FC2ブログ

スタッフブログ

県内でも雪祭りと小正月行事が目白押しです。

「第63回さっぽろ雪まつり」が昨日開幕しました。今年は12日までの期間中、大小合わせて228基の雪氷像が街を彩り、国内外から200万人以上の観光客が訪れるであろうとのことでした
平成19年の研修旅行で、私達も連れて行ってもらいました。それから、はや5年の歳月が経ち、今当時のことを思い出しています。今年は秋田でもマイナス10℃位の日が数日ありました。同じ雪国に住んでいるわけですが、初めての冬の北海道で、やっぱり寒さはどうなんだろうという思いで出発したことを、昨日のように覚えております。  
確か、その年は雪不足で雪像作りも大変苦労されたと記憶しています。今まで見たことのない大きな雪像とイルミネーションは忘れることの出来ない一生の思い出となっています。
また、朝早くから自衛隊の人たちが、電動のブロアーで雪像に降り積もった雪を飛ばしてくれていました。陰で支えてくれる人たちに感謝しなければと思いました

(↓思い出の写真です。)
DH000021.jpg DH000038.jpg
      DH000061.jpg       DH000080.jpg

昨日、山さんからもご紹介いただきましたが、県内各地でもたくさんの雪祭りや小正月行事が行われます

県南部では、2月10日の刈和野の大綱引き、上桧木内の紙風船上げを皮切りに、11日・12日は湯沢市の犬っこまつりと13日・14日仙北市角館の火振りかまくら、15日は美郷町六郷の竹打ち、15日・16日は横手市のかまくらと目白押しです。いつもは厄介者扱いされる雪も、なくてはならないものです。幻想的なものや迫力のあるものが多く、観る人達を魅了してくれると思います

2011021415231617ds[1] 201102141521029cbs[1](↑大仙市・刈和野大綱引きの写真です。)
 
20100216120915562s[1] 2010021612091576fs[1]
(↑仙北市・上桧木内の紙風船の写真です。)

     横手城とかまくら        かまくら内
   (↑横手市・かまくらの写真です。)

今後は、行事に支障をきたさない程度の雪が降ってくれたらと思っています。みなさん、どうぞお楽しみに・・・。(倉田則夫)

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/769-08799417

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん