スタッフブログ

彩りの秋

毎年、この時季に当社の事務所玄関に彩りを添えてくれるものがあります。

それはこちらです

事務所玄関 

ご覧下さい玄関を彩る大輪の大菊
 
この菊は地元神岡地区の産業文化祭に出品・展示されたものですが、菊を制作した方のご厚意で、毎年産業文化祭での展示終了後に、観賞用として当社にお届け下さっているものです。

今年は産業文化祭が先週末の15日(土)~16日(日)の両日に開催されたことから、昨日当社にお届け下さいました。

展示菊 

毎年このように見事な菊の花をお届け下さっているのは、木村孝臣さんという大仙市役所OBの方なんですが、このお方は私が所属している野球チームの幹事も務められている方なんです。(木村さんいつも大変お世話になっております

木村さんは多趣味な方で、こういう菊の栽培を始め、ゴルフ・野球・グランドゴルフ・卓球と、スポーツも幅広くこなすうえに、宴会大好き人間で、場が盛り上がってくると隠し芸を披露したりもするエンターティナーなんです

今年は三鉢をお届け下さいましたが、その中の一鉢(黄色の菊)は文化祭で金賞を受賞されたようですね。

金賞受賞大菊①

金賞受賞大菊② 

私ごとき素人には菊の花のことなど全く分かりませんが、確かに他の二つと比べると、花の形というか全体の印象というか、美しさが際立っているように感じます。なんか凛とした強さを感じさせてくれますよね

紫大菊② 

白大菊② 

木村さん曰く、この辺りで菊の花が最盛期を迎えるのは通常11月上旬の文化の日なんだそうです。ところが、それに照準を合わせていたのでは産業文化祭に間に合わないため、栽培の仕方を工夫して文化祭に間に合わせるのだとか大変な手間が掛かるものなんですね今年木村さんが文化祭に出品したのは全部で15鉢だそうですから、その苦労たるや並々ならぬものがあるようです。

こうして菊の花が見事な大輪をつけ鑑賞期間を終えると、もう次の年に向けての準備が始まるそうですから、まさに一年掛かりで栽培しているんですね。

そうとは知らず、昨年までは持ってきて頂いてから回収してもらうまで、そのま~んま玄関に放置していたんですが、「それでは折角の花が台無しだ!」とお叱りを受け、今年は水やりの仕方も教わりましたので、毎朝大切に手入れをして少しでも長い期間花が観賞できるように努めたいと思います。

紫大菊① 

白大菊① 

金賞受賞大菊① 

当社にお越しになる機会がございましたら、事務所玄関の菊の大輪をご鑑賞下さい。(山本智巳)

さきちゃん 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/701-9fde0650

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん