FC2ブログ

スタッフブログ

えっ!和菓子にも…

先日のマルシメ七日町店さんでの試食会は“舞茸の混ぜご飯”と“キュウリとニンジンの30分浅漬け”をお客様に試食していただきました。

マルシメ七日町店①   
“舞茸の混ぜご飯”は「ただ炒めた物を混ぜるだけなんて、簡単だから今晩、早速作ってみます。」と、たくさん舞茸を購入していただいたり、「混ぜご飯にすると、子供が残さず食べてくれるんです。」と、うれしいお話もありました。しかし、「かくし味ではよく混ぜご飯を作っているけれど、味どうらくでも出来るんだね。」というお客様もいらっしゃいました。
ご担当の方から「舞茸の売り場まで戻って、買って帰るお客さんもいたりして、いつもより、たくたん出たと思いますよ。」とのお話しをいただきました257
混ぜご飯4/9  

また、“キュウリとニンジンの30分浅漬け”「砂糖や塩は入っていないの?」とか「七味を入れるとピリッとして、もっと美味しくなるかもね。」とのお話しをいただきました。中には、「かくし味で浅漬けはよく作ります。カブなどを漬けて食べていますよ。」とのお話をいただきました。今回、キュウリとニンジンはともに、3本袋入りのものが100円ということでしたので、お客様の反応も良く、 「今日のキュウリの販売目標は400本でした。今のところ、まだ目標には達していませんが、良いペース出来ています。お陰様で300本以上は出ていると思います。」と、ご担当の方からお話をいただきました。 ありがとうございます466。        

今回、「私ね。三杯餅を作るのにも味どうらくを入れるんです。」といって作り方を教えて下さったお客さまがいらっしゃいました。そして、実際に作ったお餅を妹さんが持ってきて下さいまして、試食させていただきました。妹さんから「さっき姉から連絡があって、この前作った三杯餅をお宅さん達に持って行って上げてといわれてきたの。ホットプレートで作るからかんたんなんだって、結構甘いと思うかも知れないけれど、小豆の甘さもあるから砂糖はある程度加減して入れるんだって、味どうらくは塩の代わりに入れるから、そんなに多くないと思うけど。」といって持ってきて下さいました。丁度良い甘さで、大変美味しくいただきました

【材料】

小豆2缶(小さい缶)・白玉粉3カップ・砂糖100㌘・水適量(あんの堅さにより調節して下さい)

味どうらくの里30cc

【作り方】

白玉粉に水・小豆・砂糖・味どうらくを混ぜ合わせ、ホットプレートに油を敷き、少し焦げ目が付く位に焼いて巻きます。そして、熱いうちにラップ包み形を整えて出来上がりです。

もし、興味を持った方はお試し下さい。

 以上、MrのRIOでした。

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/114-6c0180a7

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん