スタッフブログ

お試し下さい!香味野菜のダシうどん

暑い日が続いていますが、昨日降った雨のお陰か昨夜は過ごしやすい夜でしたね。今朝も気温は低めで、外に出ると久々に爽やかな風が吹いていたようです。

それでも日中の最高気温は30℃の予想ですから、戸外での作業などには熱中症に注意が必要です。水分補給をお忘れなく。

こう暑い日が続くと食欲も落ちてきますが、こういう時に今日はウチでよく作る食欲回復メニューというか、食欲が落ちた時でもあっさりと食べられる「かくし味で作る香味野菜のダシうどん」をご紹介します。

皆さん山形の「だし」ってご存じですか?ウィキペディアによると、「だし」と言うのは山形県の村山地方の郷土料理なんだそうですが、夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、醤油などであえたもので、ご飯や豆腐(冷や奴)にかけて食べる…ということなんですが、それを我が家風にアレンジしたのが、「かくし味で作る香味野菜のダシうどん」なんです。

残念ながら写真がないので、今回は作り方だけのご紹介です。

ではまず、材料です。
キュウリ3本ミョウガ3ヶ大葉5枚納豆昆布適量、万能白つゆかくし味大さじ2杯。(この量で4人分ぐらいでしょうか。)

作り方は至ってカンタン
①キュウリ、ミョウガ、大葉を細かく刻みます。
②刻んだ材料をボールに入れ、納豆昆布をパラパラとふりかけます。(納豆昆布は適量です。お好みでどうぞ。)
③材料を良くかき混ぜて、全体に粘りが出てきた状態でタッパーに移し、冷蔵庫で冷やしておきましょう。
④茹でて水にさらしたうどんに③を載せて、6倍に薄めたかくし味のつゆをかけてお召し上がり下さい。

かくし味で作る香味野菜のダシうどん」と命名して紹介していますが、山形の「だし」と同様に、
うどんに限らず素麺・冷や麦・中華麺でもOKです。また、ご飯に載せたり、豆腐(冷や奴)に載せて食べても食べられます
あ~暑くて何も食いたくねぇ」なんて時には「香味野菜のダシ」をご飯や麺類にぶっかけて食べてみて下さい。暑さで減退した食欲が一気に回復できますよ。

材料の中の「納豆昆布」ですが、チョット聞き慣れないかな?と思うんですけど、たぶんスーパーさんの乾物コーナーに行けば購入できるんじゃないかと思います。要は納豆のように粘りのある昆布(決して納豆が入っている訳ではありませんので、あしからず。)のことです。ネットで「納豆昆布」と検索すると色んな販売サイトが見つけられるようですから、通販でGETもありですね。

暑い夏を「かくし味で作る香味野菜のダシ」で乗り切りましょう!(山本智巳)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/896-585339e1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1293)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん