FC2ブログ

スタッフブログ

試食会こぼれ話 第30話

新メニュー紹介 

 いつも、味どうらくをお使いのお客様に朗報です1
 味どうらくの新メニューが登場しました。

 社長から「豚肉280で行こう!」と号令がかかって、一番売れる豚肉は?といろいろ調査したんです。そうしたところ「一番人気は肩肉の切り落とし。二番人気はロース肉。三番人気はバラ肉」と言う情報を得ました。やっぱり一番売れている肉を使った料理の方が、お客様も取っ付きやすいと思いますし、いつでも売っている肉ですから、いつでもすぐに作れると思うんですよね。そう言うことで、肩肉の切り落としを使った料理はないか?どんな料理が良いかな?といろいろ思案しました。でも、そう言う時に限ってなかなか見つからないもんなんですね241
 そんな時に神の助け。社長の奥さんとタエちゃんが「良くお弁当のおかずに!」ってんで推薦してくれた料理があったんです。それが“豚肉のどうらく炒め”でした。早速会社の調理室で、奥さんとタエちゃんに先生をやっていただいて、料理勉強会を開きました214
豚肉のどうらく炒め 
 それではご紹介しま~す。まずは、豚肉を炒めて、それから味どうらくで味付けをして…。後は食べるだけ!の料理なんです。とっても簡単でしょ?でも、この簡単な料理がうまいんです。焼肉って言ったら焼肉のたれを想像してしまいそうでけど、なんのなんの、味どうらくでも充分なんですね。そして、社長の娘さんが考案した料理も一緒に勉強しました。これも、同じく“豚肉のどうらく炒め”なんですけど、豚肉を炒めて、味付けするだけなんですけど、味付けは、味どうらくで“練りわさび”を溶いたものなんです。これがまた絶品。味どうらくの甘さとわさびのピリッとしたところがマッチしてとてもおいしいんです。この何にもとらわれない発想というのが、こういう料理を生むんでしょうね?
豚肉切り落とし① 味どうらくの里1.8
 そんな訳で、昨日早速、タエちゃんと一緒に、ビッグフレック大曲店さんでこの料理をご紹介してみました214
「味どうらくの新メニューのご紹介で~す。」と呼びかけますと、「どれどれ、どんな料理?」と寄って下さるお客様の多いこと。食べていただいて、いざ説明。「まず、豚肉を炒めて…。色が変わったら、味どうらくで味付けして…。」皆さん次にどんな言葉が出るだろうと期待するんでしょうね?息を潜めて聞いて下さってました。そして「後は食べるだけ!これだけなんです。」すると皆さん「これだけ?」と言うです。私「これだけなんです。」皆さん「これだけね…。」私「はい、これだけなんです。」皆さん「そう、これだけ…。」私「はい、これだけ…。」なんか、“これだけ料理”って感じですね。でも、皆さんから最後に出る言葉が「これだけで出来るんだったら簡単ね。早速今日の晩ご飯にするわ。このお肉で良いのね?」とすぐさまお肉を買って下さいました。そして、娘さんご推薦のわさび入りのどうらく炒めも食べ比べていただきました87
 食べる前は皆さん「さっきのと同じでしょ?」とおっしゃるんです。でも食べていただいた後「…?…。違う…。何が入ってるの?」私「なんだと思いますか?」皆さん「何だろうね?ちょっと辛いような…。ショウガ?違う違う。辛子…?あっ!わさびだ!」私「ご名算!わさびです。意外と行けるでしょ?」お客様「うん。さっきのも良いけど、これも良いわね。コクがあるって言うか…。焼肉のたれいらないわね。」とまたひと味違った料理に大喜びでした。「お客さんはどっちがお好みですか?」とお聞きしますと、「う~ん。私はこっち。」「う~ん。私はそっちかな?」と悩んで答えて下さいました。野暮な質問してすいませんでした。
試食会② ←イメージ写真です。
 でも、一つショックなことが…(-_-;)
 私も昨日は3回ほど作ってみたんですけど「私はもう少し甘くても良いわ。」「ご飯と一緒だと良いかもね。」「もう少し味どうらく控えた方が、私は好き!」「…。私は甘党だから…。これだけでもおいしいのよ。ホントよ。」と…。案に「しょっぱい。」と言うことを言いたかったんでしょうけど、優しいお客様が多くて、面と向かっては言えなかったんでしょうね?
 でも不思議なことに、タエちゃんがこしらえた“豚肉のどうらく炒め”は皆さん「おいしい。おいしい。」「ちょうど良い味。」と喜んで下さるんです。私、ちょっといじけちゃいました。それからと言うもの、タエちゃんは焼き方に専念して、私は説明に専念してと言う感じでやってみました。
 なぜなんでしょうね?同じ分量で、同じ作り方をして、しかも道具も同じなんですよ。ただ一つ違うのは、タエちゃんは毎日のようにこの料理を、子供さんのために愛情いっぱいで作ってる。でも私ったら、ついこの間教わったばかりで、ただ忙しさに追われて作っていたような感じだったんです。「まだ出来ないの?もう出しても良いでしょ?」と私から見ればもうお客様にお出ししても良いような感じでも「まだまだ、もうちょっと待って。」となかなか妥協しないんです。そんなところが味に出たんでしょうね?しかも、簡単であればあるほど、その違いって大きくなるのかも知れませんね。
 料理って、食材や腕前なんかで、うまいとかうまくないってあるんでしょうけど、一番大切なのは、食べる人のことを思って作る、そう言う愛情なのかな?って思います。それが“家庭の味”なんでしょうね。生意気言っちゃいました239
豚肉のどうらく炒めレシピ ←ここをクリックしてみて下さい。
 そんな訳で、今日は味どうらくの新しいメニューをご紹介しました。
 ホームページにはまだ載ってないメニューですので、ここでレシピを紹介しま~す。
 このブログをご覧なった方は、おいしさ先取りでちょっと得した気分?
 なぁ~んちゃって(^_^)v

それじゃまた!(^^)!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/144-47e6bb3e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん