FC2ブログ

スタッフブログ

初夏の味覚 『じゅんさい』

初夏の味覚 『じゅんさい』KOORI.gif

 

夏の食べ物と言えば、MERON.jpgkakigoori tokorotenn.jpg (ところてん)等々想像しますよねぇ。
中でも、『じゅんさい』は一番ではないでしょうか

 

『じゅんさい』はスイレン科の多年草で、ぬるりとした食感とシャキシャキした歯ごたえが何とも言えません。その『じゅんさい』の育つ池や沼は、水がきれいなところで、メダカやかえるなどの生物が共存する自然豊かなところとのこと。

会社の近くにも『じゅんさい』の産地がありました。


車で10分ぐらいのところです) 

じゅんさい 採り1

 

『じゅんさい』を採っているおばさんのお話です。

おばあさん 「いいところ二ヶ月ぐらいで『じゅんさい』は終わりだね」

        「若い者は誰もやりたがらないので、ばあちゃんみたいな年寄りだけだなぁ」

        「座っていれば、足も腰も痛くなるし・・大変なんだぁ。」

        「みてみれ、このバケツ一杯で2㎏ちょっとにしかならないだよ。注文が来て
                  いるからやめられないし・・。」

 じゅんさい採り 2

 

『じゅんさい』の摘み取りは早朝から夕方までと、たいへん過酷な作業のようです。おばちゃんの話の通り、私にはどうも勤まりそうにありません。


その『じゅんさい』の美味しい食べ方を一つご紹介します

それは、『じゅんさい』に味どうらくの里を加えて頂きます

 

写真は1㎏の生じゅんさいです

じゅんさい 1 
   

軽く水洗いをします

じゅんさい 2

 

たぷりのお湯に通します

じゅんさい 3

 

冷たい水で冷やします。水道水でOK

じゅんさい 5  

 

味どうらくの里を適量を注ぎ薬味で生姜やわさびをトッピングします)

じゅんさい 4


〈 準 備 〉 

1)まず、生のじゅんさいの場合。軽く水洗いしてザルに上げます。ヌメリが落ちないように注意する。

2)たっぷりのお湯に通す。じゅんさいの色が鮮やかな緑色にかわります。冷水で冷やします。

3)すくい上げて、調理します。

 

〈 調 理 〉 

1)器にじゅんさいを盛り付け、味どうらくの里を適量入れます。

2)トッピングで生姜やわさびをのっけます。

3)あとは食べるだけです

 

これが美味しいこと。美味しいこと・・。マズタベデミテケレ(食べてみて下さい)

じゅんさいの独特のヌメリが何とも言えない食感です。

 

他にもお吸い物・酢の物・てんぷらや鍋物のにも合うそうです。そんなお料理を作る前に1㎏のじゅんさいが無くなってしまいました。

ごちそうさまでした。                   

味どうらく1.8 ロゴマーク-手を振る-art ウフ
・・・  ( 鎌田龍浩 )          





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/411-ddddf35d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん