FC2ブログ

スタッフブログ

広島・山口旅日記③

 原爆ドーム・広島平和記念公園②


 先週、先々週に引き続き、広島・山口旅日記をご紹介しますね。
 “原爆の子の像”から“平和記念資料館”の方へ歩いていくと、途中“平和の灯”がありました。「世界中から核兵器がなくなるまで燃やし続けよう」と言う反核の願いの象徴なんだそうです。家内に、この平和の灯をバックに写真を撮って貰ったんですけど、肝心の灯が私の頭に隠れて見えないでしょ?なので、広島県観光ホームページをご覧下さいね。この平和の灯を真ん中に、“原爆ドーム”と“原爆死没者慰霊碑”とが直線で結ばれているんだそうです。

平和の灯 
 その後、原爆死没者慰霊碑に行きました。毎年8月6日に行われる平和記念式典はこの慰霊碑を中心に行われるんですね。周りは芝生でとてもきれいに整備されておりました。石碑には「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」と書かれておりました。私たち夫婦は、どんなに悔しかっただろう。とただ手を合わせることしてできませんでした。

原爆死没者慰霊碑① 原爆死没者慰霊碑②
 この慰霊碑を覗いてみると、さっきも紹介したように、平和の灯と原爆ドームがまっすぐにつながっていました。皆さんも、ちょっと覗いてみて下さい。
ここを後に最後の見学箇所の平和記念資料館へ行きました。中には、アメリカ軍が原爆を投下した時の映像や、昭和20年8月6日午前8時15分を境に、この平和記念公園の周りの前後の模型や、焼け野原と化した写真、それに焼けただれた実際の時計や自転車など、たくさん展示しておりました。

平和記念館① 
 広島へ着いた頃は、るんるん気分でしたけど、原爆ドームを皮切りに、原爆の子の像、平和の灯、慰霊碑、資料館とへ進むにつれて、徐々に重くなってくるんですね。特に、資料館の中は重っ苦しい雰囲気で、一般のお客さんの声は殆ど聞くことが出来ませんでした。聞こえてくるのは、B‐29の音と爆発音、それとガイドさんの声だけでした。

平和記念館② 平和記念館③
 既に行かれた方も多いと思いますけど、皆さん私と同じように、重い雰囲気を感じたのではないでしょうか?また、これから行かれる皆さん、平和の大切さ、戦争の悲惨さを是非感じて来て下さい。良く社長が「自分がされて嬉しいことを相手にして上げなさい。自分がされて嫌なことを相手にしてはいけません。」と教えて下さいますが、全世界の人が、お互いがお互いを思いやり、助け合い、そして分け合って行ければ、戦争なんて起こらないと思います。そんな思いを子供たちに伝えて行ければいいなあと思います。

平和記念館④ 

 ところでそのガイドさんなんですが、すごいなあと感心しました。英語がペラペラなんですよね。ガイドさんを付けているお客さんって、殆ど外人さんなんです。その外人さんが分かるように、ちゃんと説明しているんです。しかも、皆さんお年を召し方たちばかりなんです。私なんか、日本語でもろくに通訳出来ないのに、すごいなあと思いました。重っ苦しい雰囲気の中、こんな事に感動している私でした。
 平和記念公園は、こんな感じで終わりました。その後、また市電に乗って、広島駅へ…。そして娘のいる山口県防府市に新幹線を乗り継ぎながら向かいました。
 次回は、この広島・山口旅日記はちょっとお休みいただいて、本来の“試食会こぼれ話”に戻りたいと思います。楽しみにして下さっている方もいらっしゃると思いますけど、ちょっと一休み…。ってことでご理解下さい。
 また広島・山口旅日記でお会いできる日をお楽しみに…。  

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/115-32299f02

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん