いただいた方の想いがぎっしり詰まった料理ですね。どの料理も大好評でした。
 各写真をクリックするとレシピにリンクしますので、一度お試しいただいてはいかがでしょうか?

ネギチャーシュー きりたんぽ鍋サンマのやわらか煮 トマト味の清涼麺 納豆昆布のねばとろうどん 黒豆ご飯 チャーハン 桜ご飯  

◎第六位・あの超有名シェフ考案料理が料理勉強会メニューに…。
 第七位に引き続きですけど、あるお客様が「もうだいぶ前になるんだけど、ある料理番組で、○○ホテルの超有名な○○シェフが紹介していた料理があったの。それを味どうらくでアレンジしてみたら、それが家族に大受けでね。もう何年も作ってるのよ。作り方教えるから、みんなにも教えてあげて。」とおっしゃって下さいました。
 さっそく「豚ロースの甘辛ステーキ」と名付けて、新メニューとして、料理勉強会で紹介してみました。するとどうでしょう?大受けでしたし「○○ホテルの味が秋田でも楽しめる~!」ととても喜んでいただきました。次の料理勉強会では、さっそく「アレ作りましたよ~!」「家族にも大人気!」とこれまた大喜びで教えて下さいました。
 下の写真をクリックするとレシピにリンクしますので、一度お試し下さいね。決して損はさせませんよ~! 
 
豚ロースの甘辛ステーキ

◎第五位・湯沢のお客様、お待ちどおさまでした。
 秋田県湯沢市にお住まいのお客様、お待ちどおさまでした~!
 湯沢でもようやく料理勉強会が行えるようになりました。
 数年前にも行かせていただいたお店があったんですが、なかなかお役に立てずに、ご迷惑をおかけしておりました。
 それ以来ずぅっと遠ざかっていたのですが、よねや千石大橋店さんと、ビフレ湯沢店さんからお声が掛かりまして、ようやく湯沢でも料理勉強会が出来るようになりました。
 お店の店長さん、ご担当者の方、本当にありがとうございます。
 お店の皆さんのご協力もあって、お客様にも大好評でした~!
 来年も引き続きお邪魔させていただきます。
 今後とも、何卒、ご贔屓賜りますよう、御願い奉りまする~_(._.)_
よねや千石大橋店様by門脇  BF湯沢プラザ様

◎第四位・黄色いのぼりの料理勉強会、講師として招かれる。
 講師というのはちょっと大袈裟ですけどね~!
 婦人部さんで、料理講習会があるというので、今年は「刈和野小野婦人会さん」「内小友キッチンフレンドさん」の2カ所からお声が掛かりまして、一応、講師という肩書きで、料理勉強会メンバーが参加させていただきました。
 どちらも、20人から30人からなる生徒さん(?)でしたけど、さすが主婦ですよね。レシピを見ながら手際よく、ササッと料理して下さるんですよね。
 料理も味どうらくを使った料理、かくし味を使った料理、5~6品なんですけど、あっという間に出来てしまいました。
 「○○先生」なんて呼ばれて、ちょっと得意になってしまったんですけど、とても楽しい料理勉強会でした。
 お店での料理勉強会も楽しいんですけど、このように、実際に作っていただくのもいいもんですね。
 皆さんの中でも、もしこういう料理講習会を予定されているグループがいらっしゃいましたら、一声掛けて下さいね。日程さえ合えば、いつでもお邪魔させていただきますので…!
 ただし、諸々の関係で、近くの方に限らせていただきますけど(^_^;)



 恒例により、番外編です。
 自虐ネタなので、番外編でご紹介したいと思います。
◎番外編・「アヂッ!」火傷しちゃいました。
 「どうして火傷したの?」と言われても、なかなか説明が付かないんですけど…。
 朝、料理勉強会の準備をしていた時、ガスコンロの鍋を乗せるところを握ってやったんだぜぇー!
 ワイルドだろー!
 「アヂッ!」とすぐに手を離したんですけど、それ以来、ズキンズキンと痛み出して、もうどうしていいやら…。
 途方に暮れているとクメちゃんが「俺が代わり行こうか?」と…。ホント助かりました。
 すぐに氷を手にして病院へ…。着くとすぐに先生が見てくれたんですけど、おかげで、処置が早かったせいか、全治二週間程度の怪我ですみました。手は包帯でぐるぐる巻きになったんですけどね…(^_^;)
 労災で処理していただきましたけど、ここで勉強になったことは、火傷したら氷とかそういう冷たいものではなく、タオルを水道水で濡らして、それを握ったまま病院(皮膚科)へ行くといいんだそうです。氷だとあまりにも冷たすぎて、かえってズキンズキンするんだそうです。
 もし火傷をした時には参考にしてみて下さい。
 でも、本当のこと言うと 痛かったぜぇー!
GUM06_CL03001.jpg

◎第三位・“黄色いのぼりの試食会”が名称変更“黄色いのぼりの料理勉強会”になる。
 「あれ?黄色いのぼりの“試食会”じゃなかったっけ?」と言う方がいらっしゃると思いますけど、新年早々、社長から「みんなで料理を勉強する、料理勉強会にしよう!」と言うお話を頂戴し、新年から“黄色いのぼりの料理勉強会”でスタートしました。
 のぼりも新調して、いざスタート!
 最初は「黄色いのぼりの料理勉強会で~す。」と“滑舌”が悪く、言いにくいところもあったのですけど、一年もやってれば、もう何も心配することもありませんね。(未だに“試食会”と言う人もいますけどね。)
 おかげで、お客様にも「料理勉強会」が浸透して「勉強しに来ました~!」「今日は何勉強していこうかな?」なんてお客様も寄って下さるんですよ。
 黄色いのぼりの料理勉強会は、男の人でも作れる簡単な料理を紹介してます。なので、お母さんは勿論ですが、ご夫婦で、ご家族で、お父さんお一人でも大歓迎です。
 是非立ち寄って、勉強していって下さいね(^_^)v
 黄色いのぼりが目印で~す!

料理勉強会のぼり②  料理勉強会のぼり② 料理勉強会のぼり② 料理勉強会のぼり② 料理勉強会のぼり②

◎第二位・“黄色いのぼりの料理勉強会”ラジオ生出演
 ABSラジオさんの“ごくじょうラジオ”に“ラジパル”と言うコーナーがあるんですけど「それに出演してみませんか?」と言うお話をいただきました。
 この“ラジパル”ですけど、ABSラジオをお聴きの方は既にご存じですよね?ABSラジオのアナウンサー、イクさんとチカさんが全県を駆け巡って、県内のいろんな情報を秋田県民に紹介して下さる番組なんです。
 この人気番組に、なんと二回も出演させていただいたんですよ。
 すごいだろー!
 最初は、横手市にある“よねやハッピータウン店さん”2回目は、秋田市にある“ビフレ東通店さん”ででした。
 何しろ生放送なもんですから、失敗は許されない!なんて力んじゃって、逆に失敗してしまいましたけどね…。しかも、制限時間が5分なんですけど、延び延びになっちゃって、10分ぐらいになっちゃって…。
 ホント、イクさん、チカさんすいませんでした<(_ _)>
 その模様がご覧いただけますので、時間がありましたらお楽しみ下さい。
 来年も、機会がありましたら出演してみたいな~!なんて欲張りでしょうか?



◎第一位・“黄色いのぼりの料理勉強会”のコマーシャルが実写版になる。
 “黄色いのぼりの料理勉強会”のコマーシャルが、遂に実写版に!
 アニメのコマーシャルは、皆さんご覧いただいたことはあったと思うんですけど、社長の「社員に出て貰おう!」のひと言で実現しちゃいました。
 考えれば、社長も思い切ったことを考えられたものですよね。
 社運(ちょっと大袈裟ですか?)を掛けたこのコマーシャルに、社員を起用するんですから…。
 料理勉強会に参加している社員、総勢17名によるコマーシャルですので「あっ、この人だ~!」「この人見たことある~!」なんて驚かれたり、爆笑されたりするお客様もいらっしゃるかも知れませんね。
 来週、26日からの放送になりますので、皆さん、目を大きく見開いてお待ち下さいね。
 どうぞ、お楽しみ下さ~い(~o~) 

実写版

 こんな感じで、今年も楽しい料理勉強会をさせていただきました。
 昨年は、東日本大震災の影響で、しばらくお休みさせていただいたり、いつから出来るんだろう?と心配もあった一年でしたけど、今年は、何事もなく、安心して出来た一年だったように思います。
 7年目を迎えた料理勉強会でしたけど、おかげさまで「今日は何教えてくれるの?」「楽しみにしてたのよ~!」とお客様も楽しみに待っていてくれる料理勉強会になってきました。
 さだまさしさんのコンサート回数が、三千数百回にもなって、ギネスに登録されたんだそうですね。その時、こんなお話をされておりました。
 「お客様ってすごいよね~!だって、お客様が来て下さらなかったら、こんなに続けられなかったもの!」
 さだまさしさんとは比べられないんですけど、7年目を迎えられたのも、お客様のおかげ!
 これからも、私たちの料理勉強会が、ずぅ~っと続けられるように、お客様が喜んで、楽しんで参加して下さる料理勉強会になれるよう、来年も、社員一同、勉強して参りたいと思っております。
 来年も 「東北醤油の黄色いのぼりの料理勉強会」 をどうぞ、よろしく~!
 ちょっと早いですけど、皆さん良いお年を…(^-^)
 (門脇公博)
saki-4cn(濃紺)

11月と12月の花

今回、私のブロクは今年最後になりましたので、まだご紹介していなかった11月19日(月)と12月4日(月)と17日(月)に頂いた生花をご紹介したいと思います
page001.jpg11月19日
   (↑11月 9日の花)

12月4日1 (1)12月4日1 (2) 
   (↑12月 4日の花)

12/17112/172 
   (↑12月17日の花)

今回、久々に“デルフィニウムが含まれていました。“デルフィニウムの名前の由来は、つぼみの形がイルカに似ていることから付けられたそうです。(
ラテン語の『デルフィーヌス「delphinus(イルカ)」』とのことでした。)
また、
和名は「飛燕草(ひえんそう)」や「千鳥草(ちどりそう)」と呼ばれています。
花言葉は、
清明・壮大・わがままな美人・慈悲・高貴・あなたは幸福をふりまく・移り気・かろやかさ
等、たくさんありました
『しなやかさ』と『豪華』をイメージさせられる感じがします。魅力あふれる“デルフィニウムは人気のある花のようです
今年一年間、大変お世話になりました。良い年をお迎え下さい。
ありがとうございました(倉田則夫)

鍋料理の定番

寒くなってくると、どうしても鍋料理が食卓にのぼることが多くなります。ウチでも週に一度ぐらいの割合で鍋を囲んでいるような気が…。や~っぱり雪がちらついてくるようになると、鍋が恋しくなってきますよね。 
 
我が家でよく作る鍋料理と言えば、肉鍋、寄せ鍋、キムチ鍋、豚肉と白菜の重ね鍋、湯豆腐、すき焼き、ハタハタ鍋…と、ウチの場合は鍋に入る具のメインは肉というのが圧倒的に多くなってしまいます

家族は四人で、大学生と高校生の息子二人にワタシと家内なんですけど、息子二人の食欲たるや相当激しく、鍋に入れる具の量、特にに関しては半端ない量ッスま、鍋にすると普段はあまり多くは食べない野菜も結構食べてくれるってのも、鍋をする理由の一つなんですけど…

そんな我が家の鍋料理で最も人気があるものというと、ダントツできりたんぽ鍋ですね

きりたんぽ鍋は秋田県の郷土料理として幅広く知られていますが、その発祥は秋田県北部の大館・鹿角地方なんです。きりたんぽ鍋の材料として知られる比内地鶏も大館市の比内地方の原産です

秋田県以外の人から見れば、きりたんぽ鍋は特別な料理と思われる人が多いのかも知れませんが、我々の住む秋田県の県南部でもきりたんぽ鍋はごく普通に食卓にのぼるメニューなんじゃないスかね?少なくともウチでは定番ですね。

普通の四人家族のお宅ではきりたんぽ鍋をする時、きりたんぽは何本ぐらい食べるんでしょうね?レシピサイトなんかを見ると、一人当たり2本~2.5本ぐらいが多いようですけど、ウチは4人家族で5本入れのきりたんぽを3袋は準備しますから、一人当たり3.75本ぐらいになっちゃいますね

本場の大館・鹿角地方とか、専門店なんかだと比内地鶏の鶏ガラでダシを取ったスープに、比内地鶏を入れてってのが定番なんでしょうけど、我が家のきりたんぽは比内地鶏のような特別な肉じゃなく、ごく普通に売られている鶏肉を使うんですけど、それでも充分に美味しいきりたんぽ鍋ができるんですけどね。何と言っても味の決め手は味どうらくの里です味つけは味どうらくだけですから、ホントに簡単に作れちゃうんです。味どうらくがあれば誰でも簡単に美味しいきりたんぽ鍋を味わって頂けますなんてったってオレでも美味いきりたんぽが作れちゃうんですから、是非お試し下さい。

作り方はこうです。まず材料です。

鶏もも肉
市販のきりたんぽ(袋に入ったもの)
ゴボウ(笹がき)
舞茸
長ねぎ
糸こんにゃく
セリ
お酒

味どうらくの里

素材引き横修正

①鍋に水と味どうらくの里、お酒を入れて火を入れます。
作り方①

②沸騰したら、笹がきごぼうと鶏肉を入れます。
作り方② 

③アクを取りましょう
作り方③ 

④舞茸、糸こんにゃくを入れます。
作り方④ 

⑤煮崩れしないようにきりたんぽは食べる直前に入れましょう。
作り方⑤ 

⑥一煮立ちさせたらできあがり。
きりたんぽ鍋引き横 

⑦ダシのしみたアツアツのきりたんぽを召し上がれ。
きりたんぽ鍋寄り横 

この前テレビでやってたんですけど、きりたんぽは斜めに切ると煮崩れしやすいそうです。切り口が直角になるように切った方が煮崩れしにくいそうです。試してみても良いかも知れません。
あ~きりたんぽ喰いでぐなってきたなぁ(山本智巳)

カレンダー、日表

今年も残すところ僅か2週間となりましたね。
つい先日、「今年もよろしくお願いします。」と挨拶をしたと思ったら、もう師走ですからね。
ホントに1年が過ぎるのは早いものです。

さて、この時期、当社では当社製品を通信販売でお買い求め頂いたお客様に感謝の気持ちを込めて、
カレンダー、日表をお送りしています。日表と書いて、“にっぴよう”と読むんですよ。
ただし、お送りするのは、今年ある一定の金額以上のお買い求めがあったお客様だけなんです。悪しからず・・・。
お客様の中には当社のカレンダーを毎年楽しみにしている方も沢山いらっしゃいます。
カレンダーが届いたことや御礼の気持ちをお手紙やお葉書で頂いたり、
お電話で頂いたりすることもあるんですよ。
そうしますと、送った私達も嬉しくなります。こちらこそ、ありがとうございます。
では、そのカレンダーと日表をご紹介しましょう。

CIMG3742.jpg 
来年2013年のカレンダー「日本の旅想」の表紙です。
左クリックしますと拡大します。

毎年5~6月頃、お取引先様から来年のカレンダー・カタログを頂くんです。
その中からいつも6~7種類のカレンダーをサンプルで頂きます。
カレンダーは2ヶ月単位で日本国内の風景写真をフィルムに印刷しているものです。
そのカレンダーを当社社員全員に見てもらい、人気のあった上位2~3種類のカレンダーを
最後に社長に見て頂いて、1種類に決めるんです。
今回はこの「日本の旅想」が圧倒的に人気がありました。
この表紙は、当社の研修旅行で行かせて頂いた芦ノ湖と富士山です。絶景ですね。


CIMG3746.jpg 
ちょっとだけ、中身をご紹介します。
1、2月は、広島県三原市の瀬戸内海です。

CIMG3758.jpg 
こちらは日表です。
今の時代、日表(日めくりカレンダー)は貴重なようで、
この日表にも熱烈なファンがいらっしゃるんです。

社長から、「日表はご年配の方をイメージしてね。」とご指導を頂いています。
そこで、このような言葉を入れているんですよ。
カレンダーと日表は私の担当でもありますので、毎年何か良い言葉はないかと考えます。
ずっと考えていると“ひらめき”を頂くことがあるんですね。そのひらめきがピタッと決まったときは嬉しいです。
諦めずに考え続けることが大切なんですね。 それでは・・・。 (佐藤直樹)



☆鶏の照り焼き何度も作りましたよ。

先週ビフレ東通店様で黄色いのぼりの料理勉強会を実施しました。
秋田市内にも積雪があり、あっという間に冬本番を迎えてしまいました。
雪が降る中、沢山のお客様にご参加頂きまして、ありがとうございました。
『万能あまざけ秋田姫美人』を使ったお料理をメインに、ご紹介させて頂きました。
料理勉強会ののぼり 秋田姫美人350g 味どうらくの里1.8㍑ 料理勉強会ののぼり

鶏の照り焼き美人
鶏の照り焼き

味どうらくと秋田姫美人を混ぜて漬けているのを見ていただくと、
鶏の照り焼き①

「味噌漬けのように見えたけど甘酒が入っているのですね。」

主婦の会話 「とてもやわらかくて美味しい

ビフレ東通店様では、初めてご紹介するメニューでしたが、作ってくれているお客様がおりました。
 
お母さん⑤-① 「ネットで見て作りました。」 

お母さん② 「他のお店で食べてから、美味しかったので……」

おばあさん③ 「知人から教えて貰ってから作っています……」

おばあさん② 「私は、これ何度も作っています。豚肉や牛肉でも作りましたが、鶏肉が一番好きです。

お母さん5 「お魚を漬けても美味しかったです。(鮭を漬けてくれたそうです。)」


甘酒ゼリー
甘酒ゼリー

おばあさん⑤ 「甘酒は、飲むのが大好きでいつも使っています  」
おばあさん④ 「私は、漬け物に使っています。」というお客様も、ゼリーをご試食してくれ「これは、作ってみたい  」と甘酒をお買い求め下さいました。

秋田姫美人は、酒粕を使用しておりませんが、甘酒のイメージは、酒粕で作っていると思われるお客様もおり、
お母さん7 「お酒の味がしなくて美味しい 」 
お母さん① 「私は、甘酒が苦手だったけれど、これは美味しいですね。」 
お母さん②  「ほんのりと甘酒の味がしていいですね。」

日配ご担当の方からも「沢山売れました。ありがとうございました。」とお礼があり、甘酒ゼリーも大好評でした。

鶏もも肉も特売価格にしてくれ、沢山のお客様にお買い求め頂きました。
次回の料理勉強会の時に、お客様から「作りましたよ。」と色々なお話しを頂けることを楽しみにしております。
ありがとうございました。(齊藤孝子)

料理勉強会ののぼり お料理さきちゃん 料理勉強会ののぼり


ハタハタを漬けてみました・・・

ハタハタを漬けてみました

 

お店様の店頭では季節ハタハタが沢山並ぶようになりました。

先日、うちの実家でもハタハタを一箱購入して『味じまん三五八』で漬けました。

今回はその様子をご紹介致します。作り方はオリジナルです。

 

[ハタハタの箱売りの写真]

 
箱売りのハタハタ・・ 

  

【今回準備したもの】

・ハタハタ 一箱 (4キログラム)

・お酢      (1㌔あたり1カップ)

・味じまん三五八 (ハタハタ1㌔あたり100㌘を目安とします)

・ザラメ(中双糖) (ハタハタ1㌔あたり25㌘を目安とします)


 

【作り方】

1.《ハタハタのあら漬け 》


あら漬けの様子・・  
①.ハタハタの頭と内臓を取って、タル(バケツ)に並べて入れる。一層並べたらお酢を振り、その上に魚を並べてお酢を振り、繰り返します。

※ポイントは、魚を水では洗わないことです。

②.タルに魚を入れたら、その上に重石をのせます。2~3日ぐらい漬けます。

 

2.《ハタハタの本漬け》

本漬けの様子・・ 味じまんとザラメ・・ 混ぜ合わせてところ・・

③.タルに赤い汁が上がってきているようでしたら、中の水を捨てて魚を取り出します。

④.味じまんとザラメを上記の割合で混ぜ合わせて、タルに魚を入れながらまぶします。※味じまんを多く入れるとしょっぱくなります。またザラメを多く入れると甘くなりますが、魚を焼くときに焦げ易くなりますので、お好みで調整して下さい。

⑤.タルに魚を全部入れたら、重石をのせて10日間ほど漬けるとできあがりです。

 

漬け終わったら魚はグリルで焼いて食べます。

しばらく重石をかけたまま保存ができますが、小分けにしてタッパーなどに取り、冷凍庫にいれますと長期間保存ができます。おふくろ曰く「春の田植え頃にも食べられるよ」と言ってました。雪深い秋田の保存食なんですね。

私事ですが、漬け上がったハタハタのお裾分けを期待してます。

 

PS.余談ですが、ハタハタは全部オスで一箱4㌔で2千円でした。


お料理さきちゃん

では、また(鎌田 龍浩)




◇いろいろなお店さんで、“甘酒ゼリー”は、大人気です!

季節商品として、販売させていただいております“甘酒 秋田姫美人”

 

冬場の料理勉強会では、“甘酒 秋田姫美人”を使ったお料理をメインにご紹介させていただいております。

 

前回、前々回とご紹介させていただいたお料理は、鶏の照り焼き甘酒ゼリーたぬきご飯の三品でした。

 

“鶏の照り焼き”“たぬきご飯”も好評でしたが、“甘酒ゼリー”をご試食いただいたお客様からは、

 

お母さん①「このゼリー、おいし~い

 

おばあさん③「つぶつぶも気にならないし、おいし~い

 

おばあさん①「甘酒は苦手だけど、これはおいし~い

 

“甘酒ゼリー”も大変好評でした。ありがとうございます。

 

中でも、一番うれしかったのは、

 

おばあさん②「甘酒ゼリー、作ったことありますよ

 

お母さん②「これっ、おいしいんですよね何度も作ってますよ

 

と何人かのお客様から、「作ってますよ」というお言葉をお聞きしたことです。

 

本当にありがとうございました。

 

笑顔① 私たちが、お料理勉強会にお伺いさせていただいて、一番うれしいことは、以前、ご紹介させていただいたお料理を実際にご自宅にお帰りになられてから作っていただくこと。

 

そして、実際に作って下さったお話しをお聞かせいただくことが、何よりもうれしいことなんです。笑顔③ 

 

お客様の中には、

 

おばあさん⑧ 「これはね、甘酒と牛乳で…

 

と隣の人に作り方を説明して下さるお客様もおり、大変感謝しております。

 

ありがとうございます。<(_ _)>    

甘酒ゼリー     ゼラチン万能あまざけ 秋田姫美人350㌘  
 
 

笑顔① 皆さんも、お料理勉強会でご紹介させていただいたお料理をご自宅で作られた時は、是非、お教え下さい。よろしくお願いいたします。笑顔③ 

 

さきちゃん (泉 光二)

 

 

 


ローストチキンだよ~(^-^)

 ここ数日、秋田にも本格的な冬将軍がやってきました。
 先週の金曜日から降り続いた雪も、あっという間に積もり、我が家の周りは、もう60~70㎝にも達しました。
 いつもの年ですと、ようやく初雪が降って、まだまだ雪寄せするほどではないんですけど、今年は、我が家の除雪機も既に4回も出動しています。
 なんか変な天気ですよね?これも、オゾン層破壊によるものなのでしょうね?
 さて、冬の到来と共に楽しみになってくるのが、クリスマスですよね?
 まだちょっと間がありますけど、今日は、クリスマスには欠かせない料理!
 「ローストチキン」のご紹介をしたいと思います。

ローストチキン引き横 ←レシピはこちらからもご覧いただけます。

 まずご用意いただく食材は?(4人分でご紹介したいと思います。)
  ○骨付き鶏もも肉…4本(冷凍可)
  ○味どうらくの里…250㏄
  ○コーラ…500㏄
 材料

 次に作り方を説明します。
 .骨付き鶏もも肉は、水洗いして鍋に入れます。
   冷凍のみのは、冷凍のまま水洗いして鍋に入れます。
作り方①

 味どうらくの里250㏄コーラ500㏄をその鍋に入れます。
作り方②

 .最初は強火にして沸騰させます。
   沸騰するとアクが出ますので、そのアクを取ります。
作り方④

 .アクを取ったら鍋にふたをして、弱火40~50分煮てできあがり~!
   途中、1~2度ひっくり返すと尚いいでしょう。
作り方⑤

 .そのまま食べてもおいしいですけど、お好みで、焼き型を付けてもどうぞ!
作り方⑥

 先日、約1年ぶりに、山形のビフレ新庄店さんで紹介してみました。
 すると1年ぶりにもかかわらず、沢山のお客様が作って下さってました。

おかわりくん  「これ、ちょうど1年前に紹介した料理なんですけど…。」
お母さん③  「そうそう。ちょうど去年の今頃だったわね。作ってみましたよ。」
お母さん①  「そう。あれからもう1年になるのね?あっという間ね?」
おばあさん②  「作ってる、作ってる。味どうらくとコーラで煮るのですよね?」
お母さん⑤  「コーラで煮ると軟らかくなるっと言ってたけど、ホント軟らかくなるのよね~!」 
お母さん② 「鶏肉でもやったけど、豚肉でもやってみたわよ。豚肉も軟らかくなるのよね~!」 
お母さん④ 「これはもう何度も作ったから、別の教えて!」
おばあさん③  「孫が大好きでね~!「ばっちゃ、アレ作ってけれ!アレ作ってけれ!」って言われるもんで、クリスマスでなくても、しょっちゅう作ってるのよ。」

 と、こんな感じで皆さんの喜びの声をお聞きすることが出来ました。

 更には、午前中試食されたお父さんが、お家に帰って奥さんに話したんでしょうね?
 午後にも来られまして
お父さん②  「カカァに話したら「作ってけれ!」って言われて、肉買いに来た!」
 と寄って下さいました。なんと、お肉を3パックも買って行かれました。
 どのような事情なのか分かりませんが「どうしてそんなに買ってきたの?1パックで良かったでしょ?」なんて奥さんにお叱りを受けていないか?ちょっと心配しております。
 「それはあんたの家庭でしょ?大きなお世話!」と言うことでしょうか?

おかわりくん 「クリスマスになったら、これ「作って!」ってお母さんに言ってね!」
女の子②  「うん。」
おかわりくん 「はい、これおじさんからのクリスマスプレゼント!」
お母さん⑤-①  「あっ!いいですかぁ~!ありがとうございますぅ~!」

 早々と、門脇サンタの登場でした~!
 GUM08_CL04040.jpg

 ここで、新庄の皆さんにご報告で~す(^-^)
 今まで、ビフレ新庄店さんでは、土曜日の料理勉強会でしたが、来春から水曜日に変更になりました。
 今まで、土曜日でお世話になっていたお客様、来春からは水曜日でお会いしましょう!
 そして、新たなお客様とのご縁も楽しみに、皆さんのお役に立てる料理勉強会を開催したいと思いま~す(^-^)

 それともう一点、秋田県と山形県のお客様に朗報です(^-^)
 この「ローストチキン」CMになりました。
 いよいよ来週、 18日から on the air  されますので、皆さん、目を大きく見開いて、テレビの前でお待ち下さいね。
 それじゃまた(^_^)v   (門脇公博)

いよいよ最盛期!(^^)!

12/7の金曜日は、雪が本格化するとされる二十四節気の「大雪」を迎えました。その暦通りに、爆弾低気圧の到来で、県内も金曜日から今日までの三日間で50センチ以上の積雪となっています

この荒れた天気で季節ハタハタ漁の方は、最盛期を迎えようとしています
8日の土曜日には男鹿市の北浦漁港で50トンの季節ハタハタの水揚げがあったそうですし、県南部のにかほ市平沢漁港でも初水揚げがあったそうです

そこでお勧めなのが、〝ハタハタのどうらく焼き〟です。料理勉強会で、〝ハタハタのどうらく焼き〟を試食して頂きますと、

お母さん5 「ただ味どうらくに漬けるだけで…。美味しいね。」


おばあさん③ 「塩焼きよりも美味しいよ。」と、好評です

また、ビニール袋やZiplocに入れて漬けたまま冷凍してもOKです。冷凍して置くと、いつでも食べられます。お正月用としても、どうぞ…


             ロゴマーク-お料理中-
              (詳しい作り方は↑をクリック。)


是非、〝ハタハタのどうらく焼き〟お召し上がり下さい。(倉田則夫)

秋田県の花、木、鳥…

う~さびさび(寒い寒い)。爆弾低気圧とかの影響で昨日あたりから天気は大荒れ
は鳴るわ、降ってた雨は雪に変わって、今もしんしんと降り続けるわで、もうす~っかり冬の佇まいになってしましました。


秋田ではこの時期、鉛色の空に雷鳴が轟き、寒風が吹き荒れると、大荒れになった海ではあの魚の大群が産卵のために岸に寄って来るって言われていますが、どうなんでしょうね?あの魚は来てるんでしょうか?


あの魚
って、もうお分かりですよね?そう、ハタハタのことなんです。ハタハタは漢字で表すとと書いたり、と書いたりします。魚ヘンに神様の神と書いたり、雷と書いてハタハタと読むんですね-。

秋田県の花はふきのとう(ばっけorばっきゃと言います。)、秋田県の木は秋田杉、秋田県の鳥は比内地鶏…のような気がしますが、実は山鳥なんですね、そして秋田県の魚と言えば誰もが口を揃えて答えるぐらい秋田人が愛して止まない
県民魚ハタハタ 今年もそういう時期になっちゃったんですね今頃、浜はハタハタの大群が接岸して賑わいをみせているんじゃないでしょうか?

秋田県以外では食べられることが少ない魚…と思ってたんですけど、秋田から遠く離れた鳥取県でもハタハタを食べる習慣があるそうですねこれにはビックリしました。

なんかこの間は、東京でハタハタのイベント「うまいぞ!ハタハタフェスティバル」が開催されたんだそうです。(秋田魁新報さんの「さきがけon the Web」さんの記事で紹介された記事です。)
記事 

秋田・鳥取両県の代表者がそれぞれハタハタの食べ方などをPRしたんですね。秋田県からは佐竹知事、鳥取県からは平井知事がそれぞれ県民の代表として参加されたそうです。

トークショーでは秋田県の佐竹知事が、「ブリコ(ハタハタの卵)が詰まった季節ハタハタが冬の味覚として家庭に根付いていて、ハタハタなしで秋田の年は越せない」と強調すると、鳥取県の平井知事は、「脂が乗った『トロハタ』を刺身で食べるのが最高」と切り返したんだそうです。

佐竹知事の言う通り、秋田の人達は冬の寒い時期の身の引き締まったハタハタと粘るブリコが大好きなのは間違いありませんが、大量に消費する秋田県民と言えども、ハタハタの刺身ってのは食べた事のない人が多いのでは?…と言うか、ハタハタが刺身で食べられるってことを知らなかった人の方が多いと思うんですけどぉそういう点では鳥取に一本取られちまったなぁって感じですね。

イベントには応援団として秋田県側は由利本荘市出身の加藤夏希さん、鳥取側は山陰海岸学習館のギョギョバイザーを務める、さかなくんも駆け付けたんだそうです。(こちらの画像も「さきがけon the Web」さん)掲載のものです。

ハタハタフェス

刺身も食べてみたいと思いますが、秋田県民が愛して止まないブリコハタハタはやっぱり鍋(しょっつる鍋…かくし味で作るしょっつる風ハタハタ鍋もイケますよ)か、定番のどうらく焼き食べたいですね。脂の乗ったハタハタの旨みを引き立てる味どうらく 

作り方は至ってカンタン、味どうらくに浸したハタハタを焼いて食べるだけです。旬のハタハタを味どうらくで美味しく食べましょう(山本智巳)

ハタハタ3←クリックでレシピへ。

秋田市民市場様の壁面看板広告

秋田市中通に秋田市民市場様があります。
市民市場様の道路を隔てた南側に駐車場があります。
その駐車場の一角に平成10年11月から当社の看板広告を
掲出させて頂いておりました。もう14年も経ったんですね~。

ところが、「地主様が駐車場を止めることになったので、
看板広告を別の場所に移動して頂けないでしょうか。」と、広告代理店様から連絡がありました。
ご紹介してくださった移動先は、なんと市民市場様の壁面でした。
しかも、同じ掲出料金で広告枠が2枠。
更に先方様の都合だということで、看板制作費は無料。
その旨、社長にご報告したところ、了解をもらいました。
ありがとうございます。

先日、「看板が設置出来ました。」と広告代理店様からご連絡がありました。
 
秋田市民市場様平面図 
この平面図の上部、①と②の場所です。クリックすると拡大します。

では、早速、看板広告をご覧になって頂きましょう。

市場 A案2 
ここは平面図の①番、市民市場様の西口でやや中央通り寄りです。
向側には、NTT東日本秋田支店様があります。

市場 A案1 
アップにしてみました。お料理は、かんたんチャーシューとかんたん茶碗蒸しですね。

市場 B案2 
こちらは同じく②番、こちらはやや南通り寄りです。
向側は同様にNTT東日本秋田支店様です。

市場 B案1 
お料理は、舞茸の混ぜご飯とかんたん牛乳シチューです。
どちらも“こうちゃん”にご出演頂いております。こうちゃん、大活躍ですね。
機会がありましたら、どうぞご覧ください。 それでは・・・。 (佐藤直樹)

☆笑顔でお待ちしておりま~す。

今日は、昨日からの雨が雪に変わりました。
嶽山もうっすら雪化粧をしていました。
初冬嶽山① 
初冬嶽山②

先週秋田市でCM撮影がありました。
『幸せ料理研究家こうちゃん』こと相田幸二さんとのCM撮影は、今回で3回目になります。
こうちゃん①
CMライブラリー

初めての撮影の時には、こちらも緊張しておりましたが、回数を重ねる毎に相田さんの方から色々なお話しをしてくれるようになりました。
お嬢さんが、かくし味で作った茶碗蒸しが大好きだそうです。
こうちゃんの美味しいお料理をいただけるご家族は、本当にお幸せですね。
お嬢さんのお話しをされる相田さんは、すっかりメロメロのパパの顔でとってもお幸せそうでした。

二日間の撮影も無事に終え、今編集作業も急ピッチで行われております。
黄色いのぼりの料理勉強会でお店へ伺うと、『こうちゃんのCM 見て作ったよ。 美味しかった』とお客様からお話しがあります。
新しいCMをご覧になったお客様が、『作ってみよう』と思って頂けるよう、そして少しでもお客様のお役にたてると嬉しく思います。

今回 黄色いのぼりの料理勉強会の新CMも撮影しました。
撮影風景111    

撮影風景118 
 
実際に料理勉強会でお店へ伺っている社員と、料理勉強会のお仕事をお願いしているOさんが出演しました。
初めての体験でしたが、ライトを浴びると「いつもお店へ伺っている普段のままで‥」の想いと行動は、なかなか一致しませんでした。  
撮影風景134
笑顔も何かぎごちなく、たった一言でしたが声がそろいません。
デレクターさんの『○○前のブリッ子に戻って‥』のご指導にもなかなか‥。
初めての貴重な体験でしたが、緊張しながらも撮影を終えることが出来ました。
こちらは、来年の放送予定になりますが、CM撮影以上の笑顔でお客様をお迎えしますので、皆さんお気軽にお立ち寄り下さい。
撮影風景138 

料理勉強会ののぼり 料理勉強会ののぼり料理勉強会ののぼりお待ちしておりま~す(齊藤孝子)

たらこの煮付け・・・

らのこの煮付けはいかがですか

 

先日、我が家の食卓に「たらのこの煮付け」が並びました。それが美味しかったので皆様へご紹介いたします

 

たらこの煮付け・・・  

 

【材料】として、生たらこ(助そうたらこ)・生姜、〔調味料〕として、味どうらくの里・料理酒・みりんを準備します。分量はお任せになります。

 

【作り方】は、1.生姜を薄く切ります。2.たらこを一口大に切ります。3.鍋に水を入れ、火にかけます。ふっとうしたら、生姜とたらこ、調味料を入れ落とし蓋(アルミホイルで構いません)をして、弱火でコトコト煮ます。4.煮汁が少なくなってきたら、落とし蓋を取り、煮汁無くなるまで煮つめます。あとはできあがり。冷蔵庫で保管するとしばらく食べる事が出来ます。

 

この季節にお店様の店頭に出てくるが生たらこです。たらこの煮付けはほっくりして、まさにおふくろの味ですね。ぜひお試しして下さいね。あと焦げ付きには十分注意してください。

 

鱈鍋など鍋料理もおいしい季節になりました。心も体もほっかほかで、寒い冬を乗り切りましょう。

 

小姫(さき)ちゃん color 314×321 ではまた(鎌田 龍浩)

 

◇たくさんのお客様が、私たちがご紹介させていただいたお料理を作って下さっておりました!

先日、事務所のTさんと一緒に実施させていただきました黄色いのぼりの“料理勉強会”

 

 料理勉強会ののぼり 料理勉強会ののぼり 料理勉強会ののぼり
 

前日の荒れたお天気とはうってかわって、朝からいいお天気でした。

 

今回、お料理勉強会を実施させていただいたお店さんは、マルシメ七日町店様!前回、実施させていただいたスーパーモールラッキーさんと同じ方が経営されているお店さんです

 

笑顔①今回、鶏の照り焼き甘酒ゼリーたぬきご飯の三品をご紹介させていただきましたが、こちらのお店さんに来られるお客様の多くが、私たちがご紹介させていただいたお料理を作って下さっておりました。ありがとうございます!笑顔③ 

 

おばあさん③(鶏の照り焼き)この間、作りましたよ

 

お母さん①(鶏の照り焼き)コレッ、作りましたよ!お肉も柔らかくて、とってもおいしかった

 

おばあさん②(甘酒ゼリー)作りましたよ

 

おばあさん①(甘酒ゼリー)私、コレッ、作りましたよ 

 

お母さん②(たぬきご飯)これっ、子供の野球の時、他のお母さんが作ってきてくれて、食べたらおいしかったので、私も作ってみました

 

お客様の中には、(鶏の照り焼き)このお肉だったら、お店で出せるかも」とご自分のお店のメニューにと考えられるお客様もおられました。

 

笑顔③皆さん、ありがとうございます。これからも、いろいろなお料理をお試し下さい笑顔①

 

       さきちゃん (泉 光二)

 

 

 


 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1286)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん