スタッフブログ

横浜のモノなんですけど

本日はお向かいさんの当番だったんですが、振り替えでお休みになってまして、昨日の帰り際に「今日のブログの続き、明日やってもらってもイィしよ」と、当番を譲ってくれましたので、昨日の「年末にあった本当のお話」の続きです。

お客様との電話での会話を終え、受話器を置いたお向かいさんだったんですが、問題はココからでした。
 
電話でのやりとりを聞いていたアッシは、

「なぁんだって、いぢいぢ緊張へだもんだな。いっかだ、この調子でくたびれねべが…おぃおぃチョット待でよオメ肝心要のお客さんの名前ど電話番号聞いでねんでね待で待でまだ切なヨッ……あぁ~あ切っちゃったでゃオラ知~らねっと
(日本語訳)
「ホ~ント電話取る度によくもそんなに緊張できるもんだよな。毎度毎度、この調子で疲れないのかね…おぃおぃチョット待てよお前肝心要のお客さんの名前と電話番号聞いてないんじゃない待て待てまだ切るなヨッ……あぁ~あ切っちゃったオレは知らないからな

と、思っていたんですが、

受話器を置いてから、チョット間があり、その後に彼が言ったんです。

「アラッ今のお客さん『横浜のモノなんですけど』って言ったっけしども、オレ名前聞いだっけしか?」

「んぁ聞いでねがったんでねぇがな?」

んだしべあやぁ、何とへばえしべまだ間に合うびょんって答えだしども、お客さんのごど聞ぐの忘れでらったしでゃ
(日本語訳)
やっぱりそうだったんですかあらぁ、どうしたらいいッスかまだ間に合うと思いますって答えたんですけど、お客さんの名前も電話番号も忘れてましたぁ

「やっぱりな話しぶり聞いでらば、そんた感じだっけをな」

「何とするしか


「何とするって、何ともしようがねぇべよんだどもな、その人『横浜のモノ』って言ったんだべもしかして、横浜の『模野さん』とか『母乃さん』とかじゃね(笑)ホレPCで横浜の『モノさん』で検索してみれ()」

「あ~大変なごどしてしまったしでゃ

「んだなお客さんオメの言うごど聞いて、今頃『ラッキーだったわぁ来年は良い年になりそう』なんて思ってるんだで罪な男だ

「そう言わねでけれしぃ

「とにかくから横浜のお客さんのリスト全部出して片っ端から当たってみるしかねえべよ」

「んだしな。へば、そうさせてもらうしから、何とかご協力を

「はいはい。あ~今日何時まで掛かるべな

その後、「横浜のモノさん」を探し出そうと端末からリスト検索したものの、横浜市だけで1,000人以上のお客様の登録があることが判明。もちろんその中に『模野さん』や『母乃さん』と言うお客様がいるはずもなく、3人で手分けして順番に電話してみたものの、一軒一軒電話して確認しているウチに時間はドンドン過ぎてしまい、1時間ほどしてから時計を見るともう9時を指そうとしていました。

そこで、「時間も時間だし、もうこれ以上電話掛けられないよな。お客さんには申し訳ないけど、たぶん年明けに『暮れに頼んだ商品がまだ届かない』」って電話が入るだろうから、それを待って対応するしかないな」という結論になり、そこで諦めることになりました。

しかし、年が明けてもお客様から苦情の電話は入らず、「どうしたものか?」と思っていましたが、その約一ヶ月後、横浜市在住のお客様から、「商品が届かない」という電話があったとのことで、丁重にお詫び申し上げ、お詫びの品を贈らせていただくなどして、この一件がようやく決着したのでした。

それ以降、お向かいの○○○さんは、電話を取る時には必ずメモを取るようになり、お客様情報をシッカリと記録するようになりました。 

トリミング

今後はこういうことの無いように気をつけようネ、お向かいさん(山本智巳)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/496-c123ec11

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1277)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん