スタッフブログ

お客様からのお手紙

今週の17日(月)に、福島県にお住まいのお客様より今年のカレンダーと年賀状のお礼のお手紙をいただきました。
       

      万能つゆ 味どうらくの里500㍉       万能つゆ 味どうらくの里1.8㍑  

お手紙の内容は、お客様のご主人が山形県出身で、ご実家に帰省するたび、義理のお姉さんがいつも美味しい煮物をごちそうして下さったとのことでした。お姉さんに「こんなにいい味は、どうしたら出せるの?」と尋ねたところ、「実は、これ使っているの。」と言って、帰りに味どうらくを2本お土産に持たせていただいたことが、味どうらくとの出逢いだったそうです
その後、直接当社に近くで味どうらくを扱っているお店がないかお問い合わせして下さったそうでしたが、その時には、近くに置いてくれているお店はありませんでしたので、直接当社より商品を購入して下さいました。現在は、生協さんの共同購入で味どうらくを取り上げていただいているようですので、生協さんの方より購入して下さっているとのことでした

この夏に悲しいお別れがあったそうです。味どうらくをご紹介して下さったお姉さんが、ガンのため63歳の若さで他界されたとのことでした。
ご実家に帰省されたときは、少しでも喜んでもらいたいと真心のこもったお料理でもてなしてくれたり、また、お土産も持たせてくれたりと、このお客様は義理のお姉さんを実のお母さんやお姉さんのように慕われていたように思います。お手紙を拝見いたしまして、お姉さんから受けた優しさに対する感謝の気持ちが心に強く伝わってきました。そして、今では、結婚して近くに住んでいる娘さんにも味どうらくを分けていらっしゃるそうです。お姉さんからの思いを娘さんにも…。本当に嬉しく心温まるお手紙でした。
よく当社の社長から、『親から受けた恩は、子供に返しなさい。』というお言葉をいただきます。振り返ってみますと、そうしたことの積み重ねが、子供たちの心を豊かにし、家族の絆も強いものになって行くと思います。
もしかして、お亡くなりになられたお姉さんとこのお客様のつながり(絆)は、味どうらくが今も取り次いでくれているようにも思いました。
相田みつをさんの書の中で“出逢いが人の人生を変える。良い出会いを”というのがあります。このようなお客様との出逢いは、この会社に入社させていただいて、本当に良かったと強く思う瞬間でもあります

最後に、福島の郷土料理として宣伝されています、“いかにんじん”(千切りしたにんじんに、するめいかを入れてダシ醤油で味付けするお料理)は、味どうらくで味付けしていますとのことでした。折角教えていただきましたので、この“いかにんじん”を、是非試してみたいと思います。今後も味どうらくは欠かせない調味料として使っていきたいと書かれておりました。ありがとうございます

今回のようなご縁を大切に、少しでもご恩返しの出来る人になれるよう、今後も努力して行きたいと思います。ありがとうございました。(倉田則夫)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/526-e584980c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん