FC2ブログ

スタッフブログ

試食会こぼれ話 第11話

宝くじ

 2ヶ月くらい前のことですが、マックスバリュ広面店さんで試食会を行っていた時のお話をご紹介しますね。

試食をお勧めしたご夫婦がいらっしゃいました。するとそのお客様「私、岩手から来たのよ。」とおっしゃるんです。「ご旅行ですか?」とお聞きすると、「宝くじ買いに来たんですよ。ここの宝くじ売り場当たるって岩手でも有名なんですよね。」とおっしゃるんです。
 そうなんです。ここマックスバリュ広面店さんの所の宝くじ売り場、結構当たるんですよね。昔はそうでもなかったんだそうですが、ある時を堺に急に大当たりするようになったんです。
 それは、ここを工事する時に、まだ工事中だったコンクリートの上を猫が通ったんだそうです。それ以来、高額当選が出るわ出るわで、大人気になったんだそうです。
 その猫の足跡が残っていて、それに宝くじをなぞると当たるとか当たらないとか…。そんな迷信まで出て、買った宝くじをその猫の足跡になぞるお客様の姿も結構見かけるんですよ。あの有名な東京・銀座とか仙台の宝くじ売り場には及ばないまでも、宝くじ発売日や大安の日なんかは、長蛇の列。お店の反対の入口にまでお客さんが並ぶんです。
猫の足跡
 右手が上がっている“まねき猫”はお金をまねく。左手が上がっていれば人をまねく。(逆だったかな?)そんな猫の言い伝えが本当だったかも知れませんね。
 この日も朝からお客さんが並んでましたので、今日は何の日?何か特別なイベントでもあるのかな?と思っていたのですが、この日がジャンボ宝くじの発売日だったんですね。
 私も年に3~4回ほど買うんですが、なかなか当たらないんです。ここの売り場でも買った事あるんですが、一度も当たったことありませんね。せいぜい300円くらいですよ。

 今年の8月のカレンダーにこんな言葉が書かれてありました。
『僥倖(ぎょうこう)を願う心は堕落と不幸へのみちに繋がっている』
 僥倖とは偶然の幸い、思いがけない幸運。と言うことなんだそうです。
 夢を見るのも楽しいですが、毎日こつこつと努力することを忘れないようにしていかなければ行けませんね。そんな理由で当てさせてくれないんだろうといつも自分を慰めています

 ところで岩手のお客様、どうなったんでしょうね?
 「当たりますように…。」とお見送りはしたんですが、当たったんでしょうか?もし当たってましたら教えて下さいね。
 でも本当に「当たった!」なんて聞いたら、すっごくうらやましかったり、妬んだりするんでしょうね?そうなるんだったら聞かない方が良いか…179

 今回は、試食会とは直接関係のないお話でしたが、宝くじのおかげで、ちょっとは自分を振り返る良いきっかけになりました。
 これも試食会をやらせていただいていたおかげですね。
 ありがとうございます。 

売り場 Max広面店様 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/12-c92115f5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1151)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん