スタッフブログ

◇平成25年6月末現在、74㌫のがれきが処理されました!

東日本大震災で発生した大量のがれき。

 

岩手・宮城・福島3県の災害廃棄物,596万㌧のうち、1,181㌧(約74㌫)の処理が完了しました。

 

この災害廃棄物、

 

8月末の時点では、  442万㌧(約25㌫)

9月末の時点では、  494万㌧(約27㌫)

10月末の時点では、  538万㌧(約30㌫)

11月末の時点では、  605万㌧(約34㌫)

12月末の時点では、  705万㌧(約43㌫)

1月末の時点では、  754万㌧(約46㌫)

2月末の時点では、  836万㌧(約51㌫)

3月末の時点では、  924万㌧(約58㌫)

4月末の時点では、1,010万㌧(約63㌫)

5月末の時点では、1,089万㌧(約68㌫)

6月末の時点では、1,181万㌧(約74㌫)

 

の処理が完了しました。

 

各県の処理割合は、

                   6月        5月

岩手県では、  378万㌧のうち、237万㌧(63㌫) 217万㌧(57㌫)

宮城県では、1,045万㌧のうち、857万㌧(82㌫) 790万㌧(76㌫)

福島県では、  173万㌧のうち、 86万㌧(50㌫)  80万㌧(47㌫)

 

で、6月末現在、岩手・宮城・福島3県の災害廃棄物,596万㌧のうち、1,181万㌧(約74㌫)の処理が完了したとのことでした。

 

すべての処理を終える計画の平成26年3月末まで、残すところ7ヶ月余りとなりました。

 

岩手県は、6月末現在、63㌫の処理が完了。平成26年3月末までに100㌫の見込み。

宮城県は、6月末現在、82㌫の処理が完了。平成26年3月末までに100㌫の見込み。

福島県は、平成26年3月末までの終了が困難だそうです。

 

平成25年6月21日現在、広域処理を実施、または、本格受入を表明された地方自治体は、1都1府16県84カ所となっております。

 

復興の妨げになっている大量のがれき。

 

一日も早く処理が終えるよう、願っております。 (泉 光二)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/1144-a0d8dce4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1277)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん