スタッフブログ

ナマハゲ・・・

今週はじめのことです。
男鹿市に行った時に巨大ナマハゲの前を通りました

場所は、国道101号線沿いの男鹿半島に入る手前にある男鹿総合観光案内所のところです。写真を撮ったのが夕方でしたので、逆光になりましたことをご勘弁下さい。 
(※ナマハゲの大きさにビックリでしょ。男鹿に来たことを実感できますよ

ナマハゲの像・・・ 
   

 

さて、来週末(9月7~9日)にかけて、我が地元の仙北市角館町では、国指定重要無形民俗文化財・角館のお祭り(角館祭りのやま行事)があります。それに先駆けて置山(おきやま)の製作がはじまりました。今朝ほどJR角館駅前の置山を見に行きましたところ、まだ骨組みの段階でしたができておりました。
完成すると次のようになります。以前撮ったものになりますがこんなイメージです。

 

2013.08.30.朝 JR角館駅前の置山  JR角館駅前 お祭り置山風景(過去の写真)1   

   

角館のお祭りは、神明社(しんめいしゃ)と薬師堂(やくしどう)の祭典を合わせて言い、400年の伝統があります。曳山は7日神明社参拝、8日佐竹北家上覧、9薬師堂参拝を終えると町内各所で「やまぶっつけ」がはじまります。みどころは、そればかりでなくて、お囃子方が奏でる飾山ばやし(おやまばやし)と、秋田おばこによる手踊りも楽しみですよ。

お祭り期間は町内の小中学生の子供達は、学校がお休みになります。

「お祭り」は子供達にとりまして最大の楽しみですよね。

 

今年もお祭りが盛大に行われることを願っております。

さきちゃん では、また(鎌田 龍浩)

  

 

 

スポンサーサイト

◇平成25年6月末現在、74㌫のがれきが処理されました!

東日本大震災で発生した大量のがれき。

 

岩手・宮城・福島3県の災害廃棄物,596万㌧のうち、1,181㌧(約74㌫)の処理が完了しました。

 

この災害廃棄物、

 

8月末の時点では、  442万㌧(約25㌫)

9月末の時点では、  494万㌧(約27㌫)

10月末の時点では、  538万㌧(約30㌫)

11月末の時点では、  605万㌧(約34㌫)

12月末の時点では、  705万㌧(約43㌫)

1月末の時点では、  754万㌧(約46㌫)

2月末の時点では、  836万㌧(約51㌫)

3月末の時点では、  924万㌧(約58㌫)

4月末の時点では、1,010万㌧(約63㌫)

5月末の時点では、1,089万㌧(約68㌫)

6月末の時点では、1,181万㌧(約74㌫)

 

の処理が完了しました。

 

各県の処理割合は、

                   6月        5月

岩手県では、  378万㌧のうち、237万㌧(63㌫) 217万㌧(57㌫)

宮城県では、1,045万㌧のうち、857万㌧(82㌫) 790万㌧(76㌫)

福島県では、  173万㌧のうち、 86万㌧(50㌫)  80万㌧(47㌫)

 

で、6月末現在、岩手・宮城・福島3県の災害廃棄物,596万㌧のうち、1,181万㌧(約74㌫)の処理が完了したとのことでした。

 

すべての処理を終える計画の平成26年3月末まで、残すところ7ヶ月余りとなりました。

 

岩手県は、6月末現在、63㌫の処理が完了。平成26年3月末までに100㌫の見込み。

宮城県は、6月末現在、82㌫の処理が完了。平成26年3月末までに100㌫の見込み。

福島県は、平成26年3月末までの終了が困難だそうです。

 

平成25年6月21日現在、広域処理を実施、または、本格受入を表明された地方自治体は、1都1府16県84カ所となっております。

 

復興の妨げになっている大量のがれき。

 

一日も早く処理が終えるよう、願っております。 (泉 光二)

よっちゃんご提案 簡単おもてなし『ぷりぷりエビマヨ』

 今日は、よっちゃんが提案してくれた料理のご紹介で~す!
 まだシリーズ化はしてないんですけど、簡単おもてなし料理の第一弾として 『ぷりぷりエビマヨ』 をご紹介しちゃいます。
 この料理のポイントは?
 私個人の意見なんですけど、エビを洗う時に、片栗粉と水で洗うと良く洗えることと、卵白を揉み込むことによって、エビのぷりぷり感がより増すんですって!
 いいこと教えて貰って、また一つお利口さんになりました。
 それと、たれには練乳を使うんですって。
 よりまろやかになったような気がしました。

 さて、秋田は夏も終わり、といってもまだまだ暑いんですけど、朝晩はずいぶんと秋らしくなってきましたね。
 実りの秋を前に、来週からは、あちこちで秋祭りが催されるようですよ。
 お客さんもお見えになることと思いますので、この 『ぷりぷりエビマヨ』 をおもてなし料理としてお出ししてみてはいかがでしょうか?
 下の写真をクリックすると、口福レシピにリンクしますので、よかったらご覧なってみて下さいね。
 (門脇公博)
エビマヨ

大曲の花火2013

週末の24日土曜日、第87回全国花火競技大会(通称)大曲の花火が開催されました。主催者の発表では観客は昨年と同じ約76万人だそうです。

25日付の秋田魁新報さんの一面には大曲の花火で打ち上げられた「大会提供花火」の画像が掲載されました。


秋田魁新報8月25日(日)朝刊←秋田魁新報様8/25朝刊一面掲載の画像です。

日本全国各地で様々な花火大会が開催されますが、大曲の花火は全国から選抜された花火師さん達27人がその技を競う競技会であり、毎年、花火師さん達の研究による新しい花火や高度な打ち上げ技術などが披露されることから、いつの頃からか「日本一の花火大会」と呼ばれるようになりました。ちなみに打ち上げられる花火の玉数は18,000発だそうですから、規模的にも大きな大会なのは間違いありません。

その大曲の花火ですが、会場は大仙市大曲の雄物川に架かる大曲花火大橋と姫神橋の間の河川敷を使用して行われます。橋と橋の間の距離(会場の幅)は約2㎞、その河川敷に桟敷席と言われる観覧席が組まれ、有料の桟敷席を買い求めた方はそこで観覧することになります。

打ち上げ場所は桟敷席から雄物川を挟んだだけの対岸ですから、観客席から遮るものは何も無く、本当に目の前で花火が炸裂する瞬間を味わうことができます。それに、打ち上げ場所の背後の山々がバックスクリーン効果をもたらし、花火の音が程よく反響するなど、花火打ち上げの条件をかなり高いレベルで満たしていることも、「日本一」と評される要因のひとつのようです。

特に盛り上がりを見せるのは、大会の目玉でもある大会提供花火が打ち上げられる時です。打ち上げ幅500m超の花火が打ち上げられる時の、自分の視界全部に花火が展開されるアノ光景は味わったことのある人だけにしか分からない「至極の時間」だと言っても過言ではないでしょう

大会開催の翌日にはYoutubeに前日に撮影された「大曲の花火」の動画も多数アップされているようです。大会には今年も全国から多くのお客様が大曲の花火観覧のためにご来県下さったようですが、「まだ観たことがない!」という方は是非一度お越し頂き、日本一の花火の興奮と感動を味わって下さい。

参考までに大曲の花火の公式サイトをご紹介します。(山本智巳)



大曲の花火オフィシャルサイト ←大曲の花火オフィシャルサイト

豆腐

日本を代表する伝統的な健康食品といえば、豆腐ですね。
豆腐は、タンパク質や脂質など基礎的な栄養素だけではなく、
体を調節して健康を維持・増進させる食品「機能性食品」としても注目されているそうです。
以下は、その主なものです。
○タンパク質リノール酸(血圧・コレステロールを下げ動脈硬化に効果)
○レシチン・βコングリシニン(脂肪代謝、脂肪肝にも効果)
○レシチン・コリン(記憶力を高め、脳の老化・ボケ予防に効果)
○サポニン(活性酸素の抑制等により成人病や老化防止に効果)
○イソフラボン(骨粗鬆症、がん、動脈硬化に効果)
○トリプシンインヒビタ(糖尿病の治療や予防に期待)
○カルシウム(骨や菌に、ストレスにも効果)
○豆腐のビタミン類(美肌等に効果)

私も豆腐が大好きで、毎日頂いております。
御存知の通り、豆腐の原料といえば大豆。
豆腐に用いる原料大豆は年間約50万トン。その内訳は、アメリカ産大豆約66%、
カナダ産約14%、国産は約18%だそうです。アメリカ産が圧倒的に多いんですね。

ところで、木綿豆腐と絹豆腐の違い、お分かりでしょうか?
木綿豆腐は、豆乳に凝固剤を加えて一度固めたものをくずしてから、圧力をかけて
水分をしぼり再度固めたもの。
絹豆腐は、木綿豆腐よりも濃い豆乳に凝固剤を加えて、そのまま固めたものだそうです。

また、豆腐作りで最も大切なものは、水ですね。
豆腐の90%は水だそうですから、「水は豆腐の命」と言っても過言ではありません。
昔から京都の豆腐は美味しいと評判だそうです。つまり京都の水が美味しいということです。
それは、京都の水が軟水だからとのこと。
その軟水が、豆腐作りには最適なんだそうです。
カルシウムとマグネシウムの含有量を数値化したものを硬度というそうですが、軟水とは硬度が100以下の水のこと。
軟水は、ミネラル分が少ないのでくせがなく、日本人好みなんだそうです。

さて、今の時期は冷や奴で頂くことが多いです。薬味は長ネギか万能ネギですね。
もちろん、味どうらくをたっぷりかけて頂きます。

味どうらくの里正面 味どうらくの里正面 味どうらくの里正面

CIMG4605.jpg 

この写真の後に味どうらくをかけた写真も撮影したのですが、
見た目が綺麗でなかったので、掲載は控えました。 悪しからず。 へばな・・・。 (佐藤直樹) 


☆オクラを使って…

お盆が過ぎたら、大分過ごしやすい気候になりました。蝉や鈴虫の鳴き声も秋モードになりました。
我が家のオクラも沢山採れました。
 オクラ①
オクラのぬめりには、整腸作用を促しコレストロールを排出する作用があり、免疫力を強化する働きがあるそうです。
その他にも、オクラはカルシュウム・鉄・ビタミンC等を多く含み栄養価も高いので、積極的に取り入れたい食材ですね。 

調理のポイント
    塩で表面をこすって水洗いをすると産毛が採れて食べやすくなります。
    ぬめりの成分を活かすなら火は、短めに。
保存方法
    乾燥や低温に弱くポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。
    茹でてから保存する方が長持ちします。(刻んだオクラを冷凍保存も可)

大分前にご紹介した長芋とオクラで作る『ふわとろご飯』をご紹介したことがありました。
ふわとろご飯   

 この長芋とオクラを麺と一緒に頂いてもとても美味しいです。  
ふわとろうどん③   

作り方
オクラ‥‥10~12本
長芋 ‥‥300㌘
かくし味‥ 大さじ4

①茹でたオクラと長芋をフードプロセッサーにかけます。 
(オクラを細かく刻んで、長芋はすり下ろして混ぜ合わせます。
 ふわとろうどん① 

②なめらかになったらかくし味を加えて混ぜて出来上がりです。
ふわとろうどん③ 
そのままうどんにかけたり、薄めたかくし味と一緒につけつゆとしても美味しいです。
ふわとろうどん④ 

オクラを刻んで野菜のカクテルをかくし味で

オクラ料理② 

刻んだオクラとトマト・温泉卵をわさびを加えたかくし味で頂きます。オクラ料理① 
色鮮やかなカクテルになります。

夏の疲れた体を、オクラ・長芋・モロヘイヤ等ネバネバ野菜で回復して下さい。 
お料理さきちゃん  (齊藤孝子)

ご存じでしたか・・・

皆様ご存じでしたか  
     
味どうらくの里1.8㍑をお使いなられたあと、レッテルをはぎたくなりますよねぇ。

その仕方はレッテルの合わせ目を除く、レッテルの真ん中へんのところに切れ込みをいれ、裂きますと簡単に取れますよ。

次の写真をご覧下さい。

 
はぐところ1 はぐところ2 はぐところ3 はぐところ4
こんな感じです、いかがでしょうか?

ぜひお試し下さい。(このあとボトルをすすいで、中蓋を取り捨てました)

 

さて、先日の休みに角館町の武家屋敷通りにいってきました。

その時の風景写真です。

 武家屋敷風景..2013.08.18 武家屋敷風景・・・2013.08.18.2

お盆も過ぎたせいか、観光客の方はまばらでした。

次に混み合うのは、角館のお祭りそして秋の紅葉シーズンになりますでしょうか?楽しみです。

さきちゃん では、また(鎌田 龍浩)





  

◇“サンドクラフト2013 in みたね”に集金のついでに寄ってみました!

以前、ご紹介させていただきました “サンドクラフト2013 in みたね”

 

三種町(みたねちょう)には、毎月、集金で寄らせていただいております。

 

先月の集金のついでにその“サンドクラフト2013 in みたね”が開催されております釜谷浜(かまやはま)海水浴場に寄ってみました。

 

今年で、17回目となります三種町のサンドクラフト

 

会場には、秋田県出身の彫刻家、保坂俊彦氏の作品である高さ4.3㍍のメイン砂像のほか特別砂像、中型砂像や小型砂像などたくさんの作品が展示されておりました。

 

砂像とは、サンドクラフト・サンドアートともいわれる砂と水のみで制作された彫刻で、芯材などは入っていないそうです。彫刻後、表面の乾燥により砂が流れ落ちるのを防ぐため、牛乳等の天然成分を使用した定着剤を吹きかけるそうです。

 

今回、その作品を写真に納めてきましたので、ご覧いただきたいと思います。

 

メイン砂像と砂のタイトル メイン砂像と砂のタイトル

メイン砂像(不動明王) メイン砂像“不動明王”

メイン砂像とタイトル

特別砂像(サマー・タイム) 特別砂像“Summer Time(サマー・タイム)

特別砂像とタイトル

特別砂像(北極南極物語) 特別砂像“北極南極物語”

 

こちらは、高校生が制作した“砂像甲子園”の作品です。

 

砂像甲子園の様子

砂像甲子園(優勝) 優勝“私と夏休み~自然あふれる海の中で~”

砂像甲子園(準優勝) 準優勝“ユートピア~私たちの街~”

砂像甲子園(第三位) 第三位“Birthday Party~松太と陽子と僕らの熱い夏~”

 

こちらは、“中型・小型砂像”の作品です。

 

中型砂像コンテストの様子

中型砂像コンテスト(最優秀賞) 最優秀賞“スーパーこまちに夢を乗せて”

中型砂像コンテスト(最優秀賞)とタイトル

中型砂像コンテスト(優秀賞) 優秀賞“砂と共に海へ”

中型砂像コンテスト(優秀賞)とタイトル

 

サンドクラフト2013 in みたね 

クリック 詳しい情報は、こちらをクリックしていただければ、ご覧いただけます。

 

約1ヶ月間にわたり開催されてきました“サンドクラフト2013 in みたね”は、9月1日迄です。

 

     さきちゃん (泉 光二)

涼むには最高の場所発見!

 長いお盆休みも終え、今日からいよいよ後半戦のスタートです。
 6日間も休みをいただきましたので、本来であれば、○○へ旅行に行ってきましたとか、ちょっと気の利いた報告をしたいんですけど、今年はあいにく何処行く当てもなく、自宅で大好きな高校野球を見ながら、ごろごろしてました。
 ホント、今年も暑くて暑くて、毎日30℃超えでしたもんね~(-_-;)
 我が家で一番の元気者・やまとくんでさえも、こんな感じで、首に保冷剤の入ったバンダナを巻いて、だらだらしてました。
 やまと
 ただ一日だけ、横手市に行ったんですけど、そこで、涼むにはとっておきの場所を見つけましたので、皆さんに教えちゃいますね。
 昼食は、娘から『キッチン ドゥー』というところに連れていって貰って、娘推薦のオムライスを食べました。
 会計はもちろん私持ちですけどね。
 キッチンドゥー ドゥー
 このオムナイス、結構いけるんですよ。写真はこんなんですけど、たまごの上を切ると、よくテレビで見るような、あんな感じでたまごがとろ~と両脇に流れるんですよ。
 皆さんも、機会があったら一度食べてみて下さいね。
 オムライス
 この『キッチン ドゥー』さんと道路を挟んで向かい側が市役所になっているんですけど、その隣に『かまくら館』がありました。
かまくら館
 『かまくら館』って、一度も行ったことなかったんです。だいたい察しは付いてたんですけど、せっかくだからちょっと寄ってみようと中に入ってみました。
 売店の中を通って、入場料、お一人様100円お支払いして、中に入っていきました。
 入り口には、昔懐かしい“ふみだわら”“たらしべ”などが展示というか売ってるんですね。
 ふみだわら サンベ
 昔は、この“ふみだわら”を履いて「道つけ」をしたんだよ。と説明しても娘はイメージが湧かないみたいで「ふぅ~ん」のみ。
 中に入っていくと、色とりどりの“どんぶく”がありました。
どんぶく
 なんでここに“どんぶく”があるの?と不思議に思ったんですけど、自動ドアのスイッチを押すと、なんとそこは冷凍庫になっているではありませんか!しかも中には本物の“かまくら”が二つ。
かまくら① かまくら②
 中は氷点下10℃なんだそうです。“どんぶく”を着ないととても中には入っていけない状況でした。
 でも、ひんやりとしていて気持ちよかった~!「さび~!」くても、とっても気持ちよかったですよ。
かまくら③
 私たちが帰る頃、他のお客さんも入ってきて「ひゃ~!」と気持ちよさそうでした。
 ハートのかまくらもあって、ここで家内と写真を撮ったんですけど、それはお見せしませ~ん!
ハートのかまくら
 昔懐かしい“箱ぞり”も展示してました。
箱ぞり

 何もなかったお盆休みでしたけど、涼むには最高の場所を見つけました。
 皆さんもよかったら、この暑い夏 『かまくら館』で涼んでみてはいかがですか?

 余談ですが…
 今年も我が家でナスが採れました。
 こんなナスも採れたんですよ。   (門脇公博)
 なす

お盆休業

今日も湿度が高くジメジメした天候で、まだ梅雨のような感じがします。一度汗をかくともう止まらない状態ですので、どうか水分はこまめに取り、くれぐれも熱中症や夏バテにはご注意して下さい

お盆休業 お盆休業お盆休業

さて、当社では、明日13日(火)から18日(日)まで、6日間のお盆休業をとらせていただきます

                     ●お盆休業●

               8月13日(火)~8月18日(日) 

会社がお休みの間、お客様には、大変ご迷惑をおかけすることになりますが、何卒、ご了承いただけますよう、お願い申し上げます。どうか、皆さんも楽しい夏休みをお過ごし下さい。(倉田則夫)


大槌でも大人気

 先程、気象庁より、「秋田県にこれまでに経験したことのないような大雨が降っている所がある」として、「最大の警戒」を呼びかけてる発表があったようです。
雨雲の動き ←YAHOOの天気ガイドからお借りしました

ここ大仙市も朝方7時前ぐらいから雨が降り出し、時折強く降ったりしていますが、どうやら「これまでに経験したことのない…」には当てはまりそうに無いようです。雨雲の状態を見たら、県北地区の大館・鹿角・北秋田地区は厚い雨雲に覆われていて、相当強い雨が降っている模様。その地区にお住まいの方々は厳重に警戒して下さい。

さて、前回に引き続き大槌保育園さんでの夕涼み会についてです。私たちが伺った7月27日(土)はあいにくの悪天候のため準備して行った「大曲の花火」は残念ながら打ち上げることができず、園舎の一画をお借りしてボランティアの人達が準備して行った「秋田名物ババヘラアイス」と、
ババヘラ①ババヘラ⑦ババヘラ⑤←画像は以前に撮影した本物のババヘラさん

当社で持参した「ねばとろうどんひんやり麺」を園児さんと保護者さんに食べてもらいましたが、お陰様でアイス・麺共に大好評!皆さん「おいしい、おいしい」と食べて下さいました。
 ねばとろうどん ひんやり麺

特に評判が良かったのが「ねばとろうどん」だったんです。

麺はシマダヤさんの流水麺(うどん)を使い、ザッと水でほぐしたうどんに香味野菜たっぷりの具を載せ、かくし味を6倍に薄めただけのつゆをかける。これで出来上がり。これだけでカンタンに食べられるですが、この日、温度はそれ程高くなかったものの、蒸し暑かったのが良かったみたいで、食べてくれた人達(特に保護者さん)から、「おいしかったので、もう一杯もらって良いですか?」とか、「家のお父さんが『スッゴクうまい!』って言ってるんで、おかわり良いですか?」と言う声がとっても多かったんです。

大槌保育園③

これからの暑い時季、香味野菜の爽やかさと納豆昆布の粘りでスタミナ感満点のねばとろうどんはオススメの夏メニューです!うどんに限らず、豆腐(冷や奴)にかけたり、ご飯にかけてもズルズル食べられますから、暑さで食欲が落ちた時もOK!作り方も至ってカンタン。ぜひ試して下さいネ。

では、作り方のお復習いです。

①材料…かくし味、キュウリ、ミョウガ、大葉、納豆昆布

作り方① 

②野菜を細かく刻みボールに入れ、かくし味大、納豆昆布を入れ、よくかき混ぜます。
 
作り方③

③粘りが出てきたら冷蔵庫で冷やしておきます。

作り方④

④うどんを器に盛り、うどん用のつゆ(6倍に薄めたかくし味)をかけます。

作り方⑤


⑤冷蔵庫で冷やしておいた「具(だし)」を載せて出来上がり!

作り方⑥

材料の分量については口福レシピをご覧下さい。
下の画像をクリックするとねばとろうどんのレシピにジャンプします。
ねばとろうどん←clickでレシピへ

ねばとろうどんが評判良かったせいか、当日販売した商品もかくし味味どうらくを大きく上回りました。大槌町の皆さんありがとうございました。
大槌保育園①

この日悪天候により打ち上げられなかった「大曲の花火」は、翌週8月3日(土)にボランティアグループ元気の皆さんが再び現地入りし、無事に打ち上げられたとのお話もお聞きしました。「最高の花火が見せられて、園児さんや住民の人達も大喜びでした」というお話も頂戴しました。良かったですね、ボランティアグループの皆さん本当にお疲れ様でした。(山本智巳)
花火Program←花火のプログラムです。

千秋公園の蓮

一昨日、秋田市では竿燈が4日間の日程を終えて閉幕しました。
今年は、曜日の配列、天気にも恵まれ過去最高の人出だったそうですね。
実行委員会によりますと、4日間の人出は夜本番、妙技会(昼竿燈)、飲食イベントなどを合わせて、
合計141万人に上り、過去最多だった去年を1万7千人上回ったそうです。
観光客の皆様、秋田にお越し頂き、ありがとうございました。
また、来年もいらしてください。

話しは変わりますが、昨日久々に千秋公園に行ってみました。

CIMG4543.jpg 
大手門の堀を向いています。

CIMG4545.jpg 
蓮を観賞されている方もいました。

CIMG4546.jpg 
蓮が咲いていました。今が見頃なんだそうですね。

CIMG4547.jpg 
アップにしました。

CIMG4553.jpg 
可憐で、花は良いですよね。

CIMG4564.jpg 
ところが、反対側の穴門の堀には、蓮がないんです。

CIMG4556.jpg 
でも、鯉が泳いでいました。水の中だと涼しくて良いでしょうね。うらやまし~

CIMG4562.jpg 
見覚えのあるパラソルは、ご存じババヘラアイスですね。

CIMG4571.jpg 
穴門の堀には、貸しボートもありましたよ。 
でもこの暑さのせいか、漕いでいる人はいませんでしたね。
 
CIMG4567.jpg 
広小路では、アーケードの撤去が進んでおります。
これはLED照明の取り付け工事のようですね。

暑い日が続いております。
こまめに水分補給をして、お互いに熱中症にならないようにしましょう。
へばな・・・。 (佐藤直樹)





☆味どうらくの里・かくし味で冷製スープ

今日は、立秋です。
秋田ではようやく梅雨が明けましたが、暦の上では、もう秋ですね。
天気予報を見たら、お日様マークが続いておりました。

暑い日が続くとどうしても冷たくさっぱりした物が欲しくなりますね。
味どうらくの里とかくし味を使った冷製スープをご紹介します。

トマトとモロヘイヤのスープ
トマトとモロヘイヤのスープ


材料
トマト   ‥‥‥    皮をむいて細かく刻む
モロヘイヤ   ‥   茹でて細かくたたく

スープ(2人分)
味どうらくの里 ‥ 大さじ2~3
水    ‥‥‥‥ 300㏄
コショウ  ‥‥‥    少々

①味どうらくの里に水・コショウを加え冷蔵庫で冷やしておく。
トマトとモロヘイヤのスープ①
②器に、トマトとモロヘイヤを入れ、冷やしたどうらくスープを入れて出来上がりです。

トマトとモロヘイヤのスープ② 
トマトとモロヘイヤのスープ③  

かくし味の豆乳スープも美味しいですよ。
豆乳300㏄にかくし味大さじ2を入れてスープの出来上がりです。
かくし味の豆乳スープ①

こちらも冷やしてお召し上がり下さい。

かくし味の豆乳スープ 

味どうらくの里・かくし味を使って冷製スープをどうぞ 音符 (齊藤孝子)


もう少しでお盆ですね・・・

もう少しでお盆になります。

明日は七日日(なのかび)ですね。こちらのあたりではお盆のお墓の掃除をする日になります。
先週のお休みのこと、我が家でもお盆の準備を始めました。

今年は親父が腰が痛くて高いところには登れないということもあり、庭の木の剪定を私がする事になりました。

枝を眺めながらあちこち剪定しておりましたら、その姿がよほど珍しかったのでしょう、近所の方が近づいて来られ「その木はお祓いに使う榊と同じものだから、切り込んでも大丈夫だよ」と教えて下さいました。

それではと思い、適当に丸くカットしましたらそれなりにできました。

それを見ていたお袋から「木がビックリしてしまったかもなぁ。んだども、サッパリしてよかった」と話がありました。

私にはどうし見ても盆栽を巨大にしたものとしか見えないのは言うまでもありません。(^_^)v

 
剪定した木・・・ 

さて、我が家では休みを利用してお盆に向けてのお料理の準備(買い出し)も始まりました。といっても例年と同じで特別変わりはありません。メインのお供えの為、煮物用の干し椎茸と水煮のたけのこなど、日持ちがするものを購入しました。なんとなくお盆が近づいてきた感じがしてます。

もちろん煮物の味付けには『味どうらくの里』がピッタリですよ(^_^)v

お盆には、親戚や兄弟、地元をはなれた子供達などがふるさとに帰省されることと思います。

懐かしいふるさとの味を味どうらく里・かくし味を使って、お料理してみてくださいネ。

PS.実家より青はぐらうりをいただきまして、「浅漬け」や「味どうらく炒め」でいただきました。
・・のこりはお味噌汁の具でいただいております。 
 
青はぐらうり・・・青はぐらうりの浅漬け・・・青はぐらうりのどうらく炒め・・・・・・  

では、また(鎌田 龍浩)

 
 
 
 
   
  

◇東北地方の夏祭りが始まりました!

東日本大震災から、2年と5ヶ月が過ぎました。

 

東北の6大祭りが団結し、復興への狼煙(のろし)を上げた東北六魂祭。東北人の不屈の魂を世界中に示す大きなきっかけとなりました。

 

その東北地方の夏祭りが、始まりました!

 

岩手県の“盛岡さんさ踊り”(8月1日~4日)を皮切りに

青森県の“青森ねぶた祭り”(8月2日~7日)

秋田県の“秋田竿燈まつり”(8月3日~6日)

山形県の“山形花笠まつり”(8月5日~7日)

宮城県の“仙台七夕まつり”(8月6日~8日)

福島県の“福島わらじ祭り”(8月2日~3日)

 

秋田県の梅雨明けと同時に始まった秋田竿燈まつり

 

秋田竿燈まつりのパンフレット 

 

今年は、過去最多となる266本の竿燈が夜空を彩りました。

 

その様子を写真に撮りましたので、少しだけご紹介させていただきます。

 

秋田竿燈まつり 20130001 入場のため、移動中です。

秋田竿燈まつり 20130002 入場を待っています。

秋田竿燈まつり 20130003 まだ、待っています。

秋田竿燈まつり 20130004 いよいよ入場です。

秋田竿燈まつり 20130005 最後尾の竿燈の入場です。

秋田竿燈まつり 20130006 いよいよ演技が開始されました。

秋田竿燈まつり 20130007 みごとな演技です。

秋田竿燈まつり 20130008 倒れてしまいました。

秋田竿燈まつり 20130009 一回目の演技が終わり、場所を移動中です。

 

お祭りで元気をもらい、一日も早く復興できますよう、お祈りいたします。

 

さきちゃん (泉 光二)

味どうらくで和菓子?

今日は特別に、私の提案料理をご紹介したいと思います。
題して  『 豆乳白玉みたらしだんご 』  で~す。

できあがり~! 

◎まずご用意いただくもの
 ☆白玉の材料
   白玉粉…120㌘
   豆乳…100㏄
 ☆みたらしダレの材料
     味どうらく…大さじ3
     砂糖…大さじ3
     みりん…大さじ1
     片栗粉…大さじ1
     水…100㏄
材料 

◎作り方
①.白玉粉に、豆乳を少しずつ入れこねます。
作り方1 

②.これくらいでいいでしょう。
作り方3 

③.こねた白玉粉を棒状にして、適当な量を取って、手のひらでくるくるして白玉を作ります。 このくらいの大きさでいいでしょう。今日は、18玉出来ました。 大きさがバラバラだったり、形がいびつだったりしてますけど、その辺は素人と言うことでご勘弁下さい。
作り方4  

 
作り方5 

④.鍋に水を入れ沸騰させたら、その白玉を入れます。
作り方6 

⑤.白玉が浮いてきたら、引き続き1分~2分茹でて、冷水に取っておきます。
作り方7  
作り方8 

⑥.次に、みたらしダレを作ります。
   水・砂糖・みりん・片栗粉・味どうらくを入れたら、弱火でよくかき混ぜてとろみが付いたらみたらしダレのできあがり。
作り方9 
作り方10 

⑦.白玉を串に刺して、みたらしダレをたっぷり絡めて召し上がれ~!
作り方11

 これも、れっきとした和菓子ですよね?
 味どうらくでも和菓子が出来るんですね。
 『万能つゆ』の実力発揮というところですかね?
 是非、お試し下さい。

 実を言うと…。
 これ、パクリ料理なんです。
 先週のさきがけ新聞に載ってたのを、ちょっとアレンジして作ってみました。
 参考にさせていただきました (^_^;)
 (門脇公博) 
 この日のやまとくんおやつもおだんごでした。
 このおやつ 「犬選り(いぬより)だんご」 という名前のおやつなんですよ。
 名前もいろいろと考えるもんですね。
 お利口さんに、ちゃんと 「まて!」 をしてました(^-^)
やまと

夏祭り!(^^)!

今日から8月です。なんかアッという間に時間が過ぎてしまった感じがしています。これから東北は各地で夏祭りが真っ盛りです。秋田では東北三大祭りに数えられている、竿燈が8月3日(土)~6日(火)までの4日の日程で、竿燈大通りを主会場に行われます

    H23.8.4竿灯祭り      H23.8.4竿灯祭り

  (この掲載の写真は、以前秋田魁新報さんに掲載されたものをお借りしました。です。)

私は、数年前に家族と一緒に一度だけ見物に行ったときがあります。会場に到着して、まず大きな竿燈と、五臓六腑に響き渡る太鼓の音に驚かされました。そして、何十機もの竿燈が一挙に上がりと幻想的な光景になり、自然に飲み込まれてしまうような感じを受けました
大若(一番大きい竿燈)は、50㎏もあると言うことでした。差し手の方の妙技にも魅了されました。今年は秋田新幹線〝スーパーこまち〟効果で、たくさんの観光客の人達がきてくれるのでは…と期待もされているようです


また、私の地元(大仙市中仙地区)では、毎年16日(火)に大仙市中仙総合庁舎前のドンパン広場を会場に、“第29回ドンパン祭り”が開催されます


第29回ドンパン祭り第29回ドンパン祭り第29回ドンパン祭り
     
       (この写真は、大仙市中仙観光協会さんから頂いたパスターです。)


当日の午後から中仙地区の保育園・幼稚園・小学校・中学校の子供達による伝統芸能等が披露されます。そして、お祭りの最後には花火ショーもあります

今年の花火のテーマは、

          「今宵JAZZの音色で ~ジャズのサウンドと彩りの夜~ 」

ということで1,500発が打ち上げられます。どうぞ、近くにお越しの際は、お立ち寄り下さい。(倉田則夫)

 


 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1286)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん