FC2ブログ

スタッフブログ

試食会こぼれ話 第45話

『生姜の炊き込みご飯』大好評 ~!


 新メニューを紹介しましょうね?
 先週の水曜日、初めて『生姜の炊き込みご飯』を紹介してみました。
 この料理は社長の奥さんが考えた料理なんですけど、とっても簡単で、しかも心も体も温まる、寒い冬には持ってこい!の料理なんです。
 この料理を先週の水曜日、ビッグフレック外旭川店さんで紹介してみました。
ビッグフレック外旭川店様 
 炊飯器のふたを開けると、生姜のあの香りがふわ~として、お客様が寄ってきてくれるんです。「それなに?」とお客様。「生姜の炊き込みご飯です。」と私。「生姜の?」とお客様。「そうです。まず食べてみて。」と私。そんな会話の後に食べていただくと「わぁ~。おいしい。ピリッとしていて凄くいい感じ。どうやって作るの?」とお客様。「今日は、米3合に対してかくし味大さじ6。なので、米1合に対してかくし味大さじ2という感じですね。そして生姜は、米3合に対して、約半個の50㌘くらいを刻んで炊いただけなんです。生姜の量はお好みで。」と私。「えっ?たったそれだけ?」とお客様。「そうです。たったそれだけなんです。」と私。すると「簡単ね。早速作ってみるわね。生姜買ってこう。」とこういう感じで、皆さんとっても喜んで下さいました。
 皆さんもどうです?これを読んだだけでも簡単そうでしょ?
 中には、あまりにも簡単すぎて「たったそれだけ…?分かった…。やってみる…。」と半分納得、半分不思議。というお客様もいらっしゃいましたけど、本当においしい料理って、こんなに簡単で、単純で、しかも、生姜は高くても1個100円くらいでしょ?そういう誰でも手軽に買えるような食材を使った料理が、本当においしい料理って言うのかも知れませんね。
 生姜ご飯を食べて、寒い冬もぽっかぽか!
 どうぞお試し下さ~い。
生姜ご飯 
 ここでギャグを一発。
 秋田では、物の語尾にたいてい「っこ」を付けるんです。
 例えば、犬のことを「犬っこ」(ただし、猫のことは「猫っこ」とは言わないんです。どういうこと?)雪のことを「雪っこ」とこんな感じで。
 小学3~4年生のお嬢ちゃんがお母さんと一緒に来てくれました。
 「お嬢ちゃん小学校?これも生姜っこ。」分かりますか?
 お母さんにはバカウケだったんですけど、当のお嬢ちゃんは「ニャッ」となっただけ。

 そんな訳で、私のギャグは寒いんですけど、この『生姜の炊き込みご飯』を食べて温まって下さいね。
かくし味500 かくし味1.8
 それじゃまた(^_^)v

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/262-f078fd8d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん