FC2ブログ

スタッフブログ

スノーモンスター

こうちゃんの口福レシピ 編集画像 

幸せ料理研究家の「こうちゃん」こと相田幸二さんが出演下さっている当社のCMご覧いただけましたか?と言っても秋田・山形のみの放映ですから、その他の地区にお住まいの方にはご覧いただけませんね。でも大丈夫。ホームページをご覧の皆様にはWMP(Windows Media Player)版でご覧いただけます221

視聴方法は至って簡単。トップページのこうちゃんの下にある「ドレッシング」と「ハタハタのどうらく焼き」の部分にカーソルを合わせてクリックしてみて下さい。そうするとレシピページが別ウィンドゥで表示されます。そのページの右上の部分にあるCM絶賛放映中!をクリックしていただくと、そのレシピのCMがご覧いただけるようになっています。

ドレッシングアラカルト ハタハタのどうらく焼き

現在はこの二品だけですが、外にも三つのレシピCMが収録済みですので、編集が済み次第順次公開していく予定です。どうぞお楽しみに。

さて、暦の上では20日が大寒…ってことは、ここらへんが一年中で一番寒いってことなんですけど、昨日は日中の最高気温が10℃、今日も同じくらいあるようです。降った雪もほとんど消えてしまったし、寒さも感じないしで、「こんなもんでホントに良いの」って感じなんですけど、日本中こんな感じなんでしょうか361「このまま冬が終わってくれればナァ」と思う反面、「もしかしてこの後大荒れになるの?」なんて思ったりもしてます。やっぱり異常気象ってことになるんでしょうね。

今週は寒くないんですけど、この前の日曜日(18日)の朝は寒かったんです。外に出ると空気がピーンと張り詰めている感じで、近頃では珍しいぐらいの冷え込みでした404霧も掛かっていて気温は氷点下7~8℃はあったんじゃないでしょうか。「朝方冷え込んで霧が掛かるってことは、こりゃあ今日は快晴342間違いなしダネ」って思いながら、以前263山形蔵王に223行った時に見た樹氷を想い出していました。「あの時も今日みたいな天気だったなぁ。こんな日は樹氷も綺麗だろうなぁ…」と思ってて、ふいに「じゃあ樹氷見に行っちゃうか363」と思ったんです。

そこで、秋田県内で唯一樹氷が見られる場所・阿仁スキー場へと向かいました。阿仁スキー場は秋田県の県北部・北秋田市の旧・阿仁町にある森吉山に作られたスキー場です。ウチからは231で約1時間半ぐらい。山形蔵王までは3時間以上掛かるので、それに比べればかなり近いかなって感じです。

阿仁スキー場の駐車場からは、全長3.5㎞のゴンドラに乗り山頂駅を目指します。

1.阿仁ゴンドラ 

ゴンドラに乗り山麓駅を出発した時にはそんなに寒さは感じなかったんですが、標高が高まるにつれ回りの景色も一変し、外はいかにも寒そうな感じに。標高1,200mに位置する山頂駅まで約20分。この標高でも樹氷らしきものはいくらか見えるんですが、本格的な樹氷を見るためには、そこから徒歩で更に上へ進まなければいけませんでした。

2.山頂駅から更に上へ 

写真の奥の方に見えるのがゴンドラの山頂駅。天気が良くて遠くまで視界が効くのは218なんですが、風はやっぱり冷たかった12そうして歩くこと10分、やっとのことで樹氷平の入口に着きました。3.樹氷平入口 4.樹氷平入口 横断幕

ここから上が樹氷平と呼ばれる樹氷群なんです。「よぉし、もっと上に行ってみるぞーッ217」と言う私の声に、一緒に行った子(中2)は薄着のため、また完全防備ながら寒さに弱い妻も首を横に振って、「じゃ、行って来て422」とつれない返事。二人はリフト降り場の下に作られていた「かまくら」にいるというので、やむなく一人で樹氷群の中へと向かいました。

15.樹氷群へ 5.かまくら

気温は氷点下3℃位だったでしょうか。でも時折強い風が吹くので、体感温度はそれ以下です。樹氷の続く中を登ること7~8分、ようやく山頂の方の避難小屋が見える所まで辿り着きました。

6.白銀の世界 7.樹氷 大 

ここまで来ると樹氷もかなり大きくなって162のものなんかは4~5mはあるんじゃないかというぐらい。まさにスノーモンスターって感じです。ここら辺まで来ると、右を見ても左を見ても白一色の世界。でもね、なんか清々しいっていうか、神々しい感じさえしました。空気は澄んでるし、天気も良くて遠くまで見渡せるし。この山でこれだけ周囲が見渡せる時なんて、たぶん1シーズンに1・2度じゃないでしょうかね。標高も高いし、この山の外には周囲に高い山がありませんから、普段は吹雪でほとんど視界が効かないんじゃないかな。

8.山小屋方面9.樹氷群 10.樹氷と山脈 11.秋田市方向?

158上の写真の奥のお日様の射している方が、たぶん秋田市方向だと思うんですけど…普段は見えないと思うんだけどな。

12.ゲレンデ 

再び降りてくるとゲレンデにはスキーヤーやボーダーの姿も見られました。雪質はサラッサラだから、滑ってても気持ち良いでしょうね。時間にして20分ぐらいだったでしょうか。「お待たせ~」と、妻子の待つかまくらの中に入ると、スギッチの兄弟分?モリッチ(森の妖精だそうです)が祀られていました。どうです?可愛いでしょ?

13.もりっち

こうしてまたゴンドラの山頂駅から下りのゴンドラに乗り山麓へ。樹氷と言えば山形蔵王というイメージですが、秋田の阿仁スキー場でもバッチリ見られますよ。こちらの阿仁スキー場でも3月始めまでは樹氷が見られるようですから、見たいッと思った方は是非どうぞ422

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/45-7f74b171

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん