FC2ブログ

スタッフブログ

試食会こぼれ話 第22話

 料理店を営まれているお客様 270

 先週も、よねや富士見町店さんに試食会に行って来ました。
 ここでもとても嬉しいお客様とお会いしました(^-^) 
菜の花の混ぜご飯  ←菜の花の混ぜご飯です87
 この日は、“エビの照り焼き”とちょっと春をイメージして“菜の花の混ぜご飯”をご紹介しました。
 朝からお客様が多く、エビの試食が追いつかず、一所懸命に焼いておりましたら、キミちゃんとお話ししているお客様から「この前ね、“鶏の照り焼き”と“舞茸の混ぜご飯”を教えて貰ったの。とてもおいしく出来たのよ。」と言う声が聞こえてきました。ふと顔を上げると、この1週間前くらいに、近くのお店で試食会をしたんですが、その時にお会いしたお客様でした。私の顔を見ると「あら、この前はどうも。」と私のことを覚えていてくれました。そこで「お店にも出したんですか?」とお聞きしたら「ううん、まだ。まず自分たちで食べてからと思って。」と言って下さいました。
 実はこのお客さん、お料理やさんをやられているんだそうです。前にお会いした時にも、ご夫婦で来られましたけど、この日もご夫婦で仲良く買い物に来ておりました。
 どこのご家庭でもそうだと思いますけど、権力は奥さんの方が握っていて、特に料理に関しては奥さんの方が断然強くて、買い物なんかは、旦那さんは奥さんの後をついて回るだけなんですよね。その日も、奥さんの後を、食料品をいっぱい積んだ大きなカートをゴロゴロ押しながら旦那さんがついてこられました。なんか我が家そのものだなあ。なんて思って見ていました。そう言う旦那さんが印象に残ってましたので、この日もすぐに「あの時のお客さんだ!」と分かったんです。
 そういう事情ですので、たいていは最初は奥さんに試食をお勧めして、旦那さんはその後。となってしまうんです。最初にお会いしたその日も、最初に奥さんに試食をお勧めして、「旦那さんもどうぞ。」とお勧めしたんですが、「俺はいいよ。」と最初は断られました。でも食べた奥さんが「あら?おいしい。あんたも食べたら?」と奥さんに促されてようやく旦那さんも食べて下さいました。「ね?おいしいでしょ?」と奥さん。「うん。そうだね。」と旦那さん。これも我が家と同じ感じでした。「これ、お店にいいかもね。」と奥さん「うん。そうだね。」と旦那さん。この会話を聞いてひょっとして料理屋さんなんかやられているお客様なのかな?と思いましたので「ご商売でもやられているんですか?」とお聞きしたところ「そうなの。ちょっとした料理屋なんだけどね。」と奥さん。旦那さんもその後ろで「そう。」とうなずいておりました。
 最初にお会いしたその日も、お店にお出しする食材を沢山買い込んでおりましたので、たいへんなんだなあ。こういうお客様にもちょっとでもお役に立てればいいけどなあ。なんて思ってその日は終わりました。
ナイス土崎店様(08.10.16撮影) 022 ←イメージ写真です。
 そしてこの日の再会に至る訳ですが、作って下さったというお話を聞いてとても嬉しかったです。「まず自分たちで食べてからと思って。」の言葉の後に「でも、今度お店にだそうかなと思ってるのよ。」と言って下さいました。私たちのお料理もいよいよデビューかな?とっても嬉しいお言葉でした。
鶏の照り焼き 菜の花の混ぜご飯
 ところでこの日ご紹介したお料理の評価ですが、「うん。これもおいしいわね。」とこの前と同じように、奥さんが最初に食べて下さいました。
 でもこの日はちょっと違ってました。旦那さんが奥さんに「あんたも食べたら?」と言われる前に食べて下さいました。「ね?おいしいでしょ?」と奥さん。「うん。そうだね。」と旦那さん。ここは同じでしたけどね。
 お店が繁盛しますように。いつまでもお幸せに。とお祈りしながらお見送りしました179

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/78-22a7253c

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1150)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん