FC2ブログ

スタッフブログ

『茶碗蒸しが我が家の定番になりました。』

4/2(金)に、スーパーモールラッキーさんで試食会を実施させていただきました。この日のメニューは、みつ葉とカニかまのあんをかけた『かんたん茶碗蒸し』と『かんたんドレッシング』でした

ラッキー様 レシピ

当社でPRさせていただいている『湯せん』で作っている方は12名もいらっしゃいましたので、本当にうれしく思いました

試食していただきますと

おばあさん 「かんたんに出来るので、家の定番メューになりました。」


おばあさん② 「茶碗蒸しはよく作っています。子供達が『美味しい』といって喜んで食べてくれるんです。」 とのお話をいただきました。 


茶碗蒸しかくし味1.8 

しかし、お一人のお客様から

お母さん① 「うまく固まらなかったの…。以前教えてもらったように作ったつもりなんだけど。」とのお話をいただきました。

このときに考えられることは、容器や熱をかけたときの状況です。多少時間(蒸す時間)が違ってくる場合もあります。あくまでも沸騰したお湯に浸して弱火で5~7分余熱で10分ですが、最後は、つまようじなどで真ん中の固まり具合を確認し、状況によっては蒸し時間を少し多めに取って作ってみて下さいネ。  
湯煎

また、

お母さん② 「余熱で良いの?火を止めたらお湯が冷めたりしないの?それで固まらなかったらどうすればいいの…」とのご質問がありました。

このような場合も必ず鍋や容器にふたをして10分したら、真ん中の固まり具合を確認して下さい。それでも固まらない場合は、少し熱をかけて調整して下さいネ。   

主婦の会話 「必ずこさなければ、いけないんですか?」とのご質問も多くありました。
こすとなめらかになり、食感もよくなりますので、美味しく出来上がります
たまごをこす

次に、ドレッシングですが、

ドレッシング かくし味500

「サッパリしていて、かんたんで良いですね。」

「美味しいですね。作ってみます。春雨どこに置いてあるんですか?」

「ドレッシングの作り方、幸チャンのCMでやっているよね。」

実際にPRさせていただいている割合(1対1対1)で作っている方はいらっしゃいませんでしたが、オリジナルでドレッシングを作っている方は数名いらっしゃいました。作り方は、「豆板醤とコチュジャンと今はやりの辛くないラー油と味どうらくを混ぜて作るんです。」・「酢とかくし味で作るんです。」とのお話でした

その他、お店の方から

「“甘酒のムース”家に帰ってからすぐに作ってみましたよ。大好評でした。」

「娘が『これじゃなければダメだ。』というのでかくし味送っています。」

「この前教えてもらった、甘酒とかくし味に漬けたエビ。早速家に帰ってから作ってみましたよ。美味しかったよ。」

「菊の混ぜご飯、作っていますよ。」

「レシピ楽しみにしています。いつも同じような使い方しかしていないので、参考になります。」と、たくさんのお客様よりうれしいお話をいただきました。ありがとうございました

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/351-3e0a23fe

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん