FC2ブログ

スタッフブログ

謹賀新年

謹賀新年
新年あけましておめでとうございます。
sakicyanharegi.jpg  
本年も東北醤油の製品共々、
お引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
商品集合写真 

さて、大晦日から昨日までお休みをいただきまして、今日が今年の仕事始めとなります。ことしもJengoブログでは色々な話題をお届けしたいと思いますので、よろしくお願いします。
さて、六日間お休みをいただいたものの、いつものことながら、休みというのは「アッ」という間に終わってしまうものなんですが、今回も例に漏れず六日間という長~い日にちも、瞬く間に終わってしまったような気がします

拙宅のお正月の楽しみは何と言っても箱根駅伝なんですが、昨年の11月に会社の研修旅行で箱根駅伝の往路復路全コースを巡らせていただいたこともあり、今年の箱根駅伝はひと味もふた味も違ったものになりました

さらに第87回大会は、箱根駅伝史上まれに見る大接戦が繰り広げられたこともあって、2日~3日は、朝7時の放送開始から中継が終わるまで、ず~っとテレビの前に釘付け状態となったことは言うまでもありません。

大会前には、「東洋の三連覇なるか?あるいは早稲田が東洋を阻止して大学駅伝三冠達成なるか?はたまた実力選手揃いの駒沢はどうか?」と何かと話題に事欠かない大会でしたが、終わってみれば早稲田大学が大会新記録となる10時間59分51秒という夢の10時間台を達成して18年ぶりの総合優勝を飾りましたね。出雲・全日本に引き続きの優勝で今年の大学駅伝三冠を達成したチーム力は見事なものでした。選手の皆さんの奮闘を讃えたいと思います

毎年のことながら様々なドラマが生まれる箱根駅伝。今年も随所にそういう光景が見られました。箱根駅伝史上最短となる21秒差という大接戦の総合優勝争いもそうでしたし、8~10位の順位…つまり翌年のシード権を得るために4チームが死力を尽くしたゴール直前でのデットヒートもそうでしたよね。

そんな中、自分が最も印象的だったのは、19位でゴールした上武大学のアンカー地下翔太選手がゴール直前で見せた仕草でした。

鶴見中継所で繰り上げスタートにギリギリ間にあったということもあってのことかと思いますが、襷を受け取って大手町のゴールを目指して走った地下選手。

TOPからは遠く離れてしまったものの、母校の襷を無事に繋げられたという気持ちからか、ゴールを間近にして襷を何度も何度も握りしめる彼の姿を見て、不覚にも涙が…。
仲間と共に望んだ箱根駅伝で母校の襷を繋ぐこと、そしてその襷の重みというのは特別なものなんだなと改めて感じさせてもらいました。

他にもたくさん感動があったのですが、明日のブログ当番の方が、どうやら「箱根駅伝をネタに…」と考えてるようなので、今日はこの辺で…選手諸君今年も感動をありがとう(山本智巳)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/518-ad8e4ebd

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1151)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん