スタッフブログ

男鹿 なまはげ伝説〔九百九十九の石段〕

男鹿半島めぐり 022 男鹿半島めぐり 019
 むかし、むかし、漢という国(今の中国)に武帝という人がいた。その武帝があるとき、白い鹿のひく飛車に乗り、五ひきのこうもりをひきつれて男鹿にやってきた。そのときの五ひきのこうもりは、五ひきの鬼に変わってしまった。

 武帝は、この五ひきの鬼たちを家来として使っていた。

 ある日のこと、五ひきの鬼があつまって、

「どうか、一日だけでもいいから、わたしたちに休みをあたえてくれ。」

と武帝にたのんだ。武帝は、ふだんよく働く鬼たちのことだから、

「それならば、正月十五日は、たった一日だけ休みをあたえよう。」

とゆるされた。さあ、喜んだのは、五ひきの鬼たちだ。初めて人間の社会へでれるうれしさでいっぱいだった。

 そこで、鬼たちは、村の畑作物や家ちく、しまいには美しい娘たちまで、さらって行ってしまったではないか。さあ、ふんがいした村の人たちは、鬼を退治しようと決心して、ある夜、武器を手に手にもって、鬼退治にいった。

 ところが、力のある鬼たちのために、さんざんな目に会わされてしまった。そして、鬼たちはますます力をふるい、らんぼうをするというあばれかたであった。

 ついに、たまりかねた村の人たちは、みんな集まって相談した結果、武帝にお願いをすることにした。

「毎年、ひとりずつ娘をさしあげる。そのかわり、五ひきの鬼どもは、五社堂(ごしゃどう)まで一夜のうちに、しかも、一番どりのなく前に、千段の石段をきずくようにしてくれ。まん一、これができなかったときは、ふたたび村へおりてこないでほしい。」

 村の人たちの考えでは、いかに怪力があっても、一夜のうちに千段の石段をつくることはできないだろうと思っていたのだった。

 いっぽう、鬼たちは、さっそく、日のくれるのを待って石段づくりにとりかかった。鬼たちは大きな岩石をかかえ、あれよ、あれよという間に、石段をつみあげていった。これでは、一番どりがなく前にできあがりそうなので、あわてた村人は、ものまねのうまいアマノジャクにたのんだ。

 鬼たちが九百九十九段までつみ上げ、あと一段というところで、アマノジャクにとりのなき声の、

「コケコッコウ。」

をやってもらった。

 鬼たちは、はね上がっておどろいた。やがて、おどろきがいかりにかわり、ぶるぶる身をふるわせ、かみをふり立て、雷のようなおそろしい声で、そばにはえていた千年杉の大樹をむんずとつかんだ。この木の根を上にして、まっさかさまに投げつけ、大地にぐさりとつきさし、鬼たちは、さっさと山へ帰ってしまった。

 それからというものは、ふたたび村におりてくるということはなかった。そのさかさ杉は根を空にむけてはえていたが、今は立ちがれてしまい、横になったまま保存されている。

 門前(もんぜん)にある赤神神社(あかがみじんじゃ)から五社堂までの石段は、今も続いている。五社堂には、今なお、この五ひきの鬼たちをまつり、むかしを物語っている。これが、今日のナマハゲのおこりともいわれている。 「秋田のむかし話」より

スポンサーサイト

作ってみました!!わらび餅??(*^_^*)

こんにちは。そらママです 味どうらくで作ってみました!!『わらび餅』!!

片栗粉には・・・整腸作用があるとか・ないとか・・・。以前噂を聞いたことがありまして・・・。暑さも増している今。考案してみました 『わらび餅!!』

わらび餅2 わらび餅に見えますか??

色がついているのが・・・味どうらくで作ったわらび餅透明なのが・・・プレーンのわらび餅です 

作り方は簡単です

  材料 
 片栗粉・・・100 g
  水  ・・・ 600 cc
味どうらくの里・・・大さじ1~2
  砂糖 ・・・ 大さじ2~3

☆ 作り方 ☆
① 材料を全部混ぜ鍋に入れ火にかける(焦げ付かないようひたすらかき混ぜる)
② 液体が固体になってきたら火を止める
③ 氷水を準備する
④ ナイロン袋に②を入れ先を切りとり氷水に好きな量を絞り出す
⑤ 出来上がり☆

お好みできなこ+砂糖をかけてお召し上がりください。  

    わらび餅14jpg


“とぅるん”とのどごしが良くあっという間に完食してしまいました


☆ 最近のそらさん ☆
この間。髪をばっさり切りました 産まれたときからふっさふさの髪の毛。おかっぱ頭のそらさんでしたが、さすがに汗がすごくて可哀想になり・・・。ママちゃんCUTをお休みして、行ってきました 今までは、お買い物に行くと「あら~お嬢ちゃんかわいいわねぇ。これあげる」と声をかけられ・・・。かけられた方は「この人は誰に話しているのか??」と思っていたら・・・「うちら?」「今、『お嬢ちゃん』って言わなかった?もしかして・・・そらのこと?」 「あの~男の子なんですけどぉ」の会話を毎回していたのですが。
をしたら「かっこいいねぇ」と言って貰えるようになり、今ではもう『お嬢ちゃん』と言われることも無く当人も、うれしそうで

2歳3ヶ月のそらさん。いっぱいお話しできるようになり、誰に教えられたのか・・・今では「ママわかった わかったわかってないでしょ」 と ケンカを売ってくる毎日です パパ曰く・・・。ママちゃんが言っているとのこと・・・。おや 

この間。ものすごくビックリしました みんなでカラオケに行ったときのこと。 そらさん。「アナと雪の女王」のあの歌『ありの~ままの~」を一人で全部歌っちゃいました ママちゃんが歌うつもりで入れた曲・・・。ママちゃんマイクを持って歌おうとしたら・・・。「ママ歌わないで」 「ママ。あっぷ」と怒られ・・・。 ママちゃん泣く泣く・・・。そらさんの後ろで、そらさんには見えないようマイクを外して歌っていました。 そらさんのフォローを頑張りました 



今週末。大曲では『全国花火競技大会』が行われます。楽しみですね。17日から大曲では「花火ウィーク」に突入してます。この間、家の窓から花火が見えていました。21日・22日にも花火が上がります。みんなでベットの上に上がって花火待っている毎日です。23日の花火は、あがる方向が違うので、家からは全く見れないのですが・・・。 花火ウィークで先に楽しんじゃいます


 お・ま・け 

そらママの秋田弁講座  第 21 弾


この間。ニュースを見ていたら悲しい出来事がありました。そのことをみんなで話していたときのこと・・・。


『とじね』な・・・。という単語が入ってきました。

みんさんどう言ういみかわかりますか?





正解は・・・


『とじね』 なぁ・・・ 「さみしね」なぁ。といういみ


ちなみに。「さみしね」なぁ→ ”さみしい”よりも、ジワッと(ズシーッと)寂しいんですよね



それでは、また次回 お会いしましょう

とうとうやってきました☆

こんにちは。そらママです 待ちに待った『竿燈』が当社の駐車場にて・・・あがりました。

じゃじゃじゃじゃ~ん!!
竿燈17 
すごいですよね?腰であげているんですよ 子供さんも肩であげてます かっこいいですよね 

8月3日・・・。竿燈初日。駅東竿燈会さんが朝早くから当社の駐車場で準備してくれました。

私たち社員もお手伝いするために準備しました。『小姫(さき)ちゃん』のSTAFF Tシャツ 

竿燈9 

会場では絶対に見れない貴重な です。

竿燈7 

竿を準備し提灯を一つ一つ結び・・・。(たたまれている状態は地面に置かれている今だけしかみれませんね

竿燈10 
お囃子の準備が出来ました  お囃子が町内を回りました
 かっこよかったなぁ お姉さん達


竿燈11 
たたまれていた『小姫(さきちゃん)』が復活!! シャッキーン


竿燈12 

さぁそろそろあがるよあがるよ

開始を知らせる狼煙が上がった!上がった!『ドーン・ドーン』 始まるよ~  


竿燈16 

『ほっ』 

竿燈19 

『どっこいしょ~。どっこいしょ!!』・『どっこいしょ~。どっこいしょ!!』 おでこであげてます!!かっこいい

竿燈21

扇子でひらひら

ちなみに・・・裏から見た竿燈は・・・。こんな感じです

竿燈22

『小姫(さき)ちゃん』発見

竿燈27

最後の最後に・・・大きな小姫ちゃん登場 しかも傘と扇子の二刀流圧巻です

当日35℃の暑い日・・・。駅東竿燈会のみなさん。そして、見に来てくれたみなさん。ありがとうございました。


☆ 話は変わりまして・・・ ☆

あまりの暑さに・・・近所の小川に遊びに行ってきました!!そらママ。子供の時・・・暑い日→プールによく行っていたのですが初小川も良かったです!! さすがに泳いではいないのですが・・・とんぼも沢山飛んでいるし・・・。今年初のオニヤンマもいました。シオカラトンボもいました!!緑も綺麗で小川も整備され、大きな公園もすぐそばだし そらさん興奮して・・・「水。ビチャビチャ!!」とパパちゃんやママちゃんにかけたり、自分にかかって笑っていたり みんなでニッコニコの一日でした
小川 「美郷町のラベンダー園に行く途中のせせらぎ公園にて


☆ MY ブーム ☆

そらさん。最近、味噌汁の油揚げにはまってます。(何故でしょう?) 油揚げを食べるときジュワ~と汁が出てくるのが良いのか・・・ そらさんのMYブームに合わせて我が家では油揚げの味噌汁が多くなってきています そして。油揚げが余ると・・・今度はそらママ用のおつまみに変身です 今度はそらママのMYブーム

おつまみ2  ← 焦げました 

油揚げをトースターで”チン”(2分くらい)して、味どうらくの里を『だぁぁぁ』とかけ出来上がり あまり食欲が無い時でも軽く食べられるので最近は『油揚げ』は欠かせません そして おなじみの『和膳』と一緒に・・・。そらママ晩酌開始です


 お・ま・け 


そらママの秋田弁講座  祝 20 弾 早いですねもう20回も

この間収穫したばかりの秋田弁です。

< その1 >
A さん : 「この間、『うらうら』あるってだらみつけだおん!」


わかります? 二つあります。


① 『 うらうら 』 と ② 『 あるって 』


正解は・・・


① 『うらうら』 = 用も無くぶらぶら? ふらふら? 
何故か秋田。ぶらぶらする・・・。ともいうし うらうらする ともいうんですよね  

② 『あるって』 = 歩いて 
良く言うのが・・・「あるってげ!!」と言いますね。大抵言われるのが・・・。ちょっことそこまで、車で・・・「そこまでなら、あるってげ!!」 田舎の「ちょっとそこまで!!」は遠いんですよね! 隣の家・・・田んぼを何枚か挟んだずっと向こう!と言うときもあるし あるってげば良い運動ですが・・・。わかるんですが・・・。あるってぐ体力が無い・・・。 


< その2 >

この間・・・。そらママ。やらかしました。

A さん : 「 へば、旦那さんさ『よく』ゆっといて!」

そらママ : 「 よくって・・・。何をよくゆうの??」

A さん : 「あいや◯◯って意味だべった!!」


そらママ : 「あ。そう言えば・・・。何となく思い出した・・・。



皆さんわかりましたか?『よく』ゆっといで!の「よく」の意味・・・。

そらママ久しぶりに聞いた秋田弁だったので、すっかり忘れていました


☆ 正解は・・・ ☆
『よく』ゆっといて = 『よろしく』ゆっといて

でした。 いやぁ。すっかり忘れていたわ・・・。

でも。おかげで復習ができました。 



それでは。また 次回 お会いしましょう

















 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1299)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん