スタッフブログ

☆「こんなの教えてくれくれる人今までいなかった…」

今日は、いとく秋田東店様での試食会報告書からです。
かくし味を使って、「生姜ご飯」ゴーヤーチャンプル」「きゅうりの香味漬け」をご紹介しました。
 ④生姜ご飯写真 
きゅうりの香味漬け
ゴーヤーチャンプルー   詳しい作り方は、口福レシピへ

ゴーヤーチャンプルー

お客様の声 
おばあさん1 「ゴーヤー苦くないね。味付けはこれだけ  」 
お母さん3   「ゴーヤーの素使わなくても美味しいですね

ご年配の方でも若い方でも
「苦いから苦手   でも体に良いって言われるから作ってみたけど、下処理がいまいち解らない」  と言う人が多いなあ~と毎回思います。 
 
最近のゴーヤーは、余り苦くなくなったと思うのですが 
主婦の会話 『種を取るまでは一緒でしょ
エプロンをした女の人②「プリンやゼリーについてくるプラスチックのスプーンを、用意して下さい。」
目の前でゴーヤーを削り出すと
お客様は、ここで初めて自分の作り方と私の作り方の違いを解って下さり、納得してくれます。
今日も3~4人の輪の中で削り始めたら 
ゴーヤー下処理 
 主婦の会話  「そこまでやるんだ~」   「そんなに削ったことがない」
           「こんなの教えてくれる人、今までいなかったもの… 」   
おばあさん③  「この歳になって初めて教えてもらったありがと 今日はゴーヤー買って早速食べてみる

皆さんもかくし味で作るゴーヤーチャンプルー、是非お試しください。

    長寿県沖縄の元気の源ゴーヤー

 沖縄では、昔からゴーヤーの苦味は、血をきれいにして血圧を安定させる効果が

   あるといわれてきました。さらに豊富なビタミンCが含まれております。

   しかもゴーヤーに含まれるビタミンCは他の野菜と比べて加熱しても壊れにくい
特徴が
あります。 苦み成分には食欲増進作用があり、夏バテ予防にも有効な野菜として活用されているそうです。

 

豚肉に多く含まれるビタミンB1は疲労回復のビタミンとも呼ばれ、
 
ゴーヤーチャンプルーは、沖縄の元気の源と言われています。

  
 明日12日(火)~13日(水)いとく秋田東店様で『黄色いのぼりの試食会』を予定しております。
味どうらくの里で作る『ひんやり麺』をご紹介します。ひんやり麺 
 
皆さんお待ちしておりますので、お立ち寄り下さい。(齊藤孝子)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/636-4e351490

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん