FC2ブログ

スタッフブログ

有言実行

当社は朝8時30分始業ですが、8時30分の始業開始ベルを合図に社長はじめ社員全員が工場内の一画に集まり、朝礼を行います。(場所はこちらです)

工場内 朝礼 

ここは事務所から工場内へ出たところなんですが、以前は(と言っても10年以上も前のことですが…)1.8㍑ビンの製造ラインが設置されていたところです。現在は1.8㍑もPETボトルになり、500mlビン・1.0㍑PET・1.8㍑PETを供用できる製造ラインとなったため、ビンのラインは撤去され上の写真のように、チョット広くなっているんです。(工場の建物そのものは大正9年創業当時のものですので、上を見ると近頃はあまりお目に掛かれない合掌造りをご覧いただけます

ちなみに現在の製造ラインはこちらです

製造ライン 

この場所を使って朝礼が行われますが、朝礼当番は社員の持ち回りで、当番の人は社員全員を前にお話をします。話の内容は特に決めていませんので、ご家族の話だったり、現在の仕事についてだったりと、各種様々なお話をお聞きすることができます。

30人を前にして話す訳ですから、最初は緊張するものなんです膝が震えたり、声が詰まって出にくかったりということを繰り返しながら、経験を積むにつれ徐々に自分の考えを自分なりの言葉で表現していくようになるんですが、朝礼の場で自身の目標や抱負を語り、それを実現できるように努力するという人が多いように思います。

もちろん、社長も思うことや気掛かりなことがあれば、社員を前にお話し下さり、社長の考えを伝えて下さいます。社長のお話はその時々のご自身の気構えだったり、全体の目標とすべきことだったり、あるいは改善すべき点や注意すべきことについてのご指摘だったりもします。ですから、朝礼というのは情報共有の場でもある訳です。時間は平均すると15分~20分程度。長ければ30分を超える時もありますが、これを無駄と考える者は一人もいない(ハズ)と思います

私達にとって、朝礼は会社の方針を確認するための時間でもあり、それぞれの決意表明の場(大げさかな)でもあるんです。ですから、朝礼で話してからは、そのことが実現できるように心掛けますし、「実現しなくちゃ…」という雰囲気に自然と成って行くような気がします。つまり、朝礼の基本は「有言実行」ですネ218

さて、話はガラリと変わりますが、先週放送された【秘密のケンミンSHOW】全国放送だけに反響も全国区のようで、ご覧になったお客様からのご注文やお問い合わせが多く寄せられています。この場をお借りしてお礼を申し上げます、ありがとうございました

私も拝見しましたが、“味どうらくの里”がズラリと陳列されている場面が映し出された時は、思わず興奮してしまいました

それにつけても…以前このコーナーでも紹介したのですが、ウチの“味どうらくの里”を使って調理してくれているエリヤ神岡さんの紹介はホントに一瞬というか、アッというまに終わってしまった…って感じでしたネエリヤさんに行ってお聞きした時は取材時間が2時間半だったってことで、大いに期待していたんですが…あれじゃあんまりなんでねぇべがってことで、ここで再度中華飯店・エリヤ神岡さんをご紹介します。

エリヤ神岡さん 外観 

IMG_0023.jpg 

エリヤ神岡さんは大仙市神宮寺の国道13号線沿いにある中華飯店さんです。ご主人の武藤さんが作る料理のファンは多く、特に昼時はビジネス客や馴染みのお客さんでとても混み合う程の人気店メニューも多く、価格もリーズナブルのうえに、何を食べても美味しくて、尚かつボリューム満点と三拍子も四拍子も揃った中華料理屋さんなんです

エリヤ神岡さんメニュー   ご主人

 こちらが“味どうらくの里”を使った涼菜麺(夏季限定メニュー)

涼菜麺

チャーハンや天津丼もボリューム満点

チャーハン 天津丼

お昼時は混み合いますが、店内にはお座敷や個室もあり、50名程が食事できるようになっています。ルート13を走行の際には、ぜひご利用下さい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/72-b2c859cf

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1151)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん