FC2ブログ

スタッフブログ

脚下照顧

今日のブログタイトルに使わせていただいた、脚下照顧という言葉、お聞きになったことがありますか?禅宗のお寺さんの玄関やお手洗いなどで見掛けたことのある方もいらっしゃるんではないでしょうか。この脚下照顧。実は、ウチの会社のトイレにも掲げられているんです。

トイレ入口   脚下照顧

脚下照顧の字の横に書いてあるように、「足下を見なさい」から転じて「履き物を揃えましょう」という意味で使われていますが、この言葉の真意はもっと深いところにあるようです。

足下をおろそかにせず「我が身・我が心」を振り返ること。そして自分自身の立場をわきまえ、物事をよく見極めて事に当たりなさい。どんなに忙しい時でも履き物を揃えるぐらい心に余裕を持って事に当たること。自分の履き物を揃えるという事は自分の心を整えることにもなります。自分で出来るようになったら、今度は他人様の履き物も…。

つまり、履き物を揃えて脱ごう。心が落ち着く。履き物が乱れていたら、そっと揃えておこう。そうすれば自然と人の心も揃う。脚下照顧という言葉には、こういう意味が込められているんですね。

それを踏まえて当社のトイレを見てみるとどうなんでしょう(男子トイレです)

 入口スリッパ

なんとか履き物は揃えられていたようです

トイレを見れば、その会社が良く分かる…」ということも耳にしたことがあるような気がします。また、当社の社長も「トイレを見れば、その時々の(社員の)精神状態が分かる…トイレには(使う人の)気持ちが表れるんだよ」とお話し下さることもあります。

トイレや玄関の履き物が綺麗に揃えられていることは、社員みんなの心が揃っているというメッセージにもなり得るのかも知れません。清潔を保つのはもちろんのこと、誰に見られても恥ずかしくない使い方を心掛け、常に社員の心を揃えて、同じ方向に向かって努力し続けて行かなければと思います。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/67-8fcf5edf

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1150)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん