スタッフブログ

第93回全国高校野球選手権秋田県大会

先週の土曜日、夏の高校野球秋田県大会の決勝が行われ、能代商業高校が6対3のスコアで秋田中央高校を破り、2年連続3回目の甲子園出場を決めましたね

能商(7月24日付の秋田魁新報様掲載画像を借用しました。) 


代表に決定した能代商業高校の選手諸君本当におめでとう

我が家にも甲子園を目指して(目指すのは勝手ですよね?)練習に励む高校球児(まだ2年生なんですけど)がいるので、今日は高校野球秋田県大会を振り返っての一言です。

優勝した能代商業高校は昨年25年ぶりに甲子園に出場しましたが、一回戦で鹿児島代表の強豪校-鹿児島実業と対戦し、エース保坂くんは鹿児島実業の強力打線相手に自身のピッチングが全く通用せずに2回途中降板という思いもよらない結果となり、試合も15-0という大差の敗戦を喫しました。

しかし、その敗戦をキッカケに、秋田県内に高校野球強化の気運が高まり、県も強化にのりだすなど、高校野球改革の一端になったことは間違いありません。

また、能代商業高校の選手とチームを率いる工藤明監督は、甲子園での屈辱的な敗戦を糧に、その経験を活かして全国の強豪チームとの対戦を視野に入れて日々練習を繰り返してきたそうです。

ウチの高校球児も能代商業との練習試合の際、室内練習場に大きく掲げられた甲子園での敗戦時のスコアを見て、驚いたと同時に「夏に懸ける気持ちの強さを感じた」と話していましたが、今大会の戦いぶりを見ていると、まさにその気持ちが窺い知れるようでした。昨年は目の前のことに必死だったでしょうが、今年の能代商業は違うということを全国の舞台で披露してもらいたいものです。

インターネット掲示板の能代商業高校野球部の書き込みなどを見て推察すると、彼らは去年の敗戦を契機に、練習内容の充実はもちろんのこと、生活態度の見直しも進め、学校内外では大きな声で挨拶をし、毎朝学校周りの清掃をし、学校行事へも積極的に参加するなど、他の生徒の模範となるようなことを実践されているそうです。「野球部にはいつも助けられている」と話す先生もいるのだとか。

私も常々思うのですが、強いチームというのは野球だけに秀でているのではなく、普段の生活態度もキチンとしていなければいけないと思うんです。生活態度が立派なチームというのは、自然と周りが応援してくれるようになると思います。つまり、野球道=人間道とでも言えるのではないでしょうか。

そういう点で、今回の秋田県大会決勝戦を見て印象的だったことの一つに、決勝戦を戦った両チームの選手諸君の「顔」があります。近年、相手を威圧するためなのか?精悍さをだすためなのか?それとも見栄えを気にするからなのか?よく解りませんが、眉を必要以上に剃って細くしてみたり、帽子のツバをグニャリと曲げてる選手も多いのですが、決勝戦を戦った両チームにはそのような選手が見られませんでした。能代商業高校はもちろんのこと、惜しくも敗れた秋田中央高校の選手諸君にもそのような選手は見られませんでした。

聞くところによれば、秋田中央高校の選手達も学校周辺での評判が良く、テレビに映った選手の顔を見て、「いつも行き会えば挨拶してくれる、あの子は秋田中央高校の野球部員だったのか!」と気づき、「決勝戦は球場に応援に行くからネ」という人もいたんだそうです。

また、決勝戦後の表彰式の入場の際には、「イーチニィ、イチニッ!」の掛け声に合わせてピタッと足並みが揃った行進を披露してくれた能代商業高校には、強いチームの雰囲気が感じられたように思います。

このことは、選手はもとより、指導を受け持つ監督さん、コーチの方々の指導の賜ではないかと思います。今回決勝戦に進出した両校の監督さんは、どちらも35歳と県内の監督さんでは若手と言われる部類に入る人達ではないでしょうか。その人達の指導によってあのような立派なチームが作られているんですから、決して秋田県の高校野球界の将来を悲観する必要はないでしょう。

近年「秋田は野球レベルが低い」などと言われていますが、秋田県の場合、公立高校が殆どで、野球留学の生徒は一握りに過ぎません。それだけに夏の甲子園大会で県代表を応援する気持ちはどの都道府県にも負けていません昨年、能代商業高校の敗戦に浴びせられた心ない罵声も、裏返せば県の代表を応援する秋田県民の気持ちの表れでもあったように思います。

能代商業高校の選手諸君!秋田県民は君たちの甲子園での活躍を後押し出来るように、テレビの前で声援を送り続けます。どうか自分たちを信じて、そして支えてくれた全ての人達への感謝を甲子園での試合で表現して下さい。

頑張れ!秋田県代表:能代商業高校野球部

以上、失礼しました。(山本智巳)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/646-0de949e4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん