スタッフブログ

◇研修旅行もいよいよ最終日となりました!

 今夜は、クリスマス・イヴ! (^O^)

 

キャッスルホテルさんのツリー①  キャッスルホテルさんのツリー②
 

キャッスルホテルさんのイルミネーション②  キャッスルホテルさんのイルミネーション①
 
皆さんは、どんなクリスマス・イヴをお過ごしになりますか?

 

 秋田営業所がお世話になっている秋田キャッスルホテルさんのツリーです。

 

 

お話は変わりますが、研修旅行もいよいよ最終日となりました!
 

四日目の今日もいいお天気です。(^O^)

 

今日の予定は、朝一番に大桟橋(おおさんばし)ふ頭の見学です。
 
ここは、横浜港大桟橋国際客船ターミナルとして利用されており、大型外国客船も寄港するところで、あの日本郵船のクルーズ客船である飛鳥Ⅱの船籍港でもあるんです。
 

大桟橋ふ頭から見たみなとみらい21地区の景色①
 
大桟橋ふ頭から見たみなとみらい21地区の景色②
大桟橋ふ頭から見たみなとみらい21地区の景色です。
 
大桟橋ふ頭を見学後、三溪園さんへ。
 
三渓園さん
 
ここ三溪園さんは、生糸貿易で財を成した実業家 原 三溪氏が1906年(明治39年)、自宅を公開したことに始まる日本庭園で、広さ175,000㎡(53,000坪)に及ぶ園内には、三溪氏により京都や鎌倉などから集められた17棟の歴史的建造物が散りばめられ、四季折々の自然とみごとな調和を見せているんです。
 
三溪園さんのシンボル“三重塔”①
 
三溪園さんのシンボル“三重塔”②
 
臨春閣
三溪園さんのシンボル“三重塔”と“臨春閣”です。
 
三溪園さんを見学後、横浜赤レンガ倉庫さんへ。
 
“横浜赤レンガ倉庫”は、横浜港にある歴史的建築物の愛称で、正式名称は、新港埠頭保税倉庫です。2号館は1911年(明治44年)、1号館は1913年(大正2年)に竣工。保税倉庫としての役割は、1989年(平成元年)までに終え、しばらく放置されていました。2002年(平成14年)に1号館は、展示スペース・ホールなどの文化施設に、2号館は商業施設となり、付近一帯は広場と公園を備える赤レンガパークとして整備され、みなとみらい21地区の代表的な観光施設となっているんです。
 
赤レンガ倉庫①
 
赤レンガ倉庫②
横浜赤レンガ倉庫さんです。
 
そして、横浜赤レンガ倉庫さんを見学後、横浜中華街にあります“招福門”さんで昼食です。
 
招福門さんは、横浜中華街 初のフカヒレ専門店「魚翅酒家(ユウチイシュカ)」として、99年4月にオープンしたお店なんです。
 
今回、こちらのお店で、特製コースをいただきましたました。
 
招福門さん 紹興酒
 
招福門さん① 招福門さん②
 
招福門さん③フカヒレの姿煮・広東風 招福門さん④伊勢海老のマヨネーズソース和え
 
招福門さん⑤大アワビのオイスターソース煮 招福門さん⑥フカヒレと蟹肉の卵白炒め
 
招福門さん⑦牛ヒレ肉と平貝の黒豆ソース炒め 招福門さん⑧鮮魚の姿蒸し
 
招福門さん⑨フカヒレ入りあんかけチャーハン 招福門さん⑩マンゴープリン
今回ごちそうになったお料理です。

 

大皿に盛られたお料理は、女性店員の方が小皿に盛りつけしてくれるんです。笑顔③
 

フカヒレの姿煮・広東風、伊勢海老のマヨネーズソース和え、大アワビのオイスターソース煮、フカヒレと蟹肉の卵白炒め、牛ヒレ肉と平貝の黒豆ソース炒め、鮮魚の姿蒸し、フカヒレ入りあんかけチャーハン、マンゴープリン。

 

どれもおいしいお料理で、全部、残さずいただきました。ごちそうさまでした。<(_ _)>

 

そして、豪華な昼食をいただいた後は、中華街や元町を散策…、といっても目的はお買い物なんですけどね。

 

横浜中華街①
 
横浜中華街②

横浜中華街入口と“招福門”さんです。

 

お買い物も終えて、いよいよ秋田に帰るために羽田空港へ向かいます。

 

実は、ここ羽田空港でもお買い物タイムがあるんです。

 

搭乗手続きを終えて、出発までの間、この時間が本当に最後の買い物タイムになるんです。

 

そして、最後のお買い物を済ませて、搭乗口へ。羽田空港を予定通りに飛び立ち、秋田空港に無事到着!
 

おかげさまで、三泊四日の研修旅行を無事、終えることが出来ました。<(_ _)>

 

私たちが研修旅行で、会社をお休みさせていただいている間も、私たちの製品をお取扱いして下さっている問屋様、お店様は、お客様のために商品を供給して下さっており、このような陰で支えて下さっている皆さんのおかげで、研修旅行に行かせていただいていると感謝しております。本当にありがとうございます。<(_ _)>

 

   研修旅行で勉強になったことを仕事に活かして、これからもお客様のお役に立てる仕事が出来るよう、がんばりますので、これからもよろしくお願いいたします。<(_ _)>   
 
 
                              おみやげ      さきちゃん   
(泉 光二)   スーツケース①
 
 
 
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/513-40b2f0a8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1278)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん