FC2ブログ

スタッフブログ

さだまさしコンサートにて…。その1

 先々月、秋田に『さだまさしさん』がやって来ました。
 秋田でのコンサートは、5年ぶりなんだそうです。
 実を言うと私、昔っからさださんのファンでして…。ただ、私の周りでは当時「さだまさし?暗い、暗い。」なんて連中が殆どだったんで、そんな連中にいじめられるのが怖くて、公には言えなかったんです。「隠れキリシタン」ならぬ「隠れさだファン」と言うところだったんですね。それが、たまたま出逢った家内が、私なんかとうてい及ばないくらいのファンでして、それがきっかけで、私も堂々と聴けるようになりました。
 そんな家内と、まだ一緒になる前に2回ほど、さださんのコンサートに行きました。もう、だいぶ前の事なので、とっても楽しみにしていきました。

JS6DF2.jpg ←当日のパンフレットの表紙です。勝手にコピーしちゃいました(^_^;)

 会場に着いたら、もう長蛇の列。私たちも並んだんですけど、ここで一つ気付いたことが…。
 周りを見ると、皆さん結構なお歳…(-_-;) 中には若い人もいたんですけど、たぶん、親御さんに連れてこられたんでしょうね?
 「えぇ~!さだまさし~!やんだぁ~!」
 「えぇがら、まんずあべ!おもしれどぉ~!」
 なんて言われて無理矢理連れてこられたんでしょう。90%以上は私たちよりも先輩だったように思います。周りを見渡してつい「オレたちも年取ったなぁ<(_ _)>」なんて家内と話したんですけどね。

JS7FDF.jpg チケット

 私たちの席は二階席だったんですけどこんな感じで見れました。
 コンサートが始まってからは写メは禁止なので、その前に撮っときました。

 『さだまさしのコンサート』って、さださんの「噺」が有名で人気があるって言うんですけど、ホントそうなんですよね。「トーク」だけのCDもあるそうなんですよ。
 この日は、3時間休みなしでず~っとやってくれたんですけど、私の記憶では、2時間は「噺」1時間が「唄」って感じだったでしょうか?でも、笑いあり、涙あり、感動ありのコンサートで、とっても楽しい3時間でした。

 前置きはこれくらいにして…(^_^;)

 さださんも、あの大震災以降、コンサートや仕事の合間を縫って、何度も被災地に行っては、皆さんを励まして来られたんだそうです。
  「ボクがこうして唄を歌う仕事をするようになった訳は、きっとこういう事だっだんじゃないかと思うんです。こういう時のために、唄を歌うようになったんじゃないかと…。」と話しておりましたけど、芸能人が炊き出しをしたとか、コンサートをしたとか、テレビで大々的に放送されていますけど、さださんみたいに、テレビでは放送されなくても、ひっそりと被災地に行っては、皆さんを励ましている人もいらっしゃるんですね。
 場所ももちろんコンサート会場ではなく、避難所だったり、病院のロビーや玄関だったりなんだそうです。マイクがなくて「みんな、ここに集まって~!」なんてギター一つで皆さんと一緒に唄ったりした時もあったそうなんですよ。それを知っただけでも良かったなと思いました。この日も「明日は4時起きで塩釜へ行って唄って、あさっては山形でコンサートをやって…。」なんて言ってましたけど…。 

 
ギター

 そんな大忙しのさださんが、話してくれた事を、今回から2~3回くらいに分けて紹介したいと思います。
 ここからは、私がさださんから教えてもらった話しを私の記憶のままに紹介しますので、実際とは違ってたり、若干脚色しているところがあるかと思いますけど、おおよそ、こういう話しだったと思いますので、ご了承下さい。

「実は、あの震災があった時、九州でもたいへんなことがあったんです。それは、新燃岳(しんもえだけ)の噴火です。まだ収まってないんですけどね。それで、日本全国から沢山の支援物資が届いてたんですけど、それを全て東北へ送ったんです。私の傷よりも、あなたの傷の方がず~っと深いから、これはあなたが先に使うべきだ。』 と言うので、全て東北の被災地へ送ったんです。
 雲仙普賢岳の時、全国の皆さんから助けていただいて、九州の人たちはそういう気持ちをず~っと持ち続けていたんでしょうね。」
 
 という話をして下さいました。

 新燃岳の噴火って凄かったですよね。でも、3月11日の震災以降、私たちにはすっかり忘れられてしまったような感じだったんですけど、私なんか噴火の様子を見た瞬間、あの雲仙普賢岳の噴火を思い出して心配してました。ひょっとするとあの時みたいな惨状になるんじゃないかと…。でも、そういう状況の中でも 『あなたの傷の方がず~っと深いから…。』 と、自分のことよりも相手のことを先に気遣ってくれて、大切な支援物資を全部東北に送って下さったんですね。 

 
 さて、あさってから、いよいよ「五島列島・天草」への研修旅行です。
 こういう、心優しい、思いやりのある九州の人たちとお会いできるんですね。
 きっと勉強になる事、感動する事があるんじゃないかと、今からとても楽しみです。
 そして、同じ東北人として、何かしらお返しできればいいなぁ。なんて思ってます。

さきちゃん (門脇公博)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/719-ee82ee85

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1151)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん