FC2ブログ

スタッフブログ

広島・山口旅日記?

 原爆ドーム・広島平和記念公園?

 先週に引き続き、広島・山口旅日記をご紹介しますね87
 お好み焼きをご馳走になって、原爆ドームまでトコトコと10分くらい歩いたんでしょうか?本当は市電の八丁堀駅まで戻って、そこからまた原爆ドーム前まで市電に乗っていく予定だったんですけど、おなかもいっぱいになったので、少し運動もかねて歩いていきました。
 旅行雑誌の“るるぶ”には、平和記念資料館~原爆ドームというようなルートで紹介してましたけど、前も原爆ドーム~平和記念資料館のルートで行きましたので、今回も同じルートで行きました。
 右手に元の広島球場、その向かいに原爆ドームがありました。7年前はこの近くのホテルに社員みんなで泊まって、そこからみんなでここに来たんですが、その時と変わらない姿で待っていてくれました。

広島球場  原爆ドーム?
 この原爆ドームだけが残るなんて不思議ですよね。しかも骨組みだけが痛々しく…。きっと神様が、戦争の愚かさ、奪い合うことの醜さの見せしめに、わざわざこの原爆ドームだけを残して下さったんだなあとしか、私には思えませんでした。

原爆ドーム? 原爆ドーム?
 この近くに病院があって、その600㍍上空で爆発したんだそうです。その爆心地までは行きませんでしたが、昭和20年8月6日午前8時15分 この瞬間を境に、広島の人たちから笑顔が消えてしまったんですね。
 相田みつをさんの言葉に『 うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる うばい合えば憎しみ わけ合えば安らぎ 』と言うのがあるんですけど、どうして分け合うことが出来なかったんだろうな?分け合えばこんな事にはならなかっただろうに…。なんて思いながら見つめていました。
 その近くの“平和の鐘”で平和の祈りを込めて『ゴ~~~~~ン214』と鐘を撞きました。7年前は社長が撞きました。その時に私も撞いてみたかったなと思っていたんですけど、ようやく夢が叶いました。

平和の鐘?  
 その後、“原爆の子の像”まで行きました。2歳の時に被爆した佐々木禎子さんが、『折り鶴を千羽折ると病気が治る。』と言うことを信じて鶴を折り続けたんだそうです。その後、沢山の人が平和を祈り、折り鶴を送り続けているそうです。以前心許ない人が、この千羽鶴に火を付けたという事件がありましたが、ホント許されないですよね。人の心を裏切るような行為をする人を私は絶対許しません!
 よく、折り鶴を千羽折ると願いが叶う。なんてことで、スポーツの大会とか、お見舞いなんかに千羽鶴を持って行くことがあるんですけど、佐々木禎子さんが原点なんでしょうか?娘が小学校の時に、陸上競技大会で県大会に出場したんですね。大会の2~3日前だったんでしょうか?「みんなで手分けして千羽鶴作る事になったの。ウチで200羽作るから手伝って!」なんて急に言われて、夜を徹して作ったことを思い出しました。それまで鶴なんて折ったことなかったんですけど、子供のためと思えば出来るもんなんですね。折り鶴を見るといつもこのことが思い出されるんです。でも、今ではもう折れないかも知れませんけどね。

原爆の子の像?  原爆の子の像?
 ここで家内との記念写真を撮りました。平日のためか、日本人は殆どいないんですよね。代わりに外人さんの多いこと…。「世界遺産からだろうね?」と家内が言ってましたけど、そうなのかも知れませんね。その外人さんに思い切ってシャッターを押して貰いました68「スイマセン。シャッター、OK?」なんてシャッターを押す真似をしたら、ニコッと笑ってシャッターを押してくれました。「サンキュー、ベリーマッチ、アリガトウ、ソーリー」またニコッとしてくれました。私の英語力もなかなかだなあ…。なんてことはないか183でも、言葉は通じなくても心が通じ合えば分かってくれるんだなあ。なんて思っちゃいました236


 ちょっと長くなりそうなので、今日はこの辺で…。
 来週は、平和記念資料館などをご紹介したいと思います179

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/109-f717442e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん