スタッフブログ

やっぱり、色っこキレイだしな。

6月29日(水)、横手市増田のマルシメ七日町店さんに“試食会”でお邪魔させていただきました。この日は、天気も良く、いつもより多くのお客様が来店して下さいました

マルシメ七日町店①  試食会のチラシ

この日のメニューは、“生姜ご飯”“アスパラの浅漬け”・“ミズの浅漬け”、さらに、“卵焼き”でした。

生姜ご飯      ⑨かくし味1.8

お料理さきちゃん 
「どうぞ、“生姜ご飯”です。もし良かったら、食べていって下さい。」とお勧めいたしますと、

①.Q&A 
Q・お客様:「ないだっけな!!。“生姜ご飯”ってが???。」
         (なんなの!!生姜ご飯って???。)
A・私達:「生姜を千切りにして、かくし味と一緒に入れて炊き込んだ、炊き込みご飯なんですよ。ど                
      うですか?食べてみて下さい。」
Q・お客様:「おや!これ味っこ良いごど。んめごど。」
         (おや!これ味が良いですね。美味しいです。)

②.Q&A
Q・お客様:「生姜とあとなにを入れて作るんですか???」
A・私達:「生姜とかくし味だけで作るんです。」
Q・お客様:「えっ!!。ただ、それだけなの…」
A・私達:「はい。それだけなんです。3合のお米に対して、生姜を千切りにして約50㌘と、かくし味     
      を大さじ6杯入れて炊き込むだけなんです。」
Q・お客様:「へぇ~。簡単で美味しいから作ってみますね。」

③お客様:「これ・これ“生姜ご飯”だって、サッパリしていて美味しかったよ。試食してみたら…。」と言って、お友達を連れて来られお客様がいらっしゃました。その他のお客様からは、「食べやすいですね。」・「作ってみたいから、レシピちょうだい…。」などのお話もございました。
また、店長さんからも「生姜ご飯食べやすくて美味しかったです。」とのお話をいただいたり、大変好評でした
  
“アスパラの浅漬け”と“ミズの浅漬け”は、

アスパラ浅漬け2
Q&A 
Q・お客様:「生のままを漬けるんだげ?」
       (生のままを漬けるんですか?)
A・恭子さん:「いいえ。一度を茹でたら、水気を切って、材料の重さの1/3かくし味を入れて、30            
       分位漬けて置くだけなんですよ。」
Q・お客様:「んだのが。色っこもキレイだし、んめしな。」
              (そうですか。色もキレイだし、美味しいですね。)

殆どのお客様は「茹でて、いつもマヨネーズと醤油をかけて食べていました。」・「私は、醤油をかけて食べていました。」とのお話でした。「こうやって作っていますよ。」という方は4名いらっしゃいました

次に、アスパラの収穫時期が終盤に差し掛かっておりますので、今回はこれから旬を迎える“ミズの浅漬け”も試食していただきました。
ミズは、こちらの地域でも身近な食材ということもありまして、10名のお客様が「私も、こういう風にして作っていますよ。」とのお話をいただきました

①お客様: 「色もキレイに仕上がっていて…美味しいですね。」

②お客様:「かくし味に生姜っこ少し入れれば、味っこ良くなるしもんな…んめっしな。」
         (かくし味に生姜を少し入れると、味も良くなるもんね。美味しいですね。)

③お客様: 「ミズの皮っこむぐの大変だけど、味っこも良いし、ネバっておいししな。」
             (ミズの皮をむくのが大変だけど、味も良いし、ネバって美味しいですね。)

④お客様:「もしえがったら、この漬け物んめがったから、売ってけねしか?」
            (もし良かったら、この漬け物美味しかったので、売ってもらえませんか?)

と、こちらも喜んで試食して下さいました。


“卵焼き”は、
「色がキレイですね。」・「砂糖っこもはいってらしな。美味しいですね。」・「私は、必ずかくし味を入れています。」等のお話がございました。「卵焼きに入れています。」という方は3名でした。


「かくし味っていえば絶対欠かせないもんね。特に茶碗蒸しと漬け物には必ず入れています。」とのお話や、「この前のタケノコ作ったたしよ。」・「舞茸のご飯は、簡単で美味しいからもう何回も作っています。」とのお話もございました。

「これよ。もしえかったら、東成瀬のミズだどもよ。けでやるがら食ってみれ、ネバってんめど…」
(これ、もし良かったら、東成瀬のミズだけれど。あげるから食べて。ネバって美味しいよ。)
といって置いていって下さったお客様がいらっしゃいました。
いただいたミズは、パートナーのK.Sさんに持ち帰ってもらいました。翌日「やっぱり、すごくネバって美味しかったよ。」とのお話でした

また、かくし味と砂糖で味付けした“フキの寒天”をわざさわ持ってきて下さったお客様もいらっしゃいました。お客様曰く、「かくし味を入れた方がおいしくなるんだよ。やっぱりよ。かくし味入れれば、ダシっこ効いで、味が深くなる感じで、おいしいもんね。もしえがったら、食べでみで…。お茶請けの時は、砂糖っこ多めに入れるし、つまみっこにする時は、砂糖を少なめにして作るんだよ。」と教えて下さいました。心のこもったお土産やお料理、本当にありがとうございました
ここのお店に来てくれるお客様からは、いつも、いろんなお話をお聞きすることができ、アッという間に時間も過ぎてしまいます。これからも、人と人とのつながりを大切にし、少しでもご恩返しが出来ればと思っています。どうぞ、お気軽にお立ち寄り下さい。(倉田則夫)


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/632-6069c232

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん