FC2ブログ

スタッフブログ

稲盛和夫さん

4月といえば、入園、入学、入社のシーズンでもありますね。

私事で恐縮ですが、我が長男も先月小学校を卒業し、明日中学校に入学します。

実はその卒業式で校長先生のお話の中に稲盛和夫さんのことが出て来たんです。

商売に携わる人にとって、稲盛和夫さんをご存じの方は沢山いらっしゃるだろうと思います。

でも、まさか、商売とは縁遠いと思われる校長先生のお話に

稲盛和夫さんのことが出てくるとは思いもよりませんでしたので、

驚きました。と、同時に嬉しくもなりました。

校長先生曰く

「~私の尊敬している人に稲盛和夫さんという人がいます。あの日本航空の再建を託された人です。~中略~稲盛さんはおっしゃっています。人間死ぬ時は、地位も名誉も財産も持って行くことはできません。しかし、自分の魂は持って行くことが出来ます。だから、みなさんには魂を磨くような生き方をしていって欲しいと思います。~」と、

大体このような内容のお話だったと思います。

校長先生のお人柄がにじみ出るようないいお話でした。

帰宅後、長男に校長先生のお話のことを尋ねたら、「う~ん。よく覚えていない。」とのこと。

あら~、やっぱり我が息子。誰かさんにソックリ。(^^;)

社長を始め当社社員の中に稲盛和夫さんについて勉強している

社員もおります。私も一応その末席に座らせていただいています。

稲盛さんからは多くのことを教わっていますが、その中で最も心に残っていることは『因果応報の法則』です。

稲盛さん曰く

「よいことを思い、よいことをすれば、よい結果が生まれます。

悪いことを思い、悪いことをすれば、悪い結果が生まれます。

善因は善果を生み、悪因は悪果を生む。これが因果応報の法則です。」

「そしてそのよいことを強く思う。寝ても覚めても思い続ける。

実現するまで強烈に思い続けることが大切なんです。」

残念ながら凡人の私には、寝ても覚めても思い続けるという境地には至っておりません。

しかし、振り返ってみますと、思ったことの全てではありませんが、実現していますので

やはり“思う”ことは大事なことだと、稲盛さんの教えが腑に落ちます。

それでは引き続き、“善因善果”を勉強していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/342-66e1d4b5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん