FC2ブログ

スタッフブログ

ジンジャー・ライス 大好評

 先週の水曜日、秋田市にある“ビッグフレック東通店さん”で、試食会がありました。
ビッグフレック東通店様 004
 今回ご紹介した料理は、かくし味で作る“ジンジャー・ライス”です。
 ジンジャー・ライスといっても、生姜の炊き込みご飯なんですけどね。
 本題に入る前に、このジンジャー・ライスこと、生姜の炊き込みご飯の作り方を紹介しましょうね。
①ジンジャー・ライス
 まず用意するものは、
 お米と、生姜と、かくし味だけなんです。
②生姜とかくし味

 分量は?
 お米3合に対して、生姜が1/2個(50㌘くらい)、かくし味大さじ6杯。 これだけでいいんです。

 それでは作り方を説明しますね。

①.まず、生姜をこんな感じで刻みます。
③作り方①
 
②.お米3合をといだら、かくし味大さじ6杯入れて、水を入れて、炊飯器の目盛りに合わせます。目盛りを合わせたら、その上に刻んだ生姜を入れて、スイッチON!あとはご飯が炊けるまでじ~っと待ってて下さいね。
④作り方②

③.ご飯が炊けたら、混ぜてできあがり~!
⑤作り方③

④.お好みで白ごまを散らしてどうぞ!
⑥作り方④

 たったこれだけなんです。
 皆さん、食べていただくと「さっぱりしておいしい。」「生姜の臭いが最高!」と大喜びでした。
 そしてこんな感じで作り方を説明すると、
お母さん  「えっ?あとは?」
おかわりくん  「これだけなんですよ。」
お母さん 「えっ?これだけ?」
おかわりくん 「ええ、これだけなんです。」
お母さん 「そう…。かんたんだから早速やってみる!きょうはこれ!」 

 ご紹介する度に、こんな会話が飛び交うんですよ。
 あまりにもかんたんなので、皆さん戸惑っちゃったみたいですね。

 でも何人かのお客様からクレームがありました。
お母さん①  「どうしてもっと早く紹介してくれなかったの?」と…。
おかわりくん 「えっ?生姜って身体を温めるから冬の料理じゃないの?」と一瞬思ったんですけど、
お母さん① 「夏の暑い時は、食欲がなくなるから、こんなさっぱりしたご飯がいいのよ。特に今年は暑かったでしょ?」と言うんです。
おかわりくん 「ああ、なるほどな~。」と私も納得しました。
 来年は、もっと早めにご紹介しますので、皆さん、お待ち下さいね。

 それでは本題に入ります。
 どうして“生姜の炊き込みご飯”をわざわざ“ジンジャー・ライス”って言うか、しかもこの秋田で…。不思議でしょ?
 それは、このお店には外人さんが良く来られるみたいなんですね。
 前に、ジャパニーズプリン(茶碗蒸し)をご紹介した時にも「シッタゲウメェ!(すごくおいしい。)」と別の外人さんが寄ってくれたんですけど、近くに何かあるんでしょうかね? 

おかわりくん 「いらっしゃいませ~。どうぞ食べていって。」
外人さん 「(笑顔で拒否)」
おかわりくん 「ジンジャー・ライスです。どうぞ。」
外人さん 「(再度笑顔で拒否)」

 その後しばらくして、また通って下さったんです。
外人さん 「スイマセン。スコシクダサイ。」
おかわりくん 「どうぞ。」

 すると近くにいた、車いすに乗られた女性の所に持って行かれました。
 そして、その方に食べさせて上げてました。
 きっと奥さんとかんなでしょうね。
 食べ終わった試食カップを私たちの所にあるゴミ箱に持って来て下さいました。
おかわりくん 「これはご飯を炊くときに、生姜とかくし味で炊いたのなんです。」
外人さん 「オオ、ソウデスカ。」
おかわりくん 「ジンジャー・ライスです。このサンプルで作ってみて下さいね。」
外人さん 「オオ、アリガトウ。」
 と言って帰られました。
 おいしいジンジャー・ライスを奥さんに食べさせて上げられたらいいですね。
 こんな感じで、外人さんにも作ってもらえるように、国際的な料理になってくれればいいなあなんて、そんな思いも込めて、ジンジャー・ライスにしてみました。

 この風景をご覧なられていたんでしょうか?
 後ろから
お婆さん 「どれどれ、そのジンジャー・ライスという物、食べてみろが。」と寄って下さったお客様がいらっしゃいました。
 いつも寄って下さるお客様で、今までご紹介したチャーシューや舞茸の混ぜご飯、茶碗蒸し、長芋ステーキ、全て作ってくださっていて、このジンジャー・ライスも大喜びでした。
 作り方を説明すると、他のお客様と同じように「それだけ…?ジンジャー・ライスか、作ってみるな。」と言って帰って行かれました。

生姜 かくし味1.8

 皆さん、この“ジンジャー・ライス”こと“生姜の炊き込みご飯”をお試し下さいね。
 心も身体も温まりますよ~!
 

 ところで、今日は“第31回神岡・南外花火大会”があります。
 我が社の花火は、毎年、取りを飾るんですよ。
8.花火①
 今年も、沢山のお客様に“感動”という形で、ご恩返しできればいいですね。
 これは冬に行われた、新作花火コレクションの写真ですけど、これよりも遙かにすごい花火が打ち上がりますので、皆さん、どうぞご期待下さ~い。
16.提供花火① 
19.提供花火④

 それではまた(^_^)v  (門脇公博)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/452-508f5824

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1150)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん