FC2ブログ

スタッフブログ

『角館の火振りかまくら』と『甘酒のスイーツ』

『角館の火振りかまくら』『甘酒のスイーツ』

今日13日(金)と14日(土)にかけて仙北市角館町の冬の夜を飾る『火振りかまくら』があります。
住民の私がいうのはどうかなぁとは思いますが、小正月行事の一つの『角館の火振りかまくら』は、秋田の冬祭りのなかではマイナーのほうかなぁ。
さて、ご存じでない方へ・・『角館の火振りかまくら』は「かまど」に火を炊くことから始まったとされるようです。火振りはわらを編んだ炭俵に2メートルぐらいの縄をつけて、俵に火をつけ振り回すんです。一見単純そうなのですが、体から2メートルぐらいのところで炎が回るんですよ。なかなか日常の生活では体験できないことで、迫力満点です。
語源と言いますと、炎の残像が「かまくら」に見えるからとか、昔から生活の中心の「釜戸」に神がいる神聖なもので、釜戸を祭って行うことから神の座がなまってとされるなどなどいろいろと説があるようです。自分の体の周りを振り回すことで、無病息災、家内安全、五穀豊穣を祈願します。

この祭りは見るだけでなく一般の方も参加できる祭りです。なかなかのものです。
本日は桧木内川堤桜並木駐車場で夕方から行われます。また明日は各町内で行われますので、興味をもたれた方は是非参加してみてね。

※火振りかまくらに参加される方へ、化繊の服は火がつく可能性がありますのでご注意を。火の粉がかかっても良い服装で行くことです。いぜん私もジャケットにポツポツと穴を開けてしまいました。

《本日は桧木内川堤桜並木駐車場で行われます。》
火振りかまくら 会場

《下記のような感じです》          《町内にある雪燈籠》
イメージです 雪燈籠の風景 

《本日の火振りかまくらの様子212撮ってきました。》

火振りかまくら の様子1 

火振りかまくら の様子2 

火振りかまくら の様子3 

 

さて明日はバレンタインデーですね。238
今回はチョコではありませんが、イチゴを入れた『甘酒のスイーツ』をご紹介させていただきます。

甘酒のスイーツ 
〔材料〕
・いちご         適量
・プレーンヨーグルト 100 CC
・姫美人        150 CC
・粉ゼラチン      5 ㌘
・お湯(約80℃)     45 CC

材料 器と型に入れたところ 

〔作り方〕
① いちごは食べやすい大きさに切る。
② ボールにヨーグルト・甘酒を入れ良く混ぜ合わせる。
③ 粉ゼラチンにお湯を加え良く溶かす。
④ ②を湯せんにかけ、③を加えて良くかき混ます。
⑤ ④に①を加え混ぜ合わせ型に入れて冷やし固めます。

※粉ゼラチンのお湯の量は使用するゼラチンの使い方を参考にして下さい。
※今回はゼラチンで冷やし固めましたが、①と②を混ぜただけでも、美味しくいただけます。
 簡単ですので是非試してみてね。・・by tatu257

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/60-0be39349

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん