FC2ブログ

スタッフブログ

山口旅行②

 湯田温泉・松田屋ホテルさん

 先週お約束した通り、今日は、湯田温泉にある、“維新の宿・松田屋ホテルさん”に泊まった時のことを紹介しますね。
松田屋ホテル 
 その前に、湯田温泉と言えば、我が秋田県のお隣の岩手県にも湯田温泉という温泉があるんですよ。昔は、岩手の北上市や宮城県の仙台市に行くとなれば、必ずこの湯田温泉を通って行ったものなんですが、今では高速道路も通って、殆ど通ることもないんです。でも、私としては、“湯田温泉”と言えばこの岩手の湯田温泉を第一に思い出すんですけど、山口にも同じ名前の温泉があったんですね。そんな事もあって“湯田温泉”を選びました。しかも、ANAのパック旅行で行ったもんで、そのパンフレットを見ていたら、なんと“維新の宿”なんて書いてあったもんですから、幕末の歴史大好きな私にとっては、たまらない旅館なんです。ネットでいろいろと調べていると、幕末の超有名スターの高杉晋作や桂小五郎(木戸孝允)、井上聞多(井上 馨)ら長州勢はもちろんですけど、西郷隆盛や大久保利通の薩摩勢、攘夷に失敗して都を追われた三条実美など、俗に七卿落ちと言われた人たち、それに、私の大好きな坂本龍馬までが、ここに泊まり、薩長同盟や新しい日本について語り合った旅館。それに、いろいろと資料集めのために、あの司馬遼太郎さんも泊まったというので、他の旅館さんよりは料金も高かったんですけど、なんとか家内を説き伏せて、この“維新の宿・松田屋ホテルさん”に泊まることにしました。
 仲居さん曰く「この旅館は、他の旅館さんに比べて歴史も古く、料金も高いんです。その分、仲居の年齢も高くなってますよ。オホホホホ…。」なんて言ってました。それに「お客様のように若いお客様はあまりお泊まりにならないんです。」と言うことだったので、私たちがそんなに若く見える?お世辞のうまい人だと思って「そんなに若くないですよ。」と謙遜すると「イヤイヤお若いですよ。ここは70~80才のお客様が多いですから。」ですって。確かに言われてみれば、若いお客さんはいないような…。さっきすれ違ったお客さんも確かに70才は超えているような…。って感じでした。

 予定よりも早く着いたせいか、まだお客さんもいなく、なんか貸し切りって感じでした。着いてすぐに、“維新の湯”に入りました。このお風呂に、龍馬さんたちも入ったというので、私もその気になって入ってみました。「ほんにいい気分ぜよ!」
維新の湯 
 資料館もあって、そこには、松陰先生や久坂元瑞などに関する資料、錦の御旗(レプリカ)、毛利元就の“三本の矢”や毛利家の家紋、龍馬さんが乙女姉さんに宛てた手紙などなど…。いろんな物が展示してありました。写真に納めてこなかったのが、最大の心残りですけど…。

 庭も歴史を感じさせるような庭でした。維新の三傑と言われる、西郷さん、大久保さん、桂さんが薩長同盟の密議を交わしたと言われる東屋も残ってました。そこでハイチーズ!ちょっとぶれてしまってるのが残念!(波田陽区調で。ちょっと古いですね。)
東や 中庭
 夕食は、部屋でゆっくりと長州料理でした。今の時期、鱧(ハモ)が旬というので、ちょっとだけでしたが、鱧料理もご馳走になりました。思ってたよりも…181。って感じでした。
 例の仲居さんなんですけど、とても歴史に詳しく、意気投合してしまいました。そんな仲居さんからのサプライズ。当時の人たちのサイン色紙って言ったら変ですけど、そう言う人たちの直筆を集めた手ぬぐいをプレゼントしてくれました。しかも、私と家内の分の2枚も。興味のない人にとっては、ただの布切れなんでしょうけど、私にとってはもうたいへんなお宝ですよ。でも、ただ見るだけではなんの誰それって分からないと思うので、分かりやすく振り仮名?を振った紙も下さいましたので、それも一緒に紹介しますね。
手ぬぐい サイン張①
 そんな訳で、とっても楽しい一夜でした。
 次の日は、旅館からバスで20分、徒歩10分の所にある瑠璃光寺の五重塔を見た後、バス・電車・飛行機を乗り継いで、無事、秋田に帰ってきました。
五重塔 
 娘のおかげで、とっても楽しい旅行を今回もさせて貰いました。
 こんな旅行を次はいつ行けるのかな?楽しみにしながら、今週のJengoブログを終わります。
 つまらない話に、最後までお付き合いいただいた皆様、心より感謝申し上げます。

 それじゃまた(^o^)

高田公園 ←高田公園 ここは、井上聞多(井上 馨)の生家跡なんだそうです。

足湯 ←足湯も体験してきました。カメラを持って行かなかったので、ネットにある写真で勘弁して下さい。こんな感じで…。でも結構熱いんですよね。足が真っ赤になっちゃいました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/182-00fc81b8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん