FC2ブログ

スタッフブログ

ハタハタと味じまん三五八

この時期秋田は文字通りハタハタ一色229229229に染まります。
食卓にも毎日のようにハタハタが登場237(好きな家では…ですけど)
焼いて良し、煮て良し、押し寿司にしてまた良し…と食べ方も色々。
折り込みチラシには毎日のように「生はたはた大安売り~」の文字が踊り、スーパーさんの店内ではもちろんのこと、店頭や路上の直売所でも発泡スチロールに入ったハタハタが箱売りされ、アチコチに黒山の人だかりが出来ています(汗)見よッ199このグロテスクな姿ッ40でんも、これが美味いんだよねぇ237

箱積みハタハタ

箱で売ってるハタハタは重さにして3㎏~4㎏、ぶりこの入った大きいものでも一箱に40匹前後ぐらい入ってるんですが、それを一軒の家で二箱も三箱も買っちゃう人もいるんです229ホント、オメだも好ぎだごどぉ…ですよね(笑)

 ハタハタと言えば、ウチの商品にも季節ハタハタ漁が始まると、飛ぶように売れるものがあるんです。何だと思います?‥‥‥それは“味じまん三五八”なんです。
ふる里の三五八 味じまん 

いつの頃からだべぇ…たぶん季節ハタハタ漁が何年か休漁された後だと思うんですが…。それまで“味じまん三五八”の需要は9~10月にピークを迎え、11月~4月頃までは「冬休み(笑)」みたいな状態で、ほとんど動きが無かったんです395
ところが、漁が再開された頃から、ポリりポツリと動き始め、「アレッ?冬でも売れるのかな?」と思ってたら、あれよあれよという間に注文が増え始め、ドドーンッと大ブレイク!時期外れの特需に工場は混乱するわ399欠品は出るわ404お客さんには412怒られるわで、それはもう大変な状態となってしまったのでしたぁ259(汗・涙・汗・涙)
お陰様で今では12月一ヶ月の出荷量は20,000ヶ~30,000ヶにも達してしまいます(汗)
今年も季節ハタハタの大豊漁と共に注文が増え続け、準備していた在庫がまもなく底を突きそうな状態です。
三五八 鰰三五八

 “味じまん三五八”に漬けると、生で保存するよりグッと日持ちが良くなり、麹の甘みと塩が程良く混ざった状態なので、「味じまんに漬けて焼くと美味しいーっ!」というのが、特需の理由のようです。(生だと中々焼けないんスよね464)
そういう特需を考慮して在庫を蓄えて準備しているんですが、ハタハタの水揚げ増えれば増える程“味じまん三五八”の需要も増え続け…。「いくら準備してても追いつかない」というのが本音です。トホホ(涙) 351
ハタハタは普段(春~秋にかけて)は海の沖合の深~いところにいる深海魚なんです。
ハタハタさん、ハタハタさん、もういい加減に沖に帰ってくだせぇぇぇ259459

※注)
決して三五八のPRではありません421「じゃ試しに注文して食べてみようかな?」と思われた方。ご注文をいただいても出荷できるのは来年1月以降になります466(ゴメンナサイ) お求めは秋田県内のスーパーさんでどうぞ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/20-497d4d36

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん