スタッフブログ

◇マルシメ七日町店様の街

料理勉強会で何度となく、お伺いさせていただいております“マルシメ七日町店様”。

 

このマルシメ七日町店様の住所は、秋田県横手市増田町増田字七日町136。

 

そうなんです。この度、国の文化審議会が、“内蔵”のある歴史的な街並みで知られる“横手市増田地区”を重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定するよう、文部科学相に答申されたとのこと。選定されれば、秋田県内では、仙北市角館町の武家屋敷通り(.9㌶)に次いで、2例目となるそうです。

 

重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)とは、昭和50年の文化財保護法の改正によって伝統的建造物群保存地区の制度が発足し、城下町・宿場町・門前町など全国各地に残る歴史的な集落・町並みの保存が図られるようになりました。市町村は、伝統的建造物群保存地区を決定し、地区内の保存事業を計画的に進めるため、保存条例に基づき保存計画を定めます。

国は市町村からの申出を受けて、我が国にとって価値が高いと判断したものを重要伝統的建造物群保存地区に選定します。

市町村の保存・活用の取組みに対し、文化庁や都道府県教育委員会は指導・助言を行い、また、市町村が行う修理・修景事業、防災設備の設置事業、案内板の設置事業等に対して補助し、税制優遇措置を設ける等の支援を行っています。

平成25年8月7日現在、重要伝統的建造物群保存地区は、84市町村で104地区(合計面積約3,697㌶)あり、約25,300件の伝統的建造物及び環境物件が特定され保護されています。(文化庁のホームページより)

 

今回、重伝建の対象エリアは、増田地区の中町や七日町など約10.6㌶。

 

増田のまちなみ散策マップ

 

増田の伝統的建造物が注目されるようになってから、まだ数年しか経っていないとのこと。転機となったのは、平成17年の写真集“増田の蔵”の発刊で、翌18年の“蔵の日”の開催で、地域住民主体となった活動が保存と活用に向けて実を結んだそうです。

 

旧石田理吉家住宅(横手市指定文化財) 蔵の駅(旧石平商店)  

 

笑顔③ 皆さんも一度、“増田の蔵”で知られる増田町の町並みを散策してみてはいかがですか。笑顔① 

 

       さきちゃん (泉 光二)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/1177-4c308208

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1278)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん