スタッフブログ

ハタハタを漬けてみました・・・

ハタハタを漬けてみました

 

お店様の店頭では季節ハタハタが沢山並ぶようになりました。

先日、うちの実家でもハタハタを一箱購入して『味じまん三五八』で漬けました。

今回はその様子をご紹介致します。作り方はオリジナルです。

 

[ハタハタの箱売りの写真]

 
箱売りのハタハタ・・ 

  

【今回準備したもの】

・ハタハタ 一箱 (4キログラム)

・お酢      (1㌔あたり1カップ)

・味じまん三五八 (ハタハタ1㌔あたり100㌘を目安とします)

・ザラメ(中双糖) (ハタハタ1㌔あたり25㌘を目安とします)


 

【作り方】

1.《ハタハタのあら漬け 》


あら漬けの様子・・  
①.ハタハタの頭と内臓を取って、タル(バケツ)に並べて入れる。一層並べたらお酢を振り、その上に魚を並べてお酢を振り、繰り返します。

※ポイントは、魚を水では洗わないことです。

②.タルに魚を入れたら、その上に重石をのせます。2~3日ぐらい漬けます。

 

2.《ハタハタの本漬け》

本漬けの様子・・ 味じまんとザラメ・・ 混ぜ合わせてところ・・

③.タルに赤い汁が上がってきているようでしたら、中の水を捨てて魚を取り出します。

④.味じまんとザラメを上記の割合で混ぜ合わせて、タルに魚を入れながらまぶします。※味じまんを多く入れるとしょっぱくなります。またザラメを多く入れると甘くなりますが、魚を焼くときに焦げ易くなりますので、お好みで調整して下さい。

⑤.タルに魚を全部入れたら、重石をのせて10日間ほど漬けるとできあがりです。

 

漬け終わったら魚はグリルで焼いて食べます。

しばらく重石をかけたまま保存ができますが、小分けにしてタッパーなどに取り、冷凍庫にいれますと長期間保存ができます。おふくろ曰く「春の田植え頃にも食べられるよ」と言ってました。雪深い秋田の保存食なんですね。

私事ですが、漬け上がったハタハタのお裾分けを期待してます。

 

PS.余談ですが、ハタハタは全部オスで一箱4㌔で2千円でした。


お料理さきちゃん

では、また(鎌田 龍浩)




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://jengotaro.blog86.fc2.com/tb.php/975-9eb61dec

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

小姫(さき)ちゃん

Author:小姫(さき)ちゃん
東北醤油株式会社から口福情報をお伝えします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1277)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん