スタッフブログ

みなさまは音楽派?それとも・・・

私は通勤時よくカーラジオを聞きます。
ラジオ
先日のこと、NHKラジオから東北各県のコミュニティーFM局のご紹介する番組が放送されてました。

その番組は、週一のコーナーでコミュニティーFM局のパーソナリティの方にお電話して地元の話題をお聞きするものでした。

先日は秋田県内のFM椿台さんの方が番組にでておられました。

その時の話題はといいますと「323日の新作花火コレクション2013」のことでした。

このブログでも先日ご紹介しておりましたが、若手花火師さんが技術を競うもので、冬の花火もすてきですよ(^o^)とPRしておりました。またパーソナリティの方がこの地区では月に1回は花火が上がりますとのお話もありました。

いやぁ~それは私も初耳でした。驚きです。地元に密着した情報や話題を放送しておられるんだなぁ~と思いました。

だからこそ、その地区になくてはならない放送局としての役割を果たされているんだなぁと改めて感じました。

なくてはならないもの、言い換えますとお役に立てるようになることだと思います。

私達製品もコミュニティーFM局さんのように、なくてはならない商品を目指していきたいと思っております。その為にはまずは自分がそんな人にならないといけないことですね。

 

ここでPRです
東北醤油ではABSラジオさんとエフエム秋田さんで番組がございます。

ABSラジオさん「ごくじょうラジオ」毎週火曜日14:15分頃からと、エフエム秋田さん「Evening StREAM」毎週金曜日16:17分頃に放送してます。

番組では料理勉強会の日程やエピソード、簡単レシピなどをご紹介しております。是非お聞き下さいm(_ _)m
ABSラジオ エフエム秋田

よろしくお願いいたします。

 

ご参考まで

現在、秋田県内のコミュニティーFM局はABC秋田コミュニティー放送(76.5MHz)・FMゆーとぴあ(76.3MHz)・FM椿台(79.6MHz)・横手かまくらエフエム(77.4MHz)の4局の放送局さんがあります。秋田に来ましたらカーラジオのダイヤルを合わせみてね。

さきちゃん ではまた(鎌田 龍浩)

スポンサーサイト

◇お気軽にお立ち寄り下さい

先日、実施させていただきました黄色いのぼりの“料理勉強会”でのこと。

 

この日、ご紹介させていただいたお料理は、“鶏の照り焼き”“たぬきご飯”“どうらく玉こんにゃく”の三品をご紹介させていただきました!笑顔③ 

 

私たちの近くを子供さんをお連れしたおばあちゃんが通りかかりましたので、

 

女性⑨お父さん②「今日は、味どうらくの里と甘酒を使った鶏の照り焼きとたぬきご飯、それとどうらく玉こんにゃくを準備しました。ご試食いかがですか!」

 

とお声をかけさせていただきますと、

 

女の子⑪「食べた~い!」

 

女性⑨「どうぞ!」

 

女の子⑪「おいし~い!」

 

お父さん②「どうぞ、ご試食みて下さい。」

 

おばあさん②「いつも近くを通ってるんだけど、ひとりだとどうしても立ち寄れなくて…。」

 

お父さん②「そんなことをおっしゃらずに、どうぞ、おひとりでもお気軽にお立ち寄り下さい。」

 

おばあさん②「おいしいですね。」

 

お父さん②女性⑨「ありがとうございます。」

 

女の子⑪「これも、おいしいよ!」

 

おばあさん②「今日は、孫と一緒でよかった!」

 

女性⑨お父さん②「どうぞ、これからはおひとりの時でもお気軽にお立ち寄り下さい。」

 

私たちが実施させていただいております料理勉強会は、お料理のご紹介はもとより、お客様が、普段、作られている味どうらくの里かくし味を使ったお料理のことを教えていただいたりと、お互いに勉強させていただく場として、実施させていただいております。

 

笑顔①どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。笑顔③ 

 

       料理勉強会ののぼり  さきちゃん (泉 光二)

 

 

 


レックマジックX

 我が家に“レッグマジックX”が来て、早4ヶ月。
 
レック①

 よく通販では買い物をしますけど、今まで、長続きしたものは、これと言ってありませんでした。
 でも、この“レッグマジックX”だけは、未だに続けられているんです。
 朝起きて、犬の散歩、お風呂掃除、ご先祖様に手を合わせて、それから1分のエクササイズ。
 これが私の毎朝の日課なんですけど、1日1分というのがいいんでしょうね?
 冬の運動不足解消にと買わせていただいたんですけど、続けていくウチに、お尻はキュッとしてきたような“気”がしましたし、前にはいてたズボンもお腹のあたりが、ちょっとブカブカになったような“気”がしてきました。
 最近は、“レックマジックサークル”と言うのが流行ってるようなんですけど、私はとりあえず、この“レックマジックX”でメタボ解消~!と、毎日続けています。
レック② 

 今では、手を離しても出来るんですよ。
 
レック③

 我が家の迷犬“やまと”も、ちょっと応援してくれてます。

レック⑤  

 先日、会社の健康診断がありました。
 どれだけメタボ解消になってるかと、喜び勇んで受けてみました。
 ところが…(-_-;)
 前年と全く変わりなかったんです。
 「え~!」と疑いの声を上げたところ、保健婦さんが「え~!と言われましてもね~。もう一度計りましょうか?」と言って下さいましたので、再チャレンジしたのですが「さっきよりも多くなってますよ…。」とのこと。それで「それじゃ、さっきのでいいです。」と最初に計っていただいた数字を記入していただきました。
看護婦さん  「何かやってるんですか?」
お兄さん①  「レッグマジックXやってるんですけど。」
看護婦さん 「ああ…、なるほどね。どれくらいやってるんですか?」
お兄さん① 「ほぼ毎日…。」
看護婦さん 「それはすごいですね。」

 この「すごいですね。」の言葉がイヤミに感じたのは、私の心が卑しかったからでしょうか?
 メタボ解消には、まだまだ時間と努力が必要なようですね。
 (門脇公博)

“冬花火”に瞳うるうる…

3月23日土曜日、ここ地元大曲で『新作花火コレクション 2013』が開催されました。 

全国から若手花火師を選抜しその技術を競うもので、地元では『冬花火』とも呼ばれています。

若手花火師さんの作品とあって、独創的なテーマに基づいた花火が多く、とても楽しむことができました。

打ち上げ前に花火師さんお一人お一人が、今回の花火に対する思いをお話し下さり、その緊張感が伝わってきて、なにやら心が“ほっこり”してとっても感動しました! 


                       92670021.jpg

また、メッセージを添えた花火も打ち上げられました。

ご家族やお友達からの心のこもったメッセージと花火に、私は感動のあまり思わず涙してしまいました。 

 
                     DH000073.jpg                                



8月に開催される『大曲花火競技大会』は、毎年欠かすことなく見に行くほど“花火大好き人間”の私ですが、『冬花火』 は初めてでした。

今年は残雪も多く、実のところとっても寒かったのですが、一年で最も空気が澄むこの時期、花火本来の色と迫力を感じることができました!

若手の花火師さん、たくさんの感動をありがとうございました

私達も花火師さんに負けないよう、味どうらくの里かくし味でお客様に“おいしさの感動”をお届けできるようがんばります(鈴木 由紀子)


味どうらくの里1.8㍑ かくし味


炊きたてが一番美味しいと思っていたけど…

“料理勉強会”で、〝混ぜご飯〟を試食して頂きますと 、 
  
お母さん7  「ご飯は炊きたてが一番美味しいと思っていたけど、味どうらくやかくし味に色んな具材を混ぜたりするだけで、こんなに美味しくなるんだ。かんたんだから、今日の晩ご飯に作ってみます。」

お母さん3  「たぬきご飯作りました。混ぜご飯は簡単で良いですね。好みの具材を混ぜるだけだもんね。」  
  
お母さん5  「かめばかむほど美味しさが感じられて良いですね。」

OL 「舞茸の混ぜご飯、ウチの定番になりました。」

おばあさん④ 「前に、混ぜご飯を教えてもらってからウチで作ると、孫達がいっぱいご飯を食べてくれるようになりました。」と言うお話もありました

舞茸の混ぜご飯 illust1453_thumb[1]たぬきごはん.


このように〝混ぜご飯〟はたくさんのお客様から大好評なんです。 
これから、行楽や運動会のお弁当やおにぎりに〝混ぜご飯〟はいかがでしょうか。また、残ったご飯でも、ちょっとひと工夫すれば美味しくなります。是非、いろんな食材で〝混ぜご飯〟をお試し下さい。(倉田則夫)

春近し~こうちゃんレシピで“キムチ鍋”♪♪

ここ地元神岡にある、今野七郎商店さんの情報誌“Waffle”に弊社とのコラボ企画「こうちゃんの口福レシピ “キムチ鍋“」が掲載されました。

今野商店さん、いつもありがとうございます(^o^)

※ 下の写真をクリックすると拡大します
 今野商店様 キムチ鍋

 

今回は今野さんのアレンジ鍋で、具材の中に“仙台の油麩”を入れてくださったようです。

“麩”は良質なタンパク質が豊富で、しかもローカロリー

それをお鍋の具材にするとは…、なかなか良いアイデアですね!

 

今朝のテレビでも放映されていましたが、東京上野公園の桜は満開のようですね

ここ秋田の桜の開花はいつになることやら…、まだまだ寒い日が続きそうです。

特に今年の春は寒暖の差が激しいようですから、油断しないで『体調管理』に気をつけて下さいね。

皆さ~ん、季節に関係なくいろいろな具材で『味どうらく鍋』『かくし味鍋』に挑戦してみて下さい!  ( 鈴木 由紀子 )

味どうらくの里1.8㍑      かくし味

暦のうえでは…

昨日は春分の日、春彼岸の中日でお墓参りに出掛けられた方も多かったことでしょう。
ウチのお寺は自宅とはチョット離れた秋田市にあり、お墓もそのお寺さんの境内にありますので一家連れで墓参りに行ってきました。ウチのお墓には私の父と祖父母、それに幼くして他界した兄が眠っています。昨日は冬の雪で汚れた墓石の掃除をしてから、次男の進学の報告と4年間の無事を見守ってくれるようにとお祈りしてきました。

今年の冬は特に雪が多く、だいぶ春めいてきたとは言え、ウチのまわりなんかまだ大量の雪に埋まっている状態ですが、秋田市はこちらとは全然違って、雪は探さないと見えないような状態でしたね。会社の同僚やニュースなんかでは「今年は本当に秋田市内も雪が多くて…」などということを何回か聞いていましたが、それは秋田市内の人の感覚で雪国に暮らす者からみれば、「やっぱり秋田(市内)は雪が無い」と感じます。
それでも、いつもだったら春彼岸の時には全然雪が無いお寺の境内に少しだけ雪が残っている箇所がありましたから、いつもよりは多かったんでしょうね。あれぐらいで大雪だと言うんなら、こっちはどうなるんだ?って感じです

彼岸墓参り

ウチのお墓です。写真だと見にくいんですが、ウチのお墓には雪は残っていなかったんですが、右隣の空いている部分やお寺さんの軒下にはまだ雪が残っていました。お墓に花を飾り、おはぎやお菓子をお供えしてご住職にお経をあげて頂いたあとなんですが、お供え物がありませんよね?もう二十年も前からなんですが、お墓参りに行ってお供えした物は持ち帰って下さいというようにお寺さんからお話しがあり、お参りが済んだらお供え物は持ち帰るようにしているんです。前はそのままにして帰ってきてたんですけど、放置されるとカラスが来て喰い散らかされて境内中、というかお寺の周りにも被害が及ぶので…というご住職のお話を聞いて、それからは持ち帰るようにしています。カラスは昔も今も変わらないでしょうから、世の中の変化を感じさせられます。俗に「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるし、春分の日ですから暦のうえでは、もうとっくに春らしくなっていて良いと思うんですが、私達の周りを見ると春はまだまだ先のようです。

ところで、当社商品・万能あまざけ秋田姫美人は、春になるとだんだん姿が見えなくなってしまいますが、皆さんもう冷凍保存はお済みですか?秋田姫美人は11月からの季節限定販売なので、2月にはもう製造は終了していますが、お店の店頭にはまだ商品が置かれているのではないか?と思います。賞味期限内であれば冷凍保存も可能ですので、「夏場にも使いたい!」というお客様には冷凍保存をお勧めしています。例年3月中は各お店に置いて頂いているようですので、まだ冷凍保存がお済みでないというお客様はお店に足をお運び下さい。

冷凍保存 

↑冷凍保存をご紹介する当社手作りのポップも置いて下さっているお店さんもありますので、「ウッカリしてた!」という方は、お急ぎ下さいネ。(山本智巳)

銀山温泉

以前、社長から、山形県東根市や銀山温泉の周辺で良い場所があったら、
電柱広告を出したいという話を頂いてました。
 
ようやく雪溶けも進みましたし、先週の12日(火)は天気が良いという予報でしたので、
現地へ調査に行って来ました。

社長お待たせしまして、申し訳ありませんでした。

CIMG4032.jpg 
秋田自動車道から横手湯沢道路を経て、雄勝こまちインターチェンジ。
この日は天気予報の通り快晴でした  晴れていると気分も良いですね

CIMG4035.jpg 
途中、郷野目ストア泉田店様で一休み。 自宅からは2時間弱で到着。
こちらでは、「味どうらくの里」500mlと1.8Lを置いてくださっておりました。
ありがとうございます。

このブログでは、銀山温泉へ行く 道路をご紹介致します。

CIMG4038.jpg 
国道13号線から国道347号線へ入りました。

CIMG4043.jpg
この国道347号線を進み、県道29号線を目指します。

CIMG4047.jpg 
県道29号線に入りました。銀山温泉の案内板がありますね。
ここから進んで、今度は県道188号線を目指します。

CIMG4062.jpg 
ここが県道188号線です。ご覧の通り道路そのものに雪はありませんが、
路肩には雪の壁が・・・ この辺りは山形県でも屈指の豪雪地帯なんだそうです

CIMG4050.jpg 
銀山温泉に到着 銀山温泉には初めて来ました。
秋田では毎週土曜日午前に放送されるテレビ番組「いい旅夢気分」で
先日は、梅沢富美男ご夫妻が銀山温泉にいらっしゃったそうですね。

CIMG4052.jpg 
車を駐車して散策しようと思い、何かを配達している方に伺ったらこの辺りに駐車場はない
そうですので、残念ですが断腸の思いで散策を断念しました
でも折角来たので、運転席から撮影したのが上の2枚の写真です。

CIMG4054.jpg 
ここは県道188号線です。間もなく県道29号線に入る交差点です。

CIMG4056.jpg 
県道29号線に入りました。

CIMG4059.jpg 
ここも県道29号線です。この辺りの電柱は道路のすぐ脇でしかも連続しているので、
良い感じじゃないでしょうか

CIMG4065.jpg 
その後、来た道を戻って自宅に到着。
この日の走行距離は、431.7km。燃費は20km台でした。

電柱広告を設置することになりましたら、またこのブログで報告しますね
今日はここまで。それでは・・・。 (佐藤直樹)



☆嶽六所神社梵天奉納

3月17日 日曜日好天に恵まれ嶽六所神社梵天(ぼんでん)奉納祭がありました。
私は神宮寺の出身ではないのですが、昔は社日に執り行っていた行事も、殆どの方が勤めに出ていることから、毎年3月の第三日曜日に行われるようになりました。

今年は、神宮寺の各町内から9本の梵天が奉納されたそうです。
梵天① 
梵天⑥ 
梵天④   
 
朝早くから各町内を、五穀豊穣・家内安全・商売繁盛等を祈願して法螺(ホラ貝)を吹き、祝い唄を唄ってまわります。

当社にも各町内の梵天が寄ってくれました。
梵天⑧

嶽山の山頂にある嶽六所神社まで梵天奉納へ向かいますので、少しでも力がつきますようにと、毎年どうらくおにぎり・どうらく玉こんにゃく等を準備しております。
どうらくおにぎり
どうらくこんにゃく 辛子漬け

今年は、いつになったら春が来るのだろうと思っていましたが、晴れやかな梵天が、春を呼んでくれました。

嶽六所神社奉納梵天は毎年3月の第三日曜日に行われますので、見物においでください。 (齊藤孝子)

今月10日間の急上昇レシピ!!..

今月10日間の急上昇レシピ!!..

 
 

今月になって急上昇しているレシピが『桜ごはん』です 
 

『桜ごはんは(2012.04.012013.03.10)年間アクセス数が331回で、年間ランキングは45位です。今月の10日間のアクセス数が86回でこの期間だけで見ますと、ナント3位とチョー驚きです

 

ちなみに3月10日まで10日間のレシピアクセスベスト5は以下の通りです。

1位.120アクセス・たっぷりねぎのネギチャーシュー

2位. 94アクセス・レンジでチンッ!かんたん豚バラチャーシュー

3位.  82アクセス・桜ご飯

4位.  82アクセス.山菜の炊き込みご飯

5位.  73アクセス.豚の角煮

 

《桜ご飯》

材料 


  お米・・・・・・・・・3合

新筍(たけのこ)・・小1本

桜の花の塩漬け・・・10枚

かくし味・・・・・大さじ6

食紅・・・・・・・・・少々


写真:桜ご飯

作り方 

1.桜の花の塩漬けは軽く水洗いして塩分を取り除きましょう。

2.新筍は粗みじん切りにします。

3.米を洗い、かくし味を入れて水を目盛りに合わせたら、きざんだタケノコ・桜の花・食紅少々を加え、30分ほど浸してから炊き込みます。

4.これで炊きあがりです。炊飯器のふたを開けると桜の香りが広がりますよ。

5.器に盛りつけてお召し上がり下さい。桜の香りと新筍の食感が春爛漫の気分を誘いますよ。

このレシピは、横浜市のS.K様が「投稿!ご自慢レシピ!」コーナーに投稿下さいました。華やかな桜色のご飯で、口にすると桜の香りが広がり、新筍の食感と相まって、春爛漫の気分を誘います。

この季節にピッタリのメニューです。どうぞお試し下さい。

さきちゃん では、また!(^^)!(鎌田 龍浩)



美味しい浅漬けの秘密は…。

以前、“料理勉強会”あるお母さんから、

お母さん3 「この前もらったレシピね、県外にいる娘に味どうらくやかくし味と一緒に送ってあげたら、すぐに電話がかかってきて『“浅漬け”作ったよ。お母さんがいつも作ってくれた味と同じだったよ。かんたんで美味しいから、しょっちゅう作っているよ。』って言ってました。我が家では、ず~と、かくし味で漬け物を漬けていたから、やっぱり慣れた味じゃないとダメなようね。」と言うお話でした

“料理勉強会”“30分浅漬け”をご紹介したしますと、
「シャキ・シャキして美味しい。」と、たくさんのお客様よりお話をいただきます“30分浅漬け”の美味しさのポイントは、この『シャキ・シャキ感』なんです。絶対にもまないで下さい。もんでしまうと、折角の『シャキ・シャキ感』がなくなってしまいます

今まで野菜の値段が高く、浅漬けやサラダを作る回数を減らしたらしていた方も多いと思います。これからは徐々に値段は落ち着いてくると思います。旬の野菜で、手軽でカンタンで美味しい
“30分浅漬け”をどうぞ・・・
ロゴマーク-お料理中-
             (詳しい作り方は、ここをクリックして下さい。)

「料理はあまり・・・」と言う男性の方にもお勧めです。是非お試し下さい。(倉田則夫)

◇がれきフォトチャンネルが公開されました!

環境省の広域処理情報サイトにこの3月5日から、がれきフォトチャンネルが公開されました。

 

 がれきフォトチャンネルの入口

クリックこちらをクリックしていただければ、環境省のがれきフォトチャンネルにアクセスできます。

 

がれきフォトチャンネルは、岩手県・宮城県の災害廃棄物処理の進捗や成果を写真で紹介してくれるサイトです。

 

サイト内を見ますと、まだ一部ですが、ビフォー/アフターのページがあり、処理前と処理後の写真も見ることができます。

 

現在は、
 
①岩手県久慈地区野田村
②岩手県宮古地区山田町
③岩手県釜石地区大槌町
④宮城県気仙沼ブロック南三陸町
⑤宮城県石巻ブロック石巻市
⑥宮城県宮城東部ブロック
⑦宮城県亘理名取ブロック名取市

の7地区の写真が掲載されており、今後も随時、追加掲載してくれるようです。

 

今まで、数字だけでご紹介させていただいた“がれき処理”の現状。今後は、処理の成果を写真で確認できるようになります。

 

平成25年1月末現在、岩手・宮城・福島3県の災害廃棄物,628万㌧のうち、754万㌧(約46㌫)の処理が完了していますので、残り、874万㌧。

 

復興の妨げになっている大量のがれき。

 

すべての処理を終える計画の平成26年3月末まで、残すところ1年。

 

一日も早く処理が終えるよう、願っております。 (泉 光二)

社長も載ってます(^o^)

 お正月に、我が社の社員全員が載っている広告を出しました。
 それをご覧なられたお客様たちが、料理勉強会によって下さって、こんな声を掛けて下さいました。

お母さん  「正月の広告見ましたよ。すっごくいいですね。」
お母さん⑤  「社員の皆さんの表情がとても良くて、ますますファンになりました。」
お嬢さん③  「ラジオでも放送してたんですね。初めて知りました。」
おばあさん②  「皆さんの笑顔を新年から見られて、元気になりました。」
お父さん①  「社員のみんなの顔が見られて、信頼感が持てましたね。」
お母さん④  「家庭的な雰囲気で、とても良かったですよ。」

 こんな感じで、皆さんとても喜んで見て下さったようでした。
 そして、こんなお客様もいらっしゃいました。
おばあさん⑥  「スーパーで、熱心に料理の紹介をしている会社なので、社長さんってどんな方なんだろうと思ってました。社長さんの笑顔、素晴らしかったですね。とても感動しました。」

 社長を初めてご覧なり、感動して下さったお客様もいらっしゃいました。
 お客様に喜んでいただける広告になって、とても嬉しかったです。
 皆さんが喜んで下さった、社長と奥さんも一緒に載っている写真を、もう一度ご紹介して、今日の私のブログを終わりたいと思います。
 それでは…。(門脇公博) 
 ちなみに、最前列、真ん中にいらっしゃるのが、当社の社長と奥さんです。
社員集合写真
   

3月11日

あれから二年。2011年3月11日金曜日の午後2時46分。その日私は会社を休ませて頂いて、息子の入学説明会のため秋田市に行ってました。諸手続を済ませ、家に帰ったところ、携帯電話から聞いたことのないような着信音(緊急地震速報)が流れ、「なんだ?故障か??」と思ったその数十秒後、突然家全体が大きく揺れはじめ、次第に大きな揺れとなって外に出ることすら出来ず、ただただ揺れが収まるのを待つばかりでした。揺れが収まるまでは1~2分ぐらいだったと思いますが、その時間がとても長く、そして恐ろしく感じられ、経験したことのない大きな揺れに「これはただ事じゃない!」と思わせられた記憶があります。

揺れが収まるのを待って会社に来てみたら、幸い大きな被害はなかったものの、停電で工場の機械はもちろんのこと、電話やパソコン、それに暖房も全て止まってしまい、一時間ほど経過しても回復の兆しが見られなかったので、その日はそのまま業務を終わることにして、社員の皆さんに帰ってもらったんですが、それから電気が復旧するまで約30時間ほど。

あんなに長い時間の停電も初めての経験だったんですが、停電中唯一の情報源だった車のテレビに映し出される映像には声を失ってしまうような衝撃を感じました。南三陸地区を襲った大津波の映像です。

最大震度7、マグニチュード9.0という観測史上最大の地震が引き起こした巨大津波が、三陸沿岸部の街を襲い、そこにある建物を丸ごと飲み込むその様は、まさに地獄絵図そのもののようで、それが現実に起こっていることと認識するまでしばらく時間を要したように記憶しています。

あの日から二年。テレビ各局も週末から特集を組み、東日本大震災から二年が経過した被災地の様子を色々な角度から検証していましたね。

今朝、当社の朝礼でも全員で黙祷を捧げさせて頂きました。震災で犠牲になった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げるばかりです。

震災から1年半経過した昨年9月に被災三県巡礼研修旅行にて被災地を訪れましたが、震災発生当初に街を埋め尽くしていた瓦礫は撤去されていたものの、沿岸部は更地が広がり復興には程遠いという印象を受けて帰ってきました。今回テレビに映し出される被災地の様子もその時と大差は無く、復興に向かうスピードの遅さを感じてしまいます。

被災地を巡った中で、岩手県の沿岸南部から宮城県の気仙沼にかけての沿岸地区は、特に被害が大きかったという印象を受けました。

復興のシンボルとされる「奇跡の一本松」。私たちが訪れた時には震災当時のままの状態でしたが、傷みが激しくそのままでの保存は不可能なことから、その後一度伐採され、今またモニュメントとして復元作業が続いています。

2奇跡の一本松(海側) 

7万本もあった高田松原でたった一本残った松。その佇まいに励まされる被災地の人々も多いだろうことがその姿から察せられました。

また、震災前に何度も訪れたことのある気仙沼地区では、被害の大きさに愕然とさせられました。

5気仙沼鹿折地区6気仙沼 陸揚げ船 7気仙沼 8気仙沼車窓より 3気仙沼魚市場 4気仙沼埠頭

そこにあったはずの建物を丸ごと飲み込む大津波の威力、そして建物が無くなった後の現状。家を失い、家族を失い、全てを失ってしまった被災地の方々に比べれば、自分は何と恵まれていることか…そう感じずにはいられませんでした。

研修旅行を通じて多くの方々とのご縁も頂きました。我々が出来る復興支援とは何かを考え、日々過ごしていきたいと思います。犠牲になられた方々のためにも一日も早い復興が叶えられることを心よりお祈り申し上げます。(山本智巳)

男鹿市の電柱広告

予定通り先月末、男鹿市・国道101号線沿いに電柱広告を設置して頂きましたので、
確認しに行って来ました。

CIMG3997.jpg 
男鹿大橋の手前で、巨大な“なまはげ”がお出迎え

CIMG3999.jpg 
スーパーセンターアマノ男鹿店様はこの交差点の左側後方です。
この先の右側に目指す電柱広告設置区間があります

CIMG4006.jpg 
ご覧の通り、歩道の雪も殆どなくなっていました。

CIMG4010.jpg 
ここからですと連続している様子がお分かりだと思います
※写真を左クリックしますと拡大します。

CIMG4022.jpg 
一番手前の電柱広告をアップにしてみました。
多くのドライバーさんの目に止まってくれると嬉しいですね。
でも、くれぐれも事故のないように安全運転をお願いします
男鹿に行く機会がありましたら、お帰りの際にでもご覧になってください
それでは・・・。  (佐藤直樹)




☆刈和野婦人会様料理講習会

ここ数日好転に恵まれ、窓の外に見える雪もだいぶ少なくなってきましたが、
いつもの年に比べると、まだ大分残っています。
テレビで梅の花が今見頃と放送されていましたが、秋田ではまだまだ先のことですね。

今週月曜日、西仙北ふれあいセンターさんで、刈和野(愛宕町・昭和町・川原田町)婦人会 の皆さんの料理講習会にお招き頂きました。
旧神岡町の隣の町で、スーパーさんでの料理勉強会に来てくれるお客様もおられました。
刈和野婦人会様②
刈和野婦人会様①  

おばあさん② 「敬老会にででいる 」「70才 とってもお若いですね。」
おばあさん③ 「今は、75才からだ」とまたまたビックリ 
皆さんとてもパワフルでした。

かくし味と秋田姫美人を混ぜて漬けた『鮭の照り焼き』
鮭の照り焼き1024×768 
 
かくし味を使った『牛乳シチュー』
_かんたん牛乳シチュー 
 
簡単混ぜご飯二種 『舞茸の混ぜご飯』『菜の花の混ぜご飯』
①舞茸の混ぜご飯  菜の花の混ぜご飯
キャベツ浅漬け甘酒ゼリー
皆さんとても手際よく、作業が進みました。
前日作った『甘酒ゼリー』も一緒にご試食して貰いました。

試食をしながら、皆さんから色々なお話を聞かせて頂きました。
「味どうらくの里、かくし味は、何にでも使ってる
「漬け物にも良いよね」かくし味で漬けた大根の千枚漬けを持ってきてくれました。  とっても美味しかったです。 

かくし味を使って『簡単おこわ』を教えて貰いました。
もち米を蒸して作るおこわですが、炊飯器で作るそうです。
教えて頂いた甘納豆がなかなか見つかりませんでしたが、作ってみました。
簡単おこわ① 

炊きあがってから、かくし味と甘納豆を入れ蒸らして出来上がりです。
 簡単おこわ② 簡単おこわ③

簡単おこわ 

甘納豆の甘さにより、甘みが違うと思いますが、少し甘めの美味しいおこわでした。
お料理さきちゃん 皆さんもお試し下さい。(齊藤孝子)


旅立ちの季節ですね

3月旅立ちの季節ですね。

 

先日は県内公立高校の一般選抜試験が行われました。受験生のみなさんご苦労様でした。3月は進学・就職そして旅立ちの季節です。夢にむかって諦めず頑張ってください。応援いたします。

 

実家では4年ぶりに八橋人形のおひな様を飾っておりました。

八橋人形は秋田に昔から伝わる土人形で、秋田市の八橋地区で作られていたから言われたそうです。中々風情があると思いませんか?おひな様にはおふくろが手作りのお餅や卵かんてん・そして甘酒(秋田姫美人です)を供えておりました。

八橋人形 おひな様  

 

みなさまのお家ではいかがでしたでしょうか?

 

お話かわって、うちに帰ったら良い匂いが・・・。
ガステーブルを見ましたら「玉こんにゃく」がありました。
良い感じに“味どうらくの里”で煮込んだ「どうらく玉こんにゃく」です。味がしみてとても美味しいお料理です。

どうらく玉こんにゃく・・・ 

詳しい作り方↓↓のボタンよりご覧下さい。

レシピはこちらです


 ①玉こんにゃくは水から茹でてアク抜きをします。 
 ②鍋に味どうらくの里と水を入れて、15分ぐらい煮込みます。
 
③火を止めて、一晩煮込むとさらに味がしみこみ美味しくなります。 

寒い冬ももう少しです。こんにゃくで体調整えてみてはいかがでしょうか?

さきちゃん では、また(鎌田 龍浩)

 






◇平成25年1月末現在、46㌫のがれきが処理されてました!

東日本大震災で発生した大量のがれき。

 

岩手・宮城・福島3県の災害廃棄物,628万㌧のうち、754万㌧(約46㌫)の処理が完了していました。

 

今までの発表では、災害廃棄物の量は、1,802万㌧となっておりましたが、災害廃棄物処理対象量を精査した結果、1,628万㌧まで減少したとのことでした。

 

この災害廃棄物、

 

8月末の時点では、442万㌧(約25㌫)

9月末の時点では、494万㌧(約27㌫)

10月末の時点では、538万㌧(約30㌫)

11月末の時点では、605万㌧(約34㌫)

12月末の時点では、705万㌧(約43㌫)

 

の処理が完了していました。

 

内訳を見てみますと、

 

岩手県では、  365万㌧のうち、142万㌧(39㌫)

宮城県では、1,103万㌧のうち、563万㌧(51㌫)

福島県では、  160万㌧のうち、 49万㌧(31㌫)

 

で、合計754万㌧(約46㌫)の処理が完了したとのことでした。

 

岩手・宮城・福島の3県で一番がれきの量がある宮城県では、計画していた仮設焼却炉29基すべてが完成し、1日当たり最大で4,600㌧の処理ができるようになったそうです。

 

復興の妨げになっている大量のがれき。

 

すべての処理を終える計画の平成26年3月末まで、残すところ1年余りとなりました。

 

平成25年1月末現在、広域処理を実施、または、本格受入を表明された地方自治体は、1都1府14県71カ所に増えてましたので、今後は、ますます処理が進むと思われます。

 

一日も早く処理が終えるよう、願っております。 (泉 光二)

ラジオで紹介して下さいました。

 先日、ビフレ稲川店さんで料理勉強会をさせていただきました。 
  ビフレ稲川店様 

 その当日の朝、店長さんから「今日の料理勉強会のメニューなんでしたっけ?ウチの会社で、毎週水曜日、ラジオで放送してるんですけど、たまたま今日、ウチの店が担当になってるんす。それで、今日の料理勉強会も一緒に紹介しようと思って…。」と言うお電話をいただきました。
 ビフレさんでは、毎週水曜日、午前9時40分頃から、その日のお買い得情報とか、イベント情報なんかを紹介する番組をやられているんですけど、私も何度か聴いたことがありまして、「料理勉強会の日程と合った時に、一緒に紹介してくれたらいいなあ~。」なんて淡い期待をしておりました。
 そこへ店長さんからのお電話!
 とっても嬉しかったです。
MH900238697[1]

 ちょうどお店に着いた頃に、ラジオから店長さんの「今日は、東北醤油さんの料理勉強会があります。“鮭の照り焼き”と“甘酒ゼリー”“牛乳シチュー”を紹介しますので、是非お立ち寄り下さい。」と言う声が流れてきました。
 私も相棒のタエ様も“やる気スイッチ”がON!され、一気に気持ちも盛り上がりました。
 この日は、大雪且つ、猛吹雪で、最悪の天気でしたけど、ラジオのおかげでしょうか?悪天候の中、お客様も楽しみにして寄って下さいました。
 そして、相変わらず、店内放送もジャンジャンやって下さいまして、ホント楽しい料理勉強会になりました
 GUM11_CL15042.jpg

 店長さん、ありがとうございました。
 また機会がありましたらお願いしま~す(^_-)
 ABSラジオ 毎週水曜日 午前9時40分頃からのビフレさんのラジオをどうぞお楽しみに~!
 それと合わせて、私たちの“黄色いのぼりの料理勉強会”“かんたん口福レシピ”も合わせてお楽しみ下さ~い(^_^)v
 (門脇公博)
さきちゃん

花向けに…。

今日から3月ですね。2月は記録的な豪雪で、毎日雪かきに追われました。しかし、3月と聞きますと、春がすぐそこまで来たという感じがします
県内の高校では、今日から卒業式が始まりました。卒業生の皆さん、高校生活はどうでしたか…私の場合は、二十数年前のことになり、一部記憶が飛んでいるところもありますが、勉強よりも部活動に追われ、アッという間だったと記憶しています。それぞれの夢に向かい、新たなステップです。先生や友達との思い出を大切に、これからの人生も楽しみながら一生懸命頑張って下さい

今回は、おめでとうの意味合いも込めまして1月から2月まで頂きました、生花をご紹介いたします
1.21花の写真 1.24 説明 
2.4の花 2.4 (2)    
2.18花の写真2.18説明 
今回も鮮やかな花々でした。特に、黄色の花の鮮やかにひかれました

さて、お店には春を感じるさせる菜の花も出始めておりました。そこで、かくし味で作られる〝菜の花の混ぜご飯〟はいかがでしょうか
菜の花ご飯. お料理さきちゃん

                                (詳しい作り方はクリックして下さい。)

料理勉強会で試食していただくと皆さんから、「彩りもきれいで良いわね。」と喜んで食べて下さいます。是非、皆さんもお試し下さい。(倉田則夫)

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1274)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん