FC2ブログ

スタッフブログ

○○の秋

秋といえば『○○の秋。』。みなさんは秋からどういう言葉を連想されますか?私は、なんと言っても食欲の秋です。脂ののったさんまや秋サケを焼いて食べたり、いろんなきのこを入れてきのこ汁をつくったり、この他にもたくさんの食材が旬を迎え、お料理の仕方もいろいろあると思います。
   
鮭のイラストサンマのイラストいろいろな野菜
私の場合は、さんまが大好物で焼いたものに味どうらくの里をかけて食べたり、味どうらくの里に酢を混ぜ合わせポン酢風のたれを作り、かけたりして食べます。私事で大変恐縮なのですが、以前は腸が苦くて食べられませんでした。しかし、大根おろしに味どうらくの里やこの味どうらくポン酢風たれをかけると、程よい苦味に緩和され、今ではやみつきになっています
 
この前、テレビのお料理番組で新鮮なさんまの見分け方をやっていました。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、口先が黄色で、目の周りが赤くなく透き通っていて、背中がグッと盛り上がっているものが脂がのっていて美味しいです。とのことでした。そして、焼き方はお酒を少々かけて焼くとおいしさが増すとのことでした。(焼いているところを想像すると自然とよだれが出てきそうです。)

サンマ七輪焼き          味どうらくの里500
間もなく県内のあちらこちらで稲刈り作業が始まり、新米も出回って来ます。炊きあがったときのつやつや感と、一粒一粒の弾力性は新米でなければ味わえない食感で待ち遠しい限りです。(だいぶ、お腹も出てきました。メタボも心配ですので、食べ過ぎには注意したいと思います。)

稲穂

これから、紅葉も始まってきますと鍋っこやピクニックのお供にイチ押しなのが、“かんたん混ぜご飯”です
 
 舞茸の混ぜご飯       混ぜご飯4/9    

      舞茸の混ぜご飯           万能つゆ 味どうらくの里1.8㍑


   かんたん生姜ご飯の写真      ⑰かくし味       生姜ご飯          ご飯のイラスト① 
      (↑こちらは生姜の炊き込みご飯です。)

作り方は、炊きあがったご飯に、お好みの具材と“味どうらくの里”や“かくし味”をただ混ぜるだけで出来上がりです。(味どうらくの里・かくし味の分量は、1合に対して大さじ2ですが、お好みで調整して下さい。)是非お試し下さい。                             (倉田則夫)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/451-dff0d25f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1150)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん