スタッフブログ

芸術作品

本社応接室に厚手の布に綺麗な刺繍が施されたキルティング(と呼ぶんでしょうか?)が飾られています。
応接室1 
応接室2 
画像の真ん中のものなんですが、ズームするとこんな感じです。 
Zoom.jpg  Zoom3.jpg 
写真だとその質感がうまく伝わらないとは思いますが、綺麗だというのは分かりますよね?その模様や色使いに、なにやら縁起の良さを感じるんですがどうでしょう?
この飾り物は毎年9月14日に開催される神岡南外花火大会で、当社提供花火の写真を撮り続けて下さっている寺村さんという方の奥様の手作りなんです。花火を撮影した画像データを頂戴したお礼にと、僅かながらウチの商品をお届けさせて頂くんですが、今年の年初めに「ワタシにはこんなものしかできなくて…」とお届け下さったのが、このキルティングなんです。頂戴したのはお正月休みが明けて間もない松の内、それに中身を拝見したら色鮮やかな配色で、神々しさまで覚えるような模様の刺繍でしたので、早速応接室に飾らせて頂きました。真ん中に飾らせてもらったら応接室が華やいだような気がします。
手先が器用な奥様なんですね。ご主人は写真、奥様は刺繍。ご夫婦共に趣味があって仲睦まじい姿が浮かんでくるようです。寺村さん本当にありがとうございました。 

ではここで寺村さん(ご主人様)の作品を数点ご披露しましょう。
まずは去年の神岡南外花火大会の当社提供花火の写真です。
2012絆③ 2012絆②2012絆①
花火の写真って難しいんですよね。シャッターを開放して「ココだっ!」と思ったタイミングで閉じないといけないんで、それはカメラマンさんの勘ですからね。中々こういう風に綺麗には撮れないと思いますよ。サスガですね。

次に花の写真です。
花1 花5 
寺村さんは県内各地で開催される花火大会や、秋田の四季折々の風景などをカメラに収めて、時にはコンテストや雑誌などにも応募されているようですから、ご存じの方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。お仕事の傍ら、趣味のカメラを勉強をされたそうですが、寺村さんの作品を拝見すると、もう素人の域はとっくに超えているんじゃないかと思わせられますね。 
当社提供花火を撮影して頂いた写真は工場内にも飾らせてもらっています。
2012年2005年  
毎年9月14日に開催される神岡南外花火大会ですが、今年は久しぶりの土曜日開催。平日よりは人出も多くなるのでは?と期待されるところです。寺村さん今年も撮影よろしくお願いします。(山本智巳)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/1052-1dd06ab9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん