FC2ブログ

スタッフブログ

山口旅行①

 錦帯橋へ行って来ました178

 4月に娘の航空自衛隊入隊式に出席しながら、広島・山口へ旅行してきたことを、広島・山口旅日記としてご紹介しましたけど、おかげさまで、無事3ヶ月間の訓練を終え、この13日に卒業を迎えました。それに併せて、卒業式へ出席することが第一なんですけど、家内と一緒にまた山口へ旅行してきました。
 今回は、岩国市にある“錦帯橋”へ行って来ましたので、ちょっとだけご紹介しますね。
岩国駅 錦帯橋①
 錦帯橋は、皆さんご存じと思いますが、日本三名橋に数えられている木造の五連のはアーチ式の橋で「流れない橋」として、中国の西湖の橋をヒントに1673年に三代目岩国藩主の吉川広嘉さんが造ったんだそうです。でも、昭和25年の台風で全滅してしまって、昭和28年に建て替えられてから、現在で四代目の橋になるんだそうですが、だいたい50年に一度のペースで建て替えるんだそうです。私たちが7年前に会社の研修旅行でお邪魔した時には、ちょうどその時期に当たっていて、入り口の所の橋の建て替えが終わった直後でしたので、木もまだ新しく、木の臭いがするような感じだったんです。でも、7年と言う歳月はその橋も古くしてしまって、当時の面影は全くなくなっていたという感じでした。

 まず、岩国名物の岩国寿司を家内に食べさせたいと思って、7年前に食べさせて貰った白為旅館さんの隣にある、「しらため」と言う食堂で、岩国寿司を食べました。隣の白為旅館さんと同じなんだそうです。でも、ちょっとガッカリ…。7年前に食べた岩国寿司は、酢飯の中に具がぎっしり入っていて、固く押されていて、しかも酢飯の上には錦糸玉子が載っていて、一切れ食べただけで、「もうおなかがいっぱい!」という感じだったんですけど、今回の岩国寿司は、ご飯も軟らかくて、具もそんなに多くなく、しかも、薄焼き玉子がただ張り付いている。という感じでした。なんか家内にも申し訳なくって、ちょっとガッカリでした241
岩国寿司 
 昼食後は、橋の通行料300円をお支払いして、所々で写真を撮りながら、家内にいろいろとうんちくを並べながら橋を渡っていきました。ちょうど日曜日というので、お客さんも沢山いましたけど、すれ違う皆さん、関西とか九州訛りのような人が多くて、東北の言葉はまず聞くことはありませんでした。(あんたに訛りなんて言われたくないってか!)
むさしや① むさしや②
 対岸の吉香公園に渡ってすぐに、お店の前に凄い行列を発見しました。ソフトクリーム屋さん367でしたけど、この日はとても暑くて、しかもムシムシしてたので、それでお客様が多いのかな?と思ってたのですが、そればっかりではなかったんですね。何とこのお店には100種類ものソフトクリームがあるそうなんです。なんでも『○○珍百景』と言う番組で紹介されたお店なんだそうですよ。私も好奇心旺盛というか、物好きなんでしょうね?そう言うのを見るとすぐに体験したくなるんです。それであの暑い中278、行列に並んで、男性の人気ベスト2の「巨峰とバナナ」を食べました。味は…。暑かったからね…。テレビで紹介した所だからね…。と言うのを差し引いても、結構おいしかったですよ。
 その後、吉香公園内をちょっと散策して、時間も時間でしたので、また錦帯橋を渡って、バス104に乗って、電車455に乗り換えて、娘のいる防府市へと向かいました。
 錦帯橋については、あんまり紹介できませんでしたけど、写真をご覧いただいてお許し下さいm(_ _)m
錦帯橋② 錦帯橋③
 来週は、湯田温泉に泊まったことを紹介しますね。「松田屋ホテル」さんと言う所に泊まったんですけど、何とここは「維新の宿」として有名な所なんだそうです。私の大好きな明治維新の時代に、西郷さんや大久保さん、桂さんが泊まって、ここで薩長同盟の話もしたなんだそうですよ。もちろん、私の大好きな龍馬さんもここに泊まったという記録が残ってるそうで、私としては、ホントわくわくの一夜でした10
 
 それじゃ、来週をお楽しみに(^_^)v
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/176-19b7b856

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん