FC2ブログ

スタッフブログ

平成21年 試食会10大ニュース

  今年も残すところあと2日です。
 当社は今日が仕事納めですので、今日が今年最後の“Jangoブログ”になります。
 そこで、昨年に引き続き、今年も試食会10大ニュースを発表することにしました。
 皆さん、どうぞお楽しみに…。 

◎第10位・試食会ユニホーム新調。
 私たちの試食会は、出来るだけその食材の近くとか、その隣でやらせていただいているんです。なので、お魚とかお肉の冷ケースの所でやらせていただく事が多いモンで、特に冬場はとっても寒いんです。今までも厚着をしてたんですけど、なんかモコモコして作業もしにくく、せっかくのスタイルもちょっと(?)太っちょになっちゃったりしてたんです。
 そこで、社長にお願いしておそろいのジャンパーを買っていただきました。
 おかげで、今年の冬は暖かくしてやらせていただくことが出来ました。
 こんなジャンパーを見かけたら、お気軽に寄ってみて下さいね。
 モデルはタエちゃんとユキちゃんでした。 
新ユニホーム 

◎第9位・味どうらく“大っ嫌い”なお客様。
 7月頃だったでしょうか?
 あるスーパーさんでの出来事なんですが、お客様に料理をお勧めしたところなんの疑いもなく食べて下さったんです。そしていつものように「それは味どうらくで…。」と説明し始めたところ、いきなり「私味どうらく大っ嫌い!あんな甘い物!」とまるで親の敵にでも会ったような感じで言うんです。あのマーちゃんでさえ、目が点というか、ビックリして一言も発することが出来ないでいました。
 今まで、いろんなお客様とお会いしましたけど、勿論全てのお客様が「味どうらく大好き!」と言う訳ではありません。「ちょっと甘くてね。」とか「他のつゆの方が安いから。」と味どうらくの里を使ってないと言うことを遠巻きに話してくれるお客様は何人かいらっしゃいましたけど、このお客様のように、はっきりと言って下さったお客様は初めてでした。
 最初はあまり良い気分ではなかったんですけど、よくよく考えてみると、「今の試食会って恵まれてるな~。」と言うところに行き着きました。味どうらくの里を出した頃、今から30年も前になるんだそうですけど、その当時は、社長がお一人でマネキン販売(当時の名称)に行ってたそうなんです。でも、全然売れなくて、「こんな物売れる訳ない。」とか「うまくない!」なんてしょっちゅうだったんだそうです。その当時の社長の気持ちを考えたら、こんな事を気にしている私って「ちっちぇ~な~(-_-;)」ってなったんです。そして、今の試食会ってホント恵まれてるし、お客様からは「重宝してますよ。」とか「これがないとダメ!」なんて喜びの声しか聞くことがなくて、そういう声を当たり前に思っている自分に気付かせていただくことが出来ました。
 このお客様のおかげで、少しは自分を振り返ることが出来たように思います。
 そんな意味でも、このお客様に感謝ですよね。
 来年も、こんな事に出くわすことがあると思いますけど、いつも感謝を見つけて、そして「ちっちゃいことは気にすんな!ワカチコワカチコ!」の精神で頑張りたいと思います。 

◎第8位・“AJS・オール日本スーパーマーケット”さんの前で大試食会。
 10月のよねや富士見町店さんでの試食会なんですけど、店長さんから「肉を使った料理を紹介していただけないでしょうか?」というお話しをいただきました。
 お話しによりますと、ちょうどその日、よねやさんが加盟している“AJS・オール日本スーパーマーケット”さんというチェーンストア協会のお肉屋さんのバイヤーさんたちの研修会が富士見町店さんであるというので、店長さんも気を遣って下さってこのようなお話しをして下さいました。
 午後1時頃、明らかにお客様とは違う団体さんがぞろぞろとお店に押し寄せて、私たちの前に陣取りました。その迫力に圧倒されながらも、せっかくの機会ですので、声を張り上げて紹介しました。
 でも残念なことに…。やっぱり研修会の方が大事なんですよね。たったお一人、北海道の方だけが食べて下さっただけで、他の皆さんはどうでもいいって感じ!でも、その北海道の方「こんなマネキンもあるのか…。」と私たちの試食会を感心して帰って行かれました。それだけでも良かったかな?なんて思ってます。
 ちなみにこの日は、ユキちゃんとミッちゃんの『アラ○○コンビ』がお邪魔しました。 
試食会①


◎第7位・レシピ革命。
 以前から、「レシピをもっと漫画チックに。お客さんが見て楽しめるように。」なんて社長から教えてもらってたんです。でも、なかなかいいアイデアが浮かんでこなくて「ハテ、何としたらえべ?」と悩んでいたところで、ノリちゃんが作ったレシピを見つけました。「おお、これなら!」と思って、さっそくノリちゃんのレシピをパクって作ってみました。
 ところがこのレシピが大ウケ。特に若いお母さんには「かわいぃい~(^O^)」なんてバカウケ!でした。
 ホームページのキャラクターをただコピーしただけなんですけど、ちょっと変えただけでウケがこんなに違うんですよね。とっても勉強になりました。ノリちゃんに感謝です。 
チャーシュー① チャーシュー②

◎第6位・秋田美人がテレビで放送?
 今年から山形の新庄市にあるビフレ新庄店さんでも試食会をやらせていただけるようになりました。
 こちらのお店でも、味どうらくの里のファンが多くて、とてもありがたく思ってるんです。それでも、まだまだ秋田ほどの人気はなくて、お使いでないお客様も多いですし、使って下さっているお客様でも、「煮物、鍋物、麺つゆ」くらいにしかお使いでないお客様が殆どなんです。なので、レシピをお見せして最後には「もし分からないことありましたらこのフリーダイヤルに電話してみて下さい。」と必ず一言添えるんです。すると「そうね。分からないことあったらここに電話すればいいのね。」と安心して下さるんです。その後で「秋田美人が対応しますので。」と一言。すると皆さん「秋田美人たって、電話じゃ見えないわよね。」と笑って帰られるんです。
 この様子をこの日のお昼の“ひるまにあん”という番組に投稿してくれたお客様がいらっしゃったんだそうです。最後に「また秋田に行きたくなりました。」と一言添えて…。午前中に来て下さったお客様だと思うんですけど、こういう感じでも印象に残って下さって、とても嬉しかったです。
 秋田へお越しの際は、当社にもお立ち寄り下さいね。
 秋田美人が対応しますので…。 

◎第5位・新メニュー続々(?)登場。
 今年は新しいメニューを沢山紹介することが出来ました。
 沢山と言っても5品なんですけどね。まだホームページに載ってませんので、ここでちょっとだけ紹介しますね。
 まずは味どうらくの里で、“豚肉のどうらく炒め”とB1-グランプリにも出店した“油麩どん”です。
 “豚肉のどうらく炒め”はスライスした豚肉を炒めて、味どうらくの里で味を付けるだけ。“油麩どん”は親子丼の鶏肉を、仙台名物の油麩に変えただけ。
 次はかくし味です。“冷やし茶碗蒸し”“生姜ご飯”“かんたんシチュー”が今年の新メニューです。
 “冷やし茶碗蒸し”はいつも作る“3・3・3”の茶碗蒸しをただ冷やすだけ!夏にはもってこいのメニューです。“生姜ご飯”は生姜を刻んでかくし味で炊く炊き込みご飯。“かんたんシチュー”はシチューのルーの代わりに、かくし味と牛乳で煮込むだけ。
 どの料理もとっても喜んでいただくことが出来ました。
 ここで皆さん何か感じませんか?どの料理もとっても簡単でしょ?そうなんです。我が社の料理は簡単な料理だけなんです。
 男性でも簡単にできる料理ですので、どうぞ一度お試しあれ~!
 来年もチョー簡単で、チョーおいしい料理を沢山紹介したいと思いますので、皆さんお楽しみに~! 
豚肉のどうらく炒めレシピ 油麩どん 生姜ご飯
かんたんシチュー 

◎第4位・お客様からの温かいお葉書。
 試食会こぼれ話 第33話・34話でもご紹介しましたけど、今年は、試食会に来て下さったお客様から嬉しいお葉書を頂戴することが出来ました。
 横手市のお客様、新庄市の伊藤様、心温まるお葉書ありがとうございました。特に伊藤様からは「秋田訛りでかざらない感じがとても良かったです。」なんてお褒めの言葉をいただいたりして…。
 更には、花巻市の“正ちゃん”さんからも、たびたびメールをいただきました。
 皆さん、本当にありがとうございました。
 皆さんからのお葉書やメールを励みにこれからも勉強していきたいと思います。
 来年も、お気軽にお立ち寄り下さいね。
 また会える日を楽しみにしてま~す。 
試食会② 


◎番外編・『秘密のケンミンショー』で大盛り上がり。
 2月26日、日本テレビさんの『秘密のケンミンショー』で、味どうらくの里が取り上げられました。
 昨年の9月頃から取材をいただきまして、一度はボツになりかけたんですけど、新企画『辞令は突然に…』の秋田編で再採用になりまして取り上げられました。
 この番組をご覧になったお客様から「秘密のケンミンショー見たわよ。」とか「私も凄く嬉しかったのよ。」という声を沢山いただくことが出来ました。皆さんとっても喜んで下さって、味どうらくの里を本当に愛して下さっているんだなあ。と実感することが出来ました。
 番組スタッフの皆さん、ありがとうございました。そしてお客様、ありがとうございました。 

◎第3位・試食会県外へ行く。
 この試食会も県外のお店さんからもご指名いただけるようになりまして、今年初めて、県外に進出することが出来ました。
 元々はビッグフレックさんの大曲店さんからのご紹介だったんですけど、6月からは山形は新庄市にあるビフレ新庄店さん。9月からは岩手県花巻市にあるビフレ花巻店さんで試食会をやらせていただけることになったんです。初めてのお店さんというのはやっぱり不安なんですよね。ましてや県外のお店さんですので尚更です。でもそんな心配は全くいりませんでした。県内のお店さんと同じように、というよりも、それ以上に皆さん良くして下さいましたし、お客様も遠慮なく食べて下さって、とっても喜んでいただくことが出来ました。
 でも、何より喜んでいただいたのは私たちの“訛り”なんですね。食べていただいた後に「ああ、やっぱり秋田ね。」と言うんです。味どうらくの里も秋田県の商品。と認知していただけたんだなあと思って嬉しかったんですけど、“訛り”で秋田って分かったんだそうです。しかも、「秋田訛りね~」って山形訛りとか岩手訛りで話してくれるもんですから、その場が山形VS秋田とか岩手VS秋田って感じになったりしたんです。そんな雰囲気に誘われてか、沢山のお客様が寄って下さったんですよ。ホント嬉しかったですね。
 来年も引き続き行かせていただきますので、新庄の皆さん、花巻の皆さん、私たちの“訛り”を楽しみに待ってて下さいね。
 来年は、方言で勝負だ! 

 でも、私ってそんなに訛ってます?秋田では言われたことなかったんで、お上品な言葉を使ってるつもりだったんですけどね~。今年一番勉強になったことはこれかな?
ビフレ新庄店様 ビフレ花巻店様

◎第2位・試食会無事3周年を迎える。
 平成18年6月13日、マックスバリュ刈和野店さんでスタートしたのが、この試食会の始まりです。
 ゆきチャンと一緒に行ったんですけど、あの時の感動「マネキン(当時の名称)ってこんなに楽しいもんだっけ?」が今でも思い出されます。あれから3年が過ぎました。
 当初社長から「3年やってダメだったら止めるからな。」ということを言われていたんですけど、おかげさまで、その3年も無事に過ぎ、というよりも、昨年からは、営業の柱の1本としてこの試食会をやらせていただけるようになったんですよ。
 これもお客様のおかげと、お店さんからご協力いただいたおかげです。そして社員一丸となってやらせていただいたおかげですよね。皆さんへの感謝を忘れずに、これからも勉強していきたいと思います。 
マックスバリュ刈和野店様 

◎第1位・沢山ご指名いただきました。
 第3位でもご紹介しましたけど、県外のお店さんだけでなく、今年は県内のお店さんからも沢山ご指名いただくことが出来ました。
 昨年もマルシメさんとか、3店舗さんからご指名をいただいたんですけど、今年は何と11店舗さんからご指名をいただきました。日程の都合で、今年は7店舗さんで実施させていただいたんですけど、来年は、残りの4店舗さんでも実施できるように、ただいま調整中です。
 これも、お客様に喜んでいただいている証拠かな?なんて勝手に捉えてますけど、おごることなく、もっともっと喜んでいただけるように、来年も一所懸命勉強していきたいと思います。

 こんな感じで、今年も沢山のご縁をいただいて、とっても楽しい試食会でした。
 来年も沢山のお客様に喜んでいただけるように、社員一丸となって勉強して参りたいと思います。
 来年もこの黄色いのぼりの試食会をお楽しみに~!
手を振るサキちゃん 

それでは皆さん、よいお年を…。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/276-98f7765d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1150)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん