FC2ブログ

スタッフブログ

試食会こぼれ話 第40話

 訛っててごめんねごめんね~。

 先週の水曜日(14日)岩手のビフレ花巻店さんで、また試食会をやらせていただきました。
 今回で2回目なんですけど、今回はなんと、新聞の折り込みにまで入れて下さっていて「チラシに載ってたから来てみたのよ。」というお客様が沢山いらっしゃいました。私たちの試食会も、2回目でもうメジャー級?なんて自惚れたりして…349
ビフレ花巻店様 004 

 先月は、私の自慢料理“かんたんチャーシュー”と“舞茸の混ぜご飯”をご紹介しましたけど、今回は“かんたんチャーシュー”と一緒に“どうらく玉こんにゃく”を紹介してみました。ホント簡単な料理なんですよ。ここでその作り方をちょっと紹介してみましょうね257
 「まず、玉こんにゃくを湯がいて、水洗いしたら、味どうらくを5倍に薄めたつゆで、15分くらい煮るんです。その後、火を止めて一晩おいて出来上がり。」  ね?チョー簡単でしょ?
 「どうしたらこんなに味が染みるの?」とか「こんにゃくって、味がなかなか染み込まないのよね。」と不思議に思われるお客様が多かったんですけど、この「火を止めて一晩おく。」のがミソなんですよね。こんにゃくが冷める時に味が染み込むらしいんです。こんな説明をすると「ああ、なるほどね~。」と皆さんご納得!っ感じでした。
 お店でも、玉こんにゃくを安くして下さって「作ってみよう!」と言うお客様が沢山いらっしゃって、とても楽しかったです68
どうらく玉コン かんたんチャーシュー
 こんな感じでお客様も大喜びだったんですけど、それ以上に、喜んでくれたのが、私たちの“訛り”なんですよね。説明を聞いた後に「ああ、やっぱり秋田ね~。」と大概のお客様は言うんです。味どうらくも秋田の商品!と皆さんに認知してもらったのかな?と喜んで聞いてるとそうじゃないんです。私たちの“訛り”を聞いて「やっぱり秋田ね~。」って言ってたんですね。しかも、岩手訛りで…351。その場が、秋田VS岩手って感じになった時もありましたよ。
 こんなお客様もいらっしゃいましたよ。「アハハ、アハハ、やっぱり秋田だ。」なんて言うんで「そんなに訛ってます?かなり気を付けてるつもりなんですけどね。」と話すと「アハハ、ごめんなさいね。特に“美形”が訛るからおかしいのよ。アハハ。」と笑うんです。そりゃあ確かに、私もノリちゃんも“美形(>_<)”なんですけど、素直に喜んでいいものかどうなのか…352。「秋田では訛ってるなんて言われた事ないんですけどね。」なんて話すとますます笑って(-_-;)
試食会① ←イメージ写真
 でも、その場が和んで、私たちの訛りも捨てたモンじゃないと思いましたよ。雰囲気もすっごく良くなって、それにつられてお客様が立ち寄って下さるって事もしょっちゅうでしたからね。
 こんな感じで、私たちの訛りもますますヒートアップして、訛りと一緒に方言も飛び出たりしての試食会でした。
試食会② ←イメージ写真
 本当は、こっちで話すのと同じく方言のまま話した方が、私としてはやりやすいんです。でも方言だと、いくらお隣の県とは言っても、独特なモノがありますよね。なので、何言ってるか分からない!って事もありますし、あんまりべらべら喋ると「こいづ、ふざけてんじゃねぇ?」なんて思われたら困るので、方言は極力控えて“ひょ~じゅんご”で話すようにしているんです。でもあんまり熱が入っちゃうと、ぼずらっと(突然)出てしまう事があるんで、そん時は「今なんて言った?」って聞き直して下さいね354
味どうらくの里500 味どうらくの里1.8
 来月もお邪魔しますので、是非、私たちの“訛り”を聞きに来て下さいね。
 ご要望でしたら、秋田弁講座も開催したいと思いま~す(^_^)v
ビフレ花巻店様 007 
 ところで、肝心の作り方なんですけど「説明分かりました?」とお聞きすると「それは大丈夫。分かりましたよ。」と言ってくれたんでホッと胸をなで下ろしました…349って感じです。

 それじゃまた(^_-)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/232-3fdd2726

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん