FC2ブログ

スタッフブログ

それなばしょっぴゃ!

 ナイス追分店さんでの料理勉強会のことです。
 この日は“山菜の炊き込みご飯”を紹介してみました。
 ご飯を炊く時に、味どうらくと山菜の水煮を一緒に炊くだけの超・簡単料理なんですけど、これが思いの外 Good!なんです。しかも、包丁は一切使わない料理なので、普段、全く料理をされないお父さんでも、安心して作れる料理なんですよね。
 この料理を、ナイス追分店さんで紹介してみました。
 
ナイス追分店様

 せっかくなので、炊きたてのご飯を食べてもらいたいと思ったので、その場で、作り方を説明しながら作ってみました。
 そこへ、お友だち同士なんでしょうね。つい最近子育てを終えられたような、そんな感じのお客様がお二人「なになに?山菜の炊き込みご飯?」と寄って下さいました。
 ちょうど、新しいご飯を作ろうと思ってたところなので、ついでと言っちゃなんですが、その場で実演してみました。

おかわりくん  「それじゃ、作り方説明しますね。今日は、ご飯2合炊く時の分量で説明します。」
おばあさん② おばあさん③  「は~い、お願いしま~す。」
おかわりくん 「まず、お米を2合といで、それを炊飯器に入れます。」
       (お米はその場でとぐのは大変なので、前もってといで水を切っておきました。)
おばあさん②おばあさん③ 「うんうん。」
おかわりくん 「それに、味どうらくを大さじ4杯入れます。お米1合に対して大さじ2という感じです。」
おばあさん② 「1合に対して、味どうらく大さじ2な。」
おかわりくん 「それでは入れますね。いっぱ~い(一杯)」
おばあさん③ 「そのまま入れるのな。」
おかわりくん 「にぃは~い(二杯)」
おばあさん② 「わ~、黒ぐなるにゃ!」
おかわりくん 「さんば~い(三杯)」
おばあさん③ 「わっ!しょっぴゃそうだ!」
おかわりくん 「よんは~い(四杯)」
おばあさん② 「わわわわ、あど入れな、あど入れな!しょっぴゃぐなる~!」
おかわりくん 「これに水を2合の目盛りまで入れます。」
おばあさん② 「それなばんだ!」
おばあさん③ 「それでもしょっぴゃそうだでぇ。」
おかわりくん 「味どうらくが均一になるように、ちょっと混ぜます。」
おばあさん② 「うんうん。」
おかわりくん 「この上に、水気を切った山菜の水煮を入れて、スイッチオン!」
おばあさん② 「ほぉ~、これで出来るのな。」 
おかわりくん 「はい、こうやって作ったのがこのご飯です。どうぞ、食べてみて下さい。」
おばあさん② 「どれどれ。(モグモグ)ん?なんもしょっぴゃぐにゃ!」
おばあさん③ 「(もぐもぐ)あっ、んだ。しょっぴゃぐにゃ!うん。うみゃ~!」
おかわりくん 「でしょ?思ったよりしょっぱくないでしょ?」
おばあさん② 「うん。これいいなあ~!」
おばあさん③ 「うん。早速作ってみるな!」
おばあさん② 「山菜の水煮買って行けばいいのな!」
おかわりくん 「そうですね。今日は98円の山菜ミックス使ってますので、良かったら買って試してみて下さい。」
おばあさん② 「んだな。さっそくやってみるな。」

 最初は 「しょっぴゃ!(しょっぱい)」 とお叱りを受けるんじゃないかと心配してたんですけど、とても喜んで下さって、ホッとしました。
 ところが、ホッとしたのもつかの間 「山菜ミックスってどごさあるのよ?」 とすぐに戻ってこられました。
 「あそこにあるんですけど~」と見に行くと、あれだけあった山菜ミックスが、跡形もなくなっているではありませんか!
 あまりにも好評で、完売しちゃったようでした。
 せっかく喜んでいただいたのに 「もっと仕入れておがにゃばダメだべった!」 と逆にお叱りを受けちゃいました
 いずれにせよ、このお客様たちからは、お叱りを受ける日だったんでしょうね?
 でも、喜んでいただけて、とても楽しい料理勉強会でした。

山菜の炊き込みご飯 ←山菜の炊き込みご飯の作り方はこちらをクリック!

《お知らせ》
 料理勉強会では、いろんなお客様とお会いします。料理のお話しは勿論ですけど、世間話があったりととても楽しく過ごさせていただいております。
 それを私たちだけにとどめておくのは勿体ない!というので、トップページの左下に、既にご存知と思いますけど『料理勉強会よもやま話』と言うのを設けて、いろいろ紹介しています。
 以前は『試食会エピソード』として紹介しておりました。ところが『エピソード』と言うと、なんかカッコイイ!イメージがあって、それを目指していたんですけど、どう見てもカッコイイ!お話しではありませんよね?それで、内容に相応しく『よもやま話』に変えることにしました。
 当初は「クスッと笑ってもらえるようなお話しを紹介しよう!」と三人で、三国志の『桃園の誓い』ならぬ『どうらくの誓い』を立ててスタートしたんですけど、現在は二人で紹介しています。
 是非、この 『料理勉強会よもやま話』 にもアクセスしてみて下さいね。
(門脇公博)

saki-4cn(濃紺)  よもやま話
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/780-45eadd83

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1146)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Template by たけやん