FC2ブログ

スタッフブログ

『 秋田の秋 』をお届けしちゃいます(^_^)b

こんにちは。そらママです



今日は『 秋田の秋の風景 』をお届けしちゃいます



ママちゃんが大好きな風景


一挙 ご紹介


IMG_7013.jpg


風が吹くと・・・。


黄金の絨毯が波打つ風景が・・・




IMG_7015.jpg


たまんないんですよね~


ず~~~っと続く・・・。


黄金の絨毯


IMG_7008.jpg


本当に綺麗で


IMG_7021.jpg


思わず立ち止まってしまうママちゃんです



この黄金の絨毯は少しの間だけしか見れないから・・・。


本当に貴重な瞬間なんですよ



『 あの場所。綺麗だったなぁ~ 』っと、思って見に行くと・・・。




もう稲狩りが終了している・・・


というのが常なんですよね


時間は止まっていてはくれませんからね


改めて気づかせてもらいました








  話は変わりまして   


2年ほど前から・・・。そらさんがず~っと『 釣りがしたい釣りがしたい 』と、


言ってました。


だがしかし




そらさんは水が怖くて・・・。顔に水がかかると怒るよって泳ぐのは・・・。


という状態の人が海へ釣りに行って、落ちたらどうする



ということで、去年から『 泳げるようになったら海へ釣りに行こう 』とそらさんと約束していたパパちゃんとママちゃん。


そしたら、今年6歳になったそらさん


保育園から帰ってくると・・・。

『 パパママそら泳げるようになったよ プール行こう 』


と、そらさんからのお誘いが


今年は何回かみんなで近くのプールへ泳ぎに行ってきました


それでもなぜか、なかなか水に顔をつけれないそらさん。


ある日のお風呂中。

ママちゃん。そらさんへ・・・。


『 顔をつける練習してみたら 』と提案してみたら


いつの間にか出来るようになったいました



だがしか~し


季節は『 秋 』


海に行っても寒いし・・・。


まずは、練習もかねて「 釣りぼり 」に行ってみようということになりました




ジジちゃんに教えて貰った釣り堀へ  GO 




IMG_6975.jpg


『 釣り 』が初ということで、おじさんにフォローをお願いしちゃいました




ここで初めて気がついた 




何故、今まで誰も気がつかなかったのだろう・・・。



『 釣りをする 』ということは・・・。



① 魚を釣る  ②〇〇     ③ 釣った魚を持ち帰る



前に一つの動作があったでは無いかと言うことに・・・


そうです


『 あれ 』です。 


我々。「 釣り 」をしても、誰1人として・・・。釣った魚を掴めないということに・・・。


ということで・・・。今回はプロのおじさんの手さばきを盗むべく


じーっと観察していたママちゃん達 



おじさんありがとうございました


みんなで釣った魚です


IMG_6978.jpg


『 パパおっきぃ~のいる そこそこ 』


と、そらさん大はしゃぎ


IMG_6981.jpg


次回の課題。


釣った魚は・・・。 頑張ります


ということで・・・。そらさん。勇気を総動員して、元気な魚たちに触ってみようと・・・。


手を伸ばして見るも・・・。


IMG_6984.jpg


触れたのはお魚のしっぽのみ・・・。


『 触ろうとすると魚が逃げるんだもん 』とそらさん・・・。


そして・・・。


2人でバケツをのぞき込んでいるそらさんとことちゃん






IMG_6987.jpg



2歳3ヶ月のことちゃんは、お魚さん達の反撃をくらい


「 冷た~い 」とママちゃんに避難しに来たことちゃんです。




今度はジジちゃんやババちゃんも誘ってみんなで行きたいなぁ









それでは   また  次回   お会いしましょう   

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/1403-fed39b6e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1118)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん