スタッフブログ

義援金と支援金

 皆さん、「勝谷誠彦さん」ってご存知ですよね?
 私は「たかじんのそこまで言って委員会」で初めて知ったんですけど、あの毒舌というか、はっきりと物申されるところなんか、気持ちいいですよね。
 その勝谷さんの番組、ニッポン放送の「勝谷誠彦のこれがニュースだ!」でこんなお話しがありましたので、皆さんにご紹介しましょうね。
 帰りの車の中で聞いたことですので、間違ってとらえてるところがあるかも知れませんけど、だいたいこんなお話しだったと思います。もし違ってたら、勝谷さんご連絡下さいね。

「皆さんは、義援金と支援金の違いって分かりますか?
 義援金とは、日本赤十字社などに寄せられた募金を、各自治体に配分して、それから被災地に届けられるのが義援金です。
 一方、支援金というのは、日本○○財団に寄せられた募金を、その財団の人たちが直接被災された人たちに届けると言うのが支援金なんです。
 皆さんもどちらに募金するか、いろいろ考えて、募金された方がよろしいかと思います。
 ( ~ 中 略 ~ )
 ところで先日、日本○○財団の人から、こんな話を聞きました。
 その人は、支援金を届けに、石巻(塩釜だったかな?)へ行ったんだそうです。そこの避難所へ行って、避難されている人たちに、一世帯当たり5万円の支援金を渡したんだそうです。するとしばらくして、一人のお父さんが、その5万円を返しに来たんだそうです。「どうしたんですか?」と聞いたところ、その方は「向こうでウチの家内が貰って来ました。これは一世帯5万円なんですよね?ウチではもう貰ってますので、これは他のお宅に渡して下さい。」と言って返しに来られたんだそうです。それを聞いて日本○○財団の人は、「そんな事どうだっていいじゃないか。黙ってれば誰も分からないじゃないか。」と思ったんだそうですけど、「こういう人に支援金を渡せて、私はとっても幸せな気分になりました。」とその日本○○財団の人が言ってました。」
(“日本○○財団”の“○○”の部分を良く記憶しておりませんので、とりあえず“日本○○財団”と書かせていただきました。)

 と言うお話しなんです。
 これを聞いて皆さんどう思いましたか?
 私はつい、「自分だったらどうしたんだろう?」と考えてしまうんですよね。
 きっと自分だったら、悪い事と分かってはいても、自分の事しか考えないで、黙って貰ってしまうと思うんです。私と同じようにしてしまう人も少なくないと思うんです。でも、あの被災地で、仮にそのような事をしたとしても、誰も責めたりはしないと思うし、「しょうがないよ。」と許してくれるとも思うんです。
 それを返しに来られたお父さんって、この状況にあっても、真っ正直で、正々堂々としていて、本当に他人を思いやれる優しい人なんだなあと感動してしまいました。
 私の大好きな相田みつをさんに「そんか とくか 人間のものさし うそか まことか 佛さまのものさし」と言う言葉があるんですけど、このお父さんは、正に、佛さまの心を持たれている人なんだなあと思いました。
 それに、「黙ってれば分からないじゃないか。」と思われた日本○○財団の人。立場上、こんな風に思ってはいけないのかも知れませんけど、その人の人間らしさにも、なんか心が打たれてしまいました。
 こんな素晴らしい話を聞かせてくれて、勝谷さんありがとうございました。
 このお父さんに、私は元気と勇気をいただきました。本当にありがとうございました。

 ちなみに、この日の夕食、家族にこの事を話してみました。
 すると娘が「ダ カ ラ、義援金と支援金の違いってなに?」だって!「そんな事を言ってるんじゃねぇんだよ」と思ったんですけど、我が娘ながら、ホント情けなくなってしまいました。
 この娘も親の背中を見て育ってきたんでしょうね?トホホホ…(-_-;)
    (門脇公博)
さきちゃん
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/573-b911cb5f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん