FC2ブログ

スタッフブログ

優雅な気分に

8月に入り、東北は夏祭り真っ盛りです。東北の三大祭りに数えられている、青森ねぶた、秋田の竿灯・仙台・七夕の他にも、たくさんのお祭りがあります317

青森ねぶた 

青森ねぶた2 

竿灯(大)①    

            
仙台七夕 

県南部の湯沢市では、今日から7日までの3日間、市内の商店街通りを会場に、“七夕絵灯ろう祭り”が行われます。
(国道13号線の交通規制はありませんが、県道等は時間帯で規制されているそうです。駐車場や周辺の情報については、湯沢市観光協会さん(0183-73-0415)や湯沢市商工観光課さん(0183-73-2111)へお問い合わせ下さい。)

湯沢市は1603年、佐竹義種氏が城主として湯沢城に入城して以来、佐竹南家の城下町として、街並みが形成されました。
“七夕絵灯ろう祭り”の始まりは、佐竹南家に京都鷹司家(公家)からこしいれした姫君が、郷愁の思いを五色の短冊に託して、青竹に飾り付けたのが始まりといわれています。
昼間の絵灯ろうもキレイですが、夕暮れ時、門前に吊り下げられた大小約300もの絵灯ろうに灯がともされると、優美な女性の姿が浮かび上がり、なんともいえない風情があります。たくさんの浮世絵美人との出会いをお楽しみください454。(大きいものは縦3m・幅5mにも及びます。)

絵灯ろう写真 絵灯ろう写真1

絵灯ろう写真3  

もう一つの楽しみは、人気のラーメン店です。私のお勧めは、大元さんと長寿軒さんです。
大元さんは味噌系で肉厚のチャーシューが入った、“味噌チャーシュー”が絶品です461。(味噌チャーシューは、量が多いのでご注意を!たくさん食べられない方は、普通の味噌ラーメンがお勧めです。)かたや、長寿軒さんはこってり系の醤油ラーメンが一種類だけで、お値段は大盛りで650円です465

大元 大元2

↑大元さんの味噌チャーシューと味噌ラーメンです。

長寿軒

↑長寿軒さん大盛りのラーメンです。 


余談ですが、もし、絵灯ろう祭りに行ってみたいと思っている皆さん…県南の湯沢・横手地区で頻繁に使われている方言を紹介いたします。
例えば、「なんぢだ?」という言葉です。皆さん意味分かりますか…。『どんな感じ?』という意味です。地元の方に、こう語りかけられた時、とっさに時計を見て、「えーと…○○時○○分です。」と自信を持って答えたりしないように…451
次に、「なぃんでが!」・「なぃんだけな!」というのは、『なに!』・『なんで!』という意味です。また、「びゃっこ」というのは、『少し』とか『ちょっと』という意味で、『びゃっこ、頼むで』(ちょっと頼みます。)ということです。
この方言を聞いてびっくりされないように…459463466

Mrのrioでした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/185-8d642cc9

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん