スタッフブログ

少年野球発祥の地

当社の所在地である大仙市は、平成17年3月22日、
大曲市、神岡町、西仙北町、中仙町、協和町、南外村、仙北町、太田町が合併して誕生しました。
合併前の所在地は、神岡町です。

神岡町と言えば、言わずとしれた『少年野球発祥の地』。
明治35年、神岡町出身の富樫武治氏が神宮寺尋常小学校に準訓導として赴任した際、
東京で身に付けた野球を子ども達に指導し、学校教育の一環として野球選手に任命状を与えたのが、
秋田県における少年野球の始まりだそうです。

その証が、マンホールの蓋のデザインにも反映されています。

少年野球発祥の地 

円の中央には、野原でバットを構えた野球少年。下駄と袴姿が明治時代を連想させます。
右奥の山は、神宮寺のシンボル神宮寺嶽でしょうか。
その神宮寺嶽の上空には入道雲? 夏の青空が広がっているようです。
円の中にバランスよく簡潔にレイアウトされていると思います。
正に『少年野球発祥の地』をイメージさせる素晴らしいデザインですね。

一方、こちらは秋田市のもの。

秋田市・竿燈 

秋田市といえば、やはり『竿燈』ですね。
こちらも2本の竿燈を円の中に上手くレイアウトしていると思います。
願わくば、差し手も描かれていた方が、もっと良かったのでは・・・。
でも、デザイン的には少し難しいでしょうかね?

皆様がお住まいの地域は、どんなデザインでしょうか。
それぞれの地域の特色が反映されていると思いますよ。  へばな・・・。 (佐藤直樹) 
















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/1147-78578a14

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん